プレエントリーとは?エントリーとの違いや就活における重要性

このページのまとめ

  • 就活のプレエントリーとは企業に資料請求すること
  • エントリーは企業に選考への参加を申し込むこと
  • プレエントリーは50社以上を目安にするのがおすすめ
  • プレエントリーから説明会への参加をし、エントリー後に面接が就活の流れ

プレエントリーとは?エントリーとの違いや就活における重要性のイメージ

プレエントリーとは、エントリーとどう違うのか悩んでいませんか?プレエントリーとはどういった内容を指すのか、受付開始時期、締切日、プレエントリー方法などを詳しくご紹介します。プレエントリー時の注意点や、プレエントリーしたい企業が見つからない時の対処法、登録後にしておいたほうが良いこともまとめていますので、就活生の方はぜひご参考ください!

プレエントリーとは?

プレエントリーとは、企業に自分の氏名や連絡先を登録し、会社の資料や説明会、募集要項、エントリーなどの選考に関する情報を送ってもらえるようにすること。プレエントリーしただけでは求人に応募したことにはならず、選考に進むことはありません。

プレエントリーをする方法

プレエントリーの方法は企業のWebページで直接登録するか、就活支援サービスを通して登録するかの2つです。

企業のWebページから登録する

企業の採用ページにあるプレエントリーページから登録します。企業によっては選考時期にならないと情報が解禁しない場合もありますので、見当たらないときは定期的なチェックが必要といえるでしょう。

就活支援サービスを利用する

就職支援サービスも選考時期になると、プレエントリー用のページが開設されます。企業のWebページでは登録する企業ごとに情報を入力しなければなりませんが、1つの就職支援サービスに登録すれば、「業種・職種」などに絞って複数の企業に一括で応募できるメリットがあるのが特徴です。

エントリーとの違い

エントリー(本エントリー)は選考に参加する意思を示すもので、登録したら選考に進むことになります。
エントリー方法はプレエントリー同様、企業のWebページや就職支援サービスなどからエントリーシートや履歴書の提出をする場合が多いです。企業によってエントリー方法や必要書類、受付期限は異なるため、気になる企業がある方は早めにチェックしておきましょう。なお、調べた時期によっては早すぎてその時点では情報が出ていない場合もあるため、何も情報が得られなかったときはこまめに確認するのが賢明です。

▼関連記事
就活のエントリーとプレエントリー、その意味と違いとは

LINE友だち登録をする

プレエントリーの開始・締切日は?

プレエントリーの開始時期は、経団連が定めた就活解禁日と同じ日で、締切日は企業によって違います。

正確な開始日は年度によって異なる

たとえば2022年卒の場合、プレエントリーが始まるのはエントリーの開始(就活解禁日)と同じ2021年3月1日。しかし、必ずしも毎年3月1日に開始されるわけではありません。就活解禁日が違う日程で設定された年度であれば、必然的にその日程になります。
説明会への参加受付も同時に解禁されるので、情報を逃さないためには出来るだけ早くプレエントリーすることが欠かせません。志望度が高い企業には受付開始と同時にプレエントリーすることをおすすめします。

締切日は企業によって異なる

プレエントリーの受付は各社一斉に始まりますが、締切は企業によってばらばら。中には、プレエントリーの締切を特に設けていない企業もあるようです。
しかし、2022年卒の就活スケジュールでは、2021年6月に書類や面接などの選考が始まります。選考に合わせて本エントリーの締切を3月下旬から4月とする企業が多いと考えると、3月下旬までにはプレエントリーを済ませておくのが無難といえるでしょう。

なお、ここで紹介したスケジュールは経団連の就活ルールに沿ったものです。外資系企業をはじめとする経団連の会員ではない企業では、これより早かったり、中小企業ではこれより遅かったりするので注意しましょう。

プレエントリーの重要性

志望企業が決まっている場合、「エントリーができれば良いからプレエントリーはしない」と考える人もいますが、エントリー条件を満たすためにも登録しておくのがおすすめです。

エントリー条件に個別説明会への参加があることも

就活では、エントリーの条件に「個別説明会に参加していること」を掲げたり、個別説明会参加者のみにエントリーシートを配布したりする企業も多いです。
個別説明会とは、複数の企業が集まる合同説明会と違い、1社のみで開かれる会社説明会のこと。社員による事業展開や業務の説明、座談会などを通して、会社について深く知ることができます。
予約した学生のみ参加できますが、個別説明会の開催情報や参加の予約受付は、プレエントリーした学生にだけ通知されることも珍しくありません。
プレエントリーしていなかったために個別説明会への参加ができず、エントリーができない事態に陥る恐れがあるということです。少しでも興味がわいた企業があれば、プレエントリーをしておくべきといえるでしょう。

