【例文付き】新卒履歴書向け!志望動機の魅力的な書き方を人事の目線で解説

このページのまとめ

  • 新卒就職では、履歴書の志望動機で将来の目標や成長意欲を伝えよう
  • 新卒が企業との強い結びつきを伝えるために、過去の経験を具体的に述べると効果的
  • 志望動機のおすすめの書き方は「結論→根拠→入社後のビジョン」の順番

【例文付き】新卒履歴書向け!志望動機の魅力的な書き方を人事の目線で解説のイメージ

履歴書に志望動機を書くときに「書くことがない」「欄に合わせて短く書くことが難しい」と困っている人は多いのではないでしょうか?

新卒の志望動機は、応募先企業とのマッチ度を意識しながら結論ファーストの構成で組み立てるのがポイント。

この記事では、例文を使いながら魅力的な志望理由の要素や構成方法を人事の目線で解説します。NG例も合わせてご紹介するので是非参考にしてください。

魅力的な志望動機の書き方を相談したい

   
目 次

履歴書の志望動機は重要なアピールポイントになる

就職活動の書類選考や面接で必ず問われる志望動機は、選考通過の上で大変重要な要素です。なぜなら、企業の採用担当は「この人は入社後活躍できるのか」「この人は入社後長く働いてくれるのか」を重視して採用を行っているからです。

万が一新入社員が仕事内容にミスマッチがあって入社後活躍ができなかった場合や、会社の目指すビジョンや価値観にマッチせずに短期に離職してしまった場合、企業にとって大きな損失に繋がりかねません。

そのため、「なぜ、その企業を志望したのか」をしっかり伝えて企業とのマッチ度をアピールすることで、採用の可能性は高まるでしょう。

志望動機を200字でわかりやすく書くには?文字数の削り方や業界別の例文をご紹介」の記事でも、志望動機の重要性やアピールのコツをまとめています。

魅力的な志望動機の書き方を相談したい

 

新卒採用で人事が志望動機を評価するポイント

人事は、新卒の志望動機から自社で働きたい「理由」や「目的」を確認しています。前述したとおり、志望理由や目的から、応募者と自社のマッチ度を見るためです。

自社を志望する「理由」からマッチ度を確認する

1つめに、学生が自社を志望している理由から、自社とのマッチ度を確認しています。

・仕事内容を正しく理解し、どのように自分の強みに合っているかを説明できているか
・関わるお客さんや商材を正しく理解し、どのように自分の関心に合っているかを説明できているか
・会社の社風や価値観を正しく理解し、どのように自分の価値観に合っているかを説明できているか

企業によって観点は異なるものの、おおむね上記のような要素から、ミスマッチがないかを判断しています。

自社を志望する「目的」から入社後の活躍を予測する

2つめに、学生が自社を志望する目的から、自社とのマッチ度を確認しています。

学生は将来どのような人になりたい(またはどのようなことにチャレンジしたい)のかという将来像を、自社でどのように実現したいと説明できているかがポイントに。

志望動機の効果的な伝え方については、「就活の志望理由にもう困らない!基本的な作り方や伝え方を例文つきで解説」の記事も参考にしてください。

魅力的な志望動機の書き方を相談したい

 

履歴書の志望動機作成に必要な3つの就活準備

履歴書の志望動機を作成する前に行っておくべきことをご紹介します。
採用担当者の目に留まる志望動機を考えるには、自己分析や業界研究が重要です。これらは志望動機の作成のみに留まらず、就活の事前準備として必要なことばかりなので、ぜひ押さえておいてください。

自己分析

自己分析は、企業へ行う自己PRと、企業・職種選びの根本となる役割を担います。

まずは、過去の経験を振り返って書き出してみましょう。そこから自分の得意なことや苦手なこと、強み、弱み、学んだことなどを見つけ、どのような仕事に自分に適正があるのかを探ります。

業界・企業研究

応募する業界や企業について詳しく理解しておけば、求める人物像や入社後に役立つ能力などが見えてきます。

ただし、同じ業界内の企業を何種類か受ける場合は、求める人材や必要な能力、仕事内容が似ていることも多々あるので注意が必要です。事業内容はもちろん、社風や教育体制など、できるだけ企業に関する多くの情報を集めておくことで、その企業ならではの志望動機が考えられます。

OB・OG訪問

応募先企業で実際に働いている先輩社員と話すことで、職場の雰囲気や仕事内容がより詳しくわかります。「情報収集をする」という意味では企業研究と似ていますが、OB・OG訪問でしかわからない情報もあるので、積極的に行いましょう。

