就活の小論文の書き方とは?例文付きで構成などの注意点を解説

このページのまとめ

  • 就活の小論文の書き方で文章力や論理的思考などの能力が評価される
  • 就活の小論文では序論→本論→結論といった基本の構成を意識する
  • 就活の小論文の書き方では、テーマを正確に把握する必要がある

就活の小論文の書き方とは?例文付きで構成などの注意点を解説の画像

就活の選考で小論文を求め、文章力や論理的思考をチェックする企業もあります。書き方が分からずに苦労する就活生も少なくありません。小論文は、基本となる序論・本論・結論の流れに沿った構成で書くことが大切です。このコラムでは、そのほかにも小論文を書く際に気をつけるべきポイントや、頻出テーマをご紹介します。このコラムでコツを学び、選考を通過できるような論文を書く力を身に着けましょう。

就活で小論文を求める企業がチェックしている3つのポイント

企業が就活の選考の中で小論文を求めるのは、就活生の文章力だけではなく、思考力や人間性など、さまざまな能力や資質をチェックするためです。小論文では、面接や自己PRだけでは伝わらない就活生の本質も表れます。企業が小論文から何をチェックしているのかを具体的に知り、そのポイントに沿った文章を書けるようになりましょう。

1.文章力があるか

小論文では、まず始めに文章力がチェックされます。誤字脱字がないか、言葉の意味や漢字など正しい文法を使えているかなどが評価の対象となるため、書く際は注意が必要です。
相手に伝わりやすい文章を書くことができれば、自分が感じていることを相手に伝える能力が備わっていると判断されます。また、文章の構成力や語彙力、文章で自分の考えをアウトプットする能力がどれだけ備わっているかも、就活生の能力を判断する上で大切な要素の1つです。

2.論理的な思考があるか

次に、小論文で企業側がチェックする能力の1つとして挙げられるのは、論理的な思考力です。小論文の内容はもちろん、テーマに対してどのような考えを持って論述しているのかという点は、就活生の思考を見る判断材料になります。
小論文は、単なる感想文や作文ではありません。読み手にとって分かりやすく、かつ納得できるような論理的な文章を書く必要があります。そのためには、客観的で説得力のある文章力が必要です。そのスキルは仕事上さまざまな場面で役立つため、企業は小論文を通して就活生の論理的な思考力を評価しています。

3.就活生の人間性

最後に、小論文から企業は、就活生の人間性を見ています。小論文のテーマに対する考え方には、試験などの学力では測れない人間性が現れます。ほかにも、就活生の思考や客観性など、小論文を通して知れる人物像も評価のポイントです。
また、会社で働くとなると、ある程度の協調性が求められます。そのため、あまりにも常識とかけ離れた考えや反社会的な思考は、協調性がないと考えられることに繋がりかねないため、避けたほうが良いでしょう。

小論文の基本の構成

小論文に求められるのは、読み手にとって分かりやすく読みやすいことです。そのため、小論文を書くにあたって、基本の構成をふまえて書くと良いでしょう。
基本的には3段階に分けて「序論」「本論」「結論」という順で型に当てはめると、読みやすい小論文に仕上がります。

序論

序論は、文章の冒頭の部分に当たります。内容としては、出題されたテーマにおいて一番主張したいポイントをまとめた部分です。結論は最も伝えたいポイントになるので、序論の一番始めに簡潔に記載しましょう。
まずは問題提起を行い、それに対する自分の意見や考えを明記します。先に結論を述べることで、書き手が何を伝えたいか分かりやすくなりますし、読み手は結論を念頭において読み進められます。「結論を先に述べる」という手段は社会人として働くなかでも求められるので、意識して書くようにしましょう。
序論には、文章全体に対し1割程度の文量と考えます。

本論

本論は、小論文の中でのメインのパートにあたります。序論で述べた意見や考えを読み手に納得させるような根拠を述べましょう。
説得力のある根拠を述べるためには、客観的な事実を論理的に書く必要があります。結論の裏付けになるので、具体的な事例などを用いるようにして、曖昧な表現を避けましょう。
ここでは文章全体の6~8割の分量を目安に考えましょう。ただし、不要な情報は減点になるため、文字数を稼ぐために内容を無理に膨らませるのは厳禁です。

結論

結論パートでは、序論と本論で述べたことをふまえ、改めて自分の意見をまとめて結論を出します。ここでは、新しい情報を出す必要はありません。今まで書いてきた序論の「主張」と、本論の「根拠」を総じて結論へと導きましょう。
結論は言い換えれば「まとめ」になりますので、今までに言及した内容をまとめ、一貫性を持つように書く必要があります。ここでも読み手を意識し、読み手が納得できる結論を意識しましょう。
小論文では、長い文章を書いているうちに、結論を見失ってしまいがちです。最初に述べた結論との整合性が取れているか、全体を通して矛盾や筋が通っていない部分がないか、入念に見直すことをおすすめします。
結論のパートの文字数は、全体の1~2割の文量と考えましょう。

基本の構成をふまえた小論文の例文

子どもにスマートフォンを持たせることについて(600字程度)

【序論】子どもにスマートフォンを持たせることに、私は賛成である。
【本論】インターネットにはさまざまな情報があり、検索ひとつで簡単に知識を得られる。本に比べて、気になったことは気になった瞬間に調べられ、図書館に行かずともその場で効率的に情報を知れるメリットがある。これらは、子どもの興味や知識を伸ばすことに繋がると考えられる。
しかし、その一方でスマートフォンへ依存したり、使いすぎることによって視力が低下したりと問題も存在する。ほかにも、根拠のないネットの情報を鵜呑みにしてしまうことや、SNSなどで不特定多数の人と手軽に関われてしまうなど、危険な面もある。
だが、これらの問題は、親子間でしっかりとルールを設ければ解決される。使用時間を定め、あらかじめSNS使用時の注意点を教え込んだうえで子どもにスマートフォンを持たせるのである。
インターネットの情報は不特定多数の人物が自由に発信できるため、情報の真意を知るにはよく調べ、情報の取捨選択をし、見極める必要がある。子どものうちからネットリテラシーを理解しておくことで、大学生や社会人などインターネットを使用する年齢になった頃に役に立つはずだ。
【結論】このことから、スマートフォンには危険性もあるが、ルールを決めて正しく使えば、子どもの知識や関心を広げられる。以上の理由から、私は子どもにスマートフォンを持たせることに賛成である。

上記の例文のように、序論はシンプルに自身の考えの結論のみを書きます。
次に、本論ではその理由を述べましょう。このとき、反対意見について言及し、その解決方法を盛り込むことも1つの手です。そうすることで、読み手が反対意見を持っている場合も、より納得しやすい文章になります。
最後に、結論では本論の内容をシンプルにまとめ、「以上の理由から」「そのため」など理由を前においた後に、再度序論で述べた結論を記述しましょう。

▼関連記事
就活で絶対使える!小論文の書き方教えます
就活に強い小論文のコツをご紹介

小論文を書くときに気を付ける4つのこと

小論文は、相手を納得させる論理的な文章を求められます。また、就活の場においては、試験会場で制限時間内に、決められた文字数制限で記述する必要が出てきます。焦って頭が真っ白、ということにならないよう、事前に注意しておくべきポイントを押さえておきましょう。

1.明確な論点となるようテーマを正確に把握する

まずは出題されたテーマをしっかり理解することが大切です。論点とは、テーマに対して重要だと考えるポイントを指します。何を聞かれているか把握し、自分が何を答えるかを決めましょう。その際に述べる内容がずれていると、企業側に「論点がずれている」「支離滅裂」と受け取られてしまうので注意が必要です。
また、テーマに対して中立な立場をとる必要はありません。読み手に遠慮してどっちつかずの表現になったり、遠回しな表現になったりと、優柔不断な内容だと最後まで何が言いたいのか伝わらない恐れがあります。「どちらとも考えられる」と思っても、自分がどちらの意見に賛成しているのか明確にして取り組みましょう。

2.読み手と書き手が混ざらないようにする

小論文を書くにあたって、誰に向けて書いているのかを明確にしておきましょう。文章内で読み手と書き手が混ざってしまうと、分かりにくい文章になってしまいます。
論文は読み手に意見を求めるものではありません。書き手の意見を述べ、読み手に納得させるものです。そのため、読み手へ疑問は投げかけず、主語と述語を意識して書くと分かりやすい文章に繋がります。

3.指定された文字数を守る

文字数は、「〇字以内」「〇字以上△字以内」「〇字程度」のいずれかで指定されることが多いです。「〇字以内」であれば、その制限内に収める必要があり、文字数の下限はありません。また、「〇字以上△字以内」であれば、◯字よりも多く、△字よりも少ない、という上限と下限の制限がつきます。「〇字程度」は、その数値前後で文章をまとめる必要があります。
どの場合においても、最低文字数は必ず満たすようにしましょう。査定文字数が指定されていない場合でも、指定文字数から大幅に文字数が下回らないようにしてください。上限近く、最低でも8~9割は埋めるつもりで書くようにしましょう。

4.誤字脱字をしない

誤字脱字をしてしまうと、漢字や国語などの一般教養がないと思われてしまいます。文章そのものがうまく書けても、うっかりミスをしがちな注意力散漫な人物だと捉えられてしまってはせっかく書いた文章も水の泡です。
提出時間の直前まで、誤字脱字がないかをチェックするつもりで挑みましょう。また、手書きで提出する場合、後から誤字脱字が見つかると修正に苦労します。区切りがついたらその分読み返すと、間違えても少しの修正で済むのでおすすめです。

小論文の頻出テーマ一覧

小論文は、限られた時間内にテーマに沿った自分の考えを絞り、決められた文字数で書き上げなくてはなりません。慣れないうちは時間が足りなかったり、何を書けば良いのか分からなかったりと焦ってしまうでしょう。文章は、急に上手くはなりません。小論文に慣れるためにも、繰り返し練習しておくと良いでしょう。
また、小論文で出されるテーマの傾向を知っておくのも大切です。就活で提示されることが多い小論文のテーマの例を参考に、実際に作成して小論文対策をしましょう。

就活生自身に関すること

・今までに最も打ち込んだこと
・今までで一番感動したこと
・今までで一番苦労したこと
・学生生活で学んだこと
・尊敬する人物について
・自分が成長したと感じた瞬間
・あなたが働くうえで大切だと思うこと
・これまでに最も打ち込んだこと
・社会に出たらどのような人になりたいか
・1年後に自分がどうなっていたいか
・将来の夢は何か
・学生と社会人の違い

自分のこれまでの経験や、これからについてがテーマの場合、基本的に回答内容は自由です。しかし、抽象的になってしまわないよう、アピールポイントを1点に絞り込んで書き進めましょう。
また、自分自身の感じたことがテーマになっている場合、実体験を元に語る必要があります。ただし、体験だけを語っていては内容が伴いません。自己PRと同様に、経験から何を学んだのか書くことを意識しましょう。

社会に関すること

・最近気になるニュースについて
・グローバル社会についてどう思うか
・少子高齢化社会に関しどうしていくべきか
・ハラスメントについて
・地球温暖化に関しどうしていくべきか
・ジェンダーについてどう思うか
・働き方改革についてどう思うか
・AIについてどう思うか
・人権問題についてどう思うか
・若者の投票率低下について
・コンプライアンスについて

小論文は自分の意見を読み手に伝えるものですが、著しく常識を外れた意見にならないように注意が必要です。あくまで就活に適した意見を記述するようにしましょう。
一覧から見て分かるように、社会に関することがテーマの場合、基本的に時事問題を指します。そもそも、テーマの意図がわからないと何も書けなくなってしまいます。知識をつけるためにも、普段から新聞やニュースを見て、さまざまなことにアンテナを張っておくことが大切です。

企業に関すること

・仕事を通してどのように成長したいか
・入社してから実現したいこと
・企業に求めることは何か
・会社が社員に求めると思うこと
・就職したうえで心掛けたいこと
・会社で働くうえで何が最も大切な力か
・どうすれば商品の売上を向上させるられるか
・業界の課題は何か
・入社後に行いたいこと
・その企業の社会的役割
・やってみたい仕事は何か

企業に関することが小論文のテーマになっている場合、企業の求める人物像に沿って記述する必要があります。そのため、事前にしっかり企業研究を行いましょう。また、業界がテーマとなることもあるので、業界研究もしっかり行うようにしてください。
これらの質問は、必ずしも正しい回答をしているかをチェックしているわけではありません。就活生の価値観や、業務への考え方など、仕事に対する姿勢に繋がる部分を見ていることもあります。見当違いな話や常識はずれな回答は避け、テーマに対して前向きな考えを記述するようにしましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!