LINE友だち登録をする

プレエントリー時の注意点

プレエントリーする際は、以下の点に注意しましょう。

応募数に気を配る

プレエントリーは何社しても問題ないため、魅力や強みなどを見比べるためにもできるだけ多くの企業に登録するのがおすすめです。一般的には、50社程度が目安といわれています。
しかし、自分で管理できないほどの数に登録するとトラブルの元。スケジュール管理が難しくなり、「第一志望の企業の個別説明会予約をミスしてしまった」「予約できたのに当日、間違って別の予定を優先してしまった」といったことが起こりやすくなります。
自動的に選考に進むものではないにせよ、就活の一環であることを忘れないようにしましょう。

就活用アドレスを用意する

プレエントリーで登録するアドレスは就活用のものを用意しましょう。当然ながら、登録した分の企業からメールが来るため、プライベートのアドレスだと私的なメールや重要な通知が埋もれてしまうことも。志望企業からの連絡を見逃してしまう恐れもあります。
就活用メールアドレスを用意しておけば、就活とプライベートの棲み分けができ、快適に就活を進められます。
また、就活用アドレスはエントリー時にも使えるため、悩まずプレエントリー時に作っておくのがおすすめです。

辞退したいときは連絡をしなくて良い

プレエントリーをしたものの、ほかの企業に絞れてきたなどの理由から辞退したいと考える方も多いですが、プレエントリーのみの場合は特に企業に連絡する必要はありません。
繰り返しになりますが、プレエントリーだけでは選考に進むことはなく、単に選考に関する情報がメールに送られてくるだけだからです。逆に礼儀正しくあろうと連絡してしまうと業務の妨げになる恐れもあるので避けましょう。
ただし、会社説明会などへの参加意思を示した場合は、欠席や辞退を決めた時点ですぐに連絡します。プレエントリーのような情報請求を目的としたものと違い、会社側は就活生に向けて会社・就職・選考などに関する情報を準備するためです。
また、会社説明会を辞退ではなく「欠席」を希望し、かつ選考に進みたいと考える場合は特に注意しましょう。参加希望を出した時点で氏名や連絡先などをしっかり確認されるため、もしも連絡をしなければ社会人としてのマナー・ルール・モラルに欠けていると判断され、書類選考の時点で不採用になる可能性があります。

プレエントリー後にやるべきこと

プレエントリーしたら、リストの作成や説明会への参加など、やるべきことがあります。

プレエントリーした企業リストを作成する

まずは、プレエントリーした企業の一覧を作成しましょう。
プレエントリー登録後は、企業のマイページにアクセスするためのIDとパスワードが発行されます。IDとパスワードを忘れないように、企業名と合わせてリストにしておく便利です。プレエントリーしたか確認したいときにも活用できます。

会社説明会へ参加する

プレエントリーすると会社説明会の情報が届くので、予約をして参加します。
先ほども触れましたが、会社説明会に参加しないとエントリーができなくなる場合もあるので、志望企業の情報は見逃さないようにしましょう。
会社説明会参加後は、作成したリストに会社の情報や印象などを書き込んでおくのがおすすめ。参加した企業が増えるにつれ記憶が混乱しかねないためです。改めて情報を見直すことで、魅力を再発見できる可能性もあります。

本選考に進みたい企業にエントリーする

複数の説明会へ参加すれば、選考を受けたい企業が絞り込めてくるでしょう。
志望企業の絞り込みができたらエントリーシートや履歴書を提出し、本エントリーをします。エントリーの方法や提出物、期限などは企業によって違うので、各社の案内をしっかり確認することが大切。書類をあらかじめ準備しておく、締切をカレンダーアプリで管理するなどの方法を取るとスムーズです。

LINE友だち登録をする

プレエントリーしたい企業が選べないときの対処法

志望企業を増やすには、プレエントリーの段階で多くの企業に登録しておくのが基本ですが、そもそもどの企業にプレエントリーしたら良いか分からないときは、業界研究からやり直してみましょう。

業界研究から始める

プレエントリーしたい企業が見つからないのは、自分がどの業界に興味があるか理解できていない証拠。まずは会社四季報などを使って業界研究をしてみることが先決です。今まで知らなかった業界に出会えたり、知っていた業界でも詳しく調べるうちに興味が出てきたりする可能性があります。
気になる業界がいくつかピックアップできたら、その中でどんな企業があるかを調べていきましょう。

興味を持った企業の共通点を探す

業界研究をしていると、興味のある企業が複数出てくるはず。気になる企業を見比べて共通点は何かを洗い出してみましょう。「技術力を重視した企業が多い」「海外展開に力を入れている企業を選んでいる」など共通する傾向が見られたら、同じ特徴を持った企業をほかにも探してみるとプレエントリーする企業を増やせます。

プレエントリーは、選考の入り口に立つための重要なプロセス。ポイントを押さえて、就活への第一歩をしっかりと踏み出しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする