インターンを辞退しても不利にならない?連絡方法や注意点を解説

このページのまとめ

  • インターンを辞退しても本選考で不利にはならない
  • インターンは、参加できないと分かった時点ですぐに辞退連絡をする
  • インターンの辞退連絡は基本的に電話で行う

インターンを辞退しても不利にならない?連絡方法や注意点を解説のイメージ

「インターンを辞退すると本選考に影響がある?」「どうやって連絡するのが良いの?」などと知りたい就活生も多いでしょう。基本的に、インターンを辞退しても大きな影響はありません。ただし、参加辞退の連絡は必ず行うようにしましょう。

この記事では、インターンを辞退した場合の影響や、連絡方法を解説しています。辞退時の例文も紹介しているので、どのように伝えれば良いか学んでおきましょう。

インターンを辞退するか迷っている

   
目 次

インターンを辞退すると不利になる?本選考への影響を解説

インターンへの参加を辞退しても、きちんと手順を踏めば不利になりません。ここでは、インターンを辞退した場合、本選考にどのような影響があるかを解説します。

基本的には本選考に影響しない

インターンを辞退しただけでは、本選考への影響はありません。ただし、ドタキャンや無断欠席は良くないので、必ず連絡をしてください。

ほかのインターンや選考と日程が被る場合があることは、企業も理解しています。本選考で十分にアピールできれば、辞退の影響はないので安心しましょう。

インターン参加者だけの特別選考が行われる場合もある

企業によっては、インターン参加者だけの選考が実施される場合があります。インターンを辞退した場合、特別な選考に参加できなくなる点は注意しましょう。

複数のインターンが被った場合、内定につながるインターンかどうかを判断し、参加するものを選んでください。また、辞退の旨を伝える前に、別日程で参加できないか聞いてみる方法もあります。

内定直結のインターンについては「内定直結インターンに参加するべき?メリットと特徴」の記事でも解説しているので、こちらも要チェックです。

インターンを辞退するか迷っている

   

インターンの辞退連絡をするタイミング

インターンの辞退連絡は、早めにするのがマナーです。ここでは、どのようなタイミングで連絡すべきかを解説します。

辞退が決まればすぐに連絡する

参加を辞退すると決まったら、すぐに連絡をしましょう。企業は、辞退者が出た場合、プログラムの調整をしたり追加で募集したりしなければならないからです。

連絡が遅くなればなるほど、企業に迷惑がかかります。参加できないと分かった時点で、すぐに連絡をしましょう。

直前でも連絡を行う

直前になって参加できなくなった場合でも、連絡は必要です。体調不良や家庭の事情など、急に問題が発生する場合もあるでしょう。

急な辞退を行う場合については、「例文あり!インターンをドタキャンする時のマナー」で解説しています。当日になって慌てないよう、こちらの記事もご一読ください。

インターンを辞退するか迷っている

   

インターンを辞退する際の連絡方法は電話かメール

インターンを辞退する場合、電話かメールでの連絡が基本です。それぞれの連絡方法について解説します。

電話での連絡方法

辞退の連絡をする場合、電話での連絡がおすすめです。採用担当者につながれば、間違いなく辞退の連絡ができ、伝達ミスを避けられるでしょう。

電話で連絡する際は、営業時間内にするのがマナーです。すぐに連絡が必要だからといって、深夜や早朝の電話は避けましょう。

電話のマナーについて知りたい方は、「就活の電話はどう話す?基本的なマナーや苦手を克服する方法について解説」の記事を参考にしてください。辞退連絡以外にも企業に電話をかける機会はあるので、マナーを身につけておきましょう。

メールでの連絡方法

営業時間外や採用担当者が不在の場合、メールで連絡します。いつ送っても問題がないので、急なトラブルでも送りやすいでしょう。

ただし、相手に届いたかが分かりません。「メールが届いていない」「採用担当者が見落としてしまった」などの場合もあるので注意してください。

メールを送ってから数日経っても返事がない場合は、届いているか確認してみましょう。

インターンを辞退するか迷っている

   

インターンを電話で辞退する際の例文

ここでは、電話でインターンを辞退する場合の例文を紹介します。

お忙しいところ失礼いたします。△△大学△学部の△△と申します。△月△日のインターンシップの件でお電話いたしました。インターンシップのご担当者様はいらっしゃいますでしょうか。

(担当者につないでもらう)

