リクルーター面談ってなに?対象になる就活生は?

このページのまとめ

  • リクルーター面談とは、企業が目を留めた学生のみに実施する面談
  • リクルーター面談は実質的な選考となっている
  • リクルーターが付くタイミングは、業界や企業によって様々
  • 面談ではないからといって気を抜かず、ビジネスマナーや志望理由などをは本番並に準備しよう

リクルーター面談ってなに?対象になる就活生は?の画像

就活を進めていくと、特定の企業からリクルーターが付いたりリクルーター面談を実施されるケースがあるようです。
この「リクルーター」とは、一体なんなのでしょうか?
当コラムでは、リクルーターが行う役割や就活生に付くタイミングを解説。
リクルーター面談は選考に関係あるのか、対策法なども掲載しているので、該当する就活生は参考にしてみてください。

 

リクルーター面談ってなに?

リクルーターとは、「人事部からの指示で採用の補助活動を行う社員」のことを指します。
大企業や採用人数が多い企業、就活生から人気の企業などは、採用活動が多岐にわたるため、人事部のメンバーだけでは対応しきれないことも。
そのため、「採用の補助活動」という名目で、若手社員に協力してもらうケースが多いようです。

リクルーターは、説明会などの会場設営から就活生への連絡など、様々な業務を補助しますが、大まかには「人集め・意欲を高める・一次面接」の役割を担っています。

人を集める方法としては、出身大学のサークルやゼミの後輩に声をかけたり、ネットを使用してエントリーしてきた就活生の母集団を大きくするといったやり方があります。

また、説明会などに出席した就活生に対して、個別に会って詳しい会社説明を行う、相談を受けるなど、意欲を高めて就活をフォローするのも、リクルーターの大切な役割となっているようです。

なかでも、「一次面接者」としての機能は大きく、一般的に「リクルーター面談」と呼ばれています。
リクルーター面談は、面談対象者の出身大学の若手社員が担当することが多く、企業が優秀な就活生を早期に確保するために実施されていることが多いようです。

建前上は「選考とは無関係」となっているため、すべての就活生が対象にはならずに、企業側の目に留まった特定の就活生が対象となることがほとんど。
しかし、「選考とは無関係」といっても、実質的にはある程度の絞込みが行われているケースもあり、リクルーター面談を繰り返すことで人事部との面接にたどり着けたり、一次面接などが免除となる企業もあるようです。

 

リクルーター面談がはじまるのはいつから?

リクルーター面談がはじまるのはいつから?の画像

うまく活用すれば、採用に有利となるリクルーター面談。
リクルーター面談がはじまるのは、いつからなのでしょうか?

プレエントリー登録後

一般的な就活スケジュールに則り、広報活動が解禁されるとプレエントリーが始まります。
プレエントリーを済ませた時点で、リクルーターからアプローチされることも。
特に、地方の企業がその地方出身の就活生に対してアプローチすることが多い傾向にあるようです。

エントリー後

エントリーシートを提出し、正式にその企業の採用にエントリーしたあとにアプローチされることも。
この場合は、エントリーシートの質で判断されるケースが多く、「リクルーターがついた=エントリーシート合格」と捉えてもいいのではないでしょうか。

会社説明会やセミナー参加後

会社説明会やセミナーに参加した後に、「個別に聞きたいことはないか」「聞けなかった質問に答える」といった内容でアプローチしてくるケースも。
学校単位の個別説明会が終わったあとに、選考への意欲を聞かれてそのままリクルーターがつく…といったパターンもあるようです。

内々定決定後

選考を突破し、内々定が決定したあとにリクルーター面談を設ける企業もあるようです。
この場合、内々定を受けた就活生が内々定・内定を辞退することを避けるために実施されるケースがほとんどです。

 

リクルーター面談に有効な対策

リクルーター面談を有効に進めるための対策をご紹介します。

・「採用とは無関係」と思わずに、ビジネスマナーや身だしなみに気をつける
・志望動機や自己PRなど、普通の面接と同じように準備をしておく
・逆質問リストをつくっておく

などが、有効な対策として挙げられるでしょう。

リクルーター面談では、「お気軽に私服でお越しください」「懇親会です」といった内容でアプローチしてくる企業もあるようです。
その言葉を鵜呑みにせず、選考を兼ねている可能性を忘れずに、スーツを着用したりビジネスマナーをきちんと実施するようにしましょう。

また、「雑談」「懇親会」という名目であっても、志望動機や自己PRといった、一般的な面接と同じような内容を準備しておくのも重要。
実質的には選考と変わらない企業が多いため、本番と同じように入念な準備をして挑むと良いでしょう。

リクルーター面談では、「聞きたいことはなんでも聞いて!」といわれる場面もあるため、そのような状況になったときに焦らないように、逆質問リストを作成しておくのも大切です。
詳しい業務内容や、周囲で働いている人の情報、社内の雰囲気などは、就活生に近い存在のリクルーターには聞きやすい質問ではないでしょうか?
積極的な逆質問を用意して、企業に対する熱意を伝えましょう。

 

就活で困ったらキャリアチケットまで!

就活で困ったらキャリアチケットまで!の画像

リクルーターが付いたけど、どうしていいか分からない…
リクルーター面談に参加したいけど、どうしらたいいの…
そんなお悩みをお持ちの方は、新卒向けの就活支援サービス「キャリアチケット」までご相談下さい!
年間約3,000人もの就活生をサポートしてきたスタッフが、プロの視点からアドバイス
周囲に聞きづらい小さな悩みにも真摯に対応いたします!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!