「就活に疲れた」と思ったら実践してみよう!対処法やストレス発散法を解説

このページのまとめ

  • 就活に疲れてしまった際は、相談できる人や場所を作る
  • 就活をやめても別の道はあるが、慎重に決定する
  • 就活に疲れたら、自分を見つめ直すことも大事

「就活に疲れた」と思ったら実践してみよう!対処法やストレス発散法を解説のイメージ

就活に疲れる学生は、「やめてしまいたい」と投げやりになる人も多いようです。就活に疲れる要因はいくつかあります。マイナスな気持ちになってしまう原因を知ってリフレッシュすることが大切です。

この記事では、就活に疲れた際の対処法やストレス発散方法、効率よく内定を獲得する方法を解説しました。上手に就活を乗り切るためにも、就活に疲れる原因や対処法を知って、今後の就活の参考にしてみてください。

24卒の就活について相談したい

   
目 次

「就活に疲れた…」と感じる主な3つの理由

就活疲れは、内定が出ないことによるプレッシャーやエントリーシートの記入、同じような面接の繰り返しなど、主として終わりが見えない状況が原因で起こります。

以下で、「就活に疲れた」「就活をやめたい」と感じる主な原因を確認していきましょう。

1.就活すること自体に疲れた

就活は、説明会や提出書類の記入、面接など、やるべきことが多くあります。

スケジュールを組んで精力的に取り組んだのに落選や不採用の結果が続いてしまうと、自分の人格を否定されたような気持ちになり落ち込むこともあるでしょう。

2.他就活生と比べることに疲れた

周囲の友人などから「内定獲得」の報告を聞き、自身の就活状況と比べてしまう方もいるでしょう。

「自分は早く就活をスタートしたのに」「自分のほうが努力しているのに」と焦りを感じて、就活に疲れてしまうこともあります。

3.就活のプレッシャーに疲れた

就活の雰囲気や自身のこだわりがプレッシャーになってしまう場合も。

世間の価値基準や評価を気にするあまり、「有名企業に受からなきゃ意味がない」「1つも内定が出ないなんて落ちこぼれ」と自分を追い詰め、就活に疲れてしまうことも考えられます。

24卒の就活について相談したい

 

就活に疲れたらどうする?6つの対処法

就活の疲れが取れないまま、これまでと同じような就活をしても、望む結果に繋がりにくい恐れがあります。就活を継続するためのポイントは、アプローチの仕方を変え、新たな視野を持つことです。

ここでは、就活に疲れたときにおすすめの対処法をご紹介します。

1.信頼できる第三者に相談する

就活に行き詰まったら、社会人の先輩に相談するのがおすすめです。就活の実体験をもとにした具体的なアドバイスをもらえる可能性があります。

親しい先輩がいないという場合は、信頼できる第三者に相談してみましょう。親や恩師など、年を重ね人生経験が豊富な大人なら、同年代とは違った視点でのアドバイスを期待できます。

相談時には、働くことの楽しさやメリットを聞くのも効果的。「今は大変でも、頑張って就活を続けよう」という前向きな気持ちが芽生えるでしょう。

2.就活仲間を作る

同じ気持ちを分かち合える就活の仲間を作ることも大切です。学内の友人や知人だと身近過ぎて、内容によっては相談するのがはばかられる場合もあるでしょう。

説明会やインターンシップ、就活セミナーなどを通じて、就活における同志を作ることをおすすめします。志望する業界や職種が同じなら、価値観を共有しやすく、就活の励みになることも。また、自分にとって、より有益な情報交換を行える可能性もあるでしょう。

3.就活のシンプル化を試みる

応募する企業を減らし、就活自体に使う時間や手間を少なくするのも一つの手です。就活は応募する企業が多ければ多いほど、活動量が増えてしまいます。就活自体に疲れを感じているのであれば、応募する企業を志望度の高い数社に絞り、一点集中型で対策を行うのも良いでしょう。

応募する企業を減らしたくない場合は、就職エージェントの活用がおすすめです。プロの就活アドバイザーによる書類添削や面接対策を受けられるため、より効率的に就活を進められる可能性があります。

3月頃からは就活も本格化して忙しくなる

就活は、3月頃から企業へのエントリーが徐々に始まり忙しくなるのが一般的な流れ。6月頃には採用選考もスタートするため、内定を決めるまでは就活関連の予定でスケジュールがいっぱい…という可能性もあるでしょう。

前述した方法で、いかに効率よく就活を進められるかがカギになるといえます。

4.周囲と比較し過ぎない

自分と友人をあまり比べ過ぎないことも重要です。大手企業や早期内定にこだわり過ぎず、自分の基準を明確に持って就活するよう心掛けてみましょう。

就活の要は「自分に合う企業」に出会うことといえます。たとえ大手企業に就職しても、自分の価値観や適性に合っていないと、不満やトラブル、早期退職に繋がることもあるためです。自身の就活の軸を定め、周囲の状況に焦らず、自分の納得のいく就職をすることが大切。

5.他業界も視野に入れる

一度先入観を捨て、他の業界や職種についても調べてみましょう。多様な仕事を知れば、新たな選択肢が生まれます。思いもよらなかった業界や職種が自分とマッチしていることに気づくこともあるでしょう。

自分にとって、より魅力を感じる業界や職種に出会えれば、モチベーションアップや好結果に繋がる可能性があります。

6.リフレッシュして適度に休む

リフレッシュすることで、すっきりとした気持ちで就活に取り組めるようになることもあります。趣味や運動など、就活とは異なる時間を持つと気分転換になります。

旅行でのんびり休むのもおすすめです。心身ともに疲れが取れれば、前向きな気持ちになりやすいでしょう。

24卒の就活について相談したい

 

就活に疲れたときにおすすめのストレス発散方法

就活に疲れたときに実践してほしいストレス発散方法を紹介します。知らず知らずのうちに溜まってしまうストレスは、発散して解放することが大切です。

自分なりのストレス発散方法が分からない方は、ここから紹介するやり方を実践してみてください。

日光を浴びて運動をする

就活に疲れたときは、日光を浴びて体を動かしストレス発散をしましょう。就活で忙しく、運動をする機会が減ってしまった方は、意識して体を動かしてみてください。汗をかくことで、体も心もすっきりするかもしれません。

日光を浴びることでセロトニンが分泌され、ストレスが軽減されるといわれています。運動することが苦手な学生や疲れやすい学生は、日光浴をすることもストレス発散に有効な手段です。

信頼できる大人に悩みを話す

信頼できる大人に就活の悩みを話すことで、ストレス発散になるでしょう。就活時期は、周りの友達の就活状況と比べがちになり、一人で抱え込むこともあります。大学のカウンセラーやキャリアセンターの職員、就活エージェントなどを活用してみてください。

家族や友人に話せないことでも、相談できる大人がたくさんいます。相談だけでなく就活のアドバイスをもらえると、今後の就活の励みになる可能性があるでしょう。一人で抱え込まず、信頼できる大人に悩みを話してみてください。

明るい未来を想像してみる

就活に疲れた場合は、あなたの明るい未来を想像してみてください。面接がうまくいかなかったり、選考が通らなかったりすると、将来に対する不安な気持ちが出る就活生がいます。4月から志望する企業で働いている姿やキャリアアップして目標を達成する姿を想像すると、「もう少し頑張ろう」と思えるでしょう。

今回紹介したストレス発散方法以外にも、いくつか方法があります。「就活ストレスがやばいときはどうする?限界になる理由や対処法を解説」では、就活ストレスが溜まる理由や対処法を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

 

就活に疲れた人のやりがちな行動4選

就活に疲れた人のやりがちな行動があります。自分のペースよりも早く、急いで就活をすると疲れやすくなるでしょう。また、「就活を諦めてしまおうか」と考える方も多いようです。

無理のないペースで内定を勝ち取るために、疲れた就活生がやりがちな行動をみていきましょう。

周りと比べる

就活に疲れた学生がやりがちな行動はの1つに、「周りと比べる」ことが挙げられます。自分よりも早く内定を獲得した人や倍率の高い大手の内定を獲得した人と比べ、劣等感のようなものを覚えてしまうようです。

内定を獲得していない状況では、就活の進みが早い学生と比べて「自分だけ内定を貰えていない」という気分になり余計に落ち込んでしまいます。就活の進捗スピードは就活生によって異なり、大学4年制の夏ごろには内々定を貰える就活生もいれば、卒業間際まで粘って内定を獲得する学生もいるでしょう。

