どんな写真が最適?ESで個性をアピールするためのポイント

このページのまとめ

  • ESの写真は、証明写真とPR用写真の2種類がある
  • 証明写真が求められる一番の目的は、本人確認を行うため
  • プロのカメラマンがいる写真館で撮るのがおすすめ
  • PR写真では、証明写真や文章ではわからない「その人らしさ」が見られている
  • PR写真について面接で深掘りされても答えられるよう準備しておく

ESの証明写真はプロに撮ってもらうのが正解?PR写真はどんなものを選べば良い?と疑問を抱いている就活生の方が多いのではないでしょうか。
履歴書と比べると、より一層個性や人柄が見られているES。写真によって好印象を与えることもあれば、悪い印象を与えてしまうこともあるため注意が必要です。当コラムでは、写真の選び方や写真撮影のポイント、提出時の注意点などをわかりやすく解説。好印象につながる写真を添付して、就活成功を目指しましょう。  

 

エントリーシートについて詳しく知りたい方は、「エントリーシートの書き方は?基本のマナーから選考突破のポイントがすべてわかる!」も参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

 

ESの写真は「証明写真」「PR用の写真」の2種類

ESに添付する写真について、それぞれ解説します。

証明写真

証明写真の提出が求められる一番の目的は、本人確認のため。多くの学生がいる中で、面接にきたのが学生本人で間違いないかを証明写真で確認しています。
あまりにも画質が悪かったり服装や髪型が乱れていたりするのは問題ですが、基本的なフォーマットが守られていれば証明写真が選考に大きな影響を与えることはないでしょう。

PR用の写真

証明写真はほとんどの学生が同じような形式で撮影するため、そこから「その人らしさ」を探るのは困難だと言えます。そのため、「文章だけでは伝わらない学生の姿を知りたい」という意図で、PR写真の添付を求める企業が多くあります。
1枚の写真でどれだけ自分らしさをアピールできるかが勝負となるPR写真。自分の魅力をしっかり伝えるためには、深く自分を理解しておく必要があります。客観的に自分を見て自分らしさが表現された写真を添付すれば、好印象を与えることができるのではないでしょうか。

▼関連記事
就活のES用証明写真の選び方!サイズやデータをアップロードする方法

 

24卒の就活について相談したい

 

ESの証明写真

証明写真の注意点は以下の通りです。

身だしなみ

ヘアスタイル

男女共に、清潔感のある髪型であることが重要です。目や耳に髪がかからないよう、スッキリとまとめましょう。

表情

口角を均等に上げ、顎を軽く引きまっすぐカメラを見ます。その時、目はしっかり開け、上目遣いにならないよう注意しましょう。

メイク

濃すぎず薄すぎない、清潔感があり控えめなメイクが基本です。カラーコンタクトやつけまつ毛、色の明るすぎるリップやチークは避けましょう。

撮影場所

スピード写真の精度は高まっており、写真館と比べて質が大きく劣る…ということはありません。とはいえ、写真館では本格的な機材でプロのカメラマンが撮影してくれることから、出来上がりに差が出てしまう場合もあるようです。
また、スピード写真と違い、写真館では身だしなみや姿勢、表情などのアドバイスをもらうことが可能。急遽写真が必要…という場合を除いて、写真館で撮影してもらうのがおすすめです。

提出時の注意

証明写真のサイズは40mm×30mmが一般的。ただし、企業によっては指定がある場合があるので、指示に従いましょう。小さいサイズを求められた際は、定規やカッターなどを使用して、きれいにリサイズします。
写真の裏面には、大学名と氏名を記入。貼る際は、テープのりを使用すると綺麗に見栄え良く貼ることができるでしょう。

▼関連記事
証明写真の撮影のコツは?表情や身だしなみのポイント

 

24卒の就活について相談したい

 

