履歴書はアピール力で決まる!長所の効果的な書き方徹底解説

このページのまとめ

  • 履歴書で自分の長所をアピールすることで好印象を与えることができる
  • 長所には「企業とのマッチングを図る」「客観的思考力を示す」「人柄を伝える」役割がある
  • 長所を見つけるには、自己分析を徹底し自分を知る必要がある
  • 長所は自分の人物像を思い浮かべてもらえるよう、具体的な内容にする
  • ビジネスシーンや企業の採用ニーズに合わない長所は控える

履歴書で、自分の長所の書き方に悩む方も多いのではないでしょうか。
書類選考の合否は、自分の長所をどれだけ効果的にアピールできるかで決まるといっても過言ではありません。
そのためには、企業の採用ニーズと自分自身を知ることが大切です。
本記事では、企業にマッチした自分の長所を見つけ、効果的に自己PRに落とし込む方法をご紹介します。

履歴書での「長所」の役割とは

「長所」をアピールすることは、自分自身の特徴を志望企業に売り込むことでもあります。
それでは、履歴書における長所の役割を具体的に見ていきましょう。

自分と企業のマッチングを図る

企業は、その人の長所を見て、それが企業の求める人材とマッチしているか判断します。
つまり、応募者側にとって長所は、企業に対し、「自分が採用ニーズに合った人材である」ということをアピールする絶好の手段といえるでしょう。
ですから、まずは企業研究を徹底し、企業が求める人材を調べ上げ、採用ニーズに合った自分の長所を見つけることが大切です。

客観的に自己分析をしているかの判断になる

また、自分自身の長所を明確に伝えることは、「自分を客観視できる」能力のアピールにも繋がります。
組織で活躍するために必要なのは、自分自身の実力や資質、さらには自身の所属部署や企業全体の現状を客観視でき、自分がやるべきことを冷静に判断できる力です。
自分自身をしっかり理解しているということは、それだけ組織の一員として順応する力がある人間だと見受けられるのではないでしょうか。

自分自身の人柄や魅力を伝える

履歴書では、自分の言葉でしか自分を伝えることができません。
ですから、自身の人物像が浮かび上がる長所を伝え、企業側に人間味や親しみを感じてもらえるようにしましょう。
採用担当者は、その人の経歴だけを見て「この人と働きたい」と思うのではありません。
採用の判断基準として大きな割合を占めるのが「人柄」なのではないでしょうか。

自分の長所を見つける

長所を見つけるためには、自分自身のことをよく理解する必要があります。

長所の一例

まずは長所の一例を見て、イメージを広げましょう。

・物事を率先しておこなう「行動力」
・目標のために地道に努力を続ける「継続力」
・どんなことにも興味を持ち、とことん探求する「好奇心」
・一度決めたことは何があっても最後までやりきる「責任感」
・他人の気持ちになって考え行動する「思いやり」

長所を考える際は、人物像が浮かびにくいような抽象的な表現は避け、なるべく具体的な内容を思い浮かべます。
例えば、「明るい」だけだと、あまり人物像がはっきりしないので、「誰とでもフレンドリーに接することができる社交性」など具体的に述べると良いでしょう。

自己分析をする

自分を知るために効果的な方法は、自己分析です。
過去から現在までの自分を振り返り、自分を変えたエピソードや、成長・もしくは挫折した経験を具体的に思い出します。
そうすると、自分がどんな人間で、どんな性格なのか、少しずつはっきりしてくるのではないでしょうか。

自分の特徴を書き出してみる

自己分析ができたら、自分の特徴を思いつくかぎり、紙に書き出してみましょう。
書き出したものの中で、自己分析で振り返ったエピソードをもとに、特に自分の長所だと思う特徴に丸をつけます。
見つけた長所は、自分の志望する企業にあわせて、最適だと思うものを使い分けましょう。

得意なこと・自信があることから導き出す

特技がある方は、それを長所に落とし込んでみても良いでしょう。
ただし、例えば「歌がうまい」というのは、特技であり、長所ではありません。
自分が「どうして」歌がうまいのかを考えることが長所に繋がります。
そうすると、「昔はうまくなかったが、合唱コンクールで優勝するために必死に練習した」「小学生に歌を教えるボランティアのために、毎日欠かさず練習した」など、過程が見えてくるはずです。その過程を活かして長所を考えましょう。

短所から導き出す

短所は長所の裏返しとも言うように、ポジティブに変換することができます。
長所がなかなか思い浮かばない方は、自分の短所から考えみても良いでしょう。
例えば「消極的」という短所があったとしたら、それは「最善の選択をするために慎重に物事を考える思考力」という長所に言い換えることもできるはずです。
このように、短所から効果的な長所を導き出してみてはいかがでしょうか。

第三者の意見を聞く

自身の長所を述べる場合、客観的な視線が必要になるので、他者に長所を聞いてみても良いでしょう。
自分だけで考えていると、どうしても主観的になってしまいます。
他者の意見を取り入れることで、より冷静に自分を見つめ直すことができ、また、自分でも気が付かなかった自身の長所を発見できることもあるのではないでしょうか。

こんな長所は控える

ただし、全ての長所が履歴書でアピールできるかというと、そうではありません。
以下、避けた方が良い長所をご紹介します。

仕事に活かせない長所

例えば「絶対音感がある」「お菓子作りが得意」といった、ビジネスシーンとあまり関係のない長所は避けましょう。
また、そういった長所を書いてしまうことで、「質問の意図を理解していない」「理解力の無い」人間だと思われてしまう可能性もあります。
ですから、長所は仕事で活かせるものを選びましょう。

企業の採用ニーズに合わない長所は避ける

例えば、事務や経理の仕事を志望しているのに「誰も思いつかないようなクリエイティブな発想力」を長所としても、ニーズに完璧に合致しているとは言えません。
しかし、創造的な思考を必要とする広告・デザイン系の職種であれば、それはむしろプラスの長所となります。
このように、業界や職種によってニーズに合う長所は違うので、自分の業種に合った長所を選択しましょう。

自分を偽る必要はない

ただ、注意してほしいのが、本当の自分を偽って無理やり企業のニーズに合わせる必要はないということです。
自分の性格と履歴書に書いた長所があまりにもかけ離れていれば、選考が進むなかで、おそらくそのズレが面接官に露呈してしまうでしょう。
あくまで、思いつく長所の中から企業のニーズに合いそうなものを選択し、意識的に寄せていくことを心がけましょう。
それでも、企業のニーズに合う長所が一つもなかったとしたら、その志望企業自体が自分自身の資質と合っていない可能性があります。その場合は、志望企業から再度見直しをはかることも視野に入れると良いでしょう。

長所の効果的な書き方

履歴書で長所をアピールするためには、分かりやすく伝わる構成を意識することが大切です。
下記、簡潔で分かりやすい文章の構成をまとめました。ご参考にしてください。

1.結論(私の長所は~です)

はじめに結論(長所)を述べます。
まず、話の結論を示すことは、面接の受け答えでも必要になる基本的なルールです。
よく覚えておきましょう。

2.具体的なエピソード

次に、結論の根拠となる具体的なエピソードを提示します。
この部分では、自分だけが書ける、自分が経験したエピソードを盛り込みましょう。
そうすることで結論の長所に信憑性が生まれ、自身の人柄や人間味を感じてもらえる効果もあります。

3.仕事にどう活かすか

最後に、自分の長所が仕事にどう活きていくのかといった意気込みで締めます。
履歴書では、長所を伝えることで自分を売り込まないといけません。
「この人は自社でこんな活躍をしてくれそうだ」と期待感を持ってもらうためにアピールしましょう。


以上、履歴書で効果的に長所をアピールする方法をお伝えしました。
履歴書の書き方自体に不安がある方は、キャリアチケットを利用してみてはいかがでしょう。

キャリアチケットは、新卒に向けた就活エージェントです。
就活を熟知した専任のアドバイザーが、就活生一人ひとりの個別相談に応じます。
また、他にも応募書類の添削や自己分析の指南など、就活生の困りごとを親身に支援。
エントリーシートの書き方や面接対策など、さまざまな就活セミナーも実施しています。
サービスは全て無料となっていますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!