また、書類選考や面接で、OB・OG訪問で社員の方々の熱い思いにどうして魅力を感じたのかを自身の過去の経験と絡めて伝えられると、志望度の高さをアピールできます。

魅力的な志望動機の書き方を相談したい

 

履歴書の志望動機に必ず入れるべき要素4つ

魅力的な志望動機を考えるうえで押さえるべきポイントは、「あなたの志望動機が企業とどれだけマッチしているか」が伝わる内容を考えることです。

1.仕事を通じて成し遂げたい目標

「将来のビジョン」が明確であればあるほど、仕事に対する意欲や熱意が伝わります。

企業は、「仕事を通して実現したいこと」から、あなたが成し遂げたいことが、その会社で実現できるのかどうかを判断しています。その会社で働きながら成し遂げたい目標と、実現したいと思うようになったきっかけまで話すことで、内容に説得力をもたせられます。

入社後にどんな職種で働きたいのか、どんな働き方をしたいのかを具体的に話すことで、あなたが入社後に活躍している姿を、面接官に想像させられるはずです。

2.仕事に活かせそうな過去の経験や自分の強み

学生生活やアルバイト、習い事などの経験で得た学びから、仕事に活かせそうなことを考えるのも一つの方法です。過去の経験が志望動機につながる場合は、具体的なエピソードがあると説得力が増し、仕事に対する想いの強さが伝わります。

自分のどのような経験が仕事に役立ちそうか、これからの成長につなげられそうかなど、過去をさかのぼって考えてみましょう。

3.「その業界・職種」でなくてはならない理由

続いて必要な要素が、その「業界・職種」でなくてはならない理由です。これを適切に伝えるためには、企業が属している業界と、自分が就くことになる職種についてを正しく理解することが大切です。

業界については、その業界が「どんなお客さんに、どんな価値(商品・サービス)を、どのように提供しているのか」を理解しましょう。これがわかると、自分自身の目標が、業界の構造にいかにマッチしているかを発見できるでしょう。

職種については、入社後自分は、どのような人たちと、どのような事を日々行って行くのかを理解しましょう。これが理解できると、自分の強みが、その職種の仕事内容にどのようにマッチしているかを発見できるでしょう。

4.「その企業」でなくてはならない理由

「なぜその企業を選んだのか」をアピールするのも重要です。たとえば、「〇〇業界で働きたい」だけでは「〇〇業界に就職したいなら他社でも良いのでは?」と捉えられてしまう場合があります。

応募先企業ならではの取り組みや組織風土などをよく理解したうえで、その企業で具体的に何をどのように実現できるのかを考えると良いでしょう。

志望動機が「難しい」就活生へ…企業に伝えるためのコツと注意点をご紹介」の記事でも、企業に伝わる志望動機のコツをまとめています。合わせてご確認ください。

魅力的な志望動機の書き方を相談したい

 

志望動機の構成を作る3つのポイント

志望動機は、結論を先に述べてから根拠や目標を伝えるのがポイントです。
履歴書とエントリーシートどちらにも志望動機欄はありますが、履歴書のほうが欄が狭く設定されています。

短文で要点を伝えるためにも、構成のポイントを押さえて簡潔にまとめましょう。

結論から書き始める

初めに「私は〇〇(理由)のため志望しました」というように、志望する理由を簡潔に述べましょう。

最初に結論を述べることで、これから話す内容が採用担当者に伝わりやすくなり、興味を引くきっかけになります。

結論を補強する具体的な根拠を書く

次に、冒頭で述べた結論を裏付ける、具体的な根拠を述べます。応募先企業に「なぜ」魅力を感じたか、「何」に惹かれたかを具体的に伝えましょう。

エピソードは自分の実体験がおすすめです。「以前〇〇のアルバイトをしていて〇〇に感動した」「製品を実際に利用して〇〇だと感じた」など、自分なりのエピソードを考えましょう。自分と応募先企業との結びつきが強ければ強いほど、志望動機は魅力的になります。

締めくくりには入社後のビジョンを書く

最後は、入社後のビジョンについてまとめます。「〇〇に力を入れて取り組んでいる会社で、〇〇のスペシャリストになりたいと考えています」「私の〇〇の経験は、〇〇の業務で存分に活かせると考えています」など、その企業でしかできないことや、仕事で活かせる経験やスキルについて伝えるのが効果的です。

