履歴書の作り方~パソコンと手書きの違い~

このページのまとめ

  • 企業から指定がない限り履歴書はパソコンと手書き、どちらで作成してもOK
  • 履歴書のフォーマットは、自分のアピールポイントを多く書けるタイプがオススメ
  • 履歴書はビジネス文書の一つと考え、見やすさを意識して作成する

就活生のみなさんは履歴書を用意するとき、どのようなものを選びますか?市販の履歴書に手書きで記入したり、パソコンでオリジナルの履歴書を作成したりと、さまざまな選択肢があります。履歴書を実際に作成するときに悩まないよう、手書きとパソコンでの作り方の違いを確認しましょう!

履歴書の作り方

まずは基本的な履歴書の作り方について、確認しましょう。

履歴書の作成方法は手書きとパソコンの2種類が一般的

履歴書は、手書きかパソコンで作成するのが一般的です。これまでは就活生が用意する履歴書は手書きが主流でしたが、最近はパソコンで履歴書を作成する人も増えているようです。パソコンと手書き、それぞれの方法で履歴書を作るメリットとデメリットをチェックしましょう。

手書きで履歴書を作成するメリット

履歴書を手書きで作る場合、作成に手間と時間がかかることから、丁寧な印象を与えられるでしょう。読みやすい文字で書かれているかといった観点から、就活生の人となりを見る担当者もいるようです。このような理由から、老舗企業や採用担当者の年齢層が高い場合には、手書きの履歴書が好まれるケースがあります。時間に余裕がある人、文字を書くことに自信がある人には、手書きでの履歴書作成がおすすめといえるでしょう。

手書きで履歴書を作成するデメリット

履歴書は採用担当者があなたの合否を判断する重要な書類です。そのため、誤字脱字や文字のミスがあったときに修正テープや修正液を使用すると、あなたの印象に大きく影響を与えます。誤字があった場合、初めから書き直す必要があるため、作成に時間を要する可能性があります。

パソコンで履歴書を作るメリット

履歴書をパソコンで作るメリットは、読みやすさ、作成時間の短縮です。応募企業の業種がIT関連の場合は、パソコンスキルを測るという意味で、パソコンで作った方を好むケースがあるようです。このように、企業によってはパソコンで作成した履歴書をアピールに活用できる可能性もあります。

パソコンで履歴書を作るデメリット

パソコンで履歴書を作る場合、簡単に作成できることが魅力です。しかし、その分ミスをする可能性も高くなります。別の企業に提出したデータを修正し忘れて企業に提出する可能性もあります。簡単に直せるからこそ、履歴書にミスがないか十分なチェックを行ってください。

企業の指定に準ずる

企業によっては作成方法に指定があるケースがあります。作成方法はパソコンか手書きか、応募要項をよく読んで間違いのないように注意しましょう。

企業指定のフォーマットがある場合

企業によっては履歴書のフォーマットが指定されているケースもあります。その場合、自身が予め記載しようと思っていた内容と合わない場合があるので、最初に確認しておくといいでしょう。

履歴書の作り方:手書き編

手書きの履歴書を作るときは、以下の手順を参考に準備しましょう。

履歴書を買う

履歴書は、大学生協、文房具屋、スーパーやコンビニエンスストアなど、さまざまな場所で購入できます。

新卒生におすすめなのは、大学生協で購入できる大学指定の履歴書です。大学指定の履歴書は市販の履歴書とフォーマットが異なります。違いは以下の通りです。

・自己PR欄が多め
・用途が新卒の就活のみなので、新卒就活生が書きやすい構造になっている
・大学の名称が履歴書に記載されている

大学指定の履歴書は、その大学の新卒就活生を考慮したフォーマットになっているため、書きやすいといえるでしょう。大学生協以外でも、大学内のコンビニエンスストアで購入できる場合もあるので、チェックしてみてください。

履歴書の種類

履歴書には就活用、転職用、JIS規格(日本工業規格)等があります。名前や所在地、学歴の記入形式は、どれもほぼ同じ内容になっています。就活生が履歴書を選ぶときは以下の点を意識して選ぶと、書きやすくおすすめです。

・入社の志望動機の欄が多めにとられているもの
・長所や個性をアピールできるもの
・特技の欄が広めのもの(特技が就職に影響を与える場合)

どのような履歴書を選ぶか迷ったときは、志望動機や自分がアピールしたい項目のスペースが多めに取られているものを選ぶといいでしょう。注意したいのは、空白をなるべく少なくすることです。例えば職歴が少ないのに職歴欄が多いタイプを選ぶと、空白が目立ってしまいます。

履歴書のサイズ

履歴書は、A4とB5サイズのものがあります。どちらを選んでも問題ありませんが、ビジネス用の書類はA4サイズが多いので、迷ったらA4サイズを選ぶと良いでしょう。

クセ字や略文字に注意。読みやすい書体を使用する

履歴書を手書きで作るときは、文字は崩さずに書きます。誰が読んでも相手に伝わるように書くことを意識して作成しましょう。

ボールペンは黒を使用する

履歴書は、黒のボールペンを使うのが一般的です。アピールしたいからといって、他の色を使うのはNGです。

装飾やマーカーペン使用は控える

履歴書は就活において重要な書類です。正式なビジネス文書は、文字に装飾を行ったりマーカーペンを使用することはありません。履歴書はビジネス文書ととらえ、マナーを守って作成しましょう。

履歴書の作り方:パソコン編

パソコンで履歴書を作成する場合は以下の手順を参考に作ってみましょう。

インターネットでテンプレートをダウンロードする

履歴書のテンプレートは、インターネットからダウンロードできます。「履歴書 テンプレート」と検索するとさまざまなテンプレートが表示されます。形式はエクセルかワード、テンプレートは自分にあったものを選びましょう。

参照:履歴書テンプレート
ハローワーク
https://www.hellowork.go.jp/member/career_doc01.html
マイクロソフト
https://templates.office.com/ja-jp/%E5%B1%A5%E6%AD%B4%E6%9B%B8-jis%E8%A6%8F%E6%A0%BC%EF%BC%89-tm90002025

テンプレートを自分で作成する場合の注意点

自分でオリジナルの履歴書を作成することもできますが、あまり独創的すぎるテンプレートや項目は控えるようにしましょう。一般的な履歴書のテンプレートを参考に作成し、相手にわかりやすい内容にすることが大事です。

文字やフォントは統一する

履歴書を作るときは「MS 明朝」「MS ゴシック」「MS P明朝」「MS Pゴシック」等、ExcelやWordに標準搭載されている書体を選びましょう。これらの書体はビジネスでよく使用されるものなので安心して使用できます。

コピーや使い回しは厳禁

履歴書をパソコンで作るときは、一社ごとに作成しましょう。同じ業種の企業への履歴書であっても、使い回さずに企業に合わせて作ることが大事です。

志望の動機から入社への情熱は相手に伝わるものです。使い回しは記入ミスにも繋がりかねません。1枚1枚確認して作りましょう。

証明写真はデータでなく現物を貼るのが望ましい

履歴書に貼る証明写真は、応募先の企業からデータで送ってほしいと指示がある場合以外、現物を貼るようにしましょう。応募企業の履歴書の条件を確認し、それに合わせて作成しましょう。

どのような履歴書にしたらいいか、どうしても迷って決められない場合は就活アドバイザーに聞いてみるのも一つの手です。キャリアチケットでは、過去に60,000名以上の就活支援を行ってきた就活アドバイザーが就活の悩みを個別に解消します。企業別対策も行っているので、就活で困ったことがあれば、キャリアチケットをご活用ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!