履歴書の年月日は「令和」で記入するもの?基本的な書き方を押さえよう

このページのまとめ

  • 履歴書には「令和」と和暦で書いてもOK
  • 履歴書の年号は、和暦と西暦のどちらかに統一する
  • 令和は「R」と省略せず正式名称で書く
  • 最初の年は「令和元年」と記入するのが正解
  • 履歴書の学歴欄を書くときは早見表を使うとミスが防げる

履歴書の日付を書く際に、「令和」と和暦の表記にすべきか悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか?「令和」は、2019年5月1日から使用されている元号。使い方を間違うと、知識不足の印象になるので、年号の基本ルールを押さえておきましょう。
このコラムでは、履歴書の日付に関する基本ルールをご紹介。「令和元年」と「令和1年」のどちらが正しいのか分からない、という疑問にもお答えします。
 

履歴書の日付は和暦で「令和」と書くべき?

履歴書に記載する日付は、和暦と西暦どちらで書くべきなのでしょうか。以下で詳しく説明しているので、確認しましょう。

和暦と西暦どちらでもOK

履歴書やエントリーシート日付は、和暦と西暦のどちらで書いても問題ありません。選考に影響するものもなく、自身が書きやすいほうを選びましょう。だたし、表記は書類全体で統一するのがマナーです。詳しくは後述しますが、応募書類を書き終えたときは、和暦と西暦が混ざっていないか確認しましょう。

あらかじめ印字されている場合

履歴書の日付欄にあらかじめ元号が印刷されている場合は、和暦を選んでください。たとえば、生年月日の欄に「昭和」「平成」「令和」などと記載されていて、該当する箇所を丸で囲むタイプの履歴書は、ほかの年号もすべて和暦で統一します。
また、企業内の書類がすべて西暦で統一しているといった事情から「年号は西暦で記載する」といった指定がある場合も。表記の仕方にルールがないか、事前に確認しましょう。

▼関連記事
履歴書に年号を書くときに注意したいポイント【入学・卒業年度の早見表付き】
 

履歴書には「令和元年」と「令和1年」どちらが良い?

元号が変わった最初の年は「令和元年」と「令和1年」、どちらが正しいのでしょうか。不安な方は、以下をチェックしてみましょう。

「令和元年」とするのが一般的

元号が変わった最初の年は、「令和元年」とするのが一般的です。法的な規則はありませんが、元年には、「年号が改められた最初の年」「天皇が即位した最初の年」という意味があるためです。これらの理由から、「令和元年」とするのが一般的なので覚えておきましょう。

2019年が入学・卒業年に当たる場合は注意

「令和」は2019年5月1日から使用されている元号なので、2019年は平成と令和が混在しています。新年のように1月1日で切り替わっていないため、表記する際には注意が必要。2019年が卒業年にあたる就活生は、気をつけなければなりません。

元年以降は「令和2年」「令和3年」と書く

2020年1月1日からは、「令和2年」となります。元年は0年ではなく1年と認識しておきましょう。

▼関連記事
履歴書の年号は平成で書くの?正しい書き方を解説します
 

「年度」の書き方も知っておこう

新卒の就活生場合は、暦(こよみ)とは別に1年間の区切る、「年度」の表し方も理解しましょう。

年度は4月1日時点の元号を使う

学生の場合、「年度」その年度が始まる4月1日時点の元号を使用するのが一般的。
この考えに基づくと、2020年4月1日から2021年3月31日までは「令和2年度」となります。

2019年4月1日からの場合は2パターン存在する

2019年4月1日からは、「令和元年度」と「平成31年度」の2パターン存在します。本来の考え方に則ると、2019年4月1日は平成なので「平成31年度」とするのが流れです。
しかし、自治体や会社によっては、「令和元年度」とする場合も多く、特定の決まりはありません。「平成31年度」「令和元年度」どちらを使用しても問題ありませんが、応募する企業の方針に合わせて考えるのが無難でしょう。

