履歴書はコピーしたものを提出してもOK?

このページのまとめ

  • コピーした履歴書を提出するのはやめよう
  • 企業から指示がない場合、履歴書は手書きとパソコンのどちらで作成してもOK
  • パソコンの場合はWordかExcelで作成しよう
  • 自宅にプリンターがない場合、コンビニで履歴書を印刷するのも一つの手

「履歴書はコピーしたものを提出してもいいの?」
「履歴書は手書きとパソコン作成のどちらにするべき?」

当コラムでは、履歴書作成について疑問がある就活生に、コピーの是非や適切な提出方法をご紹介します。手書きとパソコン作成のそれぞれのメリットもご紹介しているので、迷っている方はぜひチェックしてください。

コピーした履歴書を提出してもいい?

「企業ごとに履歴書を書くのは大変…」と思う就活生は多いと考えられますが、コピーしたものを提出するのはやめましょう。

コピーした履歴書を提出するのが不適切な理由として、下記の2つが挙げられます。

意欲が低いと思われる

履歴書は手書きあるいはパソコンで企業ごとに作成するのがマナーのため、コピーした履歴書では企業側に「手を抜いている」「志望度が低いのでは」と判断されてしまうでしょう。

履歴書の内容が魅力的だったとしても、高評価を得るのは難しくなると考えられます。

その企業ならではの内容にならない

志望動機や自己PRの内容は企業ごとに考えるのが基本ですが、コピーした履歴書の場合は記載内容を使い回すことになります。

どの企業にも当てはまる志望動機・自己PRだと「自社でなくてもいいのでは?」「熱意を感じられない」と思われてしまい、選考に突破するのが難しくなるでしょう。

履歴書は手書きとパソコン作成どちらがいい?

企業から指示がなければ、手書きとパソコンのどちらで作成してもOKです。企業から作成方法を指定されたときは、指示に従いましょう。

これから履歴書を書く就活生の中には「どちらにするか迷う…」という方もいると考えられるので、ここでは手書きとパソコン作成のメリットをそれぞれご紹介します。

手書きのメリット

・丁寧に書けば誠意を伝えられる
・手間がかかる分、意欲や熱意をアピールしやすい

パソコンで作成するメリット

・フォーマットを作れば短時間で作成できる
・簡単に修正できる

「手書きの方が丁寧」と考える採用担当者もいるため、就活生は迷うなら手書きにするのが無難です。

ただし、「手書きなら必ず好印象につながる」というわけではなく、印象アップのためには文字を丁寧に書くことが必須となります。走り書きのような字では「真剣さが伝わらない」と思われる恐れがあるため、時間に余裕を持って慎重に記入しましょう。

なお、丁寧さのアピールよりも効率化を優先したい方は、パソコンで作成するのも一つの手。

手書きの場合、間違えたら一から書き直す必要がありますが、パソコンの場合は該当箇所を打ち直せばすぐに修正できます。住所や学歴といった個人情報は、一度パソコンで入力すればどの企業の履歴書にも使えるので、作成時間を短縮できるでしょう。

IT系の企業や外資系企業ではパソコンでの作成を推奨する場合があるため、企業の雰囲気や自分の状況に合わせてどちらにするか決めてください。

パソコンで作成するときの注意点

ここでは、履歴書をパソコンで作成する際に使用するソフトやフォント、装飾について解説します。

使用するソフトはWordかExcel

「ファイルを開けない」というトラブルを防ぐために、多くの企業で使われているWordあるいはExcelで履歴書を作成します。

そのほか、企業側がファイルを開いた際にレイアウトが崩れないよう、作成した履歴書はPDFに変換して送るのがおすすめ。名前をつけて保存した後、ファイル形式で「PDF」を選べば変換できます。

フォントは明朝体かゴシック

履歴書のフォントは「MS 明朝」や「MS ゴシック」にするのが無難です。

たとえば「行書体」は読みづらいと思われたり、「ポップ体」はビジネスシーンにふさわしくないと悪印象につながったりする恐れがあるため、履歴書作成時は使わないようにしましょう。

余計な装飾はしない

強調したい箇所があっても、太字やアンダーラインを使うのはやめましょう。

自己PRや志望動機を読みやすくしたいときは、適宜改行したり箇条書きを使ったりするのが有効です。

パソコンで作成した履歴書はコンビニで印刷してOK?

自宅にプリンターがない場合、コンビニで履歴書を印刷してもOKです。コンビニのプリンターで印刷する方法は2つあるので、それぞれ手順を確認しましょう。

「ネットワークプリントサービス」を使う

ネットワークプリントサービスでは、パソコンやスマートフォン、タブレットで作成した文書を下記の流れで印刷できます。

・事前にネットワークプリントサービスに会員登録する
・ネットワークプリントサービスにログインして印刷したいファイル(履歴書)を登録する
・コンビニのプリンターでユーザー番号を入力し、ファイルを選択する

印刷の細かな手順はコンビニによって異なるので、Webサイトなどで事前に確認しておくと安心です。

USBやSDカードを活用する

ネットワークプリントサービスの場合は事前に会員登録やファイルの登録が必要ですが、USBやSDカードなら必要になったタイミングですぐに印刷できます。

・履歴書をPDFに変換する
・PDFに変換した履歴書をUSBやSDカードに保存する
・コンビニのプリンターにUSBやSDカードを差し込む
・印刷の選択画面で履歴書を選ぶ
・用紙やカラーを選ぶ

USBやSDカードをコンビニに持参して印刷する際は、履歴書のPDF変換を忘れないようにしてください。

ここまでコンビニのプリンターを使った印刷方法をご紹介しましたが、履歴書は自分用にも印刷しておきましょう。面接では履歴書やESの記載内容をもとに質問されるので、自分が何を書いたのかをしっかり覚えておく必要があります。

一貫性のある回答をするためにも、コピーした履歴書を手元に置き、面接前の最終確認時に活用しましょう。


履歴書のマナーや面接対策に不安がある方は、キャリアチケットにご相談ください。

キャリアチケットは、新卒者の就活を支援する就職エージェントです。就活アドバイザーが、適性がある求人のご紹介、履歴書・ESの添削、面接対策といったサポートをマンツーマンで行います。

そのほか、当サービスではESや面接、グループディスカッションなどの対策を少人数形式で実施。人事目線のアドバイスをもらえるので、効率的に選考対策を進められます。

当サービスのご利用は、すべて無料。自分に合う企業に就職できるよう、ぜひご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!