【例文】ポイントに沿って作った志望動機

ここまでで説明した志望動機の構成に沿って新卒向けの例文を紹介します。履歴書の志望動機を作成するヒントにしてみてください。

私が貴社を志望した理由は、環境に配慮したものづくりを推進し、高い技術力によって顧客と社会への貢献を果たしていることに感銘を受けたからです。

私は小学生の頃から地域の美化活動に参加し、環境問題を扱った展示会やワークショップにも足を運んできました。これらの活動を通じて環境保全への関心が高まり、環境に配慮した製品を世の中に広める仕事がしたいと考えるようになりました。

貴社が開発している環境配慮型製品は、いずれも顧客の日常生活に密着しています。そのため、貴社製品を世に広めることで、環境問題への意識が高まっている消費者の希望に応えられると考えました。また、開発・製造・販売の自社一貫体制だからこそ実現できる、顧客ニーズへのいち早い対応にも魅力を感じています。

入社後は積極性とコミュニケーション能力を活かし、製品の価値を世の中に広める営業として、貴社の発展に尽力したいと思います。

新卒就活において、履歴書の志望動機欄は選考で重視される可能性が高い項目の1つ。

志望動機を簡潔にまとめられるようになると、採用担当者に自分の魅力が伝わるだけでなく、企業選びの軸がより明確になるというメリットもあります。「志望動機の効果的な答え方とは?面接で自分を魅力的にみせるコツを解説」の記事もぜひ就活にお役立てください。

魅力的な志望動機の書き方を相談したい

 

履歴書の志望動機が思い浮かばないあなたへ

ここまで、志望動機を書く前の事前準備から例文までを説明しました。それぞれを1人で進めるとなると膨大な時間がかかるため、第三者の力を借りながら効率よくすすめることがおすすめです。

支援サービスは大学の就職科やハローワークなどがありますが、なかでも就活エージェントは、過去のデータからプロの目線で沢山の情報を提供したり、客観的な観点で就活生の自己分析を支援することに強みがあります。

新卒向けエージェントのキャリアチケットなら、就職相談から具体的な選考対策までを一貫してサポート。効率よく就活を成功させたい人はぜひ利用してみてください。

魅力的な志望動機の書き方を相談したい

 

履歴書の志望動機に関するよくある質問

最後に、履歴書の志望動機を書く際に、就活生からよく挙がる質問をピックアップしてご紹介します。

Q.「社風」や「人の魅力」を志望理由にしてもいい?

A.社風や人の魅力も志望理由の1つになるでしょう。

しかし、「社風があっています」と書くだけでは具体性がなくマッチしていることのアピールにはならないため、社風や人の特徴がどのように自分の価値観に合っているのかを必ず含めて書くようにしましょう。

Q.「制度」や「勤務地」を志望理由にしてもいい?

A.制度や勤務地を志望理由にすることはおすすめしません。なぜなら、その「制度」や「勤務地」そのものは会社の経営方針や従業員に対しての想いを形にするために生まれた「手段」であり、それ自体が本質的な企業の魅力ではないからです。

記入する場合はその制度が生まれた背景や、その勤務地に事業展開をしている背景を理解して、背景となっている会社の経営方針や従業員に対しての想いに対してマッチしている点を挙げるようにしましょう。

Q.志望動機がないときはどうしたら良い?

A.志望動機が思い浮かばない場合は、そもそも「その企業を受けるべきなのか」をもう一度見直すようにしましょう。

周囲が内定を獲得していたり、自分だけ出遅れた気持ちになると、焦ってエントリーを先に進めてしまうこともあります。しかしエントリーをする前に自己分析や業界分析をおろそかにしてしまうと、ミスマッチなまま選考に進むことになり、より内定の確率が下がったり、内定を獲得しても入社後にミスマッチを感じ自分自身にとっても企業にとってもよい結果につながらないでしょう。

そのため、もし志望動機に迷ってしまった場合は、再度自分自身と向き合い、自分が志望したいと思える企業はどこかを探すところからスタートしましょう。

本記事の執筆者

村上明日香(むらかみあすか)

大学3年生の秋に大手・ベンチャーともに複数内定を獲得し、レバレジーズ株式会社に新卒入社。インターン時代から就活セミナーの企画運営に携わり、1年目から支店の立ち上げのメンバーとして関西を中心に延べ1000名以上の就活支援に携わる。入社3年目の現在は新入社員向けの研修企画や育成業務を担当している。

魅力的な志望動機の書き方を相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。