私服でもリュックはダメ?インターンにふさわしい鞄の選び方

このページのまとめ

  • インターンシップの服装はスーツが基本で、企業によっては私服(ビジネスカジュアル)も許容される
  • スーツの場合は、ビジネスの雰囲気に合うビジネスバッグを合わせる
  • 私服の場合は、トートバッグやショルダーバッグなどシンプルな鞄がおすすめ
  • いずれの場合も、カジュアル度の高いリュックを使用するのは避けよう

ほとんどの就活生は、選考にはスーツを着用するでしょう。
では、就業体験であるインターンシップにふさわしい服装はあるのでしょうか。
さらに、もし私服OKのインターンであった場合、カジュアルアイテムであるリュックで参加しても問題ないか知っていますか?
企業側にマイナスイメージを与えない服装を知りたい方は、当コラムをご参考ください。

インターンにふさわしい服装


実際の業務体験やグループワークなど、企業によってさまざまなプログラムが行われるインターンシップ。
選考の一部ではないため、インターン参加に際してスーツを着るか悩む就活生も多いのではないでしょうか。

結論から述べると、インターンは選考ではないものの「就活の一部」であるため、スーツで参加するのが基本。
あくまでも就活の一環であることを意識し、それにふさわしい服装で臨むのがマナーと言えるでしょう。

しかし、すべてのインターンがスーツ必須とは限らず、企業側から私服を指定されることもあります。
企業が私服を指定する理由としては、プログラム内容からスーツが不向きと判断したり、リラックスして参加してほしいという意図があったりするため。
ただし、この場合の私服とは、Tシャツにジーンズのような普段着ているものではなく、「スーツに準じる私服」なので注意が必要です。
スーツに準じる私服とは、ジャケットに襟付きシャツ、チノパンといったいわゆる「ビジネスカジュアル」のこと。
私服指定の際も、ビジネスの場に参加するということを意識して服装を選びましょう。

企業から服装の指定がなかったり、服装自由の指示があったりすると着る服に悩むこともあるかと思います。
服装で迷ったら、ビジネスシーンで最もフォーマルであるスーツがおすすめ。
インターンシップはあくまでもビジネスの場であるため、最もフォーマルなスーツを着ていれば外見や身だしなみでマイナス評価をつけられることは少ないでしょう。

インターンにリュックはOK?


インターンシップの服装の基本はスーツで、企業によっては私服(ビジネスカジュアル)も許容されることが分かりました。
では、それらに合わせる鞄はどのようなものが良いのでしょうか。

就活生の中には、普段から使い勝手の良いリュックを使用している方もいるでしょう。
最近ではビジネススタイルにリュックを合わせる社会人も見受けられるため、インターンでリュックを使おうと考えている方がいるかもしれません。

しかし、リュックはカジュアル度の強いアイテムなので、ビジネスシーンで使用するのは基本的に不向き。
スーツにリュックでは全体のバランスや見た目がそぐわず、「子供っぽい」「不真面目」「TPOに合っていない」と評価される可能性もあるでしょう。
これは、私服であるビジネスカジュアルでも同様です。

ただし、企業の雰囲気や業界によってはOKとされることも。
特に、社風が自由で実力主義の多いベンチャー企業やIT系の企業、センスが問われるアパレル業界などはリュックでも問題ないケースが多いようです。
問題ないかどうかは、社内の雰囲気や勤務している社員の服装から判断すると良いでしょう。

では、インターンで持つべき鞄はどのようなものが良いのでしょうか。事項で詳しく説明いたします。

スーツにふさわしい鞄


まず、着る機会も多いスーツにふさわしい鞄について確認しましょう。

インターンに限らず、就活でスーツを着る際は男女ともに「ビジネスバッグ」を合わせるのが基本です。
ビジネスバッグを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

・色は黒やグレー
・自立する
・A4サイズが入る
・耐久性や耐水性のある素材
・仕切りやポケットがあり機能的

男性用は手持ちハンドルにショルダーベルトが付いたタイプ、女性用は持ち手が長く肩掛けができるトートタイプが主流。
スーツに合う黒やグレーで、自立するものを選びましょう。
A4が入るサイズで、鞄の中に仕切りがあったりポケットが多かったりと機能面にも注目。
さらに、急な雨などにも耐えられるよう合皮やナイロン素材がおすすめです。

すでに就活用として購入していればそれを使用するほか、大学の入学時に購入したものを使っても良いでしょう。
ただし、傷やよごれ、シミなどが目立つものは避けたほうが安心。
高級なものを用意する必要はなく、「軽い」「仕切りが多い」「容量が大きい」など自分にとって使い勝手の良いものを選びましょう。

私服のときの鞄


次に私服でインターンに参加するときの鞄について紹介します。

ここで言う私服とは、冒頭で伝えたとおりビジネスにふさわしい「ビジネスカジュアル」のこと。
鞄もそれに準じたものを選ぶ必要があるので、前述したようにリュックなどのカジュアルな鞄は避けましょう。

おすすめなのは、落ち着いた色味のトートバッグやショルダーバッグ。
選ぶポイントは以下のとおりです。

・派手な色や柄を避ける
・容量が大きいもの(A4サイズが入る)
・ハイブランドは避ける

基本的には、リュックやキャンバス素材などカジュアル過ぎるものや、クラッチバッグやハンドバッグといったビジネスに不向きなものを避ければ、服装に合うものを選んで問題ないでしょう。

インターン当日の持ち物


服装や鞄について理解を深めたら、最後に当日の持ち物を確認しておきましょう。
必ず持っていくものと、あると便利なものの一例を以下に挙げました。

必ず持っていくもの

・筆記用具
・ノートやメモ帳
・印鑑(必要な場合)
・携帯電話、スマートフォン
・財布、交通系ICカード
・腕時計
・ハンカチやティッシュ
・パソコン(企業の指示による)

普段は腕時計をしない方も多いと思われますが、スーツの場合は腕時計をするのがマナー。
また、時間確認のためにスマートフォンを使用するのは好ましくないため、腕時計を持っていない場合は間に合うよう用意しておきましょう。

あると便利なもの

・クリアファイル
・モバイルバッテリー
・折りたたみ傘
・企業に関する資料
・替えのストッキング

インターンでは資料が配布されることも多いので、それらをまとめるクリアファイルがあると便利。
また、万が一に備えてモバイルバッテリーや折りたたみ傘を用意するのもおすすめです。

上記以外でも、企業によっては身分証や履歴書が必要なことも。
企業やプログラム内容によって持ち物は異なるため、上記を基本に自分に必要なものを確認して用意しましょう。


キャリアチケットでは、提出書類の添削や面接練習、基本的なビジネスマナーの確認など就活に関するさまざまなサポートを実施。
年間3,000件以上の就職相談実績から、ご利用者一人ひとりに適切な就活方法をご案内いたします。

さらに、ご希望者には同サービスが有する170以上の優良企業の求人をご紹介することも可能です。
あなたの希望や強みをもとに適性がある企業を提案するので、なかなか条件に合う企業が見つからない…という方はぜひご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!