就活で「人生で一番つらかったこと」を聞かれたときの回答のコツ!NG例も

このページのまとめ

  • 就活で「つらかったこと」に関する質問をするのは、失敗から学んだことを知るため
  • 「つらかったこと」を伝える際は、「概要」「エピソード」「学んだこと」を伝える
  • 「つらかったこと」を話すときは、仕事をするうえで活かせる経験を選ぶのがポイント
  • 家族の不幸や嘘のエピソード、レベルの低い失敗談は避けよう

就活中「人生で最もつらかったことは何ですか」と聞かれて言葉に詰まってしまった…という人は多いのではないでしょうか?
「人生でつらかったこと」は、面接で頻出する質問の一つ。いきなり答えられるものではないですが、しっかりと対策しておけば難しい質問ではありません。
このコラムでは、「人生でつらかったこと」に関する質問について、面接官の意図や答え方のポイントをまとめました。就活生は、ぜひ参考にしてください。
 

就活で「人生で一番つらかったこと」を聞く3つの意図

就活の採用面接で、「人生で一番(最も)つらかったことは何ですか?」と聞くのは、以下3点を知りたいからです。

1.どんなことにつらさを感じるのか知りたい

面接官は、就活生がどのようなことに対して「つらい」と感じるのかを知ることで、人間性や価値観、ストレス耐性などを見抜こうとしています。
人によって「つらい」と感じることは異なるもの。他人には些細なことでも、自分にとっては大きな出来事と感じる場合もあるでしょう。
就活生の経験から、仕事でどのようなことにつらさやストレスを感じそうか、イメージする材料にしています。

2.困難を乗り越える力をチェックしたい

「つらい」経験をどのように乗り越えたのか、その過程から就活生の精神力や忍耐力を図ろうとしています。
社会人になれば、仕事をするうえで課題や失敗に遭遇することもあるでしょう。困難を乗り越えるためには、どんなことがあっても仕事に対する意欲やモチベーションを保ち続ける精神力や忍耐力が必要です。
仕事を途中で投げ出さずに最後までやり遂げることができるかを知りたい、というのもこの質問の意図といえるでしょう。

3.失敗から学ぶ力があるか知りたい

つらい経験から何を学んだのかを知ることで、成長意欲や向上心を見ようとしています。
仕事上起こった失敗やトラブルは、そのまま放置しておくわけにはいきません。責任を持ち、再発しないように努めることが大切です。
社会人経験のない就活生の場合、仕事上の失敗やトラブルを「つらい経験」に置き換えて、そこから学べる力=成長力をチェックしたいというのが面接官の狙いといえます。

▼関連記事
面接で苦労したことを聞かれたらどうする?回答のポイントと例文を紹介
 

「人生で一番つらかったこと」に答える5ステップ

就活で、「人生で一番つらかったことは?」「今までで最もつらかった経験は?」と聞かれたら、次の5ステップで答えるのが効果的です。

1.つらかった経験の概要を簡潔に述べる

まずは、つらかった経験について簡潔に説明しましょう。回答のメインはつらかったことではなく、そこから何を学んだかという点。そのため、エピソードの概要は手短にまとめるのがポイントです。

2.つらさを定量的に伝える

ただ「つらい」「苦しい」「大変」と述べるだけでは相手にどの程度の感覚なのか理解してもらうことはできません。
「(アルバイトで)普段50人程度のところ、500人以上の来客があったため、10倍のスピートで仕事をこなすのは精神的にも肉体的にもつらかった」というように、つらさを具体的な数字で表しイメージしてもらいやすくしましょう。

3.あきらめずに努力したことをアピールする

ポイントは、「困難を前に、あきらめずに努力した点」をアピールすること。先述したように、面接官は就活生に困難を乗り越える力があるのかを見ています。
「あきらめなかったこと」「努力したこと」を伝えれば、精神力や忍耐力といったストレス耐性を効果的にアピールできるでしょう。

