5月にやることは?就活をスムーズに進めるための過ごし方

このページのまとめ

  • 一般的な就活スケジュールでいうと、5月は選考直前の追い込み時期にあたる
  • 企業や業界によってはすでに選考が始まってるケースもある
  • 書類選考の結果が出ている時期なので、次の選考に向けて面接練習をしたり企業研究を改めたりするのがおすすめ
  • 就活をスムーズに進めるには、事前に選考スケジュールを把握することと、時間のあるときに自己分析などを行うのがポイント

大学4年になって1ヶ月となる5月。
この時期をどう過ごすかによってその後の就活の進め方が大きく異なる可能性もある、就活生にとっては重要な時期と言えます。
では、具体的になにをしたら良いのでしょうか。
当コラムでは、「大学4年次の5月」の過ごし方について紹介しています。
具体的な行動例ややるべきことなどをまとめているので、就活の進め方について知りたい方は参考にしてください。
 

就活における5月

就活生にとって、「5月」とはどのような意味を持つのでしょうか。

一般的な就活スケジュールでは、大学3年次の3月に情報が解禁され、大学4年次の6月から選考がスタートします。
そうすると、5月は選考が始まる直前に当たり、最後の追い込みや最終準備を行う時期と言えるでしょう。

エントリーシートなど書類選考の結果が出揃うのも5月。
エントリーシートは3月~4月が提出・締切のピークで、4月末には多くの企業で結果を通知しているようです。

そのため、5月は書類選考の結果が出揃い、本選考に向けて準備する期間と捉えることができます。 企業ごとに対策を行い、本選考をスムーズに進められるよう、しっかりと準備しておきましょう。
ただし、一部の企業では、リクルーター面談や座談会、セミナーといった名目で本選考を行っているケースも。 「面接」や「選考」といった言葉が使われていないから…と気を抜かず、本選考であると意識して参加することが大切です。

5月の過ごし方

本選考に向けた準備期間と言える5月。 では、具体的になにを行えば良いのでしょうか。

企業研究

提出書類に志望動機などを記載するために、すでに企業研究は済ませているでしょう。 しかし、面接ではより深掘りした質問をされることがほとんど。 本選考の前に企業研究を改めて行い、企業の求める人材やニーズ、選考の傾向などを確認しておきます。

面接対策

6月から本格的な選考が始まるため、面接対策を行います。 友人やキャリアセンターの職員と模擬面接を行うほか、志望度の低い企業の選考に参加して面接慣れしておくのも良いでしょう。 また、面接で聞かれる頻度の高い「自己PR」「志望動機」の内容をブラッシュアップするのもおすすめです。

企業探しを続ける

書類選考の結果によっては、エントリー先の企業を探し続ける…という可能性も。 また、書類通過した企業が少なければ、持ち駒を増やすことを考えても良いでしょう。 本選考では、エントリーシートに記載していないことや、一歩踏み込んだ質問をされるケースがほとんどです。 5月は、企業研究や自己分析を改めて行い、質問にしっかりと回答できるよう準備しておく期間と言えるでしょう。

選考が早い企業もある

これまでは「6月に選考解禁」を前提としていましたが、全ての企業が6月に選考をスタートさせるわけではありません。 3月に情報解禁、6月に選考解禁というのは、経団連が定めた就活ルール。 経団連に所属していない企業は上記のスケジュールに合わせる必要はありませんし、ルールに強制力はないため所属企業でも早期選考を行っている…というケースは多くあります。

とりわけ選考が早いのが、経団連未所属の外資系企業やベンチャー企業など。
経団連に所属する大手企業に人材が流れるのを防ぐため、6月以前から選考を実施している企業が多く見受けられます。
特に外資系企業では大学3年次のサマーインターンを重視しているため、外資系への就職を希望するなら早くから行動を起こすことが大切です。

また、前述したように、大手企業でも「セミナー」「座談会」「対策講座」などの名目で実質的な選考を行う場合も。
早ければ4月の時点で内々定を出すケースもあるため、6月から選考スタートだから、とのんびりしていたら選考が終わっていた…ということも考えられるでしょう。

経団連の所属にかかわらず、選考スケジュールは企業によってさまざま。
自分の志望する企業がどのようなスケジュールで選考を進めるのかを把握しておかないと、参加することすらできない可能性もあります。
「大手だから」「外資系だから」と決めつけず、選考スケジュールは自分でしっかりと確認しておきましょう。

就活を始める前にやるべきこと

「就活」と聞くと、書類を提出したり面接を受けたりするイメージを抱く方は多いと思われます。
しかし、いきなりこれらを行っても、選考を通過するのは難しいのが実情。
就活をスムーズに進めるためにも、以下のことを事前に行っておくのがおすすめです。

スケジュールを確認する

経団連の就活ルールに沿った一般的な就活スケジュールは以下のとおりです。
・大学3年次 6月~ サマーインターンのエントリー開始、参加 ・大学3年次 3月~ 情報解禁(会社説明会、エントリー開始、書類提出など)
・大学4年次 6月~ 選考解禁(適性検査、面接)、内々定を出す企業も
・大学4年次 10月~ 内定、内定式

ただし、前項でも触れたように、選考の進み方やスタート時期は企業・業界によって異なります。
そのため、志望先がどのようなスケジュールで選考を進めるのかをしっかりと把握しておくことが大切。 気がついたらエントリーを締め切っていた、会社説明会未参加だとエントリーできない…など、そもそも選考に参加できないということがないよう気をつけましょう。

企業研究や自己分析を行う

就活を進めるうえで欠かせないのが、企業研究や自己分析。 これらをしっかりと行うことで、就活の軸を確認したり、自分に合う企業を見つけたりすることができます。
また、エントリーシートに記載する志望動機や自己PRを作るうえでも欠かせないもの。
ですが、これらにを行うには時間がかかるため、就活が本格化する前の時間があるときに済ませておくのがおすすめです。
同じ業界であっても、企業によって求める人材や理念は異なります。
それらをしっかりと把握し、自分の強みと結びつけてアピールできるよう準備しておきましょう。

就活生にとっての5月は、最後の追い込みとして企業研究や選考対策を行う方が多い一方で、すでに選考がスタートしている方もいるでしょう。
このように、就活スケジュールはあくまでも目安。すべての企業がこのスケジュールに沿った選考を行っているとは限りません。
就活をスムーズに進めたいのであれば、事前に選考スケジュールを把握し、対策を立てるのが効果的。
しかし、どうやって情報を集めていいか分からない…という方もいるでしょう。

情報収集がうまくいかないとお悩みなら、就職エージェントのキャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットは、新卒専門の就職支援サービス。 各業界や企業情報に詳しいスタッフが、専任担当として内定までしっかりとサポートを行います。
また、あなたの特性に合う企業を、キャリアチケットが保有する170以上の優良企業の中からご紹介することも可能。 企業紹介だけでなく、自己分析や企業研究の方法、面接のコツ、ビジネスマナーの基本などもアドバイスいたします。
就活対策の方法がいまいちよく分からない、第三者から評価してもらいたいなど、お悩みやご希望をお伝え下さい。
専任アドバイザーによるサポートを無料でご利用いただけます。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00