大卒なのに就職できない理由は大手病?自分を見つめ直して内定を得る方法

このページのまとめ

  • 平成30年3月の大卒者のうち、約7%が就職も進学もしないニートになっている
  • 大卒者の正社員就職者数は年々増加しており、非正規就職は減少しているのが現状
  • 就職できない理由は「視野の狭さ」「仕事を選びすぎている」「対策不足」
  • 近年は売り手市場となっており、大卒は就職に有利なので内定は出やすいといえる
  • 就職できないと悩むなら、対策を練り直してエントリー数を増やすこと

大学の卒業は決まっているのに就職先が決まらない方は、卒業生の約7%といわれています。就活生が有利となる「売り手市場」が続くなか、なぜ大卒という学歴をもっても就職できないのでしょうか。
このコラムでは、大卒なのに就職できない理由として「就活生自身の問題」を挙げています。自分を見つめ直して改善を行い、内定を獲得しましょう。
 

大卒でも就職できない人は卒業生の約7%

文部科学省が行った「学校基本調査」によると、平成30年3月に大学を卒業した人は約56.5万人。そのうち就職した人は約43.6万人で、卒業者全体の77%ほどに当たります。
一方、就職も進学もしていない人は約4万人。全体の7%に当たる人がいわゆる「大卒ニート」となっているようです。

近年は売り手市場で就活生が有利

売り手市場とは、企業の求人数は増えるものの、働ける人には限りがあるため求職者1人に対して複数の求人が集まること。
政府が高い失業率を改善するために実施した金融緩和政策を要因としており、金融緩和政策を行うとインフレが期待されるため、業績も改善予想となり働き手が必要になります。就職を希望する人が企業を「選べる」状態となるので、就活生にとっても有利な状況となるのです。

学歴でも大卒は有利

就活をはじめると分かりますが、応募条件に「大卒以上」を含める企業もあります。また、高卒者や専門・短大卒業者と大卒者では賃金や就けるポジションに差があることは珍しくありません。
将来の幹部候補は大卒以上と決める企業も見受けられるように、「大卒」という学歴は就活で有利になります。

学部卒業者の就職率は増加傾向

同調査によると、平成25年は67.3%だった就職者の割合は、年を追うごとに増加。年ごとの卒業者に占める就職者の割合は以下のとおりです。

・平成26年…69.8%
・平成27年…72.6%
・平成28年…74.7%
・平成29年…76.1%
・平成30年…77.1%

就職者が増加している一因として、前述した「売り手市場」が挙げられます。さらに、少子化の影響で新卒者の数が減っていることも影響し、大学卒業者の就職率は増加していると考えられるでしょう。

それでも就職できずにニートやフリーターになる人は一定数存在する

冒頭で述べた「就職も進学もしない人」だけでなく、非正規の仕事に就く人(全体の約3%)や一時的な仕事に就く人(全体の約1.5%)など、「大卒」「売り手市場」「就職率の向上」といった就職に有利な条件が揃っているにも関わらず、就職をしない・できない人は一定数存在します。
ただし、両者ともに年々減少。平成25年からの非正規就職者と一時的な仕事に就いた人の人数は、以下をご参照ください。

〈非正規として就職した人の数〉
・平成25年…22,734名
・平成26年…22,259名
・平成27年…21,132名
・平成28年…19,116名
・平成29年…18,348名
・平成30年…17,060名

〈一時的な仕事に就いたの人の数〉
・平成25年…16,736名
・平成26年…14,519名
・平成27年…11,730名
・平成28年…10,184名
・平成29年…9,183名
・平成30年…8,684名

一方で、平成25年に353,125名だった正規就職者は、平成30年には419,037名まで増加。非正規・一時就職を選んでいた人も正規就職に成功しているといえるでしょう。この結果から、近年が売り手市場で正社員就職がしやすい環境であることが分かります。

参考元:文部科学省 - 学校基本調査 調査結果の概要 

▼関連記事
四大卒は就職に有利?
 

大卒でも就職できない5つの理由

大卒でも就職が叶わないのは、視野が狭かったり対策が不十分だったりするため。以下、就職できない理由を5つ挙げたので、ご自身と照らし合わせてみてください。

1.倍率の高い企業ばかりを志望している

人気企業や知名度の高い企業、大手企業など、志望者が多く倍率の高い企業ばかりを志望するパターン。大手企業は企業規模も大きいので募集人数が多いですが、集まってくる志望者のレベルも総じて高くなります。「大手だから」「有名だから」という理由だけで志望しているなら不採用になるでしょう。

2.中小企業はブラックばかりと思い込んで選択肢から外している

「中小はブラック」「中小企業はすぐに倒産する」と思い込み、大手企業に固執するパターン。いわゆる「大手病」です。
しかし、日本に存在する企業のうち、99.7%が中小企業。中小企業を選択肢から外すと必然的に応募先は絞られますし、残った企業も大手のため志望者のレベルが高く、明確な志望動機がなければ選考落ちしてしまうでしょう。

参考元:中小企業庁 - 最近の中小企業・小規模事業者政策について 

3.就活対策をしていない

単に「就活対策」といっても、自己分析や企業研究、書類作成、面接練習など膨大です。やることが多くて大変ですが、内定を得るためには十分な対策が必要でしょう。

4.特定の仕事に固執しすぎている

「受けるのはこの企業の◯◯職だけ」「絶対に通勤時間は30分」など、自分なりの条件を持って就活をしすぎているパターン。条件を決めるのは良いことですが、その条件が厳しすぎたり、条件に固執しすぎたりすると視野が狭くなります。
条件をすべて満たす仕事はないと考え、優先順位をつけてみてください。

5.第一印象がよくない

清潔感がない、態度や言葉遣いが不適切、表情が暗いなど、第一印象がよくないと選考を通過しない可能性は高くなります。就活の基本は「清潔感」「明るい表情」「適切な言葉遣い」。
対策や志望先に問題はないのに選考落ちが続く場合は、第三者に自分の第一印象を聞いてみましょう。

▼関連記事
大手だからいいワケではない!あなたの就活の正解とは?
 

大卒で就職を成功させるための3つの極意

大学在学中に就職を決めるなら、対策を改めて行ってエントリー企業の数を増やすことがポイントになります。詳しい方法は以下をご覧ください。

1.自己分析や企業研究を改めて行う

前項で触れたように、就活は対策が非常に重要。自己分析や企業研究を怠れば志望動機や自己PRの内容が薄くなりますし、面接練習を省けば本番で緊張して失敗する可能性は高まります。
「自分なりに対策をしてるのに結果が出ない」と悩んでいるなら、自己分析や企業研究を改めて行いましょう。また、企業に合わせて書類の内容を変えるのも重要。使い回しは避け、深堀りした内容に変えてみてください。

2.エントリー企業数を増やす

内定が出ない原因として考えられるのが、エントリー数の少なさ。さらに、そのエントリー先が大手や人気企業であれば選考を通過する可能性は大幅に減るでしょう。
内定を得るためには、エントリーの母数を増やすことが大切ですが、闇雲にエントリーするのは避けます。まったく興味のない企業や明らかに適性に合わない企業にエントリーしても、書類作成や対策の時間が無駄になるだけ。「就活の軸」に沿ってエントリー数を増やしましょう。

3.就職エージェントに相談する

上記2つを試しても好転しない場合は、就職エージェントに相談するのも1つの方法。エージェントを利用すれば、第三者の目線から「自分の改善すべき点」を明らかにしてくれます。
ここで注意したいのが、エージェントの選び方。世の中には多くの就職エージェントが存在しており、「エグゼクティブ」「エンジニア」「第二新卒」など得意とする分野が異なります。大学在学中の方が「エグゼクティブ」分野を得意とするエージェントを利用しても、思うような結果は得られないでしょう。
新卒者を対象としたエージェントをお探しなら、レバレジーズが運営する「キャリアチケット」がおすすめです。キャリアチケットの特徴は、入社後のキャリアを見据えた就職支援に重点を置いていること。専任アドバイザーによるカウンセリングを行うため、本当に自分に合う就職先を見つけることができます。
有名企業や大手企業が「誰にとっても働きやすい」とは限りません。アドバイザーと相談しながら、自分らしく働ける企業を見つけましょう。
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!