4.困難を乗り越えるために工夫した点とその結果を伝える

困難を乗り越えるための行動から、仕事上の問題解決能力をイメージできます。
つらい経験を乗り越えるために行ったことや工夫した点、そしてその結果はできるだけ具体的に伝えてください。
具体的な行動とその結果は、回答後に深堀りされる可能性もあるので、エピソードに盛り込めない内容もメモに残しておくのをおすすめします。

5.学んだこと、仕事に活かせることを述べる

最後に、つらい経験から学んだこと、仕事へ活かせる価値観や向上心を得たことなどを述べ、成長意欲を示しましょう。
「つらい経験からこんなことが大切だと知った」「つらいことに直面したときの向き合い方を学んだ」など、仕事で困難に直面した場合に活かせる学びを伝えると効果的です。

▼関連記事
挫折経験について聞かれたときはどう答えたらいい?

 

「人生で一番つらかったこと」を答えるときの注意点

「人生でつらかったこと」に関する質問に答える際に気をつけるべき点は3つあります。面接対策の参考にしてください。

1.単なる苦労話で終わらせない

つらかったエピソードを話すのに一生懸命になり、それだけで満足してしまう人がいます。エピソードのみでは単なる苦労話になってしまい、面接官が知りたい内容が汲み取れません。
また、つらい話だけになると、暗いイメージを与え面接の雰囲気を悪くする恐れも。そうなれば、マイナス評価につながる可能性もあるので気をつけてください。
大切なのは、「つらかったエピソード」ではなく「つらい経験から何を学んだのか」です。失敗やトラブル、課題、困難に対してどう感じ、どう対処したのかを、前向きに伝えるようにしましょう。

2.仕事をするうえで活かせる経験を選ぶ

「つらかったこと」は何を話しても良いというわけではありません。
回答のポイントは、仕事をするうえで活かせる経験を学んだという流れで答えること。仕事に全くつながらない内容は選ばないようにしてください。

3.解決できていないエピソードは避ける

決して克服できないような話や、現在もつらいという度を超えたエピソードは好ましくありません。
インパクトのある内容であっても、自分の力で解決できないことや、未だに引きずっている場合は、仕事上活かせる経験とは判断されにくく、評価につながらないでしょう。

▼関連記事
就活で失敗する大学生の4つの共通点とは?対策方法も解説
 

「人生で一番つらかったこと」のNG例

「人生で一番つらかったこと」は、人それぞれエピソードが異なるものです。そのため、回答をイメージしにくいと感じる人もいるでしょう。そんな方は、NG例から考えるのも一つの手。以下のNG例を参考にしてみてください。

家族の不幸や死について

家族や飼っているペットがなくなってしまった、兄弟姉妹がいじめになっているなど、深刻な話をする人がいますが、これは適切ではありません。
確かに、本人にとっては「人生で最もつらかったこと」を正直に述べただけなのでしょう。
しかし、深刻すぎる話は面接官がコメントに困ってしまう恐れもあり、避けたほうが無難です。
また、自分の能力の向上で解決できる内容でもないため、話題に出すべきではありません。

嘘のエピソード

インパクトのある話にしようと思って嘘をついてはいけません。
就活の場では、「人生でつらかったこと」に関するもの以外にも、志望動機や自己PR、学生生活で力をいれたことなど、さまざまな質問をされます。嘘をついていると、後々話の整合性がとれなくなり、「さっきの話と違う」「信頼できない」という印象になる可能性も。就活の場で嘘をつくのは絶対に避けてください。

「特にありません」

就活の場で、「特にありません」と答えるのは避けたほうが無難。「考える気がないのか」とマイナス印象になる恐れがあるからです。
人生でつらかった経験が特にない場合でも、「ない」と答えるのではなく、「苦戦したこと」「困ったこと」など、近いエピソードを探してみましょう。

レベルが低い失敗談

「アルバイトの仕事内容が難しくて覚えられない」「課題を提出し忘れて先生から怒られた」など、日常でありがちな失敗談は、自分の評価を下げる恐れがあるので避けましょう。
「入社しても同じようなことで音を上げるのでは」という印象を与えれば、採用したいとは思ってもらえません。
すぐに対処できるような簡単な内容ではなく、困難や苦労したことに焦点を当てて考えてみましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。