面談と面接の違い…リクルーターって何者なの?

このページのまとめ

  • 面接は選考が目的、面談は相互理解や条件の刷り合わせが目的
  • 面接には1人で受ける個人面接と、複数名の応募者が集まる集団面接がある
  • 面談の主な種類は、リクルーター面談、カジュアル面談、内定者面談
  • 面接はアイスブレイクから始まり、自己紹介や企業説明、質問があることが多い

就活で行われる「面接」と「面談」。似た響きを持つ両者ですが、それぞれ実施の目的は異なります。
コラムで2つの違いと面談の流れを確認しましょう!

 

面接と面談は何が違うの?

就活では書類選考の後に何度かの面接が行われ、最終面接に合格すると内定が出るのが選考の流れです。
ただ、企業によっては面接とは別に「面談」の場が設けられる場合があり、「面接」との差に戸惑う人がいるのではないでしょうか?
面接と面談は言葉は似ていても目的が微妙に異なるもので、面談は合否に直結するとは限りません。実施のタイミングは一次面接の前、内定後と企業によってまちまちで、若手が担当することが多いようです。
以下で面接と面談の内容と目的の違いを確認しましょう。

面接

面接は仕事への適性や社風との相性、意欲、人柄などを踏まえて、次の選考に進ませるか、採用するか否かを判断するもの。
企業側が一方的に質問する形式で、応募者側は回答を通して自分をアピールします。
一次面接は若手が担当することが多いようですが、二次、三次と選考が進むにつれ担当者の役職が上がり、緊張して思うように話せない人も多いようです。

面談

面談は企業と学生の対話の場という意味合いがあり、正式な選考過程でないこともあって面接と比べてフランクな雰囲気があります。
面談の主な目的は、自社の魅力を伝えて優秀な学生を確保すること、学生のキャリアプランや希望を聞いて入社後のミスマッチを防ぐこと。対等な立場でのやり取りを通して、お互いの理解を深めるという意図もあります。
面談では自分に合った企業に就職するためにも必要以上に本音を隠さず、ある程度正直に話すことが大切でしょう。

 

面接にはどんな種類がある?

ここからは就活でよくある面接の種類を紹介していきます。それぞれの対策のポイントもご確認ください。

個人面接

1人の応募者に対して、1名もしくは複数名の面接官が質問するタイプの面接です。
複数人の面接官と対峙すると緊張しますが、なるべく心を落ち着けて冷静な姿勢を保つことが大切。質問の意図がわからなかったら聞き返して構いませんし、多少の失敗があっても気持ちを切り替えて回答を続けましょう。
面接は事前準備をすることで自信がつき、緊張が和らぎます。よくある質問への回答を用意しておくのはもちろん、できれば模擬面接で本番の空気に慣れておきましょう。

集団面接(グループ面接)

こちらは複数人の応募者に対して、1名もしくは複数人の面接官が質問するタイプの面接
一人が使える時間が限られるので、要点を簡潔にまとめた回答を意識することが大切です。回答が長すぎると「ほかの人のことを考えていない」と思われるので注意してください。
また、自分以外の人が回答している時も上の空にならず、適度にうなずきしっかり話を聞いている態度を示しましょう。集団面接には、コミュニケーション能力を判断する意図もあるからです。
面接中はほかの学生の回答に気後れすることもありますが、自信を持って自分の考えを述べましょう。

 

面談にはどんな種類がある?

面談は行われるタイミングによってその目的が異なります。
以下に主な種類を紹介するので、これから面談を受ける人はチェックしましょう。

リクルーター面談

リクルーターと呼ばれる社員が出身大学の学生に声をかけて行う面談。企業が履歴書やエントリーシートを見て気になる学生に目をつけ、リクルーターをつける場合もあるようです。
面談に呼ぶかの主な判断基準は学歴であり、リクルーター面談の目的は優秀な学生の囲い込み。有望な学生と就活スケジュールの早い時期から接点を持ち、自社をアピールする目的があります。学生としても社会人の先輩から仕事の話や就活のアドバイスがもらえるのはメリットでしょう。
企業によってはリクルーター面談を受けると一次面接が免除されることもあるようです。反対に面談で失礼な態度をとるとその後の選考にマイナス影響が出る可能性があるので気をつけましょう。

▼関連記事
就活生なら知っておきたい!リクルーター面談の対策とは

カジュアル面談

カジュアル面談は、選考開始前に企業と学生がお互いのことを知るための面談。
「とりあえず話だけでもしてみましょう」と気軽に実施されることが多く、スーツではない自由な服装を指定されることもあります。

内定者面談

内定後に行われる面談で、就職や仕事に対する学生の不安を取り除いたり、入社意思の強さを確認する意味合いがあります。面談は1回とは限らず、内定直後、入社直前など複数回にわたって実施されることも。
内定から入社までに期間があく場合、内定面談で学生の悩みをフォローし、入社の気持ちが揺らがないようにする意図があるようです。

 

面談の流れとマナー

多くの面談では最初に「アイスブレイク」が行われます。
アイスブレイクとは雑談などで相手の気持ちをほぐす手法のことで、天気やニュース、趣味といった話題をふられることが多いようです。
アイスブレイクの後は担当者の自己紹介や企業の説明になるのが一般的な流れですが、学生側の自己紹介を求められることもあるので心の準備をしておきましょう。
面談の最後には何か質問がないか聞かれるので、疑問点があれば遠慮せずに尋ねます。面談はお互いを知るせっかくの機会なので、自分が本当に知りたいことを素直に聞くのが良いでしょう。

以上のように、面談の基本的な流れは、「アイスブレイク」→「自己紹介」→「企業の説明」→「質問」です。
とはいえ担当者によって話す内容は異なるので、その場その場の流れに合わせて自然な会話をすれば問題ありません。
「面談で不採用にならないか不安...」という人は、次のマナーに気をつけましょう。

・時間を守る
・挨拶、お礼をきちんとする
・相手の話を真剣に聞く
・適度なアイコンタクトをとる
・清潔感のある身だしなみ
・相手に聞き取りやすいように話す
・丁寧な言葉づかいをする

面談や面接の対策について知りたい、効率的に内定を獲得したいという方は、新卒支援のキャリアチケットにご相談ください。キャリアチケットは新卒に特化した就職支援のサービスで、丁寧なカウンセリングと適性・希望に基づいた求人提案を行います。
当サービスでは応募書類の添削や面接指導を行うので、「就活がうまくいっていない」という方も安心。アドバイザーが一人ひとりの状況を分析し、適切なアドバイスをいたします。
キャリアチケットなら、あなたの納得のいく就職先が見つかるはずです!
サービスのご利用は全て無料なので、一度アドバイザーと話をしてみませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!