お忙しいところ恐れ入ります。私、△△大学△△学部の△△と申します。ただ今お時間をいただいてもよろしいでしょうか。

先日はインターンシップのご案内をいただきありがとうございました。△月△日のプログラムへの参加を予定しておりましたが、本日は諸般の事情によりインターンを辞退させていただきたくご連絡を差し上げました。せっかくの貴重な機会をいただいたにも関わらず、このようなお返事になってしまい大変申し訳ございません。

辞退する際のポイント

例文は担当者の対応によっても変わるので、あくまでも参考と捉えてください。

辞退理由は、詳しく聞かれない限り「諸般の事情」と答えて問題ありません。「ほかのインターンと被ったから」のように、マイナスな伝え方をするのはやめましょう。

「辞退は言い出しにくい…」と思う人もいるかもしれませんが、ビジネスでは用件を手短に伝えるのがマナーです。挨拶や名乗りが終わったら、すぐに本題に入りましょう。

インターンの辞退については、「インターンシップの断り方はどうするべき?電話やメールでの伝え方を解説」の記事でも紹介しています。マナーを守り、丁寧な対応を心掛けましょう。

インターンを辞退するか迷っている

   

インターンをメールで辞退する際の例文

ここでは、メールでインターンを辞退する場合の例文を紹介します。

件名:インターンシップ辞退のご連絡(△△大学・△△学部・△△ △△)

本文:
△△株式会社
人事部 採用担当 △△様

お世話になります。先日インターンシップのご案内をいただいた△△大学△△学部、と申します。その節は誠にありがとうございました。

この度は△月△日のインターンシップへの参加をお約束しておりましたが、一身上の都合により辞退させていただきたくご連絡を差し上げました。せっかくの貴重な機会をいただいたにも関わらず、誠に申し訳ございません。

本来であれば直接お詫びをすべきところ、メールでのご連絡となりましたことを重ねてお詫び申し上げます。

最後になりましたが、貴社益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

-------------------------------------------------------
△△大学△△学科
△△ △△
〒000-0000
東京都渋谷区1-2-3
TEL:090-000-000
MAIL:△△@△△.com
-------------------------------------------------------

辞退する際のポイント

メールで辞退する場合も、できれば営業時間内に送りましょう。もし、深夜になってしまう場合は、「夜分遅くに失礼いたします。」と入れておくと好印象です。

また、送り先に間違いがないか、誤字脱字がないかなども確認しておきましょう。誰が送ったか分かるように、件名に氏名や大学名を入れたり、署名を入れたりするのも忘れないようにしてください。

署名の書き方については、「就活でのメールの署名の書き方は?テンプレートや注意点についても紹介」の記事で解説しています。インターンシップの辞退連絡以外でも必要なので、書き方を覚えておきましょう。

インターンを辞退するか迷っている

   

インターンの辞退を伝える際の注意点

ここでは、インターンを辞退する場合の注意点を解説します。

営業時間内に連絡をする

辞退の連絡をする場合は、営業時間内にしましょう。ただし、始業直後や昼休み、退勤時間の直前などに電話をかけるのは避けてください。相手の状況を考えて連絡をすることが大切です。

担当者が不在の場合は伝言を依頼する

担当者がいなかった場合は、伝言を依頼します。たとえば、次のように伝えておくと良いでしょう。

「それでは、△時ごろにまたお電話いたします、と△△様にご伝言をお願いしてもよろしいでしょうか。」などと伝えます。

担当者がいる時間に電話できるように、戻る時間を聞いておきましょう。

インターンを辞退するか迷っている

   

インターンの辞退方法に悩むあなたへ

インターンに参加できなくなった際、辞退方法は迷いやすいポイントです。電話とメールのどちらが良いか、どのように伝えるべきかなど、分からずに困ってしまうでしょう。インターンの辞退方法など、就活への悩みを抱えている場合は、キャリアチケットの利用がおすすめです。

就活エージェントのキャリアチケットでは、カウンセリングや就活セミナーで、大学生の就職活動をバックアップいたします。インターンについての悩みもお任せください。

また、インターンの選考で重要な自己分析やエントリーシートの作成もサポート。厳選された求人のなかから、あなたの希望や適性に合ったものを提案します。カウンセリングや情報収集だけでも問題ないので、まずはお気軽にご相談ください。

インターンを辞退するか迷っている

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。