就活で「こだわり」を聞かれた際の効果的な答え方は?ポイント付きの例文も

このページのまとめ

  • 就活時の面接で「あなたのこだわりを教えてください」と聞かれることがある
  • 就活で「こだわり」を聞くのは、企業が応募者の個性や価値観を知りたいから
  • こだわりを答える際は、具体的なエピソードを盛り込み企業の採用ニーズと関連付ける
  • 就活を成功させるために、企業視点に立った面接の受け答えを意識する

就活時、面接官から「あなたのこだわりを教えてください」と質問されることがあります。これは、その人が今まで培った経験や、そこから形成された独自の価値観・個性を図るための重要な質問です。では、面接で「こだわり」を答える際にはどのようなポイントがあるのでしょうか。このコラムでは、面接官からこだわりを聞かれた際の答え方やポイント、回答例を詳しくご紹介。面接対策をしている就活生は必読の内容です。

面接官が「こだわり」を聞く理由

まずは、面接官が就活生に「こだわり」を聞く理由から詳しくみていきましょう。

その人の培った経験を知りたいから

その人の持つこだわりとは、何らかの成功体験・挫折経験などから生まれることが多いです。そのため、「こだわり」を聞けば、その人がこれまで培った経験を知ることができます。多くの採用基準では、学歴よりも得た経験や人となりを重視する傾向にあるでしょう。そのため、「こだわり」の質問にうまく答えることで、効果的に自分の価値をアピールでき、選考を有利に進められる可能性が高まります。

その人ならではの個性・人間性を図りたいから

ほかにも、その人にしかない個性や人間性・価値観を図る目的もあります。大切なのは「何を」こだわっているかではなく、そのこだわりを持つようになった「考え方」や「過程」です。他にはない自分のオリジナリティを見せることで、面接官にあなたという人間を強く印象付けることができるでしょう。

「こだわり」を答える際の4つのポイント

注意して欲しいのが、自分のこだわりなら何でもいいわけではないということです。面接で自分を効果的にアピールするためには、「こだわり」を述べる際、その内容を慎重に考える必要があります。以下、こだわりを答えるポイントを詳しくみていきましょう。

1.なぜそれにこだわるのか理由を説明する

こだわりを述べる際は、なぜそれにこだわるのか詳しい理由を説明しましょう。そのこだわりを実践することで、自分にとってどんな効果が得られるか、どんなメリットがあるかをしっかり伝えれば、面接官に納得してもらいやすくなります。

2.具体的なエピソードを盛り込む

あなたがそのこだわりを持つようになったきっかけや、こだわったことによる変化など、具体的なエピソードを述べることで、話に信憑性が生まれます。また、先述のとおり、自分自身の成功体験・挫折経験からこだわりが生まれることが多いので、そういったあなたならではのエピソードを語ると効果的です。

3.仕事に支障がでるようなこだわりは避ける

こだわりを伝える際に気をつけるべきは、仕事に支障がでる内容になっていないかという点です。たとえば「自分の趣味を何より優先する」「飽きたらすぐにやめる」など、面接官に不信感を抱かせるような内容を控えましょう。また、どうしてもそのようなこだわりしか思いつかない場合、あくまでプライベートのことであって仕事とは別だ、という旨をはっきり伝えることが大切です。

4.仕事に繋がるようなこだわりがベスト

面接時に述べる「こだわり」は、その企業へ自分の価値をアピールするためのものなので、仕事に関連付けた話をすることで評価もぐっと上がるでしょう。企業の業務内容や採用ニーズを踏まえ、それに合うようなこだわりを自分自身の個性と絡めて伝えるのがベストです。ただし、企業に気に入られるために嘘のこだわりを話すことは控えましょう。エピソードに綻びや違和感が出たとき、マイナスイメージに働いてしまうからです。

「こだわり」の回答例

ここでは、面接時に効果的なアピールができる「こだわり」の例をご紹介します。ただし、下記はあくまで一例なので、面接本番は自分だけのエピソードを用いて魅力や個性をアピールしましょう。

こだわりの回答例1.自分が納得した情報を信じる

私のこだわりは、自分が納得した情報を信じるということです。
去年大型台風が襲来した際、私は旅行帰りで空港にいたのですが、電車やバスなどの交通機関はすべて遮断されていました。動揺した私は、「利用者同士でタクシーを相乗りし帰るのが安くて最短だ」という情報を鵜呑みにし、結局渋滞して帰宅までに長い時間がかかってしまいました。その経験を踏まえ、得た情報が本当に信用できる最善のものなのかよく調べ、自分自身で納得した情報のみ信じるようになりました。災害や特定の感染症のパンデミックなど、イレギュラーな事態が起きた際、冷静に判断し最善の行動を取れるようにするためでもあります。情報を取捨選択する判断力は、社会人になってからも発揮できる能力だと思います。

回答のポイント

この回答は、社会人が仕事をするうえで必要な「冷静な判断力」を効果的にアピールするものになっています。また、信憑性のある具体的な経験を提示し、どうしてそのこだわりを持つようになったのかを無理なく自然に伝えられている点もポイントです。

こだわりの回答例2.物事を順序立てて行う

私のこだわりは、物事を順序立てて行うということです。
私の母は昔から几帳面で、1日にしなければいけない家事や買い物を優先順位を付けてリスト化し、終わったものからチェックをつけていくようにしていました。母の影響を受け、私も大学時代、自分のしなくてはいけないことを優先度で分け、順序の通りに行う習慣を心がけました。そのおかげで、目標だった簿記1級の取得や海外留学を果たし、充実した学生生活が叶ったのです。社会人になってからも、日々業務をリスト化し、目標の達成のための順序立てを習慣化していきたいです。

回答のポイント

この回答のポイントは、社会人に必要な「物事を順序立てて行う」能力のアピールだけでなく、こだわり続けたことによる具体的な成果を提示している点です。自分のこだわりにより高い目標をクリアしていった過程を述べることにより、芯の通った人物像を印象づけることに成功しています。

こだわりの回答例3.気になったことは実際にやってみる

私のこだわりは、気になったことは実際にやってみるということです。
私は昔から、何か気になったことや興味を惹かれたことは必ず実践するというこだわりがあります。それは、講義で習った知識は言葉でなんとなく理解できるものの、実際に自分の目で確かめないと全貌までは掴めないと考えているからです。大学では地質学を専攻しており、「チバニアン」の呼称が決まった際は、実際に千葉県市原市に赴き、その地層の特徴を実地で学びました。
これからも、研究・開発対象において、その全貌を理解するための実践を欠かさずに続けていきたいです。

回答ポイント

この回答ポイントは、開発・研究職において大切な探究心の強さを表している点です。アピール出来る分野は多少限られるものの、採用ニーズと合致すればピンポイントで自分の資質を伝えられるこだわりとなっています。

企業視点に立った「こだわり」を回答して自分をアピールしよう!

以上、こだわりを聞かれた際の回答ポイントや例文を紹介していきました。面接での受け答えは、自分の魅力を最大限アピールできる絶好のチャンスです。どうすればその面接官にとって自分が価値ある人物に映るのかを考え答えていくことが選考突破の鍵となります。
こだわりを回答する際も、闇雲に自分のこだわりを述べるのではなく、常に企業視点に立ち、より効果的な答え方になるよう自分なりに工夫しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!