就活セミナーでリュックはNG?その理由と適切なカバンの選び方をご紹介!

このページのまとめ

  • セミナーに限らず、就活にリュックで行くのは避けた方が良い
  • 就活セミナーのようなフォーマルな場に、リュックはふさわしくない
  • リュックにはスーツを傷めたり、中身を取り出しにくかったりとデメリットがある
  • 就活セミナーに適したカバンは、A4サイズが収納できる黒で無地のビジネスバッグ

就活セミナーでリュックはNG?その理由と適切なカバンの選び方をご紹介!のイメージ

就活セミナーでは「服装自由」としているものがあることから、リュックで行っても良いのではないか、と考える就活生もいることでしょう。しかし、セミナーであっても就活の場ですので、ビジネスバッグで行くのが無難です。私服の場合でもオフィスカジュアルが基本のため、リュックではラフすぎる印象を与えてしまいます。このコラムでは、リュックを避けるべき理由と、適切なカバンの選び方をご紹介します。



 

就活セミナーにリュックはNG?

結論からいうと、就活セミナーでリュックは避けたほうが無難といえます。就活セミナーは選考に関係がないとはいえ、就活の一環です。また、フォーマルな場であるとされる就活にリュックはカジュアルすぎるため、NGだと考えられる傾向にあります。
服装自由のセミナーであっても、個性や楽さよりも、まずはマナーを守ることを重要視しましょう。
大学キャリアセンターなどが行う授業の一部のセミナーであれば、その限りではないこともあります。その場合、セミナー担当者に確認してみると良いでしょう。

▼関連記事
私服でもリュックはダメ?インターンにふさわしい鞄の選び方
就活セミナーで服装自由といわれたら?男女別私服の失敗しない選び方



 

就活セミナーにおいてリュックがNGな4つの理由

リュックは下記のような理由から、就活では不向きとされています。

1.フォーマルな場にふさわしくないため

リュックはカジュアルなイメージが浸透しており、「フォーマルな場にふさわしくない」という印象があります。そのため、就活でリュックを使用していると、企業に「TPOが考えられない」「学生気分が抜けていない」という印象を与えてしまう恐れがあります。
リュックでもスーツに合いそうなデザインであったり、革張りのものがあったりしますが、色や素材に関係なく「リュック」である時点で「フォーマル向きではない」と考えましょう。

2.スマートに置けないため

ビジネスバッグは床に置いてもきちんと自立しますが、リュックはビジネスバッグに比べて柔らかく、立たせた状態で置けない可能性もあります。くたっとして不格好なことから、だらしない印象になりがちです。

3.中身を取り出しにくいため

リュックの構造上、縦長でポケットが少ない傾向にあります。そのため、ペンケースなどを取り出すにも探す手間ができて、もたついてしまうこともあるでしょう。

4.スーツを傷めてしまうため

リュックを背負うことで、スーツにシワができてしまう恐れがあります。
また、リュックを背負っていると汗をかきやすくなったり、スーツがリュックと擦れて生地が傷んでしまったりとスーツへのデメリットもあるのです。

▼関連記事
面接に相応しいカバンの選び方と置き方のマナー
就活にリュックの使用はOK?ビジネス用バッグの選び方



 

就活セミナーに適切なカバンの選び方

ここでは就活セミナーはもちろん、その後の選考でも使えるビジネスバッグの選び方をご紹介いたします。

黒で無地のビジネスバッグ

黒い無地のビジネスバッグであれば、基本的にどのセミナーでも問題ありません。普段使いのトートバッグなどではなく、シンプルでスーツに似合うデザインのものを選びましょう。
ビジネスバッグはポケットが多く、収納力に優れているため、持ち物が整理しやすいです。また、形がしっかりしていることから、持参する履歴書や企業からもらった資料が折れにくいという利点もあります。

A4サイズが入るもの

就活セミナーでは資料を配布されることや、自己PRの添削で自分の書いた自己PRなどを持参することがあります。そうした書類が折りたたまずに入るよう、A4サイズの書類が入るカバンを選ぶと良いでしょう。

置いたときに自立するもの

就活セミナーや企業説明会、面接などの場では、カバンを自分の座っている横に置きます。そのときに、カバンがしっかり自立していると見栄えも良くスマートでな印象です。

防水機能付き

突然の雨にも対策できる防水機能付きタイプのバッグが便利でおすすめです。就活生のバッグには履歴書や参考書など、大切な書類がたくさん入っています。
突然の雨で書類が濡れてしまい、企業に提出する予定の履歴書がびしょ濡れ…という事態を防ぐためにも、撥水加工がしてあるカバンを選ぶと良いでしょう。

▼関連記事
レディース用の就活カバンでチェックしたい6つのポイントと注意点



 

リュックでもOKな場合がある業界

就活の場ではリュックは基本的にNGですが、例外的にリュックでも問題ない場合もあります。ここでは、リュックでも問題ないケースについてご紹介します。

アパレル業界

カジュアル専門のアパレル業界を志望している場合、リクルートスーツのような黒一色のコーディネイトだと固すぎると感じられてしまうこともあります。
面接や説明会などにでファッションセンスも選考の一部して見られている場合、リュックなどを利用して個性をアピールするもの1つの手です。私服で選考に参加するよう指定された際には、志望する企業のブランドや流行に合わせた小物を取り入れるのも良いでしょう。センスがアピールポイントの1つとなります。
しかし、あまりにカジュアルすぎるものや、派手な装飾がついているものは好ましくありません。先述の、就活用カバン選びの基本のポイントをおさえたリュックを選ぶことをおすすめします。
また、フォーマル部門を展開しているアパレル企業など、なかにはリュック不可のアパレル業界もあります。自分の志望する企業がどのような部門で展開しているか考えたうえで取り入れるようにしましょう。

ベンチャー企業や外資系

ベンチャー企業や外資系などでは「人材の能力を重視し、志望者の持ち物にはあまりこだわらない」と考えるケースもあります。
また、機能性が高く、ノートパソコンや大型タブレット持ち歩きやすいことからリュックを利用する企業もあります。
しかし、志望先の企業がそうとは限りません。念のため、先輩社員やOB・OGに相談すると良いでしょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。