学生時代に頑張ったことの攻略ポイントとは?例文も紹介

このページのまとめ

  • 企業が「学生時代に頑張ったこと」を聞くのは、採用要件を満たした人材かどうかを見極めるため
  • 「企業にどう貢献するか」かが分かれば、事柄の大小はあまり関係ない
  • 企業の求める人物像に合わせて、再現性の高いエピソードを探すことがコツ
  • 内容は「結論→前提情報→課題→動機→取った行動→結果と学び」という流れで構成する

「学生時代に頑張ったこと」の質問の意図、きちんと理解していますか?苦手意識を持つ人の多くは、特別な経験を持っていないことに引け目を感じているようです。

このコラムでは企業が「学生時代に頑張ったこと」を聞く理由や、内容の整理ポイントなどをご紹介。参考例文も記載してありますので、チェックしてみてください。



 

「学生時代に頑張ったこと」が聞かれる理由

「学生時代に頑張ったこと」は通称「ガクチカ」と呼ばれ、エントリーシートや面接といった就活シーンで頻出する質問項目です。企業がこの質問をする意図は、応募者が入社後に活躍する人材かかどうかを見極めることにあります。

例えば、「コミュニケーション能力」を重要視する職種で、「もくもくと単独作業をし成果を上げた」とアピールしても、あまり効果はありません。それがどんなに偉業であっても、企業の求める能力や性質を満たしていなければ、意味を成さないと覚えておきましょう。

逆を言えば、特別な経験や立派な功績である必要もないということ。就活生の多くは「胸を張れるような経験がない」「エントリーシートに書くほどのことは何もない」と考えているようですが、「企業にどう貢献できるか」が分かれば、事柄の大小は問われません。

採用要件を満たしているエピソードであれば、アルバイト、学業、ボランティア、留学、サークル、インターンなど内容は何でもOKです。



 

「学生時代に頑張ったこと」を考えるときのコツ

次に、学生時代に頑張ったことを探り出すコツを紹介します。下記の項目をそれぞれチェックしてみてください。

企業が求める人物像を探る

まずは企業のニーズを探ることが大切です。多くの場合、企業の公式サイトの新卒採用ページには「求める人物像」や先輩社員のインタビューなどが記載されていますので、チェックしておくことをおすすめします。

また、OB・OG訪問などを行い、実際の現場ではどういった能力が必要とされているのかを聞いておくことも有効です。手に入れた情報を元に、求められている資質を仮設してエピソードを選定すると効率が良いでしょう。

再現性の高さがポイント

「学生時代に頑張ったこと」は、そこで発揮した強みや経験、スキルを入社後に活かせるかどうかが鍵となります。つまり、再現性の高さが重要ということ。

たとえば頑張ったことが「受験勉強」、その内容が「一流の進学塾に通い、優秀な塾講師の指導を受けたことで、偏差値が10近く上がった」だったとしたら、評価には繋がりにくいでしょう。なぜならすごさが分かるのは進学塾の講師の方であり、応募者自身のアピールとなっていないからです。

再現性の高いエピソードは、「自らの意志でやったこと」を探していくことがコツ。たとえ小さなことであっても、そこには何かしらの努力や工夫がともなっているはずです。

▼関連記事
特別な経験は不要!「学生時代に力を注いだこと」の書き方



 

「学生時代に頑張ったこと」の構成

エピソードが決まったら情報を整理し、分かりやすく構成します。下記に順序ごと詳細をまとめました。

(1)まずは結論から

ビジネスシーンではまず最初に結論を述べ、その後理由や背景を解説する構成が好まれます。結論を最初に述べることでその後の論点がブレにくくなりますし、相手に興味を抱かせる効果もあります。

結論は一文で簡潔に分かりやすくまとめましょう。このとき、数字などを使って具体的に表現することを意識してみてください。「高校時代、部活動を頑張りました」と伝えるよりも、「高校時代、3年間一度も休まず部活動に取り組みました」と伝えた方が印象に残ります。

(2)必要な情報を述べる

次に、相手にはあなたの所属や立場といった背景知識がないことを踏まえて、結論を説明するために必要な前提情報を説明しましょう。このとき注意したいのは、不必要な情報まで盛り込んでしまうこと。「頑張ったこと」の説明が目的だということを忘れず、エピソードを裏付けるために必要な最低限の情報のみを開示しましょう。

(3)どんな課題や困難があったのか

情報を提供した後は、「頑張ったこと」を完遂するにあたり、どんな課題や困難があったのかを示します。ここでも状況を具体化することを意識しましょう。

(4)なぜそれを解決しようと思ったのか

課題や困難に対して「なぜ解決しようと思ったのか」という動機を説明することも大切です。動機はモチベーションの源泉を示すことであり、企業側は応募者が何をきっかけにやる気を出すのかを判断する部分です。

「人に言われてやった」というような受動的な理由ではなく、主体的・能動的な理由をアピールするように心がけましょう。

(5)どんな行動を取ったか

次に、課題解決のために、実際に取った行動を説明します。ここがもっとも肝心な、自分の強みをアピールする部分です。どれだけインパクトがあろうと、「このときだから発揮できた強み」「限定的な状況でしか役に立たない能力」などでは評価に繋がりません。取った行動が「仕事にも通用する」とアピールできるように、再現性の高い内容を意識しましょう。

(6)行動の成果、結果

行動を起こした結果、どんな成果を得たのかを述べます。行動する前と比べてどれだけの違いがあるのか、「生み出したものの大きさ」を示しましょう。状況の比較や、数字を使った表現を盛り込むと分かりやすく効果的です。最後に、この経験を通して得た学びや知見を伝えるようにしましょう。



 

例文を確認しよう

ここまで紹介してきたことを元に、例文を紹介します。参考にしてみてください。

例文

学生時代に頑張ったことは、IT企業の長期インターンで担当した新規アプリの企画・開発です。専攻がITビジネス学科だったこともあり、実際の現場を体験したく、インターンに参加しました。

インターンでは高齢者を対象とした同社アプリの企画を任されました。サービスの充実や視線導線を意識したインターフェースなど、内容に凝りましたがプレスリリース時のダウンロード数は予測の57%でした。予測の60%を目指していたので、残り3%を達成できなかった悔しさは、今でも鮮明に思い出します。

伸び悩んだ原因を探るため、高齢者向けのスマートフォンを確認したところ、他のアプリと比べて可読性が低いことが判明しました。そこで、サイト内のフォントデザインをスッキリとしたものに変更、大きさも1.5倍にしました。

すると、本番リリース時には前回数値を上回り、予測の110%達成に至りました。この経験から、ユーザーの目線・使用感を大切にすることを学びました。


ここまで「学生時代に頑張ったこと」について紹介してきましたが、理解は深まったでしょうか。

「まだ不安が残る」という人は、この機会にキャリアチケットまでご相談を。プロのアドバイザー悩みに寄り添い、あなたの就活をサポートします。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。