就活中に聞くインターンとは?種類や期間などを徹底解説

このページのまとめ

  • インターンは、種類や開催期間、内容など企業ごとにさまざまな特色がある
  • 短期から長期まで開催期間は幅広く、長期インターンでは実務が経験できる
  • 企業研究がしたいのか志望企業を詳しく知りたいのか、明確な目的を持ってインターン先を選ぼう
  • インターン先の社風や条件と自身の希望がマッチしているかどうか、事前に調べることも大切
  • インターンは就活同様、身だしなみにも気を配ろう

インターンは、企業の詳細を把握できるだけでなく、就業体験を通じてスキルを身につけられる機会でもあります。今回お伝えするコラムでは、短期・長期、メリット・デメリットなどインターンのすべてを徹底解説。志望企業が決まっていない方も、志望企業をさらに知りたい方も、ぜひチェックしてほしい情報をまとめています。

インターンとは

インターンとはインターンシップの略称で、学生が企業で職業体験をしたり企業説明を受けたりすることです。

インターンの実施期間や内容、条件などは企業ごとに異なります。実務を伴わないものから実際の現場に立って業務を経験するものまで、内容は実にさまざまです。
一定期間業務に就くインターンは、アルバイトと同じようなものだと思う方もいるかもしれません。インターンとアルバイトの相違点の1つとして、募集対象が挙げられます。インターンの対象は大学生限定なのに対し、アルバイトは性別や年齢を問わない企業も多い傾向にあります。

時間の融通に関しても、インターンとアルバイトでは差があるのもポイントです。インターンは大学生が対象のため、授業や部活を休むことなく参加しやすいのが特徴。アルバイトは1日や週末だけといった単発の案件もありますが、より多くの日数シフトインできる方を優先する企業も少なくないといえます。

インターンは、短期の場合だと無償というケースが一般的です。しかし、長期にわたるインターンでは実務を任せられ、社員と同様に賃金も支払われます。
このように、インターンとアルバイトの違いはさまざまです。

次の項目では、インターンの種類について説明します。

▼関連記事
インターンってなに?就職成功のコツ
 

 

インターンの種類

インターンの種類は、開催期間によって主に1day・短期・長期の3つに分類されます。

1dayインターン

言葉のとおり1日限定のインターンのことです。企業説明会の内容をさらに掘り下げたプログラムが多く、実務はほぼないでしょう。 気になる企業が複数ある場合にも、1dayインターンはおすすめです。企業研究が効率良く行えるうえ、応募先を絞りやすくなると考えられます。

短期インターン

開催期間は、数日から1週間にかけてが一般的です。企業説明や職場見学のほか、業務体験もメインのプログラムといえます。短期とはいえ実際の業務に携わることができるため、内容は濃いものになるでしょう。

長期インターン

長期インターンの開催期間は、最低でも1カ月以上という企業がほとんどです。社員とともに実際の業務に従事できるのが大きな特徴。ベンチャー企業を中心に、長期インターンを開催する企業が増加しているといわれています。 開催期間のほかには開催時期ごとにも種類があり、スプリング・サマー・オータム・ウィンターの4つの名称に分類されます。

スプリングインターン

春休み期間中に開催されるインターンのことです。1dayや短期インターンが多い傾向にあり、就活が本格化する夏~秋までにより入念に企業研究を行っておきたい方にもおすすめ。春休みをアルバイトで費やすよりも、インターンに参加する方が就活が効率的に進むと考えられます。

サマーインターン

インターンを実施する企業の多くが、夏休み期間を利用する傾向にあります。学生にとってもまとまった時間を取りやすく、業務体験により集中できる期間だといえるでしょう。 サマーインターンの締め切りは6~7月というケースが多いため、4月ごろから企業の情報収集をスタートさせることをおすすめします。 

オータムインターン

オータムインターンは、10月~12月にかけて開催されます。 夏休みが終わったころの開催のため、サマーインターンに比べると参加率が低い傾向にあるのも特徴。夏の就活で良い結果を残せなかった方も、挽回できる機会だといえます。

ウィンターインターン

夏と同様かそれ以上に学生の参加率が高く、企業側は採用に関して強い意識を示す時期。学生にとってのこのタイミングは、志望の業界が固まるころではないでしょうか。志望企業がウィンターインターンを開催している場合は自分をアピールするラストチャンスだと捉え、参加を検討することをおすすめします。

▼関連記事
どんな違いがある?インターンの種類と内容まとめ
 

インターン参加のメリットとデメリット

この項目では、インターンに参加することのメリット・デメリットを詳しく説明します。

短期インターン

メリット

短期インターンにおけるメリットは、時間の融通が利く点。学業との両立が図りやすく、より多くの企業のインターンに参加可能です。
まだ目標や志望企業が定まっていない学生に、短期インターンは向いているといえます。

デメリット

短期インターンは選考倍率が高く、参加が困難なことがデメリットの1つです。
1dayや2~3日といった短期では、実務を任せられるよりもセミナーやグループディスカッションが中心。実際に就業することはほぼないため、業務がイメージできないことも考えられます。

長期インターン

メリット

実際に業務に携わる長期インターンは、実社会で役立つスキルを得られるところがメリットです。活躍ぶりが評価されれば、内定に直結するケースも。長期にわたる実務を通じてスキルが身につくため、短期インターンやアルバイト経験のみの学生と差別化を図れるでしょう。

企業説明会だけでは知り得なかった情報や業務内容を把握できるのも、インターン参加の利点といえます。

デメリット

長期インターンのデメリットとして挙げられるのは、社会人と同様の業務を任せられる場合は責任が生じる点です。
また、拘束時間が長めのため、学業との両立が難しくなることも考えられます。

これらのことを踏まえ、自身の志望やスケジュールと照らし合わせたうえでインターンの種類や時期を選択すると良いでしょう。

▼関連記事
インターンシップの内容と参加のメリットを知ろう
 

 

企業がインターンを実施する目的

短期インターンでは、企業説明を通じて志望企業の候補として認識してもらうことを目的に開催しているケースが多いといえます。
スケジュールを組みやすい短期インターンは、より多くの学生の参加を促せる機会。求人情報だけでは伝えきれない企業の魅力を存分に広報することで、優秀な人材を確保したいという意図もあるようです。

長期インターンは、実務を通して戦力となる人材を確保しつつ採用につなげたいという企業側の目的が考えられます。
ただし、すべての企業がそうとは限りません。短期インターンシップでも効果的なアピールができれば、採用につながる可能性もあるでしょう。

インターンは、学生の入社後のミスマッチを防ぐ目的も兼ねて開催されているといえます。

▼関連記事
学生と企業にとってメリットがあるインターンシップとは
 

就活に役立つインターンの探し方

インターンに参加しようと思ったとき、なぜ参加したいのか目的を持つことが大切です。「応募企業を決めかねているため」「この企業をもっと知りたいため」など、目的を明確にさせておきましょう。
また、気になる企業の社風や応募条件が自身とマッチしているのかを事前に調べる必要もあります。

インターンの情報については、企業のWebサイトからも得ることが可能。同時にインターンへの応募もできます。

注意点は、気になる企業がインターン自体を開催していないケースもあることです。インターンは就活同様に選考が基本のため、人気の企業だけに的を絞っていると結果的にどのインターンにも参加できなくなる可能性も考えられます。

まずは目的を明確に持つことで、興味のある企業を絞ることができるでしょう。

▼関連記事
インターンの探し方を解説!自分に合う企業を選ぶには
 

 

インターンに参加する際の注意点

インターンは就活の一環と考えて、参加時の服装はスーツの着用が無難といえます。ヘアスタイルも清潔感を心がけ、黒髪が基本です。
業種や企業の指定により、自由な服装で参加可能なケースもあります。企業の社風や条件などをしっかりとチェックし、ふさわしいスタイルで参加することが大切です。

参加時の待遇も、企業によって異なります。遠方からの参加者には、交通費や宿泊費などを支給する企業もあるようです。
長期インターンの多くは学生が実務を行うため、給与が出る場合がほとんど。しかし、すべての企業が同様の条件を出すわけではないため、申し込む前には待遇についても必ず調べるようにしましょう。

よりスムーズな就活を叶えたい方は、プロの就活アドバイザーに相談するのもおすすめです。
新卒の就活支援に特化したキャリアチケットでは、ES対策や自己分析のサポート、書類選考のレクチャーなどさまざまなサービスに対応しています。
企業の業務内容や福利厚生についてもお伝え可能。インターン参加に迷っている方も、ぜひ一度キャリアチケットにご相談ください。

▼関連記事
インターンシップ参加までにおさえておきたい基本のマナー

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする