面接の服装自由はホント?マナーとおすすめアイテムを紹介

このページのまとめ

  • 服装自由という指定で困ったらスーツが無難だが、スーツ以外の服装のほうがいい場合もある
  • 私服で起こしくださいと指定された場合は、オフィスカジュアルがベスト
  • オフィスカジュアルは、スーツと普段着の中間くらいの服装
  • スーツのような画一性のないオフィスカジュアルは、ビジネスの場に合った清潔感が求められる

企業側から面接時の服装を「自由」と指定されることがあります。
しかし、「服装自由」と言われても、本当に自由なのか、どのような服装で行くべきなのか悩む就活生も多いのではないでしょうか。
今回は、企業から「服装自由」あるいは「私服」と指定された場合のベストな服装について解説します。
就職活動中だけでなく、就職後も役立つ情報なので、ご一読ください。

面接で服装自由と言われたら?

企業側から面接時の服装を「自由」と指定される場合があります。
しかし、「服装自由」と言われても、本当に自由なのか、どのような服装で行くべきなのか悩む就活生も多いのではないでしょうか。

服装自由と指定された場合、最も安全な服装はリクルートスーツです。
企業にもよりますが、スーツを着ていけばネガティブな印象を持たれる可能性は極めて低いでしょう。
自分が想定している服装で反感を持たれないか不安、何を着ていいのかわからないという場合は、いつものようにスーツを着用することをおすすめします。

服装自由の意図は?

企業はどのような意図で「服装自由」を掲げるのでしょう?
主な理由としては、以下のようなものがあります。

・服装を通して就活生の個性を見たい
・就活生の緊張を解くため
・TPOを弁えられるか判断している

スーツだとどうしても似たような雰囲気になり、就活生一人ひとりを判別しにくいため、「服装自由」と指定する場合があるようです。
自由な服装は就活生の個性が出やすいため、そこから自社との相性などをチェックしています。

緊張しやすい面接の場で少しでもリラックスできるように…と、就活生の精神的な負担を軽減することを目的としている企業もあります。

また、少数派ではありますが、あえて自由を掲げることでTPOに合った服装をしてくるかどうか判断している場合もあるようです。

企業によって服装自由の意図はさまざまですが、どうしても不安な場合はスーツを着ていきましょう。

私服を着用したほうがいいケース

一部の企業では、「服装自由」という言葉どおり、私服で面接に臨んだほうがいい場合もあります。

たとえば、アパレル系のようなファッションセンスが問われる企業は、スーツよりも私服を着ていくがベストです。
その場合は清潔感があり、ブランドの雰囲気に合ったコーディネートをしていきましょう。

また、企業側が服装自由であることを強調している場合も、私服の着用をおすすめします。
先述したように、就活生の個性を見たくて服装自由を掲げている可能性があります。

「服装自由」の基準は企業によって異なるため、そのような指定を受けると戸惑うかもしれません。
スーツが最も無難ですが、迷った時は応募先の社風などで判断するのも有効です。

「服装自由」と「私服でお越しください」の意味は異なる?

「服装自由」と「私服でお越しください」は、似ているようでもニュアンスが異なります。
服装自由はスーツを含んでいることが多いですが、私服は企業側がスーツ以外の服装を希望している傾向があるようです。

企業説明会や面接で「私服でお越しください」と指定された場合は、スーツと普段着の中間くらいのオフィスカジュアルがベストです。
堅くなりすぎず、ラフになりすぎず、自分の個性を出しやすくなります。

服装自由と同様、「私服でお越しください」も就活生のその人らしさを見る、就活生がリラックスできる状態を作るという意図があります。
ただし、服装自由よりも「私服で来てほしい」という希望が強いため、スーツ以外のラフすぎない服装で行くのがより望ましいでしょう。

スーツ以外の服装はオフィスカジュアルが基本!

「服装自由」や「私服でお越しください」と指定された際に、スーツ以外の服装で行く場合は、オフィスカジュアルの着用が基本です。
オフィスカジュアルを正しく理解し、適切なコーディネートで面接に臨みましょう。

オフィスカジュアルとは?

前項でも述べたように、オフィスカジュアルはスーツと普段着の中間くらいの服装を指します。
スーツほど堅くはないですが、ラフすぎず、オフィスに溶け込めるような清潔感のある服装が基本です。
企業見学などで、実際に働いている社員がどのような服装をしているのかよく観察しておくといいかもしれません。

こんな服装は避けよう

オフィスカジュアルはプライベートで着用するような普段着よりも、ビジネスの場に溶け込めるような服装です。
そのため、ジーンズやTシャツ、スニーカーなどのラフすぎる服装や、派手すぎる服装は避けましょう。
また、男性の場合は短パンなどの丈の短いズボンは控えるのが無難です。
女性の場合は過度な露出、ミュールや高すぎるヒールの靴などは好ましくありません。
オフィスカジュアルは、ビジネスの場にふさわしい清潔感や品性を心がけることが大切です。

個性を出すといっても、悪目立ちするような服装は企業側にネガティブな印象を残してしまいます。
あくまでビジネスシーンであることを念頭に置き、その範囲内で自分の個性をアピールしましょう。

男女別おすすめオフィスカジュアルスタイル

オフィスカジュアルはスーツのように画一的でない分、具体的にどのような服装にすべきか悩む方もいるでしょう。
オフィスカジュアルにおすすめのアイテムを男女別に紹介するので、コーディネートの際に参考にしてください。

男性編

男性におすすめのオフィスカジュアルは、下記の通りです。

ジャケット

夏場以外は、ジャケットを着用するのがおすすめです。
パンツと色を合わせても、色違いのものを合わせてもきっちりとした印象になります。
色は黒やグレー、ネイビーなどのモノトーンカラーを選ぶといいでしょう。

襟付きシャツ

オフィスカジュアルの中でも、襟付きシャツは最も無難なアイテムといえるでしょう。
無地の白や水色のものも清潔感がありますが、目立ちすぎない細いストライプが入ったものをジャケットと合わせても垢抜けた印象になります。

カットソー

襟がないシャツをジャケットと合わせたい場合は、白や薄いグレーのカットソーがおすすめです。
広すぎないVネックのものを選ぶと、爽やかさときっちり感を演出できます。

ポロシャツ

ポロシャツは、クールビズが推奨される夏場の定番アイテムです。
白やグレーの無地のものを選ぶといいでしょう。
着丈はベルトが少し隠れる程度で、体のサイズに合っているのもを選ぶとすっきりとした印象になります。

スラックス

スラックスは、足のシルエットが綺麗に見えます。
色は黒やグレー、ベージュなどがおすすめです。

革靴

男性のビジネスシューズは、革靴が基本です。
一口に革靴といっても、レースアップやローファー、モンクストラップなど、さまざまなデザインがあるので、ビジネスの範疇内で好みと足に合ったものを選ぶといいでしょう。

女性編

女性におすすめのオフィスカジュアルは、下記の通りです。

ブラウス

ブラウスは、襟付きのものやノーカラー、ボウタイなど、さまざまな種類があります。
ボウタイはリボンが大きすぎないもの、ノーカラーは胸元が空きすぎていないものなど、ビジネスにふさわしいデザインを選びましょう。
色は白や紺、水色などがおすすめです。

ジャケット

男性と同様、きちんと感を出すならジャケットを羽織るのがベストです。
色は黒やグレーなどのモノトーン系もいいですが、春であればベージュのジャケットで柔らかい雰囲気を演出するのもいいでしょう。

テーパードパンツ

テーパードパンツは、足先がほっそりとすぼまった作りのパンツです。
上品な雰囲気になり、スタイルも美しく見えます。

スカート

スカートは短すぎず長すぎない、膝下丈のものを選びましょう。
体にフィットするタイトスカートや、フェミニンなフレアスカート、プリーツスカートなど、ブラウスやジャケットに合ったものを選ぶといいでしょう。

カーディガン

夏場であれば、カーディガンの着用もおすすめです。
かさばらないので、カバンに入れて持ち運べます。
オフィス内のクーラー対策や、露出を抑えたい時に便利なアイテムです。

ワンピース

上下のコーディネートに自信がない方には、ワンピースも有効です。
ビジネスの場なので、シンプルで体のラインに合った上品なデザインのものを選びましょう。

パンプス

パンプスは、女性のビジネスシューズの定番。
飾りのついていないシンプルで落ち着いた色のものを選びましょう。
ヒールはおよそ3cmから8cmまでの範囲で、自分が無理なく歩ける高さがベストです。
靴ずれや外反母趾が心配な場合は、柔らかい素材のものや足にフィットする形のものを選ぶといいでしょう。

また、男女共通項目として、A4の書類を収納できるサイズの派手すぎないカバンを用意しておきましょう。

これから社会人となる準備段階の就活生の方にとっては、服装指定の他にも就職活動で戸惑うことが多々あるかもしれません。

書類や面接、マナーなどに自信がないという方は、大学内のキャリアセンターのほかに、就職エージェントを並行して利用するのも有効です。

キャリアチケットは、新卒の方を対象とした就職支援サービスです。
就職活動のマナーや書類の書き方など、わからないことがあれば小さなことでもお気軽にご相談ください。
専属のアドバイザーが、丁寧に対応します。
また、企業ごとの面接対策や、企業とのやり取りの代行なども行っているので、就職活動が初めてでも安心です。
就職活動を不安なく進めたい方は、キャリアチケットまでお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

について

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま月4回開催中!/失敗OKの選考会はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00