ハイペースで選考を進める

「早く内定がほしい」「たくさん受けないと不安になる」などのさまざまな理由から、ハイペースで選考を進めてしまう学生は、疲れやすくなります。

就活では持ち駒を作り、いくつかの企業の選考を同時進行で進めていくことになるでしょう。同時期に進める企業が多ければ多いほど、精神的・体力的にも疲労が蓄積します。

就活は、自分に合う無理のないペースで進めていくことが望ましいです。無理して数十個の選考を並行することは避けましょう。

就活をやめようと考える

就活に疲れた方は、「やめてしまいたい」と考えることがあるようです。疲労やストレスが溜まりやすい就活は、ネガティブな気持ちが生まれてしまうでしょう。就活は移動距離が長かったり、一日にスケジュールを詰めたりして、帰宅時にはクタクタになってしまいます。日々のストレスが積み重なり、「やめたい」と思ってしまうようです。

また、後悔のない就活をするためには、後先考えずに行動しないことが大切です。就活をやめたいと思う学生は、「就活やめたい…でも本当に良いの?後悔しないために今できること」も参考にしてください。

内定もらえたら入社を決定してしまう

就活に疲れると、早く終わらせたい思いから、内定をもらえた企業への入社を即決する方もいます。長い就活を経て、疲れが溜まるのは仕方がありません。早い人だと大学2年生からインターンに行き、内定獲得に向けて動くでしょう。内定をもらった企業への入社は、慎重に決断することが大切です。

業務内容や企業理念、環境、転勤の有無などの情報をじっくりと見直し、自分に合う企業かの確認を行いましょう。自分の将来のビジョンや夢を実現できる企業での就職をおすすめします。

24卒の就活について相談したい

 

就活に疲れたら、効率よく内定を獲得しよう

就活に疲れたら、効率よく内定を獲得することも有効な手段です。

下記の方法で効率よく就活を進めてみてください。

苦手な選考がない企業を受ける

効率よく内定を獲得するためには、苦手な選考形式の企業を避けるのも1つの手です。企業によっては、SPIやグループディスカッションなどが実施される場合もあり、選考には様々な形式があります。面接には選考対策をしたうえで臨むのが基本です。

しかし、「対策しているけど苦手」「対策に時間がかかり過ぎる」と感じることもあるでしょう。対策をしていても苦手と感じる場合は、苦手な選考のない企業に絞って受けるのもおすすめです。

就活エージェントを利用する

就活に疲れて効率よく内定を獲得したい場合は、就活エージェントを利用するのもおすすめ。就活エージェントなら自己分析から面接対策までサポートしてくれるので、自力で何から始めていいか分からないという悩みを解消できます。

添削してもらうことで質の高いエントリーシートが提出できたり、面接対策をすることで本番も緊張せずに受け答えができたりするのも、就活エージェントを利用するメリットです。

24卒の就活について相談したい

 

就活では自分に合う企業に出会うことが重要

前述したように、就活では「自分に合う企業」を見つけることが重要です。自分に合った企業に出会うためのポイントを知り、後悔しない就職をしましょう。

自分に合った企業を探すには?

自分に合った企業を探すには、社風や業務内容が自分と合っているかに着目するのがおすすめです。以下で、それぞれのポイントについて確認していきましょう。

社風や業務方針が自分の価値観とマッチしている

企業の社風や業務方針が自身の望む働き方とマッチしているかを考えましょう。

応募先企業の方向性や雰囲気に違和感を抱いたまま入社してしまうと、現場での働きづらさに繋がる恐れがあります。社風や業務方針は、説明会や企業のWebサイト、OB・OG訪問などで事前に確認しておくことが大切です。

業務内容が自分の適性とマッチしている

応募職種や入社したあとの業務内容についても、自分の適性とマッチしているかを確認しましょう。

仕事内容や業務量、就業スケジュールが自分と合っていないと、体力や気力が続かなくなることも考えられます。

自己分析のほか、部活やバイト、勉強などの実体験を通して自身のキャパシティを把握しておくのがおすすめです。そうすることで、自身の適性と照らし合わせた企業選びをしやすくなるでしょう。

24卒の就活について相談したい

 

就活に疲れたときは一度自分を見直そう

なかなか内定を貰えず就活に疲れたら、一度立ち止まって自分を見直す作業をしましょう。

目標を立て適宜就活のスタイルを見直す

スケジュールを組む際に細かい目標を立てておくと、自身の就活を振り返りやすくなります。目標達成の可否によって、就活スタイルを都度更新すると良いでしょう。

たとえば、「志望企業の内定を獲得する」ために、「今週は2社のOB訪問に行く」「今月は3つの就活イベントに参加する」などの短期的な目標を掲げて、一つひとつクリアしていきます。もし「体調を崩して目標を達成できなかった…」といったことがあれば、無理なスケジュールを組んでいる可能性も。その場合、就活スケジュールの見直しが必要でしょう。

