内定が貰えないのはなぜ?原因と対策をご紹介

このページのまとめ

  • 内定が貰えない原因は、企業研究や面接対策などを十分に行っていない
  • 内定が貰えない場合は、就職留年することや進学するという選択肢もある
  • 内定が貰えない人は自己分析を再度行い、応募する業界や職種を見直すのも一つの手

内定が貰えないのはなぜ?原因と対策をご紹介のイメージ

「内定を貰えない…」「この先就職できるか不安」と悩んでいる方は多いでしょう。
内定が貰えないからといって、落ち込む必要はありません。内定が貰えない原因を探り、対策をすれば志望企業へ就職できる可能性はあります。
このコラムでは、内定が決まらない原因や対策方法をご紹介。就職活動に不安のある方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

内定を貰えない5つの原因

この項目では、内定が貰えない原因をご紹介。内定が貰えない人には、共通するいくつかの原因があります。思い当たる原因がないか確認しておきましょう。

1.企業研究を十分にしていない

企業研究を十分に行っていないと、内定が貰えない原因に繋がってしまいます。
就活では、志望企業の情報収集はとても重要。面接では、企業に関する知識を問われることもあるため、適切に回答できないと選考を通過できない可能性もあります。

2.面接対策をしっかり行っていない

志望動機が曖昧なときや、面接マナーを守れていない場合は、企業の求めるスキル・経験があったとしても評価は上がりにくいでしょう。
面接対策を行っていないと、熱意の伝わる志望動機を伝えられず、高評価を得るのが難しいことも。
また、面接では第一印象が重視されるため、面接時のマナーがなっていなかったり、態度が悪かったりするとマイナスイメージを与えてしまいます。

3.書類の書き方が間違っている

「字を丁寧に書いていない」「空欄が多い」「志望動機が企業の特徴に合っていない」という書類は、選考に通過しづらくなります。
学歴や資格などを記載する履歴書やエントリーシートは、応募者の第一印象を左右する大切な書類。記載内容が不足していると、内定を獲得するのが難しくなってしまいます。

4.自己分析が不足している

自己分析が不足していると、内定を獲得するのは難しい傾向にあります。
自己分析を行っていないと、自分の強みや自分に合った業界・職種が明確にならず、就活に失敗してしまうこともあるでしょう。

5.企業選びの視野が狭い

内定がもらえない人は、企業選びの視野が狭い傾向にあります。
特に多いのが、大手にこだわり過ぎていることや、自分の希望する条件が一致している企業しか受けていない場合。
企業を絞り過ぎることで、エントリー数が少なくなり、内定獲得が遠ざかる原因となってしまいます。

▼関連記事
内定が取れない原因と対策!企業が求める人材の特徴と気持ちの切り替え方
 

内定が貰えない場合の選択肢

この項目では、内定が貰えない場合の選択肢をご紹介します。「内定が貰えない…」と落ち込む必要はありません。以下の内容を確認し、実際に行動に移してみましょう。

就職留年する

内定が貰えず就活をやり直したいと考えている人は、就職留年する選択肢があります。
就職留年とは、大学に在籍しながら就活を続けることです。
就職留年することで新卒という肩書で就活できるメリットがあります。
しかし、金銭的に負担がかかるほか、志望先に納得してもらえるような留年理由を説明する必要があるなど、リスクもあるでしょう。
就職留年をする場合は、リスクも踏まえたうえで、行うことをおすすめします。

就職浪人する

大学卒業後に就活をする方法もあります。
就職浪人になると、就活期間が伸びるため、時間をかけて自己分析や企業研究を行えるでしょう。
しかし、就職浪人は既卒扱いになるため、新卒採用枠には応募できないというデメリットも。
就職浪人になる場合は、じっくりと時間をかけて、自分の将来を明確にしたうえで就活に臨みましょう。

大学院や専門学校に入る

大学院や専門学校に進学するという選択肢もあります。
進学することで就職までの猶予ができるため、改めて自分の進路について考えられるでしょう。
また、進学先によっては、自分が志望する職種や業界に関するスキルを身につけられるメリットも。
学費や交通費などの費用がかかるため、進学を視野に入れている場合は、事前によく考えておきましょう。

▼関連記事
就職留年という選択肢…就活にはどう響く?
 

内定を獲得するための5つの対策

この項目では、内定を獲得するための対策方法をご紹介。念入りに対策することで、内定獲得に近づけるチャンスはあります。以下の内容を参考にし、前向きに就活を進めましょう!

1.自己分析をもう一度行う

内定を獲得するためにも、入念に自己分析を行いましょう。
自己分析をしっかり行うことで、自分の長所や短所、ビジョンなどを見出せます。
自分を客観視し、どのような職種に向いているか、活かせる強み・スキルは何かをもう一度考えてみましょう。

2.応募する業界や職種を見直す

応募する業界や職種を一度見直してみましょう。
なかなか内定が貰えない場合は、希望している業界や職種が自分の能力や経験に合っていないことも考えられます。
自己分析の結果を踏まえて、自分に合った企業を選んでみましょう。

3.面接対策を十分に行う

面接対策も十分に行うことをおすすめします。
面接では緊張から、思うように話せなかったという人も多いでしょう。落ち着いて面接を受けるには、何度も練習することが大切です。
友人や家族などに面接官役をお願いして模擬面接を行い、言葉遣いや仕草、話す内容などに関してアドバイスをもらうと改善できる可能性があります。

4.第三者にチェックしてもらう

面接時のマナーや作成した書類などは、就活仲間やOB・OGなどの第三者に確認してもらうのがおすすめ。
第三者にチェックしてもらうことで、客観的なアドバイスが貰えるでしょう。
また、話し方やマナー、身だしなみなど、自分では気付かない悪い癖が分かるというメリットも。
履歴書やエントリーシートなどの書類であれば、「誤字脱字がないか」「面接官にも伝わりやすい文章になっているか」なども確認してもらえます。

5.就職エージェントを活用する

1人で就活することに不安を感じる人は、就職エージェントを活用するのもおすすめ。
就職エージェントでは、あなたに合った企業を紹介してもらえるほか、面接や選考対策も行っています。
無料で利用できるサービスもあるので、自分の進路に悩んだ場合は、相談してみるのも良いでしょう。

▼関連記事
内定が出ない!「無い内定」の原因と解決策
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする