自己PRと長所の違いは?効果的なアピール方法を例文つきで紹介

このページのまとめ

  • 自己PRと長所は、答えるべきポイントが異なる
  • 自己PRでは、仕事で活かせる長所を企業側に売り込む
  • 長所は、自分の良いところを伝える
  • 自己PRや長所は、企業の特徴に合わせて言い換える
  • 自己PRは結論となる長所から説明する
  • 長所は短所とセットで考える

自己PRと長所の違いは?効果的なアピール方法を例文つきで紹介のイメージ

面接の場では「自己PR」に加えて、「長所は何ですか?」と問われることがあります。しかし、「二つの違いが分からない」と悩む就活生もいるのではないでしょうか。自己PRと長所は似ているようですが、質問の意図に違いがあります。このコラムでは二つの違いや、長所を自己PRにつなげてアピールする方法をご紹介。正しい伝え方を知って、面接突破を目指しましょう。

自己PRと長所の違いは?

自己PRと長所では、質問の意図が違うため、伝えるべきポイントも異なります。以下で、詳しく見ていきましょう。

自己PRは仕事に活かせる「強み」を伝える

面接官は、応募者の自己PRによって採用するメリットを判断する傾向にあるため、「入社後に活躍できる人材であること」をアピールするのが効果的です。数ある長所の中から「企業で役立つ長所」を売り込むと良いでしょう。「料理が得意です」「家族思いだと言われます」といった仕事に関わりのない長所は、避けたほうが無難です。

長所では「性格で良いところ」を説明する

長所についての質問では、面接官は応募者の人柄を知ろうとしているため、自分の性格で良いところを答えます。人柄が企業の社風にマッチしていれば、入社後も円滑な人間関係を築けると判断される可能性が高いです。企業の特徴を理解し、自分の長所のなかで企業によりマッチする点をアピールできると良いでしょう。

▼関連記事
自己PRってなに?答え方のコツや注意点を例文付きで解説

面接官は自己PRと長所から何を判断する?

自己PRでは「企業にとってのメリット」、長所では「応募者の人柄」を知りたいという面接官の意図があると分かりました。
以下では、自己PRと長所の答えから面接官が判断している点について、さらに踏み込んで説明していきます。

自己分析ができているか

自分の長所や短所、強みを理解していれば、入社後も仕事で発揮できる力や注意すべき点を自分で見極めることができます。
「自分はこれが得意だ」と分かっている方は、やってみたい仕事に直面したとき積極的に手を挙げて仕事に関われるでしょう。得意分野で能力を発揮できれば、企業にとってプラスになりますし、自分自身も前向きに仕事に取り組めます。また、苦手なことに直面しそうなときは、入念に準備や克服のための努力をしたり、リスクを回避するため人に協力を求めたりすることも可能です。
一方、自己分析ができていない方は、能力をうまく発揮できない可能性も考えられます。自分の考え方や性格の特徴を分析して、良いところを面接官にアピールしましょう。

自社の社風や職種との相性は良いか

入社後に「やっぱり自分に向いていなかった」と辞めてしまう事態を防ぐために、質問の返答から自社に最も合う応募者を見極めます。企業側は「採用した人材にできるだけ長く働いてほしい」と考えるので、相性が合うかは大事なポイントです。
また、配属する部署や職種についても最適かどうかを判断します。社員が事業に何らかの価値をもたらすことが企業にとってメリットです。応募者の能力を最大限に発揮できる仕事を企業側は考えているのです。

自己PRと長所は答えを変えるのが鉄則

自己PRと「あなたの長所は何ですか?」という質問の意図は異なるため、答えも変えるのが鉄則です。ただし、二つの内容には一貫性を持たせることが大事。人事担当者が応募者の答えから思い浮かべる人物像に矛盾が生じないように、関連する内容を述べると良いでしょう。
自己PRのあとに長所を聞かれた場合は、自己PRで答えていない長所を伝えるのがおすすめです。

長所を自己PRにつなげる4つのステップ

ここまで自己PRと長所の違いについて見てきましたが、「アピールの仕方が分からない」と悩む方もいるでしょう。
伝えるべきポイントは異なりますが、長所を深堀して自己PRにつなげることは可能です。以下で、長所を自己PRとして効果的に売り込むためのポイントをご紹介します。

1.自己分析で長所を明確にする

長所を知るには、自己分析で過去を振り返る必要があります。過去に取り組んだことを深堀りすると、「共通の考え方や行動パターン=長所」が見つかります。長所が見つかったら、「長所と思った理由」「長所を発揮したエピソード」をピックアップしておきましょう。
ただし、「のんびりとした癒やし系」など、テキパキと仕事ができるか疑問を抱かれそうな長所は避けたほうが無難です。

