就活に役立つ名刺入れと、受け取り方のマナーをご紹介

このページのまとめ

  • 就活生の間は特別に名刺を持つ必要はない
  • 名刺をもらうこともあるため、名刺入れは持っておくと便利
  • 名刺入れは、レザー素材の黒、無地のタイプがおすすめ
  • 名刺を受け取る際は必ず立ち上がり、「頂戴いたします」と一言添える

社会人の顔となる名刺。名刺と名刺入れをいつも常備しているビジネスパーソンは多いものです。一方で就職活動中の学生についてはどうなのでしょうか。名刺入れの要否についてご紹介いたします。
就活生の方はぜひ参考にしてみてください。

名刺の重要性とは?

自分が何者なのかを表す名刺。社会人にとって、初対面の相手との名刺交換は最低限のビジネスマナーの1つです。そして学生の中にも、自分の名刺を作成し就活で活用する人は珍しくありません。
紙一枚で名前や大学名、学部を認識してもらうことができ、口頭で自己紹介するよりも間違いが起きにくいというメリットがあります。また、名刺を渡すことで印象に残りやすいとも考えられるでしょう。
さらに顔写真付きの名刺であればなおさら、「名刺をくれた◯◯さん」と名前と顔とセットで相手の記憶に残りやすく、場合によっては就活を有利に進められることもあるかもしれません。

しかし学生の場合、社会人になる前の段階であるため名刺を持っていない人がほとんど。持っていることで「優秀な学生」とプラスに思われることはほとんどないと言え、「背伸びしている」という印象を与えてしまうこともあります。
企業の中には、ほかの就活生と公平を期すために名刺交換を禁止しているところもあるようです。採用担当者も、学生は名刺を持っていないことを当たり前と認識しており、持っていないことで採用結果に悪い影響が出るとは考えにくいでしょう。
社会人になると必要なアイテムですが、就活生である今の時点では無理に名刺を作成する必要はないと言えます。

名刺入れは必要?

名刺を持つ必要がないことから、名刺入れも不要であると思われるかもしれません。しかし、名刺入れに関しては万が一のときのために持っておくことをおすすめします。
万が一のときとは、会社説明会やOB・OG訪問、インターンシップなど、就職活動中における社員との交流の場面。社員が学生に名刺を渡すケースも中にはあるようです。
もらった際に、名刺を裸のままでカバンやポケットなどにしまうのは避けたいところ。折れ曲がったり汚れたりする可能性があり失礼にあたります。
事前に名刺入れを用意しておけば、しまう場所に困ることなくスムーズに社員の名刺を受け取ることができるでしょう。

ただし、名刺入れであればどんなものでも良いというわけではありません。次項にて、就活生にふさわしい名刺入れについてご紹介いたします。

学生におすすめの名刺入れ

デザインや素材、色などが豊富にある名刺入れ。名刺入れを購入したことがない人にとって、どのようなものを選べば良いのか悩む学生は少なくありません。
就活シーンにふさわしい名刺入れとはどのようなものなのか見ていきましょう。

素材

アルミやプラスチック、木製、布製、アルミ、レザーなど、名刺入れにはさまざまな素材がありますが、おすすめはレザーです。アルミといった金属製では指紋が付く可能性があり汚れて見えますし、プラスチックの場合は簡易的で安っぽい印象を与えてしまいます。
木製や布製のものでは、汚れた場合に目立つ可能性があるためあまりおすすめできません。
ビジネスの場面においてスタンダードな素材はレザーだと覚えておきましょう。

色はスーツの色と同様、暗く落ち着いたカラーが望ましいとされています。おすすめの色は、黒やダークブラウン、紺です。

デザイン

ボーダーや水玉などの柄物は避け、無地を選ぶようにしましょう。キャラクターがデザインされたものはもちろん、ブランド物のロゴが入っているものは避けたほうが無難です。
名刺入れが目立つことがないようシンプルなものを選びましょう。

先述のとおりの素材・色・デザインのものを選択することで、社会人になったあとでも使用できる名刺入れを購入できます。ちなみに、レザーは合皮ではなく本皮のほうが長く使い続けられるためおすすめです。

名刺の扱いマナーを確認しよう

就活にふさわしい名刺入れを用意できたら、最後に名刺を受け取る際のマナーや名刺入れのスマートな使い方についてもおさえておきましょう。

受け取る際は立ち上がる

すでに立っている場合はそのままで大丈夫ですが、着座中に名刺をもらう際は必ず立ち上がりましょう。名刺交換は立って行うのがルールのため、座ったままで受け取るのは失礼にあたります。
また、双方の間に机を挟んだまま受け取るのも避けてください。相手のそばまで自身が歩み寄りましょう。

「頂戴いたします」と挨拶する

無言で受け取るのはマナー違反です。「頂戴いたします」と一言伝えてから受け取ります。
受け取る際には、相手の会社名や名前を隠すことがないよう指の位置にも気を付けましょう。

両手で扱う

双方同じタイミングで交換する際には、右手で自分の名刺を渡し左手で相手の名刺を受け取る場合もありますが、相手から受け取るだけであれば名刺は必ず両手で扱います。
片手で受け取ると失礼になるので注意しましょう。名刺はその人だと思い、大切に取り扱うのがマナーです。万が一片手がふさがっている場合には、「片手で失礼いたします」と一言お詫びの言葉を伝えてから受け取ります。

すぐにしまわない

受け取ったら名刺の内容に目を通します。確認したあとも、すぐに名刺入れにしまうのではなく、机の端に置いておきましょう。自身の名刺入れを予め出しておき、さらにその上に受け取った名刺を乗せておいても良いでしょう。
できれば受け取った時点で名前を覚えることが大事。受け取ったあとに、名刺を見て名前を確認するのは失礼にあたります。
しまうタイミングは、退席する前を目安にしておくと良いでしょう。

名刺は重ねない

複数人から名刺をもらった際、重ねて置くのはマナー違反です。重ねずに横に並べて置くようにしましょう。並べる順番は、役職または席順です。役職で並べる場合は、左から高い順に置くようにしてください。

普段から整理しておく

会社説明会などの就活イベントに複数回参加した際、もらう名刺も増える可能性があります。一般的な名刺入れがだいたい30~40枚入ると言われているので、就活時にそれ以上の枚数を受け取ることは少ないかもしれませんがこまめに整理しておくことが大事です。
たくさん入った名刺入れに無理やり押し込むことがないよう、注意しておきましょう。

いかがでしたか?学生のうちから名刺入れを持ち、マナーある受け取り方を身につけておくことで、もしものときに必ず役に立ちます。少しずつでも強みを増やしていき、就職活動をスムーズに行えるよう準備しておきましょう。
キャリアチケットでは、新卒者を対象に効率良く就活を進められるようなサービスを提供しています。サービスの内容は、自己分析の方法、ESや履歴書の添削、面接対策など。
自分に向いている職種がわからないという方にも、プロのアドバイザーがあなたの適性に合う企業の紹介が可能です。一人で進める就活よりも、きっと心強く感じていただけるはず。まずはお気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00