広告業界の志望動機はどう書く?作成時のポイントを解説

このページのまとめ

  • 広告業界には、営業、プランニング、クリエイティブ系の仕事がある
  • 広告業界で働くには、流行に対する感度の高さや先を見通す予測力などが必要
  • 志望動機には、応募先企業を志望した理由、入社後の希望、熱意などを盛り込む
  • 読み手に志望動機の内容の全体像を伝えるためには、先に結論を述べることが大切

社会に対する影響力の大きさ、クリエイティブかつ華やかなイメージから、広告業界に憧れを持っている就活生の方は多くいるのではないでしょうか。広告業界で働く上で求められる資質としては、流行への感度が高いこと、世の中の動きを予測する力を持っていることなどが挙げられます。
応募先企業に出す志望動機には、業界・会社に惹かれた理由、入社後の展望、熱意を書くようにしましょう。その際、結論を冒頭に持ってくることで、文章全体の内容を読み手に簡潔に伝えることができます。
本コラムでは、広告業界の仕事内容や求められる人材像とともに、志望動機作成時のポイントについて解説。例文もいくつか紹介しているので、広告業界に関心をお持ちの就活生の方はぜひチェックしてみてください。

広告業界の仕事

就活生からの注目を集め、憧れの対象になることも多い広告業界。クリエイティブかつ華やかなイメージ、自分の手がけた広告が世の中に影響を及ぼすというスケールの大きさが、人気の要因になっているのかもしれません。まずは、そんな広告業界の仕事内容について見ていきましょう。

営業

営業の主たる仕事は、案件を受注すること。広告を検討しているクライアントから制作を請け負います。自社を依頼先として選んでもらうためには、日頃から相手と良好な関係を築いたり、自社のメリットを積極的に提案したりする努力が必要になるでしょう。制作された広告がクライアントの要望に沿っているかを確認しに行くのも、営業担当者の仕事に含まれる場合があります。

プランニング

クライアントの要望やマーケティングによる分析結果を踏まえて、広告の企画・立案を行うのがプランニングです。仮説を立て、それを検証するマーケティング力が重要なスキルとなります。制作上の進行管理に携わる場合もあるようです。

クリエイティブ系

クリエイティブ系に含まれる職種は、クリエイティブディレクターやアートディレクター、コピーライター、デザイナーなど。こうした職種の人たちの仕事は、クリエイティブ面での戦略を立て、それに沿って広告制作を進めていくことです。
インターネットを利用したプロモーションやアプリ開発が行われる機会も多くなってきているため、近年はITスキルを持つ人材が活躍しやすい傾向にあります。

広告業界に求められる人材像

続いて、広告業界が求める人材像について解説します。

流行に敏感

広告制作の仕事では、世の中の流れをすばやくキャッチする力が求められます。最新の流行に対する感度が高い人が活躍しやすいといえそうです。

先見の明がある

最新の流行を押さえるとともに、それが今後どのように変化していくかを予測する力も広告を作る上で必要なスキルです。

人間心理に対する関心

広告に接するターゲットのライフスタイルはどのようなものなのか、個々が置かれている立場や環境の中で何を考えたり感じたりしているのか…。人の置かれている状況と心理に関心を持つことができれば、訴求力の高い広告を生み出しやすくなります。

創造力・発想力

広告業界において「商品」となるのは、個々の社員が持つ知識やアイディア、戦略です。人々に新鮮さや驚きを与える広告を生み出すには、創造力・発想力の豊かさを要すると考えられます。

共感力と実行力を兼ね備えている

クライアントが広告を打とうと考えるのは、時間をかけて開発した商品を顧客に買ってもらいたいからです。そのため制作者には、クライアントの目線に立った価値ある広告を提案することが求められます。人や物事に対する共感力のほか、熱意と責任感を持ってクオリティの高い広告を作り上げる実行力が肝要になるでしょう。

志望動機作成のポイント

ここでは、志望動機作成時のポイントを確認していきましょう。

広告業界を選んだ理由

はじめに、数多くの業界の中から広告の分野を選ぶに至った理由を考えてみます。憧れから来る漠然としたイメージではなく、仕事の困難な部分も理解した上での理由を見出すことが大切です。

応募先企業を選んだ理由

応募先企業の志望理由を書く前には、丁寧な企業研究を行うようにします。事業内容や求める人材像は、各企業で異なるためです。
その企業独自の事業内容に目が止まった、その企業でしかチャレンジできないことがあるなど、数多くの会社がある中で1社に惹かれたきっかけを探っていきましょう。

入社後の展望

業界・企業を選んだ理由にとどまらず、入社後にどのような広告を作ってみたいか・どのように成長していきたいかといった将来の希望や目標も盛り込むようにします。その際は、将来のビジョンと応募先企業の求める人材像が合致するように書くことがポイントです。

意欲

新卒生はまだ仕事の経験がないので、応募するにあたっては意欲が大切になります。すでに就業経験がある中途採用者とは異なり、はじめは業務の知識や技能がなくて当たり前。その分、成長意欲や応募先企業を選んだ動機が採用の指標になり得ます。

志望動機作成の流れ

志望動機の文章では、最初に結論を述べるようにします。先に結論を持ってくることで、文章全体の内容を読み手に簡潔に伝えることができるからです。ここでいう結論とは、広告業界または応募先企業を選んだ理由を指します。
つぎに、冒頭で述べた結論の根拠を示しましょう。根拠とは、広告業界・応募先企業に関心を持つきっかけとなった体験・エピソードのことです。
最後に、入社後の目標やビジョン、あるいは熱意を伝えることで、志望動機をきれいにまとめることができるでしょう。

▼関連記事
例文つき!広告業界の志望動機を作るポイントとは

志望動機の例文

最後に、志望動機の例文をいくつか紹介します。

例文1

貴社を志望したのは、スポーツ関連の団体と深いつながりを有する企業だからです。私はオリンピックをはじめとした世界的なスポーツイベントを、広告という媒体を通じてさらに活気づけたいと考えています。
(結論の根拠となる具体的なエピソードを挿入)
入社後はPR施策に力を入れ、世界の人々に元気を与えることを目標にしていきたいと思います。

例文2

貴社が打ち出した広告のコピーが、強く印象に残ったことがあります。それがきっかけで広告業界やコピーライターという職種に関心を持ち、貴社を志望するようになりました。
(前述エピソードの詳細を説明)
貴社に入社することができたら、時代の流れを汲んだコピーを作ることで社会に影響を与えることを目指します。

例文3

商品が持つ魅力を世の中の人たちに伝えることで社会の豊かさ・便利さに寄与できるのが、広告業界の魅力だと考えています。その中でも◯◯や◯◯といった幅広い業界と関わりを持っている貴社に惹かれたため、志望しました。
(結論の根拠となる具体的なエピソードを挿入)
もし採用していただけたら、新しい価値を社会に提示し、広めていくことができるよう努めていきたいと思います。

キャリアチケットは、新卒生を対象とした就活支援サービスを実施しています。広告系を含めた複数の業界の中から、あなたに合った企業をご紹介。書類選考や1次選考が免除される特別選考フローが適用できる可能性もあるので、興味をお持ちの方はぜひお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!