ESのPR用の写真

PR用写真の注意点は以下の通りです。

写真の選び方

PR写真の添付を求められる際は「あなたらしい写真を添付してください」「あなた自身を表す写真を添付してください」などと指定されることが多くあります。そのため、自分らしさが伝わるかどうか…をテーマに、写真を選ぶことが重要。その際、ESに記載した経験と大きく乖離した写真を選ぶのは避けましょう。
また、どのような写真であっても、その写真の背景が大変重要となります。特別な経験をしている写真だけではなく、何気ない日常の一コマの写真であっても、「あなたらしさ」が伝わる説明をすることができれば問題はありません。

写真に対する説明文

添付した写真がどのような写真なのかをわかりやすく説明します。その際、どこで撮って何をしている…という説明だけでは、採用担当者にあなたを印象付けることは困難です。重要なのは、自己PRをすること。
どこで撮って何をしているのか…という状況と共に、写真のどの部分が自分らしいのかを説明し、自己PRにつなげます。
「写真」と「自分らしさ」を掛け合わせて、自分自身がしっかり伝わる説明ができるようにしておきましょう。

面接では、添付した写真に関する質問をされる可能性があります。写真撮影時の状況やその写真を選んだ理由など、深掘りの質問にも答えられるように準備しておくことが大切です。面接でしっかり解説することができれば、さらに深くあなたを印象付けることができるでしょう。

 

24卒の就活について相談したい

 

ESではこんな写真は避けよう

ESで避けたい写真について解説します。

証明写真の場合

スマホで撮影

証明写真をスマホで撮るのは避けましょう。何も写り込まない屋内で、背景の色や光の加減に注意しながら撮影する必要がある証明写真。スマホでスピード写真や写真館と同じような質の写真を撮るのは至難の技です。また、自撮りは角度がついてしまうためESで使用することはできません。
スマホのカメラで撮影すると費用を抑えることはできますが、撮影時や印刷時に自分で気をつけなければならないことが多く、適切な写真を撮影するためには手間がかかります。また、スマホで撮影した写真だとわかってしまう場合も多く、採用担当者に悪い印象を与えてしまうことにもなりかねません。

面接時の本人とかけ離れた写真

証明写真ではロングヘアなのに面接ではショートヘア…というように、証明写真と面接時の本人が大きくかけ離れた写真は避けます。髪を数センチ切ったり分け目が違ったりするような小さな違いは問題ありませんが、大幅な違いは良い印象を与えません。
上で述べたように、証明写真は本人確認が一番の目的です。ひと目見て、あなた本人だとわかる状態である必要があります。
イメージチェンジを考えているなら証明写真の撮影前に行い、写真と面接時の大幅な見た目の違いが無いように注意しましょう。

PR用写真の場合

PR内容や個性が伝わらない写真

スーツを着て撮った、いかにも「就活用」という写真では、個性をアピールすることは難しいでしょう。企業側は、文章や証明写真ではわからない「あなたらしさを知りたい」という思いがあるということを頭に入れておきます。
ただし、普段の自分の姿を見せたいからといって、だらしのない姿や服装や髪型が乱れてすぎているような写真を使うのは厳禁。この写真で自分のここをアピールする…というポイントを意識して最適な写真を選びましょう。

説明と噛み合わない写真

添付した写真と説明がつながらない写真は避けます。例えば、添付した写真は「あなたが一人で机に向かっている写真」なのに、説明は「旅行が好きで人とコミュニケーションを取るのが得意」というものだった場合、写真と説明が噛み合わず、伝わりにくくなってしまいます。
効果的な自己PRのためには、説明としっかりマッチする写真を添付することが大切です。

▼関連記事
証明写真はどこで撮る?就活で印象を良くする撮影のコツ

ESの書き方や添付写真について不安がある方は、就活のプロの手を借りてみてはいかがですか。
新卒向け就活サポートサービスのキャリアチケットでは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンで丁寧なカウンセリングを実施。ES対策はもちろん、業界研究や自己分析、面接対策などのサポートを実施しています。
就活について疑問や不安がある方は、お気軽にキャリアチケットにご相談ください。

 

24卒の就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。