就活を効果的に進められるよう、自身の体調管理に気を配りつつ就活内容を適宜見直すことをおすすめします。

自己分析や企業研究を見直す

自己分析や企業研究は就活の方向性を決めるための大事な作業です。思ったように就活が進まないときには、これらを改めて見直しましょう。

自己分析の詳しいやり方は、「自己分析のやり方は?簡単に行える方法をご紹介」も参考にしてください。

自己分析

自己分析とは、自分の行動や経験、やりたいことなどを洗い出し、自身の適性や物事の価値観を把握すること。自己分析がしっかりしていれば、前述した「自身の適性に合った業界や企業」を選びやすくなります。

自己分析が不足していると、自分と合わない業界や企業に応募してしまう可能性も。この場合、企業の求める人材に自分がマッチしていないことが多く、内定が出づらくなることもあるため注意が必要です。不採用が続けば、就活に疲れてしまうこともあるでしょう。

企業研究

企業研究とは、企業のWebサイトや説明会、求人資料などで情報を収集して、社風や業務方針などへの理解を深めること。企業研究の徹底は、企業がどんな人物を求めているかの把握に不可欠です。
自己分析で見出した自分の強みの中から、企業の求める人物像に合致した部分や入社後に活かせそうな長所をピックアップして、採用担当者にアピールしましょう。より効果的な自己アピールになり、企業の関心も高められるはずです。

24卒の就活について相談したい

 

どうしても「就活をやめたい」と思ったら、就職以外の道もある

就活をやめたいと思ったときは、思い切って一度就活から離れるのも一つの手。就活を全くしないのが不安だという場合は、就活のペースを少し落としてみましょう。「明日から頑張ろう」と毎日就活を先送りすることにならないよう、事前に期限を決めてから休むことが大切です。

また、就職以外の道もあります。人生は就職だけではありません。就活に疲れて思い詰める前に、就職以外の道を知りましょう。

フリーターになる

就職する意味が見いだせず、あえて自由度の高いイメージのあるニートやフリーターを選択する人もいます。ニート生活を満喫して好きなことをしたい、フリーターとして働きながら将来について考えたいなど、正社員にならない理由は人それぞれです。

しかし、一生フリーターとして生きていくのも難しいでしょう。将来の設計図は早めに立てることをおすすめします。

大学院や専門学校などに進学する

大学で学んだ専門知識を追求したい、学問を極めて将来の仕事に活かしたい、という熱意があるのなら大学院へ進学する道もあります。

ただし、進学するには学費がかかるのを忘れてはいけません。経済的に苦しい、勉強についていけないなどの理由で、大学院を中退することにならないよう十分気をつけましょう。

就職留年をする

今年度の就職は諦め、就職留年をするという手もあります。就職留年とは、大学4年生の段階で休学届を提出し、卒業年数を遅らせ就活を行うことです。

ただし、面接官や採用担当者からは、留年している理由を聞かれるでしょう。それなりの答えを出し、納得してもらうよう努める必要があります。

フリーランスになる

就職以外で生活していくには、フリーランスも1つの道です。フリーランスとは、企業に属さず自分で営業して仕事を獲得していきます。主にクラウドソーシングサイトや知り合いのつてなどで案件を獲得するでしょう。

いずれは個人事業主として活躍したり、新しいことに挑戦したりして生活します。しかし、収入が安定しないことはデメリットです。正社員と比べて、自分の頑張り次第で入ってくる給料が変わるため、自分の力で稼ぐ覚悟が必要です。

24卒の就活について相談したい

 

就活に疲れて、早く終わらせたいと考えているあなたへ

就活は、面接や移動などの疲労から、ストレスが溜まりやすくなります。周囲と比較しすぎず、リフレッシュして適度に休息をとりましょう。

どうしても就活に疲れた場合は、就活エージェントである「キャリアチケット」がおすすめです。キャリアチケットでは、自己分析の深掘り、業界・企業研究はもちろん、エントリーシートの添削や模擬面接などの選考対策も実施しています。

また、あなたの価値観に合った企業を厳選して紹介することも可能です。就活に疲れて早く追わらせたいと思っている方は、ぜひキャリアチケットにご相談ください。

24卒の就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。