「学生時代に力を入れたこと」で好印象を残す簡単な方法

このページのまとめ

  • 学生時代に力を入れたことの答えは、どんなエピソードでも問題ない
  • 好印象になる伝え方は、結論→根拠(エピソード)→学んだこと→今後の活かし方の順
  • 面接では内容に踏み込まれるので、事前に何を伝えたいのか、回答にブレがないかをチェックする
  • ガクチカが思い浮かばないときは、中学からの経験をすべて書き出して企業と照らし合わせる、他者分析をしてもらう

「“学生時代に力を入れたこと”なんて何もない…」就活が始まって初めて、自分の学生生活を悔やむ人は少なくないようです。この質問はESや面接で必ず聞かれる内容。何のエピソードもないという人は、どう答えれば良いのでしょうか?
今回はガクチカで伝えるべき内容や作成方法をご紹介します!

「学生時代に力を入れたこと」は華やかでなくて大丈夫

「学生時代に力を入れたこと」は、ESや面接で必ず聞かれる質問といっても大げさではありません。
実績がある人は、それを実現するための実力や能力があるということ。リーダー経験や大会優勝などの華々しいエピソードを聞かれているように思うでしょう。

もちろん、華やかなエピソードは実績が分かりやすいですし、企業にとっても貴重な人材であることには変わりありません。
しかし実は、企業がこの質問を通して知りたいことは、「就活生がどんな価値観を持ち、それに伴ってどのように行動できる人材であるか」という点。
必ずしも、大きな実績や人目を引くような内容である必要はないということです。

基本的にはどんな内容でも構いません。
これまでの経験から、最も印象的なエピソードをピックアップするか、企業にマッチする内容をチョイスすると良いでしょう。
企業が採用ページなどに記載している求める人材像やOB訪問などを参考にすれば、選びやすいのではないでしょうか。

伝え方を工夫して好印象を狙おう

素晴らしい実績や企業に刺さるエピソードでも、伝え方次第ではイメージダウンになることも。
要点をまとめられない、文章作成力に難がある、企業が意図することに対する理解力がない、といった印象を与えてしまうからです。
これらはどれも業務の指示・引き継ぎ・相談などで必要になるスキル。
新卒はポテンシャル採用だといっても、最低限のスキルや、要所でどういった能力が必要なのかを事前に確認・対処する姿勢を持っていることは求められると言えるでしょう。

逆に、一見小さなエピソードでも、伝え方が良いと好印象を残すことができます。
好印象を残せる伝え方を以下にまとめたので、参考にしてください。

ガクチカの伝え方

1.結論から伝える

自分が学生時代に何を頑張ったのか、簡潔に伝えましょう。
先にエピソードから話すと他者は要点を掴めず、正しく評価することができません。

2.プロセス(エピソード)で根拠を示す

「○○を頑張った」というだけでは企業は何の情報も得られません。
どうして頑張ったのか、どんな困難があったかといったプロセス(エピソード)を具体的に伝えましょう。
企業はその内容から、その人の価値観や行動力、課題の見つけ方、解決方法を把握します。

3.その経験から学んだことを示す

「こういうことがあって、頑張った」というだけではただの思い出話。
社会人になると、経験から学ばなければ今後に活かせるスキルを身につけられません。
社員の成長次第で業績が変わることもあるため、企業は伸び代のある人物を重宝します。

4.今後どう活かしたいかを伝える

せっかく学びや身につけたことがあっても、今後に活かさないのであれば元々ないようなもの。
たとえ入社後に研修などを行ったとしても、「学んでも仕事に活かさない」という人物だと時間も経費も無駄にすることになるでしょう。
企業は、身につけたスキルをどう活かそうと考えるのか、適切な活かし方を提案できる人なのかを知りたいようです。

面接では内容を深掘りされる

面接では、ES・履歴書に記載した内容が掘り下げられます。
ガクチカもその対象で、「なぜそうしたのか」「なぜそう感じたのか」「なぜそう思うのか」というように、エピソードや学んだこと、今後の活かし方などにさらに一歩踏み込んだ質問がされます。

「エピソードを思い出しているから大丈夫」と思っていても、「なぜ」と深堀りされていくうちに辻褄が合わなくなってしまったり、答えられなくなったりしてしまう人も多いようです。
自分で「伝えたい内容」や「自分の考え」を理解していないと、面接でうまく答えることはできないでしょう。

面接前にはもう一度、頑張った理由、どんな困難があったか、どう乗り越えたか、そのとき自分はどう思っていたのか、周りからはどう評価されていたかなどを答えられるようにしておくことをおすすめします。合わせてその内容がブレていないかもチェックしておきましょう。
自分の視点では気づかない場合もありますから、できれば第三者に見てもらったり、模擬面接をしてもらったりしてください。

頑張ったことが浮かばない場合は

企業が印象強いエピソードを求めているわけではないと分かってもなお、学生時代に頑張ったことがどうしても思いつかない…という人もいるでしょう。
ガクチカが浮かばないときは、ぜひ下記でご紹介する方法を試してみてください!

経験の棚卸しをする

基本的にガクチカは、大学時代のエピソードを伝えます。
しかし、ガクチカがないという人は、高校時代や中学時代に遡ってこれまでの経験を書き出してみましょう。
もちろん、大学時代の経験も一緒にすべて書き出してみてください。
自分では日常的になっていたことも、過去の経験がきっかけとなっていたり、継続していること自体が評価の対象となったりすることもあります。
特に、自分が「やりたい」と思い自身の意志でやったことや、小さくてもやり遂げたことは印象的なエピソードとなり得るでしょう。
些細に感じるような内容でも良いので、思い出せる出来事はすべて書き出してみてください。
書き出した経験から、ガクチカになり得るエピソードを見つけましょう。

企業とマッチする内容がないかチェックする

もし上記の方法を試しても見つけられない…という場合は、もう一度企業研究をして、どんな人物・スキルを求めているのか、どういった人物が活躍しているのか確認してみてください。
次に、書き出した経験と企業の方向性を照らし合わせ、マッチしそうな内容がないか1つひとつチェックしていきます。
確認すべき内容を明確にしておくことで、今まで見えなかった魅力的な部分が見つかるようになるかもしれません。

他己分析をしてもらう

これらを試してもどうしても見つからない…そんな人もいるでしょう。
それはもしかしたら、自己評価が低くすぎたり、自分のやっていることがあまりにも日常的になっていたりするからかもしれません。
家族や友人、先輩などに他己分析をしてもらったり、書き出した過去の経験を見てもらったりして判断してもらうと良いでしょう。


「学生時代に力を入れたこと」の伝え方・見つけ方をご紹介しました。
キャリアチケットでは、専任のアドバイザーがより詳しいガクチカの作成方法をお伝えしています。
ガクチカ以外にも、自己PRや志望動機といった就活で必ず問われる質問の対策も実施。
面接マナーの指導や企業とのスケジュール調整など、就職に関することなら何でも無料でご相談可能です!ぜひお気軽にご利用ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00