自分の長所と短所の見つけ方とは?伝え方のポイントや例文も紹介

このページのまとめ

  • 「自分の長所と短所」の質問意図は、応募者の人となりや自社との相性を知るため
  • 自分の長所を見つけるには成功体験や短所、親しい人の意見などを手がかりにする
  • 選考で伝える自分の長所や短所は、応募先企業の業務に関連するものにする

自分の長所と短所の見つけ方とは?伝え方のポイントや例文も紹介のイメージ

採用面接で「あなたの長所と短所は何ですか」という質問は定番です。しかし、「自分の長所が分からない」「短所をうまく説明できない」という就活生も多いのではないでしょうか。このコラムでは、それぞれの探し方や効果的に伝えるポイントを紹介しています。自分の長所を伝える例文や短所の上手な伝え方も挙げているので、選考でアピールできる独自性の高い長所・短所を考えるのに役立ててください。


 

目 次

「自分の長所と短所」を質問する企業の意図

まずは、企業がなぜ応募者の長所・短所を質問するのか、その意図を理解しておきましょう。

自分自身のことを客観的に捉えているか確認するため

企業は長所・短所を問うことで、応募者が自分のスキルや性格を客観的に捉えているかをチェックしています。自分を正確に理解していれば、職場で自分の力を活かしたり、適切な目標を立てたりすることが可能です。一方、自身を過大評価している場合、仕事でミスを起こしたり、無理な量のタスクを引き受けてしまったりすることが考えられます。過小評価している場合は、自身の能力を発揮しきれない可能性があるでしょう。自分を客観的に捉えることは、仕事を円滑に進めるうえで重要なポイントといえます。

応募者の人となりを把握するため

企業は長所・短所を質問することにより、応募者はどのようなことが得意でどのようなことが苦手かという個性を把握できます。応募者の個性を知っていれば、入社した場合の配属や育成について見通せるでしょう。
個性に正解はありませんが入社後に自分の得意分野で活躍できるようにするためにも、長所を分かりやすく言語化して伝えることが大切です。

応募者が社風や仕事内容に合っているか判断するため

応募者が自社の社風や人間関係、仕事内容などにマッチする人かどうか判断するため、長所や短所を聞くこともあります。能力が高い人を採用しても、職場の雰囲気や働き方が本人に合わないと早期離職してしまうことも。採用担当者は長所や短所を聞きながら、応募者が自社の環境に馴染めるか、自社の業務内容に適性があるかなども見られています。

▼関連記事
求められるのは分析力と客観性!性格から選ぶ長所一覧

自分の長所を見つける3つの方法

この項目では、自分の長所を探す方法を3つ紹介します。「自分の長所が分からない」「自分に長所があると思えない」という人にも、自身の性格や習慣の捉え方次第では長所となる特性があるはずです。以下で確認していきましょう。

1.過去の経験から探す

今までの経験の中から成功したことや、頑張ったことを思い返してみましょう。大きな成果がなくても構いません。自分の工夫や努力で問題を解決した出来事や、人から感謝された出来事を思い出してみてください。その出来事において「なぜ成功したのか?」を突き詰めていくと、自分の長所が見えてくるでしょう。似たような成功体験が複数ある場合、そのときの自分の行動や考え方の共通点を探すと長所が分かってくることもあります。

2.親しい人に聞いてみる

自分のことをよく知っている、家族や友人に長所を聞いてみる方法もあります。自分では認識しづらい長所を教えてくれるでしょう。直接、「わたしの長所は何ですか」と聞くのも良いですが、「わたしを必要とするのはどのようなときですか」「わたしに感謝した出来事はありましたか」など、エピソードを引き出すのも有効です。

3.短所から探す

一見短所に思えることでも、捉え方を変えると長所になる場合があります。自分の良いところは分からなくても、悪いところなら自覚しているという人も多いのではないでしょうか。短所と長所は表裏一体です。短所と長所に一貫性があると、説得力が増すため好印象にもつながるでしょう。
以下では、短所を長所に言い換えた例を紹介します。

心配性な性格の場合

心配性な性格は、「慎重に判断できる」「計画性がある」という長所として説明できることがあります。心配性は、決断や行動までのスピードが遅いという点では短所といえるでしょう。しかし、行動する前に準備をしたり、慎重に取り組んだりしているから遅くなっていると捉えることもできます。心配性で時間が掛かる分、行動を早める意識をして計画的に取り組む姿勢があれば、長所に言い換えることが可能です。
また、作業の正確性が高いことを裏付けられるエピソードがあれば、「几帳面」「細かいことにも気づく」といった長所として捉えることもできるでしょう。

