面接に遅刻しそうなときどうする?正しい対処法とは

このページのまとめ

  • 余程の事情がない限り、面接への遅刻はマイナス評価につながる
  • 起こり得るアクシデントを想定して、時間に余裕を持って行動しよう
  • 遅刻すると「やる気がない」と判断され、面接を中止されるケースもある
  • 遅刻するかもしれないと思った時点で、すぐに電話連絡することが重要
  • 面接に遅刻してしまったときは、誠意を持って謝罪することで挽回できるかもしれない

万全な体制で面接に臨もうと努めていても、何らかの問題が発生して遅刻しそうになることがあるかもしれません。面接に遅刻すると印象が悪くなるほか、場合によっては面接を中止されることもあり得ます。そのため、きちんと対処することが重要です。連絡するタイミングやお詫びの仕方について考えてみましょう。
 

面接に遅刻した場合、選考にどう影響する?

面接に遅刻してしまった場合、マイナス評価につながることは避けられないでしょう。遅刻が選考に及ぼす影響についてご紹介します。

時間に余裕を持って行動する

面接といった重要な場面においては、さまざまなトラブルに備え時間に余裕を持って行動するのが基本と言えるでしょう。そのため大規模な交通機関の乱れや災害といった余程の事情がない限り、「時間を守れない人」という悪印象を与えてしまうことが考えられます。

起こり得るアクシデントを想定して行動することが大切です。「時間に余裕を持って行動していれば、面接の時間に間に合ったのでは」と考える人事担当者が多いのが実状と言えるでしょう。

面接を中止するケースや不採用になるケースが多い

面接予定時間を大幅に遅れる場合や、面接官のスケージュールの都合などによっては、面接を中止されることもあるようです。別の日に改めて予定を組んでもらえるケースもありますが、遅刻するという時点で「やる気がない」と判断されて面接を受けられないこともあると言えます。
また、面接は行ったものの遅刻はマイナス評価にしかならず、採用を見送ったという人事担当者も多いようです。

どのように対処するかが重要

遅刻しそうなとき、または遅刻してしまったあとの対処の仕方によっては、遅刻というマイナスな印象を払拭できる可能性があると言えます。例え電車の遅延といった理由であっても、面接官のスケジュールに影響が出てしまったという意識を持って、長々と言い訳するようなことはせず誠実に謝罪しましょう。

また、遅刻したことを面接の間もずっと引きずっているようでは面接のマナーや質問に対する回答が疎かになることも考えられるため、しっかり謝罪をしたら、気持ちを切り替えて面接に臨むことが大事です。
 

ベストな対処法

やむを得ず面接に遅刻してしまいそうなときや、遅刻してしまったとき、どのように対処すれば挽回できるのでしょうか。それぞれの対処法をご紹介します。

遅刻しそうなときの対処法

遅刻するかもしれないと思った時点で、すぐに電話連絡をします。ギリギリ間に合うかもしれないという状況であっても、万が一のことを考えて連絡しておいた方が無難と言えるでしょう。
連絡する際は、遅刻するという事実だけ伝えるのではなく、正直に遅刻の理由を話したうえで到着予定時間を伝えることも重要です。人事担当者と連絡が取れない場合でも、電話対応の相手に伝言を依頼しましょう。

遅刻してしまったときの対処法

遅刻しそうな時点で電話連絡し謝罪した場合でも、面接会場に到着して人事担当者と顔を合わせたら必ず直接お詫びの言葉を伝えます。もし面接の中止や日程の変更を提案されたとしても、直接謝罪したいという意思や面接を受けたいという熱意を伝えることが大切です。
面接官にも予定があるため、自分の都合ばかりを言うのは控えた方がいいものの、誠意を見せることでプラスの印象に変えることができるかもしれません。
 

面接に遅刻するときの連絡方法や謝罪の仕方

遅刻の連絡は電話でする

遅刻しそうなときは、必ず電話で連絡します。電話では、まず大学名と氏名を告げてから、簡潔に用件を伝えます。用件として伝えるべきなのは、遅刻の理由と謝罪の言葉、到着予定時間です。
また、「このままそちらにお伺いしてもよろしいでしょうか」と訪問してもいいか確認しましょう。

メールで謝罪する

遅刻したものの当日に面接をしてもらえたという場合には、面接後速やかにお礼と謝罪のメールを送ります。メールには遅刻に対するお詫びの気持ちと面接をしてもらえたお礼、入社への意欲を書くと良いでしょう。
また、改めて面接の日程を組んでもらえた場合には、謝罪やお礼のほか、日時の確認といった内容のメールを送ると良いと考えられます。

「面接には遅刻しない」というのが大前提です。事前の準備をしっかり行い、時間に余裕を持って臨む必要があります。しかし、万が一遅刻してしまった場合には、上記のように誠実に対処しましょう。


就活におけるあらゆる状況にしっかり備えておきたいとお考えであれば、キャリアチケットにご相談ください。キャリアチケットでは、就活のプロがマンツーマンでカウンセリングいたします。相談内容は、就活マナーや応募書類、面接など幅広く対応可能です。
さまざまなニーズに応じて、就活をバックアップいたします!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!