コミュニケーション能力を自己PRに使うときのコツは?

このページのまとめ

  • コミュニケーション能力はどんな仕事でも活かせる
  • コミュニケーション能力とは「聞く力」「話す力」「理解する力」のこと
  • 志望する企業、職種が求めるコミュニケーション能力の見極めが大切
  • 自己PRでは、コミュニケーション能力の根拠となる実体験を伝える必要がある
  • 面接官の話を聞く、的確な質問をするなどして面接でもコミュニケーション能力を証明する

就活において「コミュニケーション能力」は自己PRの定番です。たしかに、コミュニケーション能力はどんな職種でも有効活用できるので、企業から求められている能力だと考えられます。けれど、多くの就活生が使っている分、他との差別化を図らなければ印象に残りません。「コミュニケーション能力」の本質的な意味を理解し、完成度の高い自己PRに仕上げましょう。
 

コミュニケーション能力はどんな職種にも活かせるスキル!

コミュニケーション能力は、どんな職種にも活かせる万能さがあります。なぜなら仕事というものは、社内の人や外注先、取引先など様々な人との関わり合いの中で進んで行くからです。

コミュニケーション能力とは基本的に「聞く力」「話す力」「理解する力」を示しています。さらにビジネスにおいては、「ニーズを引き出す力」や「相手を納得させる力」などが含まれることが特徴。どれも仕事を円滑に進めていく上では欠かせない力であり、多くの企業で評価の対象となります。

「人見知りしない」「誰とでも打ち解けられる」などは素敵な要素ではありますが、それは必ずしもコミュニケーション能力の高さに結びつくものではありません。仕事で評価される「コミュニケーション能力」について、理解を深めておきましょう。
 

 

自己PRにコミュニケーション能力を選ぶときの注意点

就活生にとっては定番のフレーズでもありますが、自己PRで「私の強みはコミュニケーション能力です」と言い切ってしまうのは、あまりおすすめできません。「コミュニケーション能力」という言葉自体は抽象的ですし、それを主張するからには、相手に能力の高さを感じさせる必要があります。

具体性のない言葉だけでのアピールでは「コミュニケーション能力が高い」とは言えません。採用担当にもそう判断されてしまうでしょう。そういった事態を避けるためにも、「コミュニケーション能力」とは何かを明確にしておくことが大切です。

先に述べた「聞く力」「話す力」「理解する力」について、もう少し詳細を掘り下げてみましょう。

「聞く力」とは?

「聞く力」とは相手の話にしっかりと耳を傾け、本音を察知する能力のことです。人は思っていることをすべて言葉にするわけではありません。ですから、ただ話を聞いているだけでは「聞く力」として不十分となります。

相手は「もっと安ければ買うのに」「△△は無理なのかな?」など、言語化されていない要求を抱えています。こういった潜在的な要求は、本人すら無自覚の場合もあるでしょう。「聞く力」においては、このような相手のニーズを、話を聞きながらを読み取り、引き出して行くことが大切です。

「話す力」とは?

「話す力」は相手に目的を伝え、説得する能力を指します。「雑談が上手」や「話題が豊富」などは、きっかけ作りや話を展開する手段として備わっていて損な能力ではありませんが、「話す力」の本質とは異なるとおぼえておきましょう。

ビジネスでは「これを売りたい」「この企画を通したい」「もっと安く買いたい」などの目的を持って相手と関わります。この目的を達成させるために必要なのが「話す力」であり、大切なのは相手を納得させることです。

そのためには、商品の良さを簡潔に分かりすく説明したり、企画への熱意や気持ちをアピールしたり、ウィンウィンに落とし込める交渉能力などが必要。そういったパフォーマンスをするための知識量や演出力がどれだけあるか、ということも「話す力」の中に含まれています。

「理解する力」とは?

「聞く力」で引き出したニーズ。今度はそれを「理解する力」が必要になります。

なぜなら、ニーズそのものを提供するだけではなく、「なぜそれを求めるのか」「どうしてそうしたいのか」といった相手の根幹の部分に思考を深め、寄り添うことで本当の信頼関係が生まれるからです。

「理解する力」とは、相手を「分かってあげる」能力だと考えましょう。「理解する力」においては、表情、視線、仕草などといった、言葉以外の様子からも察していく力が求められます。

上記を理解した上で、自分にとってのコミュニケーション能力は何が強みなのかを具体的にしていきます。まずは「聞く力」「話す力」「理解する力」のどれに特化しているのかを考えると良いでしょう。

