就活がつらいときの解決策とは?大切なのは自分に合った企業選び

このページのまとめ

  • 就活生がつらいと感じるのは、落選の繰り返しや周囲と比較してしまったとき
  • また、連日の過密スケジュールや選考結果を待つ時間でも疲弊を感じる
  • 就活がつらいときは、面接の数をこなし慣れていくと良い
  • 面接対策を入念にしておくことで自信がつき堂々と振る舞えるようになる
  • 就活のゴールは自分に合った企業選びなので、周囲と比べて焦らないことが大切

就活がつらいと感じる就活生は、選考に落ち続け周りと比べてしまったり、無闇にスケジュールを詰め込みすぎてしまっている場合が多いのではないでしょうか。就活で大切なのは、目先の内定や周囲の状況に惑わされず、自分自身に合った企業を見つけることです。このコラムでは、就活をつらいと感じる具体的な理由や解決策を詳しくご紹介します。現在就活がつらいと感じている就活生の方は、ぜひご一読ください。
 

多くの学生が就活をつらいと感じている

現在、多くの就活生が就活をつらいと感じています。その理由は、過密スケジュールゆえの疲労や面接での失敗、周囲の友人と選考状況の差が開いているなど、さまざまでしょう。
しかし、就活へのつらさを持ったままでいると、ストレスにより精神的にも身体的にも不調を起こしてしまう可能性があります。
自分自身が就活をする意味を考え、自分のなかの「軸」を見つけることで、就活のつらさが大幅に和らぐのではないでしょうか。
まずは、就活がつらいと感じる具体的な理由からみていきましょう。
 

就活がつらいと感じるのは具体的にどんなとき?

以下、就活生が「つらい」と感じる理由をまとめました。自分と照らし合わせてみていきましょう。

選考に落ち続けているとき

就活生が特につらいと感じるのは、志望企業の選考に落ち続けているときでしょう。選考結果を開き、落選だったときのショックがトラウマになってしまっている就活生も多いのではないでしょうか。また、就活中は周囲の友人と「どれだけ内定をもらったか」といった話題になりやすいものです。選考に落ち続けることで、すでに内定をもらっている友人と自分を比べてしまい、その焦りや不安から就活がつらくなっていく場合もあります。

就活のスケジュールがきついとき

就活中は、面接だけでなく、合同説明会やセミナーなど、就活に関するイベントが多数開かれます。ただし、焦ってスケジュールを詰め込みすぎると、多忙により疲弊し、就活がつらく感じてしまいます。特に地方の学生の場合は、東京で就活をする場合移動距離が長くなり、身体的にもハードになります。そのうえ、面接が重なると精神面でも疲労を感じ、結果的に就活自体がつらくなってしまう悪循環に陥ることもあるでしょう。

面接での受け答えに失敗してしまったとき

面接での的確な受け答えは、選考を突破するために重要な要素でしょう。そのため、面接での受け答えで失敗が続いた場合、選考がうまくいかず、就活をつらく感じてしまうことも。面接での失敗は、面接官の前でプレッシャーを感じてしまい、思うように自分をアピールできなかった場合や、予期せぬ質問をされ、頭が真っ白になってしまった場合など、さまざまでしょう。また、普段はあまり話すことがない社会人と対峙しなくてはいけない、という緊張とストレスもつらさの原因のようです。

選考の結果が気になり心が休まらないとき

多くの就活生が抱えるつらさに、「選考の結果が気になり心が休まらない」というものがあります。合否を待っている間は、結果が気になり他のことが手につかなくなってしまうことも多いでしょう。選考結果が出るまでには1週間~2週間はかかるので、不安定な気持ちで待つ時間が続くことにより、心が疲弊してしまう人も多いようです。
 

就活がつらいときの解決策4選

前章では、就活をつらいと感じる理由をみていきました。ここでは、就活のつらさを克服するための解決策を提示します。ぜひ参考にし、試してみてください。

1.面接の数をこなして就活に慣れる

誰しもはじめは、選考に落ちたときに落ち込んでしまうものです。しかし、面接の数をこなしていくことにより、落選結果を受け止められるようになりますし、反省点を振り返って改善を図ることもできます。はじめはつらいかもしれませんが、面接の数を増やして慣れていくことでつらさが軽減できる可能性も大いにあるでしょう。そのため、精神的・身体的に無理のない範囲で、面接を増やしていくことをおすすめします。

2.面接対策をして自信をつける

面接でうまく受け答えができずにつらさを感じている方は、面接対策を徹底して自信をつけましょう。具体的には、予想される質問を想定しあらかじめ答えを考えておく、企業の採用ニーズを理解し、企業にとって価値のある人物像と自分の適性を合致させて答えるよう意識する、など。面接対策を十分にしておけば、その事実が自信にも繋がり、面接中も堂々とした振る舞いができるようになるでしょう。

3.自己分析を本気でやってみる

就活をつらいと感じているときは、自分が就活する意味を見失っている可能性があります。一度初心に戻り、自己分析からやり直してみると、自分がどうして就活をするのか、就活をしてどんな能力や生活を手に入れたいのかが明確になることも。就活は自分の将来へ直結しているので、就活への目的意識がはっきりすれば、心が折れず強い意思で臨むことができるでしょう。

4.気分転換をする

就活への疲弊を強く感じる場合、一度就活のことを忘れ、気分転換をするのも手です。音楽や映画、読書など、自分の趣味に没頭し、気持ちをリフレッシュさせましょう。好きなことをしていれば、前向きな自分を取り戻すことができ、就活の状況も好転する可能性が高いです。ただし、休んでいる期間が長いと就活へと戻るのが億劫に感じてしまうこともあるので、休む場合は必ず期限を決めておきましょう。

▼関連記事
選考に落ちた…就活がうまく行かなかったときの対処法
 

就活のゴールは自分に合った企業を見つけること


何度も選考に落ち続けていると、就活のつらさは膨らむばかりでしょう。それは、選考に落ちることで、自分の存在そのものも否定されたように感じてしまうからなのではないでしょうか。しかし、実際にはその会社の社風に合わなかったというだけであり、落選を重く捉えることはありません。また、裏を返せば、自分に合った企業を見つければ就活がうまくいくということです。必要以上に周囲と自分を比べて、早く内定をもらおうと焦ってしまっては逆効果です。就活で大切なのは、自分に合った企業選びといえます。
つまり、就活のゴールはただ内定をもらうことではなく、自分の適性に合った企業を見つけ、その企業に内定をもらうことなのです。

就活することの意味とは?

就活がうまくいかずに落ち込んでいる人は、就活することの意味を考えてみてはいかがでしょう。就活というのは、本来友人がやっていたから、親に勧められたから、という理由で始めるものではなく、自分のこれからの生き方を決定するうえで必要なアクションといえます。まだ見ぬ自分の未来を想像する、わくわくするイベントといってもいいでしょう。
そのため、あまり固くならずに、「自分はこれからなにがしたいか」「どんな自分になっていたいか」と柔軟に考え、就活の軸を見つけることで、就活の道は開けていくでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!