頑固な性格の場合

頑固さは、「筋が通っている」「自身のモットーがある」という強みでもあります。頑固な性格の人は、周りの意見をあまり聞かず、協調性がないという印象を与えることもあるでしょう。一方で、「人の意見に流されず必要なことをやり遂げる」「困難なことがあっても信念を曲げない」という側面もあります。自分の頑固さが役に立った場面や、成功につながった出来事を思い出してみましょう。

短所の言い換え例一覧

上記以外の短所も、次のように長所に言い換えられます。

「計画性がない」→「行動力がある」
「自己主張が強い」→「積極性がある」「リーダーシップがある」
「楽観的」→「ポジティブ」「前向き」
「没頭しやすい」→「努力家である」「集中力がある」「最後までやり抜く」
「優柔不断」→「柔軟性がある」「リスク回避ができる」

自分の短所を自覚している人は、以上を参考に自分なりの言い換え方を考えてみてください。

▼関連記事
【就活生向け】自己分析のやり方を解説!内定に近づく活用方法とは



 

自分の長所を伝えるときの流れ

選考時に自分の長所を伝えるときの流れを解説します。これは自己PRや学生時代に力を入れていたことなどを伝える際にも共通するポイントなので、ぜひ覚えておきましょう。

最初に結論に述べる

「長所は何ですか」と聞かれたら、まず「自分の長所は○○です」という結論を述べます。どうしてそう思うのか、どのようなときにそう感じたのかなどの具体的な話は後回しにしてください。結論を把握したうえで内容を聞いた方が、人事も内容を理解しやすいです。また、面接では「会話」として自然なやり取りになることを心掛け、一度の質問に対して長々と話し過ぎるのは避けましょう。

具体的なエピソードを交える

自分の長所を裏付けるエピソードを話します。自分や周りの人が長所を実感できる出来事が何かしらあるはずです。どのような状況のときにどのような行動を取れる人なのか、できるだけ具体的に伝えましょう。たとえば、「常にメンバーを気遣った」という表現は実際の場面をイメージしにくいため印象が薄くなりがちでしょう。「毎回メンバーの顔を見て元気のない人に声を掛けた」「毎日進捗を確認して遅れているメンバーをフォローした」などの表現は、どんな行動を取ったのか明確に伝わるので印象に残りやすくなります。
エピソードは、大学時代のアルバイトやサークル、ゼミなど、極力新しいものを選択してください。
古過ぎるエピソードは避けた方が無難です。小学生のころの成功経験を話しても、あまり説得力はないでしょう。

どのように企業に貢献できるか伝える

自分の長所を活かし、企業でどのように活躍し、貢献したいのかを伝えましょう。企業が知りたいことは、どのように会社で活躍してくれるのかという点です。そのため、仕事でどのように長所を活かせるのかを採用担当者にイメージさせることが大切です。



 

自分の長所を伝えるときの3つのポイント

自分の長所を効果的に伝えるために、以下の3つのポイントも確認しておきましょう。

1.長所を応募先に合わせて1つに絞る

選考で伝える長所は、応募先企業が求める人物像に最も近いものを選びます。自己分析をした結果、長所が複数見つかることも考えられますが、すべてを伝えるよりも1つに絞る方が良いです。企業は長所の量ではなく質を知りたいので、1つの長所をより深く伝えたほうが相手もイメージしやすくなります。そのため見つかった長所の中から、エピソードを具体的に説明できて企業への貢献につながるものを2~3点ピックアップしておき、応募先企業の理念や仕事内容に合わせて選択すると効率的です。

2.エピソードに数字や周囲の評価を入れる

長所を印象的なものにするには、エピソードに数字を盛り込むことも有効です。時間や期間、売上、目標などに関する具体的な数字を挙げて説明すると、成果をイメージしやすくなります。たとえば、「作業時間を3割短縮した」などです。
数字を示すことが難しいエピソードの場合は、周囲の人から受けた評価や掛けられた言葉を取り入れると説得力が増すでしょう。

3.自信が伝わる話し方を心掛ける

面接では、採用担当者の顔を見て、はっきりと聞こえる声で長所を語ることも大切です。長所の内容が優れていても、自信がなさそうな話し方では魅力が伝わらないでしょう。ただし、自慢気に話すとかえって器が小さい人物に見えてしまうこともあります。事実を説明するときのように自信を持って言い切れば十分でしょう。

