履歴書の生年月日の書き方とは?基礎的なマナーを踏まえた記入法を解説

このページのまとめ

  • 履歴書内での表記を統一すれば、生年月日の記入は西暦でも和暦でも構わない
  • 履歴書は正式な書類なので、生年月日の元号をアルファベット一文字の省略表記を避ける
  • 履歴書への年齢の表記は、満年齢を記入することが定められている
  • 企業へ履歴書を提出する時点の年齢を記入する

履歴書への記入を始めると、生年月日を書く時点で「和暦が正しい?」「漢数字を使うべき?」と迷う就活生が多いようです。履歴書への名前や生年月日の記入は、一見簡単なように感じますが、ミスが無いことやビジネスルールを踏まえた書き方が重要となります。
当コラムでは、「表記を統一すれば和暦でも西暦でも構わない」「算用数字を使用する」など、公式な書類である履歴書への生年月日の正しい記入方法をご紹介しています。
 

履歴書への生年月日の記入で正しいのは「西暦or和暦」

履歴書の生年月日や卒入学年数を記入する際、西暦と元号を用いる和暦とで迷うことがあるでしょう。ここでは、正しい生年月日の書き方を解説します。

西暦または和暦どちらでも構わない

結論からいうと、特に明確なルールはありません。注意点を踏まえていれば、西暦でも和暦でもどちらで記入しても大丈夫です。
表記に指定がある場合は、それに従いましょう。
 

履歴書に生年月日を記入する際の4つのルール

履歴書に生年月日を記入する際は、下記4点のルールを守る必要があります。きちんと理解しておきましょう。

1.履歴書内では表記を統一する

前項で生年月日を記入する時は、和暦でも西暦でも構わないと述べました。
履歴書には、生年月日のほかにも学歴として卒入学年を記入する欄があります。履歴書内は、それらの表記を統一するのがルールです。
生年月日は西暦、学歴部分は和暦で記入するということは避けましょう。

2.和暦の場合はアルファベットで略さない

平成や令和などの年号を使う場合、「H3年」や「R元年」など頭文字をアルファベットで省略表記することはNG。
履歴書は正式な書類なので、略語を用いることはご法度です。

3.数字は算用数字を使用する

年号を用いる和暦で記入する際、「平成八年」など数字を漢数字で表記をせず、「平成8年」と算用数字の使用が正しい表記方法です。

4.1年は「元年」と記載

平成や令和の元号が変わる年である「1年」を記載することがあるでしょう。その際は、「元年」と表記します。
なぜなら、改元する年すなわち天皇が代替わりする年を「元年」と定められ、政府や公的書類でもその年を「元年」と表記するので、それらに合わせることが一般的です。
 

履歴書への生年月日の記載例

この項では、履歴書への生年月日の記載例をご紹介します。
和暦の場合は「平成11年4月1日」と書き、
西暦の場合は「1999年4月1日」という風に書きます。

元号の頭文字をアルファベット1文字にしたり、年月日をスラッシュ(/)で表記することはしません。
 

西暦・和暦の早見表

自分の生年月日を入力すると、小学校から大学までの卒入学年月日を和暦と西暦で算出してくれるウェブサイトもあるので、ミスを防ぐために利用するのもおすすめです。
「生年月日 早見表」「西暦 和暦 変換」などで検索してみましょう。

記入例

和暦で記入する場合

平成10年6月6日(満22歳)
学歴
平成26年 4月 □□高等学校普通科入学
平成29年 3月 □□高等学校普通科卒業
平成29年 4月 △△大学△△学部△△学科入学
令和3年 3月 △△大学△△学部△△学科卒業見込み

西暦で記入する場合

1998年6月6日(満22歳)
学歴
2014年 4月 □□高等学校普通科入学
2017年 3月 □□高等学校普通科卒業
2017年 4月 △△大学△△学部△△学科入学
2021年 3月 △△大学△△学部△△学科卒業見込み

2019年の改元への対応

2019年5月1日に改元したため、和暦で記入する場合は注意が必要です。卒入学などを和暦で記入する際は、下記の内容を留意しましょう。

・2019年1月1日から4月30日まで:平成31年
・2019年5月1日から12月31日まで:令和元年
 

満年齢と数え年?正しい記載方法とは

年齢を述べる時は生まれたときの年齢を0歳とカウントする「満年齢」を答えることが一般的で、数え年を答える機会はあまりありません。
履歴書の生年月日の記入欄には、年齢を記入する欄があります。最後に、履歴書への年齢の正しい記載方法を解説します。

履歴書には満年齢を記入

満年齢と数え年がありますが、履歴書自体に「満」と指定している場合もそうでない場合も満年齢を記入しましょう。
1950年から、公式な書類などへは満年齢を記入することが法律で定められています。

記入日と提出日を意識する

履歴書に記入する際は、常に記入日と企業への提出日を意識することが必要です。年齢を記入する時は、企業側に履歴書が到着する提出日時点での年齢を記載します。履歴書は、前もって記入することがほとんど。履歴書を持参する場合も郵送する場合も、企業側に渡すタイミングでの年齢を記入するので、誕生日が提出日の直前の人は要注意です。

履歴書という正式な書類への記入は、些細なことでもミスをすると印象を損ないかねません。むしろ些細な部分だからこそ、気を抜かずに記入することが必要とされます。
就活の時点で、書類記載の基本的なルールを理解しておくことで、入社後も役立つでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!