就活の参考に!商社、メーカー…8つの業界一覧

このページのまとめ

  • 日本は大きく分けて8つの業界に分かれる
  • 業界研究を行うことで、自分の可能性や選択肢を広げることができる
  • 業界研究の方法には求人サイトやニュース、会社説明会やOB、OG訪問などがある

就活において業界研究は大事ですが、何から手を付けたら良いか分からないという方もいるのではないでしょうか?
このコラムでは、各業界についての説明や業界研究の具体的な方法についてまとめました。

業界一覧と解説

業界は、人間が生活を送る上で必要な物を生産する産業や、物を売って利益を出す商業で分かれています。
それぞれの業界が密接に関わりながら、私達の生活に必要な商品やサービスを提供。
日本は、大きく分けて8つの業界に分かれています

商社

商社は商品の輸出や輸入を行い、メーカーや小売に販売して利益を出しています。
幅広い商品やサービスを取り扱う総合商社と、特定の分野に特化して取引を行う専門商社の2つに分類。
就活生に人気の高い総合商社は、老舗の大手企業が名を連ねています。
好奇心の旺盛さやコミュニケーション力、英語力などに長けている方がピッタリな業界といえるでしょう。

メーカー

メーカーは原材料を加工して、製品の開発や生産を行っている業界です。
特に、消費者の日常生活に直接関わる食品や電子機器、化粧品、自動車などのメーカーは就活生から人気があり、多くの人が名前を知っている企業が存在します。
時代によって消費者のニーズが異なるため、情報や流行に敏感な方や、面白いアイデアが浮かぶ方にピッタリな業界でしょう。

小売

小売業界には百貨店やスーパー、コンビニエンスストア、専門店などが存在。
メーカーや業者から仕入れた商品を、消費者に販売することで利益を出しています。
消費者はもちろんのこと老若男女や立場を問わず、人を相手にする機会が多いのも小売業界の特徴です。
地域によって異なるニーズの把握やアイデア力、コミュニケーション力などが必要とされるでしょう。

サービス

企業や個人が求めているサービスを提供して利益を出している業界です。
例として旅館やホテル、リラクゼーションサービス、人材サービスなどが当てはまります。
時代のニーズはもちろんのこと各々が求めるサービスに合わせて柔軟な対応力が求められるでしょう。

マスコミ

マスコミは、放送業界や広告業界、出版業界、新聞業界などに分類されます。
それぞれの業界に、誰もが聞いたことのある名前の会社が存在しており、就活生からの人気も高いジャンル。
世間の動向に敏感なのはもちろんのこと、心身共に丈夫であることが重要となってきます。

ソフトウェア・通信

ソフトウェア・通信業界は、今後もニーズが高まっていく業界として考えられています。
常に最先端の知識や技術に携わるので、時代を動かしているというやりがいを感じることができるでしょう。
しかし、その知識や技術はサイクルが早いため、常に新しいことを覚えていく姿勢が不可決です。
スピード感を持って働いていきたいと考えている方にピッタリな業界でしょう。

金融

金融業界には、銀行や証券会社、クレジット会社、保険会社などが含まれます。
各々の業界と関わりを持っていることや、お金を動かすことで利益を出していることが特徴として挙げられるでしょう。
また、銀行や保険会社の中には、就活生から人気が高い会社も多々存在しています。

官公庁

民間企業ではできない公的な事業を行っている業界です。
日本経済や国民を支えているという実感をできることも官公庁ならではのメリットでしょう。
 

 

業界研究をしよう!

前項でご紹介したように、日本には大きく分けて8つの業界があります。
しかし、初めから気になっている業界のみに絞ってしまうと、自分の可能性や選択肢を狭めてしまうケースも。
そのため、まずは様々な業界を調べて、全体を把握することが重要となってきます。
また、どんな仕事をしたいか決まっていない場合は、方向性を絞るのに役立つでしょう。
その際、成長中の業界であれば将来的にも事業が活発化していくことが見込めるため、安定性や今後の動向について詳しく知ることが大切です。

▼関連記事
就活生なら知っておこう!業界研究について解説します

業界研究の具体的な方法

業界研究の具体的な方法について、いくつかご紹介していきます。

求人サイト

新卒向けの就職情報サイトでは、業界の説明はもちろんのこと企業情報や採用情報、イベント、セミナーなど就職活動で役立つ内容が掲載されています
就職活動は求人サイトを見るところから始めるという学生も多いでしょう。

専門誌

専門誌は業界の情報が詳しく書かれているため、全体像や動向を知りたい方にオススメです。
専門誌で得た情報は、志望動機や自己PRで活かすことができます。

新聞、ニュース

新聞やニュースでは、社会情勢や日本経済、業界に関わる最新情報などを知ることができます。

会社説明会

会社説明会では事業内容や規模、組織構造などの基本情報だけでなく、給与や待遇面、人材教育制度などを知ることができます。
また、企業の雰囲気や現場の様子、働いている人達を知ることができるため、入社後のイメージを具体的に想像できるようになるでしょう。
質疑応答の時間を設けている企業が多いため、疑問点を解消できるところも魅力です。

OB、OG訪問

OB・OG訪問では、会社説明会より細かい情報収集をすることが可能です。
会社説明会や人事担当からは聞くことができない、現場のリアルな情報や具体的な仕事内容が聞けます。
その際、企業サイトや会社説明会、資料などでは分からなかったことを質問するようにしましょう。
質問を受ける先輩方は、仕事の合間を縫って時間を作ってくれます。
貴重な時間を無駄にせず、その時にしかできない質問を考えておきましょう。
 

 

1人での就活が不安な場合はどうしたら良い?

以上を踏まえた上で、業界研究を行っていきましょう。
しかし、1人での就活が不安ということであれば、就職エージェントを利用してアドバイザーと一緒に進めていくのも一つの方法です

キャリアチケットでは、就活のプロであるアドバイザーが内定を獲得するまでお一人おひとりに合わせたサポートを行っています。
書類添削や面接対策はもちろんのこと、企業別の対策についても行うので、安心して就活に取り組むことが可能です。
ご紹介する企業は全て現地へ行って取材したものなので、インターネット上では分からない内部事情を知ることができます。
「就活って何から始めたら良いの?」「自己分析って何をしたら良いの?」「インターンに行っていないけど大丈夫かな?」という方も歓迎です!
興味を持ちましたら、お気軽にご連絡ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする