面接に行きたくないときはどうしたらいい?就活生が悩みがちな理由と対処法

このページのまとめ

  • 面接に行きたくない場合、まずは行きたくない理由を知ることが大切
  • 面接をドタキャンした場合、再調整ができない場合が多く信頼を失う恐れも
  • とりあえず支度をして会場に行くことで、面接へのモチベーションが上がる可能性も
  • 面接をドタキャンする場合は必ず企業に電話で連絡を入れる
  • 身体的、精神的な疲労で面接に「行けない」場合は無理をせず周囲に相談する

「どうしても面接に行きたくない…」と、面接直前に億劫になってしまっているあなた。面接に行きたくない場合は、自分がなぜ行きたくないのか理解するところから始めましょう。それでも行きたくない場合は、対処法を知る必要があります。
当コラムでは、面接に行きたくない場合に考えられる理由や対処法を詳しくご紹介します。現在、どうしても面接に行きたくないという方は、このコラムを読んで、対処法を考えてみましょう。

面接に行きたくない3つの理由

面接に行きたくないという人には、なにかしら行きたくない理由が必ずあるはずです。まずは自分が面接に行きたくない理由を理解しましょう。

1.面接への自信がない

面接でうまく受け答えをする自信が無いという場合です。面接に何度も落ちて自信がなくなってしまい、「また落ちるのではないか」という恐怖で行きたくなくなってしまう場合もあれば、単に準備不足で自信がないということも。

2.志望度が高い企業ではない

面接に行きたくない理由の一つに、「その企業への志望度が高くない」というものがあります。入社したい企業ではなかったものの書類選考に受かってしまい、モチベーションが無いまま面接へ進んでしまったという場合、どうしても面接へ足が遠のいてしまうのでしょう。

3.就活への疲労

就活が続くと、度重なる面接に疲労を感じてしまう人も少なくありません。就活中は毎日にわたって説明会や面接、エントリーシートの記入などに時間をとられてしまい、身体的な疲労を感じることが多くあります。休みたいのに休めない状況が続き、「面接に行きたくない」という思考に繋がってしまいます。
また、面接に何度も落選することで自信がなくなっていき、精神的な疲労を感じてしまう人も多くいます。

注意!「行きたくない」と「行けない」は違う

ここで注意してほしいのが、自分が面接に「行きたくない」のか、精神的・身体的な理由で「行けない」のか見極めることです。
もし、ただ単に準備不足であったり志望度が高くなかったりして行きたくない場合は、相応の対処をするか、志望度の高い企業の焦点を絞って就活を進めていけば良いでしょう。しかし、精神的・身体的な疲労で面接に「行けない」場合は、心や身体を十分に休ませる必要があります。

▼関連記事
面接に疲れた時、どうやって乗り切ればいい?

面接をドタキャンしてしまうとどうなる?

面接に行きたくないとき、ドタキャンしようという考えが浮かぶのではないでしょうか。ドタキャンをすれば、面接に行きたくない気持ちは解消されます。しかし、面接をドタキャンすることにより、大きなリスクが伴います。
面接を当日にドタキャンした場合、果たしてどうなるのか知っておきましょう。

再調整ができない可能性が

一度ドタキャンをしてしまうと、面接日の再調整ができない場合もあります。
志望度が低い企業で、再調整を希望しない場合は良いかもしれません。しかし、志望度が高い企業をキャンセルする場合は、「再調整ができない=内定をもらえない」ということを十分に覚悟したうえで連絡しましょう。

悪印象がついてしまう

面接をドタキャンすることによって、企業からの信頼をそこなってしまう恐れがあります。企業は程調整や資料準備など、あなたの面接のために時間を費やしています。ドタキャンをされてしまったら、その分の時間が無駄になってしまいます。

面接に行きたくないと思ったときにとるべき行動

面接をドタキャンした場合のことを考えても、なお「面接に行きたくない」という方は、最終手段として今自分ができることをとにかく試してみましょう。

面接に行かなくて本当に後悔しないかよく考える

面接に行かなければ、「ドタキャンをした人」と悪印象がついてしまうだけでなく、一つの就職チャンスが失われてしまいます。もし志望度が高い企業でなくても、第一志望の企業に落ちてしまった場合に、選択肢として残しておけば気持ちの面でも楽になるかもしれません。
そんなチャンスを無下にしようとしているという現状をふまえ、本当に後悔しないかよく考えてみましょう。

面接に行くための支度をしてみる

面接に行きたくなかったとしても、とりあえずスーツを着用し髪の毛を整えてみたら、気持ちが引き締まって行く気が湧いてくることもあるでしょう。
「面接に行きたくない」という気持ちに鞭を打ち、なんとか支度を済ませることで、事態が好転するかもしれません。

とりあえず面接会場へ行ってみる

面接会場へ行ってみると、同じ企業の面接を受ける就活生に遭遇できるかもしれません。自分と同じように就活を頑張っている同士に会い、モチベーションが高まることもあります。
就活は、どこに出会いやチャンスが転がっているか分かりません。行きたくないと思っていても、とりあえず会場に行ってみることで状況が変わることもあるでしょう。

面接をドタキャンするときは必ず連絡を入れる

どうしても就活へのモチベーションが上がらず、「何をしたって面接に行く気になれない…」という場合は、必ず辞退の連絡を入れましょう。連絡を入れることは、就活生としてだけでなく、社会人としての重要なマナーです。

面接をドタキャンする際のマナー

以下、面接をドタキャンする際のマナーをまとめました。ただでさえ当日キャンセルで企業に迷惑をかけてしまうので、マナーある連絡を心がけましょう。

採用担当者に連絡する

面接をドタキャンする場合、日程調整などのやり取りしている採用担当者に連絡をしましょう。担当者の名前が分からなければ、その企業の採用担当者宛への連絡でもかまいません。

当日キャンセルの場合は電話で連絡をする

当日に面接をキャンセルをする場合は、電話で連絡するのがマナーでしょう。メールの場合だと、担当者がすぐに確認できる保証がなく、面接が始まるまでに辞退の情報が担当者に行き渡らない可能性があるからです。

採用担当者が出なかった場合や前日以降のキャンセルはメールで

採用担当者が電話に出られなかった場合、電話に出た社員に面接をキャンセルする旨を伝えます。その後、採用担当者にキャンセルのメールを送りましょう。電話口で社員に、「採用担当者にメールを送るので、確認していただけるようお伝えください」と一言添えるとスムーズです。

当日キャンセルのメール文の例

件名:本日〇〇時からの面接辞退のお詫び◆◆株式会社 採用担当者様

本文:お世話になっております。
本日〇〇時より面接のお時間をいただいております、◇◇大学の▼▼(氏名)と申します。

本来であればお電話でご連絡するところ、ご不在とのことでしたので、メールにて失礼いたします。
本日の面接ですが、~(キャンセル理由)により、誠に申し訳ございませんが、辞退させていただいてもよろしいでしょうか。

お忙しいなか、時間を調整していただいたのにも関わらず、大変申し訳ございません。
また、当日のご連絡になってしまったこと、深くお詫び申し上げます。

◇◇大学 ▼▼(氏名)
メールアドレス
電話番号
住所

▼関連記事
面接の辞退は電話?メール?マナーに沿った断り方とは

面接に行きたくない状況への3つの対処法

最後に、今後「面接に行きたくない」という状況をつくらないための対処法をご紹介します。今回面接に行くことができなかった方も、次回は前向きに臨めるよう、十分な対策を練っておきましょう。

1.面接の準備を入念にしておく

面接への自信がつけば、「面接に行きたくない」という気持ちが半減するはずです。自分への自信をつけるため、繰り返しのシュミレーションや予想される質問の回答を準備など、模擬面接・質問対策を徹底し、入念に面接の準備を進めましょう。

2.志望動機を振り返り明確にする

面接へのモチベーションを上げるため、自分がどうしてその企業に応募したのか、入社したらどうなりたいのかを明確にしておきましょう。
自分の未来のビジョンを描ければ、面接に対するやる気も上がるはずです。

3.周囲に相談する

もし面接に「行きたくない」のではなく、身体的・精神的は疲労に抗えず「行けない」と感じた場合は、無理をせず、すぐに周囲の友人や家族など信頼できる人に相談してください。場合によっては通院し、症状の回復を図るのも良いでしょう。

以上、面接に行きたくない場合に考えられる理由や対処法を詳しくご紹介しました。
内定を得るためには、とにかく面接を突破していかないといけません。面接への自信をつけるために事前準備をしたり、志望動機を明確にしてモチベーションを高めたりと、面接に行ける状態づくりを心がけましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!