新卒は履歴書の志望動機欄がカギ!書き方のポイント解説

このページのまとめ

  • 履歴書は企業にとって面接前に応募者の情報を得るための重要な書類
  • 志望動機を考えるときは、仕事で成し遂げたいことや応募企業でこそ実現できる理由を考えるのがポイント
  • 良い志望動機にするには、企業研究や自己分析を徹底し、OB(OG)訪問を積極的に行うと良い
  • 志望動機の構成は、結論→根拠→入社後のビジョンでまとめると効果的

履歴書の志望動機欄に何を書けば良いのかお悩みではありませんか?
新卒のうちは、エントリーシートと履歴書の提出を求められるのが一般的。志望動機は使いまわすことができないため、応募する企業が多ければ多いほど難しいと感じるのではないでしょうか。
そこで当ページでは、履歴書の志望動機欄の書き方を中心にポイントを解説しています。コツを押さえて効果的な志望動機を考えましょう。
 

そもそも履歴書の役割って?

履歴書について、「どのような書類なのかよく分からない…」「エントリーシートがあるのになぜ必要なの?」と疑問に思う人はいるのではないでしょうか。

履歴書は企業にとって、面接前に応募者の情報を得るための重要な書類。氏名や住所、電話番号、学歴といった基本情報のほか、資格や特技、志望動機などを簡単に記入する項目があり、ひと目で応募者について知ることができます。採用後は人事データとして保管されるケースが多いようです。

一方エントリーシートは、書類選考や面接選考の参考にしたいという企業の意図が履歴書よりも強く表れています。エントリーシートの内容は、志望動機や自己PRといった項目に加え、学生生活や入社後にやりたい仕事について問うものなど、企業によってさまざま。シートに沿って面接を進めることもあります。

こうして見ると、選考に直接関わりそうなエントリーシートの方が重要であるように感じるかもしれませんが、履歴書はその人の第一印象を決める重要な書類。最終選考での判断材料になるケースもあります。手を抜くとマイナス評価に繋がるので、丁寧に書くことが大切です。
特に、これからご紹介する志望動機は選考で重視される可能性が高いので、考え方・書き方のポイントをしっかり押さえておきましょう。

効果的な志望動機を考えるポイント

履歴書を書く前に、まずは志望動機をはっきりさせましょう。
ここでは、採用担当者の目に留まるような志望動機を考えるポイントをいくつかご紹介します。

仕事で成し遂げたいことを考える

仕事で成し遂げたいこと…つまり、「将来のビジョン」が明確だと、仕事に対する意欲や熱意が伝わります。ここで気をつけたいのは、目先の目標にならないようにすること。例えば「営業職に就きたいから」というのは入社後すぐに叶ってしまう場合があり、評価に繋げるには不十分です。将来のビジョンを伝えるときは、その会社で働く中で成し遂げたい目標かつ、実現可能なものが効果的。「営業職として経験を積み、いずれは企画として〇〇の製品を世界中に広めたい」など具体的なビジョンを伝えれば、仕事への熱意だけでなく、長期的に働いてくれそう…という印象を与えるでしょう。

他社でなく「その企業」だからこそ実現できる理由を考える

なぜその企業を選んだのかをアピールするのも重要です。例えば「〇〇業界で働きたい」だけでは「〇〇業界で働きたいなら他の会社でもいいのでは?」と捉えられてしまう場合があります。実際、面接で志望動機を掘り下げられ、うまく答えられなかった…という人は多いようです。応募先企業ならではの取り組みや組織風土などをよく理解した上で、その会社で具体的に何をどのように実現できるのかを考えると良いでしょう。

過去の経験から仕事に活かせることを考える

学生生活などで経験したことや学んだことから、仕事に活かせそうなことを考えるのも1つの方法です。過去に経験したことが志望動機に繋がる場合は、それを説明する具体的なエピソードがあると説得力が増し、仕事に対する想いの強さが伝わります。自分のどんな経験が仕事に役立ちそうか、これからの成長に繋げられそうかなど、過去を振り返って考えてみましょう。

▼関連記事
履歴書の志望動機の書き方をマスターしよう!

良い志望動機を書くには

より良い志望動機を考えるには、事前準備が重要です。
志望動機を書く前にやっておきたいことを3つご紹介します。

業界、企業研究をしっかりやる

応募する業界や企業について詳しく理解しておけば、求める人物像は何なのか、入社後に役立つ能力はどんなものなのかなどが見えてきます。ただし、同業界の中には同じような能力を持つ人材を求めていたり、仕事の内容が似ていたりするケースが多々あるので注意が必要。事業内容はもちろん、社風や教育体制など、できるだけ多くの情報を集めておくことで、その企業ならではの志望動機を考えられます。

OB、OG訪問を積極的に行う

先にご紹介した企業研究と情報収集をするという面では似ていますが、OB、OG訪問でしか分からないこともあります。実際に働いている先輩社員と話すことで、職場の雰囲気や仕事内容の詳細をより詳しく知ることが可能です。また、書類選考や面接で「OB(OG)訪問をして感じたこと」などを伝えると、志望度の高さをアピールできます。

自己分析を行う

自己分析は、就活準備の基本中の基本。自己分析により自分の性格や能力を知ることで適性や強みが分かります。まずは、過去の経験を振り返り書き出してみましょう。そこから自分の得意なこと・苦手なこと、強みや弱み、学んだことなどを見つけ、自分のどんなところが仕事に活かせそうか考えます。また、自分の経験が志望動機になっている場合は、その経緯を簡単にまとめておくと良いでしょう。

履歴書における志望動機の構成ポイント

エントリーシートと履歴書の両方の提出を求められ、そのどちらにも志望動機欄がある場合は、内容が重複しても問題ありません。
とはいえ、履歴書の志望動機欄は、エントリーシートよりも狭く設定されているのがほとんど。志望動機を書くときは、構成を工夫し簡潔にまとめることが大切です。

構成のポイント

結論から述べる

始めに「私は〇〇(理由)のため志望しました」というように、志望する理由を簡潔に述べましょう。最初に結論を述べることで、これから話す内容が採用担当者に伝わりやすくなり、興味を引くきっかけになります。

具体的な根拠を伝える

次に、冒頭で述べた結論を裏付ける、具体的なエピソードを伝えます。エピソードは自分の実体験がおすすめです。「以前〇〇のアルバイトをしていて〇〇に感動した」「製品を実際に利用して〇〇だと感じた」など、自分なりのエピソードを考えましょう。

入社後のビジョンを伝える

最後は入社後のビジョンについてまとめます。「〇〇に力を入れて取り組んでいる会社で、〇〇のスペシャリストになりたいと考えています」「私の〇〇の経験は、〇〇の業務で存分に活かせると考えています」など、その企業でしかできないことや、仕事で活かせる経験やスキルについて伝えるのが効果的です。


就活時は履歴書やエントリーシートといった応募書類の書き方で悩む方は多くいます。
1人で不安になっている人は、就職のプロに相談するのがおすすめです。
新卒向け就職サポートサービスを提供するキャリアチケットなら、サービスの一環として専任のアドバイザーが応募書類作成のアドバイスや面接対策といったサポートを行います。無料で利用できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!