2.短所も自己分析する

面接時に長所と短所はセットで聞かれることが多いため、短所も明確にしておくのがおすすめです。両方を考えることで自分自身について理解を深められます。
下記は長所・短所の言い換え例。二つは表裏一体の関係ともいえるので、どちらか一方しか見つからない場合は、反対に言い換えてみると良いでしょう。

・【長所】協調性がある→【短所】流されやすい
・【長所】忍耐強い→【短所】諦めが悪い
・【長所】行動力がある→【短所】向こう見ずである
・【長所】計画性がある→【短所】心配性である
・【長所】主体性がある→【短所】独善的である

3.企業研究で企業が求める能力を見極める

就活では、応募先企業がどんな人材を求めているか、企業研究で理解する必要があります。企業の求める人物像は、公式Webサイトや採用ページをチェックしたり、説明会に参加したりして調べるのが一般的。
ただし、企業側が使った表現をそのまま自己PRに使うと、やる気のなさを疑われる可能性があります。就活では借り物の言葉ではなく、自分の言葉で表現しましょう。

4.企業が求める能力にマッチした長所を選ぶ

企業の求める能力が分かったら、マッチする長所がないか自分自身をチェックします。企業が知りたいのは、「長所を通じて、いかに自社に貢献できるか」です。
ただ長所を書いただけの自己PRでは、「質問の意図が分かっていない」と判断される恐れがあります。企業の求める能力に合った長所を選び、貢献できるポイントを明確にしましょう。

▼関連記事
「あなたの長所・短所はなんですか」と聞かれたら?回答のコツと例文を紹介

自己PRの基本的な6つの構成

自己PRは、「結論→概要→課題→行動→結果→貢献」の順で構成すると分かりやすいです。それぞれの過程を確認していきましょう。

1.結論:私の長所は〇〇です

「私の強みは〇〇です」と主張を最初に持ってきましょう。結論から始めることで、話の展開が分かりやすくなります。

2.概要:〇〇の経験で長所を発揮しました

長所を発揮したエピソードを説明し、根拠を示します。状況が誰にでも伝わるよう、分かりやすい説明を心がけましょう。

3.課題:〇〇という課題にぶつかりました

エピソードの中で、自分が直面した課題について説明します。困難に直面したエピソードがないと、長所に対する理由づけが弱くなるので必ず入れましょう。
長所を使って課題を乗り越えたエピソードであれば、アピールとして非常に強力です。

4.行動:課題解決のために〇〇しました

課題解決に向けてどう行動したか説明します。「努力した」「工夫した」などの抽象的な表現は避け、具体的に説明しましょう。「なぜ行動を起こしたか」という思考プロセスも説明し、論理的な話し方にするのがポイントです。

5.結果:結果として〇〇の成果を出しました

行動の結果、どのような成果を出したか説明します。数字など客観的に分かりやすいデータがあると説得力が増すでしょう。客観的に説得力があるかどうか、ほかの人に自己PRを見てもらうのも効果的です。

6.貢献:長所を活かして御社で活躍したいです

最後に、「長所を活かして入社後にどう活躍できるか」説明します。企業側が求めているのは、自社に貢献できる人材です。自分が貢献できることを業務に絡めて説明し、入社後の働き方をイメージさせましょう。

▼関連記事
就活における効果的な自己PRの伝え方や締め方は?

代表的な3つの長所と自己PRの例文

この項目では、長所をもとに考えた自己PRの例文を3つご紹介します。面接対策として自分のPRを考える際の参考にしてみてください。

1.前向き

私の長所は「困難に直面しても諦めない」ことです。
私は、大学ではラグビー部に所属し、関東大学リーグ優勝を目指していました。大会に向け、チームで一致団結して練習に励んでいましたが、対戦相手が強豪校に当たったうえ、チームの主力選手が怪我で試合に出られなくなってしまいました。
段々とチームの士気が下がり、勝つことを諦めるような雰囲気が部内に流れました。私は諦めたくなかったため、「自分の弱点を毎回振り返り、部員全員でフィードバックする」ことを提案しました。取り組みの結果、チームの士気が上がり、万全の体制で試合に臨むことができました。
その年の試合は一回戦で負けてしまいましたが、試合前に提案した習慣は以降も続け、大学3年次には準優勝という結果を出しました。
この経験から、目標を達成するために必要なことを考え、行動に移す大切さを学びました。御社に入社した暁には、課題解決に向けて積極的に提案し、チームに貢献していきたいです。

2.気配り

私の長所は「相手が求めていることを知り、要望に合った行動ができる」ことです。
私は、洋品店でアルバイトをしていましたが、お客さまの求めている条件を詳細にヒアリングし、それにあった洋服の提案をしておりました。お客さまが普段お持ちの色や好み、どんなものに合わせたいかという洋服の条件だけではなく、世間話で出てきた内容など、何度か来てくださったお客さまの内容はきちんと覚え、その方とのコミュニケーションも大事にしていました。
そのうち、購入する際に私の接客を指名し常連になってくださるお客さまが増えたことで、店舗の売上がそれまでの1.5倍になり、店舗から表彰されました。
御社での接客販売の仕事でも、「相手に寄り添い、ニーズをとことん考える」という強みを活かし、お客さまに寄り添った接客をしていきたいです。

3.企画力

私の長所は「問題解決に向けてアプローチする力」です。
大学のギター演奏サークルで定期的に公演をしていましたが、観客が集まらないのがサークルの悩みでした。
私は集客アップのために、チラシを配ることをメンバーに提案しました。チラシには曲の聴きどころや奏者のインタビューを載せ、より講演内容に親しみを持ってもらえるよう工夫しました。
大学周辺の店舗には飛び込みでチラシを配りに行き、チケットを置いてもらえるようお願いに回ったほか、チケットを置いてもらった店舗には、メンバーの一言コメントを添えたポップを設置し、視線が集まるよう工夫しました。
その結果、観客数が少しずつ増え、これまでの1.4倍の観客を集めることに成功しました。反応が悪くても諦めず、いろいろな方法を試そうとする姿勢は、顧客のニーズをつかもうとするマーケティングの仕事でも活かされると考えています。

▼関連記事
新卒の自己PRは地味でいい!企業の視点とアピールのポイントとは?

長所を伝えるときのNGポイント

どれだけ自己分析をしても、伝え方次第ではアピールにならないこともあります。以下で、長所を伝えるときに注意したいポイントをチェックしておきましょう。

自信がなさそう

長所は自分のアピールポイントなので、面接官を見て笑顔ではっきり答えると良いでしょう。声が小さかったり下を向いていたりすると、自信がないと思われてしまいます。

視点が主観的である

自己分析をして長所を探すことは大切ですが、周りの人も同じように自分を見ていることが伝わると良いでしょう。
自分では人に優しくしているつもりでも、友人や家族から見たら「冷たい」と思われていることも。実際に人からこう言われたというエピソードとセットで伝えると、説得力が増すでしょう。

ほかの企業でも同じ内容を使いまわしている

長所は、企業の特徴とマッチしている点を伝えましょう。社員の主体性を大事にしている企業や営業職の面接で、「協調性がある」という長所を伝えても「自分の意見を言えず、積極的に行動できないのでは」と思われてしまう可能性もあります。企業が社員に求めている点や社風を理解して、自分の長所とずれていないか確認しましょう。

短所を聞かれたらどう答える?

短所の答え方にはポイントがあります。短所の例文もご紹介するので、以下でチェックしていきましょう。

短所克服に向けた努力も伝える

短所は言いっぱなしにせず、克服に向けた努力とセットで伝えるのがポイント。努力でカバーできる人は、短所が仕事に影響しない可能性が高いです。冷静な対応を説明することで、短所でありながらポジティブな印象を与えられるでしょう。

採用リスクを感じさせる短所は避ける

「金銭的にルーズ」「嘘をつく」といった致命的な短所は、避けたほうが無難です。入社後にトラブルを起こす可能性を疑われ、採用に響く恐れがあります。面接では正直に答えるのが基本ですが、採用リスクにつながる短所は伝えないほうが良いでしょう。

特になしはNG

「短所はマイナスの評価につながるのでは?」と思う方もいる方もいるでしょう。自己分析ができていることをアピールするためにも短所は伝えるべきです。人には何かしらの短所があるもの。自分では自覚がなくても、他人から見れば良くないと思われている点もあるでしょう。先述したように、言い方次第ではプラスの印象になるので、事前に準備しておくことが大切です。

短所の例文

私の短所は、心配性なところです。慎重に作業するためミスは少ないですが、時間がかかるのが問題だと感じています。
ゼミの発表では「失敗しないだろうか」と心配になり、レポートの言葉遣いや引用データに誤りがないか、何度も確認しないと気が済みません。ほかのゼミ生からの意見も気になり、考えられる反論に対してどう答えるか、いつも回答を準備しています。
結果として準備に時間がかかり、徹夜状態で発表当日を迎えました。準備のおかげで発表はうまくいきましたが、このままでは体力を消耗してしまうと反省しました。以降は準備期間を考え早めに取り組み、心と体に余裕を持って進めることを心掛けています。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。