自己PRと長所の違い

自己PRと長所は似ているようで異なるものです。自己PRは、自分が持つ強みが会社にとっていかに有益であるかをアピールするためのものです。そのため、会社に貢献できる人材であることを伝えることが目的になります。一方で、長所は自分が考える自分の強みのことです。人柄を聞かれているので、性格上の魅力や自信のある点をベースに考えると良いでしょう。また、しっかりと自己分析できているかどうかを判断することも目的になります。

▼関連記事
「あなたの長所・短所はなんですか」と聞かれたら?回答のコツと例文を紹介
ESで長所・短所を聞かれた時の答え方



 

自分の長所を効果的に伝える例文

ここまで紹介してきたポイントを踏まえて、自分の長所を伝える例文を紹介します。

「協調性」を伝える例文

次の例文では、長所を「協調性」としています。「気配りができること」を長所として挙げたい人にとっても参考になるでしょう。

私の長所は協調性があることです。周囲の人が求めていることは何か、常に考えながらコミュニケーションをとることができます。 大学時代は飲食店でアルバイトをしていました。アルバイト先で心掛けていたことは、一緒に働くスタッフが今何を求めているのかを考えることです。各スタッフが担当している仕事やお客さまの状況に合わせて適切なサポートを申し出ることにより、業務がスムーズに進みました。「○○さんがいると仕事がしやすい」と声を掛けてもらえることも増えました。 御社でもこの協調性を活かして、相手が求めていることは何かを常に考えながら、業務に励んでいきたいと思います。

「行動力」を伝える例文

続いて、「行動力」を長所とする例文を紹介します。「向上心」や「計画性」を長所とする人にも通じる内容です。

私の長所は、目標達成のために行動を続けることです。 大学時代はサッカークラブに所属しており、2年生のときキャプテンを任されていました。練習で技術の向上に励んでいましたが、試合ではほとんど勝てないという課題を抱えていました。そのため対戦チームについても理解する必要があると考え、対戦相手の分析をしました。試合映像を録画して確認し、選手の並びやプレーの特徴を分析して、対戦チームの強みや弱みを見つけられました。分析結果を基に監督やほかの部員とも戦略を練り、練習を重ねた結果、勝率が1.5倍になりました。 御社でも行動力を活かして、目標を達成するため積極的に行動していきたいです。

長所と短所をあわせて伝える例文

選考では、長所と短所をセットで聞かれることが多いようです。以下の例文は、長所と短所を一度に述べる際の例文なので、より入念に面接対策をしたいという方は参考にしてみてください。

私の長所は、誰とでも打ち解けられることです。短所は、人の話を注意深く聞く力が不足していることです。 大学3年のときの学園祭で、ゼミの仲間と模擬店を出すことにしました。私はチームリーダーとなり、実行委員や周りの模擬店のリーダーとのパイプ役を担当していました。人見知りせず、誰とでも話せる性格を活かして、準備段階から人脈を広げるように努め、100名以上の人が私たちの模擬店に来店してくれました。 一方で、実行委員からの連絡事項をよく聞いていなかった結果、模擬店に使うテントが足りないというハプニングが発生してしまいました。すぐに実行委員に連絡し、学園祭本番には間に合いましたが、私が注意して話を聞いていれば発生しなかったミスであると反省しています。 それ以来、私は話を聞いた後に相手と必要事項を確認し、要点をメモしておくように心掛けています。 御社では飛び込み営業をすると伺っていますので、誰にでも話しかけられるコミュニケーション力は存分に活かせると思います。一方、相手の要望を正しく汲めなければ成約につながらないと思いますので、引き続き改善に向けて努力していきたいと思います。

▼関連記事
自分の長所と短所は何?面接での伝え方を例文付きで紹介
長所の例文が知りたい!就活で好印象を与えられる答え方とは?



 

自分の長所を伝えるエピソード一覧

上記の例文のほかにも、長所を伝えるエピソードの例を挙げます。以下の一覧のうち、自分に当てはまるものがあるか考えてみましょう。

几帳面

作業の仕上がりがきれいで評価された。ほかの人が見逃したミスを発見した。

前向き

失敗から学ぶために原因を分析し、新たな方法を試した。担当の仕事が変わったことをきっかけに勉強を始めた。

主体性がある

作業の改善点を提案し、作業時間を短縮した。新たな集客の方法を考えて試した。

リーダーシップ

後輩の指導や悩みの相談に力を入れた。メンバーの意見を引き出し、チームが同じ目標に向かえるようにした。

負けず嫌い

自分より成績の良い人を観察して自分の行動を改善した。成功するまで練習を重ねた。

▼関連記事
就活における「長所・短所」の述べ方がわかる!26個の長所一覧と例文付き



 

選考で望ましくない長所・短所の内容

選考時に長所・短所を質問された際、回答としてふさわしくない内容を紹介します。

1.「ありません」「分かりません」という回答

長所・短所ともに「ありません」「分かりません」と答えるのは避けましょう。短所を知られたくない場合もあると思いますが、「ありません」と答えてしまうと「自分を客観視できないのでは」と思われてしまうでしょう。業務に大きな差し障りがなく、改善の余地がある短所を伝えておくのがおすすめです。短所を考える方法としては、「集中力が高いため、周りが見えなくなってしまうこともある」など、長所を手がかりにする方法もあります。

2.業務に関係のない内容

選考で伝える長所・短所は、応募先企業の業務に関係するものが望ましいでしょう。「大食いである」「絶対音感がある」「料理が得意」「体がやわらかい」などは、応募先によっては仕事に活かせない内容のため、注意が必要です。「タイピングが早い」といった長所は、一見仕事に活かせそうですが、タイピングスピードが重視される仕事でない限り、内容が薄いと捉えられることもあります。できるだけ、性格や意識の面での長所・短所を挙げるように心掛けましょう。

3.早期離職や仕事に大きく悪影響が出ることを連想される短所

採用担当者が「この人を採用したらトラブルになりそうだ」「この人は入社してもすぐ辞めるかもしれない」と感じるような短所は伝えるのを避けます。たとえば、時間・ルールを守れないことや、嘘をついてしまうことは、企業が信用を失うことにもつながります。飽きやすい性格も、早期離職をイメージされる場合があるので避けた方が無難です。また営業職の採用にも関わらず、短所が人見知りだと仕事に支障が出ると考えられるため避ける方が良いでしょう。



 

自分の短所を選考で上手に伝えるには?

短所を上手に伝えるポイントは、自分の弱さを認めたうえで改善する姿勢を示すことです。以下で詳しく確認しておきましょう。

短所をカバーする姿勢や方策を示す

短所を伝える際は、単に弱みを紹介するのではなく、克服のために努力している姿勢や意識している内容も述べることが大事です。短所を伝えた後に前向きな言葉を続けると、「成長する意欲がある」という印象につながります。
たとえば、「頑固な性格」という短所がある場合、周りと調和するために意識・努力している点を振り返ってみましょう。「ほかの人の意見を聞くよう意識している」といった、改善のために工夫している点を伝えると好印象です。

短所への対策一覧

短所をカバーするための対策としては、例えば次のようなものが考えられます。自分に近いものを探してみましょう。

自己主張が強い

相手の意見も最後まで聞く。自分の意見が状況や目的にふさわしいか冷静に考える。

優柔不断

判断に時間が掛かりないよう、信頼できる人にアドバイスを求める。優先順位や期限を決めている。

抱え込みやすい

ほかのメンバーと定期的に打ち合わせの機会を設ける。1つの作業を複数の人で分担する。

緊張しやすい

自分に合ったリラックス方法を実践している。自分から人に話しかけて緊張をほぐす。

▼関連記事
長所がポイント?ESに書く短所の見つけ方と効果的な伝え方
就活で答える短所はどうやって考える?伝え方と例文も紹介
面接で使える短所一覧をご紹介!前向きな欠点の伝え方を解説



 

職種別の長所・短所のポイント

希望職種によって、採用担当者に好まれる長所・短所が異なる場合があります。たとえば、システムエンジニアなどの技術系の職種では、技術向上のために努力することが重視されます。長所としては、「勉強熱心」「真面目」「集中力がある」などが好印象になるでしょう。短所としては、「心配性」「頑固」などが受け入れられやすい傾向にあります。
また、医療・福祉の職種では、チームでの協働や臨機応変な対応が求められます。「人の話をよく理解できること」や「機転が利くこと」が業務に活かせるでしょう。


 

本記事の執筆者

東 優子(あずま ゆうこ)

新卒ではインテリア会社に入社し、年間売上約2億5千万円規模の店舗の店長を務めていた。転職後、レバレジーズ株式会社へ入社し、キャリアチケットのコンサルタントとして文系・理系問わず約1000人以上の学生のキャリア支援を行っている。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。