就活の第一歩、合同説明会ってなに?

就活の第一歩ともいえる合同説明会。しかし、個別の企業説明会と比べて重要に思えないという人も少なくないようです。合同説明会は、知らなかった業界や企業を知ることができる重要な機会。就活をスムーズに進めるためにも、合同説明会に参加するメリットなどを知っておきましょう。

目次

合同説明会とは

合同説明会とは、一度に複数の企業が集まって行われる企業説明会のこと。「合説」と略されることもあります。
一般的な企業説明会は各企業が主催していますが、合同説明会の場合は就活情報サイトや大学、地方自治体などが主催しています。数十社の企業で行われるものもあれば、数百社の企業が集まる大規模なものもあり、様々です。
会場では各企業のブースが用意され、学生は一度の説明会で複数の企業の概要や事業内容の説明を受けることができます。
多くの企業が集まっているため、気になっていた企業以外にも、知名度の高くない魅力的な企業に出会うチャンスがあるというのも合同説明会の特徴の1つ。有名でない企業は、会社説明会に学生が集まりづらいということもあり、そういった企業にとっても多くの学生に知ってもらう機会になっています。
個別の企業説明会とは異なり、予約制でないところがほとんどですが、予約が必要な場合もあるので必ず事前に確認しましょう。

▼関連記事
合説ってどんなもの?参加するメリットと有益に過ごすコツ
 

 

合同説明会に参加するメリット

合同説明会では、一度に多くの企業を知ることができるというメリットがあります。
就活を始めたばかりの学生のなかには、この業界で働きたいといった明確な志望がない学生も多いのではないでしょうか。
また、前項でも触れたように、目的としていた企業以外にも知らなかった魅力的な企業に出会える可能性があるため、視野を広げて就活をすることができます。
また、大勢が参加している合同説明会では、個別の説明会では聞きにくいような質問を気軽にできることも。逆に、時間帯によっては企業のブースに他の学生が少なくなることもあるため、企業の担当者と直接話せる機会もあり、各企業の雰囲気を感じられるのも合同説明会のメリットといえます。
説明会によっては個別の相談会が開催されていたり、著名人の講演が行われることもあります。
より多くの企業を知り情報を得られる合同説明会へ積極的に参加することは、就活をスムーズに進めるポイントとなるでしょう。

▼関連記事
「合説意味ない」は間違い。内定にグッと近づく合説の歩き方
 

計画的に参加しよう

合同説明会への参加で大切なのは、自分の状況に合わせて目的をもって参加するということ。
就活の始まりとも言える合同説明会。せっかくの参加が無駄にならないよう計画的に進めましょう。
就活初期であれば、さまざまな業界や企業の情報を得て、視野を広げることが大切。あまり興味が無いと思っていた業界でも、話を聞いたあとでは印象が変わる可能性も大いにあります。
入社後に後悔しないためにも、この段階でできるだけ多くの情報を得ておきます。
そのあと就活が本格化する時期になると、その場で面接を行なうタイプの説明会もでてきます。事前に参加企業を調べしっかり準備していきましょう。
説明会の時間は限られているため、全ての企業を見て回るのは困難です。事前に優先順位を決めておき、余った時間で目的以外の企業を回ると効率的。
また、規模の大きな合同説明会は体力勝負です。食事の時間を考えたり、女性の場合は高いヒールの靴を避けるなど、体調面にも気をつけましょう。

▼関連記事
就活をラクにする合同説明会の活用術
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする