「短所は優柔不断」のES・面接対策を解説!好印象を与えられる例文も紹介

このページのまとめ

  • 短所を答えるときは、堂々とした態度で伝えることが大切
  • 短所を伝える際は、まず結論を伝えてからエピソードを話す
  • 短所を回答するときは「優柔不断とどう向き合っていくか」という改善策を盛り込む
  • 優柔不断な短所は「慎重」「思慮深い」などポジティブに言い換えて長所にできる

「短所は優柔不断」のES・面接対策を解説!好印象を与えられる例文も紹介のイメージ

ESや面接で「短所は優柔不断」をどう伝えようか考えている就活生の中には、「面接官にマイナスな印象を与えてしまうのでは…」と不安に思う人もいるでしょう。このコラムではES・面接対策を紹介。優柔不断を短所として伝えるときの答え方や例文を紹介しています。
短所を回答するときには、優柔不断の欠点を補う改善策を織り交ぜるのがポイントです。注意点を押さえ、好印象を与えられる回答を目指しましょう。

 

25卒の就活について相談したい

 

ESや面接で「短所は優柔不断」と答えても良いの?

ESや面接で「短所は優柔不断」と答えても、書き方や回答内容に気をつければ問題ありません。優柔不断という短所を企業に伝えることで「採用に悪影響が出てしまうのでは?」と不安に思う就活生もいるでしょう。しかし、答え方によっては面接官にポジティブな印象を与えられることもあります。回答のポイントを押さえて、自信を持って伝えましょう。
避けたいのは、「短所は特になし」と回答することです。この回答をすると、面接官に「自分と向き合えていない」という低い評価をされてしまう恐れがあります。

▼関連記事
面接で使える短所一覧をご紹介!前向きな欠点の伝え方を解説

 

25卒の就活について相談したい

 

企業が短所を尋ねる理由

企業は就活生に短所を尋ねることによって、「応募者が自身を客観的に理解しているか」「求める人材とマッチしているか」を知ろうとしています。以下で詳しく解説したので、確認しておきましょう。

自分を客観的に理解できているか

企業は短所を聞くことで、応募者が自分を客観的に理解できているかをチェックしています。
社会人にとって、自分を客観視する能力は重要。自分の悪い部分に気づける人は、大きな成長が期待できるからです。仕事をスムーズに進めるためにも、悪いところを上司や先輩社員に指摘されるのではなく、自身で気づいて改善する努力ができる人の方が、仕事もスムーズに進みます。

企業の求める人材と合っているか

短所の内容から、応募者が企業の求める人物像と合っているかどうかを確認しています。
企業の求める人材は、「活発に動ける人」や「正確に仕事ができる人」など、会社によってさまざまです。短所を聞くことで応募者の素質を知り、求める人物像と照らし合わせています。
もし企業が「慎重に仕事を進める人」を求めていれば、「優柔不断」という短所は、伝え方を工夫すれば選考に有利にはたらくこともあるでしょう。短所が複数思いつく人は、企業の求める人材を把握したうえで短所を選ぶと、好印象を与えられる可能性があります。

▼関連記事
就活で答える短所はどうやって考える?伝え方と例文も紹介

 

25卒の就活について相談したい

 

短所が「優柔不断」のときに注意すべき3つのポイント

優柔不断を短所として答えるときは、悪い印象を与えてしまわないように、以下の3つのことに注意してください。

1.自分で決断していることを示す

ただ「短所は優柔不断です」と伝えた場合、「周囲の意見に流されて物事を決定しているのでは?」という懸念を持たれる恐れがあります。決断に迷うことがあったとしても、最終的には自分で道を選択していることをアピールしましょう。

2.話を「後悔が多い」と締めくくるのは避ける

「多くの時間を使って判断したにも関わらず、後悔が多い結果になる」というエピソードは避けるのが無難です。このようなエピソードは面接官に「正しい判断ができない」という印象を与えてしまいます。時間をかけて出した結論に対して納得できたエピソードを用いましょう。

3.自信を持って答える

短所を答えるときは「度胸がない」という印象を面接官に与えてしまわないように、堂々とした態度で回答しましょう。このような印象を持たれると、「内定を決めることに対しても優柔不断なのでは?」と思われる恐れがあります。短所を答えるときは後ろめたい気持ちを抱きやすいですが、自信を持って答えることが大切です。

▼関連記事
自分の短所をどう伝える?質問の意図や失敗しない答え方

 

25卒の就活について相談したい

 

短所「優柔不断」を伝えるES・面接対策のポイント

短所を「優柔不断です」と回答するときには、ポイントを押さえて答える必要があります。ただ短所を伝えるだけではマイナスのイメージを与えてしまう恐れがあるので、以下の対策方法を参考にして、好印象につながる回答を目指しましょう。

1.最初に結論を伝える

面接やESで短所を回答するときは、結論を最初に伝えてください。「私の短所は〇〇です」などのように話し始めるのがおすすめです。結論を最初に伝えることによって、企業側が話の内容を理解しやすくなります。さらに、「論理的に伝える能力が高い」という高評価につながることもあるでしょう。

2.具体的なエピソードを入れる

短所の回答には、根拠となる具体的なエピソードを入れるようにしてください。エピソードを伝えることで、話の説得力が増します。また、あなたの人柄も伝えられるでしょう。
エピソードは失敗が大き過ぎないものを選んでください。とくに「約束が守れなかった」「嘘をついた」など、社会人としての信頼を失うようなエピソードは避けるのが無難です。

3.改善策と結果を盛り込む

短所に対する改善策を提示し、その結果を盛り込みましょう。どのように短所に向き合ったのかという改善策とその結果を伝えることで、面接官に「きちんと問題解決ができている」ということをアピールすることが可能です。
改善策は、短所に対するマイナスイメージを緩和できるうえ、向上心をアピールできるため、忘れずに盛り込むようにしましょう。

▼関連記事
ESが通らないその理由は?企業に求められる書き方を解説!

 

25卒の就活について相談したい

 

短所が「優柔不断」の3つの例文

優柔不断を短所にした例文を紹介します。自身の回答を考えるときの参考にしてください。

例文1:決定に時間がかかる

私の短所は優柔不断なところです。買い物では迷う時間が長く、価格をほかの店と比べたり、将来もっと良い商品が販売されるのかを考えたりしていると、なかなか購入を決断できません。しかし、社会人になれば素早い判断が必要な場面も出てくるので、決められない性格を直していきたいと思いました。
現在は、優先順位をつけることを意識しています、欲しいものがあるときは、それぞれの価格をWebサイトで調べ、購入の優先順位をつけています。その結果、「〇〇円以下なら買おう」と線引きができて、迷う時間が減りました。
買い物に限らす、今後決定に時間がかかりそうなことに遭遇したときには、優先順位を付けて、短い時間で判断できるようにしたいと思っています。

例文2:周りの意見をまとめることが苦手

私の短所は優柔不断なところです。サークルの部長という立場でありながら、優柔不断な性格が影響して、会議では結論が出ないことが多々ありました。
会議に時間がかかり過ぎて練習時間が減ってしまうのは良くないと思い、改善策として会議の流れを時間で区切ることにしました。議題の説明を3分、意見の発表を10分などとタイマーを使いながら時間を計るようにしました。その結果、会議に緊張感が生まれ、今まで1時間以上かかっていた会議が40分で終わるようになりました。
社会人になれば、学生のときよりもさらに時間を有効活用していく必要があると思います。今後も時間を決めて行動し、テキパキと行動できるようにしていきたいと思っています。

例文3:返答が遅く頼りないイメージに繋がっていた

私の短所は優柔不断なところです。私は飲食店でアルバイトをしています。後輩もいるのですが、あまり頼ってもらえていませんでした。理由を考えたとき、私の返答が遅く、周囲から自信がなさそうなイメージを持たれていることが原因だと気づきました。
このイメージを改善したいと思い、何か聞かれたときや、話し掛けるときは結論から話すことを意識しました。私には、自分の考えに自信がなく、結論の前に余計なことをいう癖があったからです。意識して結論から話すと、自分の考えを言うことが怖くなくなりました。今では聞かれたらすぐに返答できるようになり、後輩から頼られる存在になれました。
社会人になっても、この優柔不断な性格を克服していくために、結論ファーストを意識していきたいと思います。

▼関連記事
長所の例文が知りたい!就活で好印象を与えられる答え方とは?

 

25卒の就活について相談したい

 

「優柔不断」の短所を長所に言い換えると?

「優柔不断」はポジテイブに言い換えると、「慎重」「思慮深い」などの長所として言い表せます。そのほか、優柔不断は「思いやりがある」「自分の意見に固執しない」など、ポジティブな言葉に変換可能です。
ESや面接では、長所と短所はセットで聞かれることがほとんど。もし「短所はあっても、就活でアピールできるような長所はない…」と悩んでいる就活生は、短所だと思っていることを言い換えてみましょう。

 

25卒の就活について相談したい

   

本記事の監修者

淺田真奈(あさだまな)

大学時代は接客のアルバイトを3つかけもちし、接客コンテストで全店1位になった経験をもつ。新卒では地方創生系の会社に入社をし、スイーツ専門店の立ち上げからマネジメントを経験。その後、レバレジーズへ中途入社。現在はキャリアチケットのアドバイザーとして、学生のキャリア支援で学生満足度年間1位と事業部のベストセールスを受賞し、リーダーとしてメンバーのマネジメントを行っている。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。