エントリーシートに書ける長所がない!という人へ

このページのまとめ

  • 長所の設問からは、「自己分析ができているか」や「入社後発揮されるポテンシャル」が評価されている
  • 長所が思い浮かばない時は、短所の裏返しで考える
  • まずは自分の特徴をできる限り書き出してみる
  • 冒頭で長所を簡潔に述べ、その後根拠となるエピソードを紹介する
  • 社風や職種、業務内容を考え、一番活かせる長所を選ぶ

エントリーシートでは長所を問う設問がよくありますが、自己分析は済んでいますか?
「長所が思い浮かばない」とお困りの方は、短所の裏返しで考えてみてはどうでしょうか。コラムでは長所と短所の変換方法をご紹介します。
例文も交えて解説していくので、これからエントリーシートを書く方はぜひ参考にしてください!
 

エントリーシートに長所を書く理由

企業が長所を聞く理由の1つは、「自分を客観的に分析する力があるか」を評価するためです。設問では、自己分析で自分の特徴をつかみ、適切な長所を選びとって説明できるかが見られています。
なぜなら、自分を客観的に把握できる人は、仕事で課題にぶつかった時に自分の問題点を洗い出し、改善策を考えることができるからです。自分の強みを把握していればそれを存分に活かせますし、短所を把握していれば克服の方法を考えることができます。自分を客観的に見つめられる人は課題解決力が高い傾向にあるため、企業はその資質を見抜こうとしているのでしょう。
 

エントリーシートの長所を考える方法

長所が思いつかない人でも、短所なら思い浮かべられるのではないでしょうか。長所と短所というと真逆のように思われますが、実はこの2つは表裏一体の関係にあります。
例えば、「せっかちな性格」が短所である人は、「次々と行動できるフットワークの軽さ」が長所になるかもしれません。また、「忍耐力」が長所の人は、「我慢してばかりで解決策を考えない」ことが短所になる可能性があるでしょう。
仕事をする上では、自分では短所だと思っている性質が思わぬ場面で役立つこともあれば、反対に長所と思っていた性質が弱みになることもあります。

このように長所と短所は表現の仕方によってどちらにも言い換ええることができます。
そのため長所が分からない人は、まずは短所を含む自分の特徴を全て書き出してみるのが良いでしょう。
そしてそれらの特徴の中で、長所に言い換えられるものがないか考えていきます。

短所・長所の言い換え例(短所⇔長所)

何でも1人で決めてしまう⇔リーダーシップがある
行動に移すまでに時間がかかる⇔慎重に判断する
頑固⇔一度決めたことを貫く
飽き性⇔好奇心旺盛
臆病⇔リスクを考えて行動する
神経質⇔細かなところまで気を配れる
自分に甘い⇔周りに流されず自分のペースを守れる
八方美人⇔誰とでも仲良くなれる

これらは一例なので、自分の特徴をもとに長所を導き出してください。
さらに客観的に自分を知るには、家族や友人に自分の長所を尋ねるのも有効です。長所がどのような場面で表れているかも確認し、他人から見た自分の強みを把握しましょう。
 

エントリーシートの長所の書き方

エントリーシートに長所を書く時は、冒頭で「私の長所は○○です」と長所を簡潔に伝えた後、根拠となるエピソードを交えて詳しい説明をするのが流れ。
「長所を一言で」といった設問でない限りは、具体的なエピソードを添えて説得力を持たせ、長所が自分の思い込みではないことを示しましょう。
エピソードは、「どんな状況で、どんな行動が、どんな成果につながったのか」という要素を盛り込むことで、採用担当者が具体的なイメージを思い浮かべられるようになります。

長所が複数あると「全部書いてアピールしたい」と思うかもしれませんが、複数の長所は結局何を言いたいのかが分からず散漫な印象になる恐れがあります。「自己分析ができていない」と判断される可能性もあるので、紹介する長所はできれば1つ、多くても2つまでに絞った方が良いでしょう。

記載できる長所が複数あった場合は、応募企業の社風や求められる人物像、職種や業務内容を考慮し、企業で最も評価されそうな長所を選ぶようにしてください。
例えば事務職であれば、細かな仕事をミスなくこなす「正確性」、営業職であれば、取引先の問い合わせに素早く対応する「フットワークの軽さ」などが仕事に役立つ長所といえます。
長所の項目に限ったことではありませんが、エントリーシートを書く前は必ず企業研究を行い、できる限り応募先の企業で活かせる能力・資質をアピールしましょう。
 

エントリーシートの長所の例文

ここではエントリーシートに記載する長所の例文をご紹介するので、書類作成の参考にしてください。

例文1

私の長所はやると決めた物事を継続する力があることです。大学1年生の時、苦手科目だった英語を克服したいと1日2時間英語の勉強を始め、3年生の時にはTOEICスコア900点をとりました。部活の練習やアルバイトで忙しくても勉強を休んだ日はなく、時間がない時は通学時間を利用して参考書を読み込みました。
社会人になったら、このような毎日の積み重ねで結果を出す継続力を活かし、貴社の業務に取り組みたいと思います。

例文2

私の長所は、立場の違う人の話に耳を傾ける傾聴力です。所属していた文芸サークルで、部誌の発行回数を増やすかどうかで意見が割れたことがありました。年4回に増やしたい人と年1回のままでいい人それぞれの話を聞いたところ、年4回がいいという人は、「活動が盛んになるから」という考えで、年1回という人は「編集や印刷が負担になる」という考えでした。そこで私は、年に1回は印刷所を使って今まで通りの本格的な装丁の部誌を作り、ほかの3回は大学の印刷機を使って簡易的な本を作れば良いと提案。以来、サークルの部誌発行は年4回が定番となり、活動を充実させることができました。
私はこのような周囲の意見に耳を傾ける力を、貴社の事業に活かしていけたらと思っています。


長所を答える時は裏づけとなる具体的なエピソードを盛り込み、あなたの経験や人柄を伝えてください。
また、自己PRや志望動機といった項目であっても、根拠となるエピソードを盛り込むのは同様です。自己分析で過去の経験を振り返り、自分らしさや強みが表れたエピソードを集めましょう。


新卒支援のキャリアチケットでは、応募書類の添削やアドバイスを行っています。1人で就活するのが不安、対策に自信がないという方は、キャリアチケットのアドバイザーに相談してみませんか?
当サービスでは、丁寧なカウンセリングを行った上で、170社以上の優良企業の中からあなたにぴったりの求人をご提案いたします。
扱っているのは実際に取材した企業の求人に限られるので、事前に詳しい仕事内容や社内の雰囲気をお伝えすることが可能です。
キャリアチケットを使った場合の選考通過率は、1人で対策した時の1.39倍!沢山の就活生を見てきたアドバイザーが手厚いサポートを行うので、ぜひ一度相談にきてみませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!