たとえば、「聞く力」と「理解する力」に特化している人は、相手のニーズを引き出すことを得意とするタイプです。また、「話す力」が高いのであれば、相手を説得させる力を持っていると言えます。

このように「コミュニケーション能力」について掘り下げながら、自分だけの自己PRへと繋げていきましょう。
 

コミュニケーション能力を自己PRで使うときのコツ

では実際に、「コミュニケーション能力」を自己PRで使うときのコツについて解説していきます。

企業や職種が求める能力を見極める

まずは志望する企業や職種が求める「コミュニケーション能力」がどんなものかを考えてみましょう。

小規模な会社の事務職などを希望するのであれば、社内のメンバーと円滑に業務をすすめていくために「理解する力」が求められます。大手保険会社などの営業であれば、お客様に適したプランを提供できる「聞く力」「話す力」が高い人が良いでしょう。

こうして導き出した答えと、自分の能力が見合っているかを判断してください。ここがちぐはぐになってしまうと、せっかくのアピールも効果に繋がりません。合わせようと無理をしたり背伸びしたりせず、自分の能力から志望企業や職種を選んでも良いでしょう。

根拠のある実体験を含める

自己PRをする際には、必ず根拠のある実体験を含めましょう。たとえば「私は人の話を良く聞くことが得意です。周りからよくそう言われます」というPRでは、何の根拠も説得力もなく不十分です。

大切なのはその能力を「証明」する経験を語ること。また、「話を良く聞くこと」で何を得たか、結果についても述べる必要があります。

「私は人の話をよく聞くことを得意としています。◯◯において△△ということがあり、私は話を良く聞きました。すると□□だと分かり、結果的に◯△することができました」などのように、裏付け経験を具体的に話すことを意識しましょう。

コミュニケーション能力の高さは面接で証明する

自己PRに書いたなら、自称するだけではなく実際に能力があることを言動で証明しなければなりません。話をしっかり聞く、的確に質問する、簡潔に伝えるなど、自己PRと齟齬がないように、面接でコミュニケーション能力をアピールしましょう。
 

 

自己PRの例文

これまで解説してきた内容を元に、「コミュニケーション能力」を使った自己PR例文を紹介します。参考にしてみてください。

例文

------------

私は、相手をきちんと理解し、その立場になって考えることを常に心がけています。

人は誰しも本音で生きているわけではありません。
そう思うようになったきっかけは、高校時代に所属していたバスケットボール部での出来事にあります。

入学した高校にバスケットボール部はなく、私を含む7人のメンバーと、バスケットボールは未経験の顧問で創部されました。
そこでキャプテンを指名されたメンバーは、唯一の経験者でした。指名されたとき、彼女は大いに喜んでいました。
キャプテンとして声出しや練習メニュー作りなどに励んでいました。
けれど、彼女の持ち味である肝心のプレーは、どんどん精彩を欠いていきました。

気になった私は、部活後に彼女と話す機会を作りました。「最近疲れてる?」と問いかけると、彼女は「大丈夫大丈夫!」と返事をしました。
言葉とは裏腹に、彼女の張り付いたような笑顔と、声に覇気がなかったことを覚えています。
強がりだと分かり、「一人で背負わないで」と伝えると、彼女の瞳に涙が溢れました。
そうして、プレッシャーから弱音を吐けなくなっていたこと、自分の練習方法に自信がないこと、信頼を失うのが怖くて言えなかったことなどを吐露してくれました。

私は彼女の気持ちに気づけなかったことを反省し、責任をフォローする意味で副キャプテンを名乗り出ました。
それからは、声出しや練習を彼女一人に任せず、他の運動部や他校のバスケットボールの様子などを見学し、練習メニューについても研究を深めました。

その後、私達は地元の小さな大会で入賞することができました。これは私にとって初めての成功体験です。
あのとき、彼女の気持ちを理解できなかったら、この経験は得られませんでした。

入社後は、このときに感じた「相手の立場を理解し、思いやる」ことの重要性を心において、社内外の人たちに寄り添いながら、最善を尽くしたいと考えております。
------------

自己PRでは、まず最初に結論を話しましょう。その後に裏付けとなる経験を述べ、最後は入社後にどう活かすかという展望を語ります。全体を通して、分かりやすく簡潔にまとめることを意識しましょう。

ここまで、コミュニケーション能力を使った自己PRのコツについて紹介してきました。もし自分で作った自己PRの完成度を知りたい、客観的な視点からアドバイスが欲しいという方は、この機会にキャリアチケットをご活用ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする