JIS規格ってなに?就活にふさわしい履歴書の選び方

このページのまとめ

  • 履歴書には、全ての履歴書の参考例となるJIS規格のほかに、一般用や転職用、パート用などがある
  • 新卒者はJIS規格か一般用を使用するのが基本で、中には大学指定の履歴書を使用する人もいる
  • 誤字脱字に気をつけたり、改行などを使用して見やすいレイアウトにしたりするのがポイント
  • 履歴書本体だけでなく、使用するボールペンや修正方法も確認しておこう

就活だけでなく、アルバイトや転職などさまざまなシーンで使用する履歴書。
企業に提出を求められて用意しようと思ったものの、履歴書の種類が多くて困った…という経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
そこで、当コラムでは就活時に使用する履歴書について解説しています。
JIS規格とはなにか、新卒が使用するならどれが適切かなどを紹介しているので、履歴書の種類でお悩みの方はご一読ください。

履歴書の選び方


就活をしていると履歴書を提出する機会は多く訪れますが、どのような履歴書が適切なのでしょうか。
実は履歴書には複数の種類があり、それぞれ用途や記載内容が異なっています。
以下に履歴書の種類と概要をまとめました。

JIS規格

日本工業規格(Japan Industrial Standards)に沿って作成された履歴書。
国レベルの規格を制定し、全国的に標準化・単純化することを目的としている制度のため、JIS規格の履歴書が日本の履歴書の参考例として使用されています。

一般用

就職だけでなく、さまざまな用途に使用できる汎用性の高い履歴書。
メーカーによって記載項目が異なるため、事前に内容を確認することをおすすめします。

転職用

職務経歴書用紙が同封されていたり、退職理由を記載するスペースが設けられていたりと、転職者が使用しやすい様式の履歴書。
中には職歴欄が多く取られているものもあり、JIS規格や一般用では職歴を書ききれない方に向いています。

パート・アルバイト用

基本的な情報だけでなく、希望する勤務日や時間を記載する欄が設けられている履歴書。
メーカーによっては、趣味・特技欄や自己PR欄がひとつにまとまっているものもあるようです。

以上のことから、新卒が使用するならJIS規格か一般用がおすすめです。
JIS規格履歴書には、主に以下の項目が設けられています。

・氏名、生年月日、現住所、電話番号といった基本情報
・学歴、職歴
・資格、免許
・志望動機、特技、好きな学科
・通勤時間、配偶者、扶養家族
・備考

ほかに、4センチ×3センチの証明写真を貼る欄もあります。

また、大学生であれば大学指定の履歴書を使用しても良いでしょう。
大学指定の履歴書とは、各大学のロゴや名前が印刷された履歴書のこと。
記入項目が大学生向けなので書きやすかったり、大学名をアピールできたりといったメリットが期待できます。

一口に履歴書と言っても、用途やメーカーによって項目や記載スペースが異なります。
職歴がないのに職歴欄が多く設けられているものを使用すると、余白が目立ってマイナスイメージになる可能性も。
購入前に項目やスペースを確認し、自分に合った履歴書を選びましょう。

ボールペンの選び方


履歴書だけでなく、使用するボールペンの選び方にもポイントがあります。

まず、油性もしくは水性の消えないボールペンを使用すること。
消えるボールペンで書いたほうが安心…と考える方は多いと思いますが、文字が消えてしまう特性を持っているため、正式な書類で使用することはできません。
また、摩擦などの熱を加えることで消えるインクを採用しているので、履歴書をコピーしたら文字が消えた…という事態も考えられるでしょう。

インクは黒が基本で、太さは0.5mm~0.7mmが一般的。
使用する履歴書の紙質との相性もありますが、0.7mmのほうがはっきり書けるので読みやすく感じる方は多いようです。

もし間違えた場合は、修正液や修正テープを使用してはいけません。
前述のように、履歴書は企業に提出する正式書類。そのため修正液を使用することは失礼にあたります。
書き損じてしまった場合は最初から書き直すのが基本ですが、時間がないときは訂正印で対応するのも1つの方法。
ただし、訂正印を使用するとマイナスイメージになることも多いので、できる限り書き直すのがおすすめです。

各項目の書き方


ここでは、履歴書の各項目について詳しく解説していきます。

基本情報

氏名欄の上にある日付は、履歴書を郵送する日、あるいは企業に持参する日を記載します。
また、住所は都道府県から記入し、番地や号は略さないで書きましょう。

学歴、職歴

西暦か元号どちらかで統一し、学校名は「◯◯高等学校」など略さず正式名称で記載。
アルバイトは職歴に含まれないので、新卒の場合、職歴は「なし」と書きます。

免許・資格

資格や免許は略さずに正式名称で記載しましょう。
取得に向けて勉強している資格があれば記入して、積極的にアピールするのもおすすめです。

志望動機

数字やエピソードを盛り込んで具体的に表現することを心がけます。
また、その企業でないといけない理由も明確に記すのもポイントです。

趣味・特技

空欄は避け、複数の趣味や特技がある場合は絞り込んで書きます。
シンプルで分かりやすい文章を心がけ、相手に強い印象を与えることを意識しましょう。

本人希望欄

複数の職種を募集しているときは希望職種を記載。
待遇面は「貴社規定に従います」と書くのが無難でしょう。

上記を参考に、企業に響く履歴書を作成してください。

こんなところに気をつけよう


正しく履歴書が書けていることはもちろん、細かい点に気を配るのも印象アップには効果的。
では、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

履歴書は企業に対する最初のアピールになるため、誤字脱字が目立つと「雑な人」「大切な書類なのに気を使えない人」「志望度が低い」といった印象を抱かれます。
また、一般常識がないというイメージにつながる可能性もあるため、提出前は必ず誤字脱字をチェックしましょう。

そのほか、読みやすいレイアウトを心がけるのもポイント。
氏名や学歴といった基本情報の字は適切な大きさで読みやすいものにし、記述欄は文字を詰め込みすぎないよう改行や空白を適宜使用しましょう。
ただし、空白が多すぎると内容が不十分で意欲が低いと思われることもあるので、目立つ空白は作らないよう気をつけます。

サイズはB5判とA4判が一般的で、基本的にどちらのサイズを使用しても問題ありません。
ただし、企業で扱う書類の多くがA4判であることや、B4判に比べて記入欄が大きくアピールにつながる可能性が考えられること、大学指定の履歴書は多くがA4判だということからA4判を使用する方は多いようです。

意外と多いのが写真の貼り忘れ。
輸送中や到着後に写真が剥がれてしまわないようしっかりと貼り付け、写真の裏には大学名と氏名を記載しておくと安心でしょう。

作成した履歴書は、第三者にチェックしてもらうのがおすすめです。
周囲に頼みづらい、採用担当者の目線からチェックしてもらいたい…という場合は、就職のプロに相談してみませんか?
キャリアチケットなら、就職のプロがあなたの就活をサポート。
相談することでなかなか内定が出ない原因や改善点が明確になり、スムーズな就活が叶います。
書類添削だけでなく、面接練習や応募企業の選び方などもアドバイス。
就活でお困りの方は、年間3,000人以上の就活相談実績を持つキャリアチケットをご利用ください。全てのサービスは無料でご利用いただけます。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

就活のプロがマンツーマンで、即日内定サポート

19卒の無料就活サポート詳細はこちら