履歴書で年月を書く箇所

この項目では、履歴書内で日付を記入する箇所を挙げています。

・提出年月日
・生年月日
・学歴
・資格、免許

以上のように、履歴書やエントリーシートには年月日を書く項目がいくつかあります。項目によっては元号が混在する場合も考えられるため、気をつけて記入しましょう。

履歴書の日付に関する3つの基本ルール

「令和」の書き方を理解したら、次は履歴書の日付に関する基本ルールを押さえましょう。履歴書は自身の経歴や実績などを表す公式な書類のため、慎重に記入する必要があります。

1.年号は和暦か西暦のどちらかへ統一する

先述したとおり、履歴書に記載する年号は和暦か西暦に統一しましょう。和暦と西暦が混ざっていると、採用担当者も読みにくいもの。応募者に対しておおざっぱなイメージを持つ恐れもあるので、気をつけましょう。

2.省略しない

日常生活では、昭和を「S」、平成を「H」、令和を「R」のように、略して使用することも多くありますが、企業に提出する履歴書では使用してはいけません。略称を書いてしまうと、「常識がない」と評価されると理解しておきましょう。履歴書に書くものは、すべて正式名称を記載すると覚えてください。

3.記号は避ける

学歴欄では同じ年号を続きますが、繰り返しを意味する「〃」の記号を使用するのは避けましょう。「〃」は略称の記号であり、履歴書に記載する文字としてはふさわしくありません。使ってしまうと、「ビジネスマナーが身についていない」とマイナスな印象になります。また、日付の略称記号でスラッシュ「/」も使用するのも避けましょう。西暦で記載するときは、「2019/4/10」ではなく「2019年4月10日」と漢字で記載します。

▼関連記事
履歴書の年月表記ってどう書くの?紛らわしい疑問全て解決!
 

和暦から西暦への変換方法

和暦で履歴書を作成する際に気をつけたいのが、西暦からの変換ミスです。間違えて記載してしまうと、採用担当者は正確な年齢や履歴を把握できません。また、経歴詐称を疑われることも考えられるため、注意が必要です。不安な方は、以下の変換方法を試してみましょう。

和暦から西暦、西暦から和暦への変換方法

変換する方法は、「平成」と「昭和」で異なります。

平成から西暦

平成の年号から12を引いて2000を足す(平成20年の場合、20-12は8、2000を足して2008年)

昭和から西暦

昭和の年号に25を足して1900を足す(昭和62年の場合、62+25は87、1900を足して1987年)

西暦から平成

西暦に12を足した合計の下2桁(2004年の場合、2004+12は2016、下2桁なので平成16年)

西暦から昭和

西暦から25を引いた合計の下2桁(1970年の場合、1970-25は1945、下2桁なので昭和45年)

確実な年月を記入するために、電卓を使って計算すると良いでしょう。

生まれ年別の早見表

以下に、生まれ年と学校の入学・卒業年の例を記載しました。

1996(平成8)年生まれ

中学校卒業・高校入学は2012(平成24)年
高校卒業・大学入学は2015(平成27)年
大学卒業は2019(平成31)年

1997(平成9)年生まれ

中学校卒業・高校入学は2013(平成25)年
高校卒業・大学入学は2016(平成28)年
大学卒業は2020(令和2)年

1998(平成10)年生まれ

中学校卒業・高校入学は2014(平成26)年
高校卒業・大学入学は2017(平成29)年
大学卒業は2021(令和3)年

1999(平成11)年生まれ

中学校卒業・高校入学は2015(平成27)年
高校卒業・大学入学は2018(平成30)年
大学卒業は2022(令和4)年

2000(平成12)年生まれ

中学校卒業・高校入学は2016(平成28)年
高校卒業・大学入学は2019(平成31)年
大学卒業は2023(令和5)年

留年や休学などを経験している場合は、適宜調整してご活用しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!