エントリーシートに書く短所の考え方とまとめ方

このページのまとめ

  • 企業が短所を聞くのは、短所と向き合う姿勢や自社との相性をチェックするため
  • 短所を自覚し改善する姿勢をアピールしよう
  • 短所が見つからない時は長所の裏返しで考える
  • エントリーシートは実際の性格と矛盾しないように書く
  • 短所を書く時の構成は、「結論」→「エピソード」→「短所を改善するための行動」

エントリーシートで短所を聞かれた際は、どのように答えたら良いのでしょうか?今回のコラムでは、企業が短所を聞く理由と書き方のポイントを、例文を交えながらご紹介していきます。

就活では短所を聞かれる機会が多い


エントリーシートや面接で短所を問われた際には、自分の短所を踏まえた上で企業でどれだけ貢献できるかをアピールすることが大切です。

企業が短所を聞く理由

企業が短所を聞く意図は2つあります。1つ目は、就活生の本質を知り、自己分析ができているかどうか、短所と向き合う正直さがあるかを評価するためです。企業側は就活生が自分の短所とどのように向き合ったかを聞きたいと考えています。
もう1つの意図は、会社や職種との相性を評価するため。短所が企業にとって悪い影響があるものかどうか、職種とのマッチングにズレが生じやすくないかを判断するためです。行動力が求められる営業職に、内向的で人と話すことが苦手という人が向いているとは思われにくいでしょう。

短所は悪い点ではなく弱点と捉える

自分の短所を考える際は、短所=悪い点ではなく、短所=弱点と考えることが大切です。自分の弱点を知って、どのようにカバーするかを考えてみて下さい。
自分を売り込むことが大切な就活において、短所を伝えるということに苦手意識を持つ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、企業としては短所を自覚している=自己分析ができていると評価します。自己分析ができている=就活に対する意欲や入社意欲があると判断しますので、短所を自覚していることはマイナス要素にはなりません。

長所と短所は表裏一体

短所を考える際は、まず「大雑把」「飽き性」「軽率」といったように自分の特徴を書き出してみましょう。もし短所がなかなか見つからない場合は、長所を裏返して考えてみて下さい。自分の特徴をポジティブな言葉で表したものが長所、ネガティブな言葉で表したものが短所になります。「大雑把」は「大胆」とも言えますし、「飽き性」は「好奇心旺盛」、「軽率」は「行動力がある」、「自己中心的」は「主体的」と言い換えられるでしょう。
自分の特徴は、言葉の捉え方を変えるだけで長所にも短所にも変化させることができます。

エントリーシートに書くときは


エントリーシートに短所を書くときのポイントをご紹介します。

実際の性格と矛盾しないようにする

企業側に良い印象を与えようと考えすぎて、実際の性格と矛盾していることを伝えるのは避けましょう。伝えた短所と実際の性格に相違があると相手に分かってしまった場合、逆に悪い印象を与えてしまう可能性があるからです。

相手の立場に立って話す

「私には短所はありません」というような共感を得にくい内容や、「私の短所は自己管理ができないことです」というように、ポジティブに言い換えられない内容は避けましょう。「私には人の話に流されやすいという短所があります。普段は話をじっくり聞いたり、立場が違う人の意見を聞いてから総合的に判断しています。」という内容だと、会社の中でも起こりそうな事象なので共感されやすいかもしれません。共感を得られる内容のほうが自己PRとして説得力を持たせることができます。

短所と向き合っている前向きな姿勢を示す

短所を自覚していることは、自己分析がしっかりできていることの証明になります。短所の改善に向けて意欲的に取り組む姿勢があり、自分の弱点と向き合いながら前に進んできたということが伝われば、評価の対象になるでしょう。企業が求めているのは成長していける人材なので、短所としっかり向き合い、それを改善しようとする成長意欲を示すことが重要です。企業側が何を求めているのかを把握することで、その企業での業務に合ったアピールをすることもできます。

エントリーシートの書き方

構成としては、最初に「結論」を述べて、「具体的なエピソード」を続け、最後に「短所を改善するために取ったアクション」で締めくくるのがよいでしょう。
最初に「◯◯という弱点があります」と特徴を記載して、次にそれを具体的にイメージできるような行動のエピソードを続けます。最後に、短所と向き合い改善するためにどんな行動を取り、それがどのような成果につながったのかを説明しましょう。
「約束の時間をいつも守れない」といったような採用に影響するマイナス情報をあえてさらけ出す必要はありません。
 

例文を確認しよう


最後に例文をご紹介します。

短所が「大雑把」である時の例文

私の短所は大雑把なところです。細かい作業が苦手で、そのことが原因でミスに繋がることもありました。大雑把なために何度もミスをしていることに気付いたので、それを改善するために何度もチェックすることを心がけています。初めのうちはミスをしてしまいましたが、今ではそれも改善されてミスが少なくなりました。無意識に行動していると大雑把になってしまうこともあるため、何度もチェックを繰り返すという意識を今でも持ち続けています。

この例文のポイントは、短所を自覚してから、自分がどのように行動を起こして改善しようとしたかを示していることです。改善策が書かれていて、それを今も継続しているという点が評価の対象になるでしょう。

短所が「飽き性」である時の例文

私の短所は飽き性であることです。飽き性なために様々なことに挑戦してはすぐに辞めてしまいます。大学入学時に興味の向くまま3つの部活に入部しました。しかし3つの部活全てに参加することは難しく、全てが中途半端になってしまいます。私は、これではいけないと考えて2つの部活を辞め、一番興味の強かった軽音部だけに絞って活動を続けることにしました。現在でも飽きることなく軽音部の活動を続けることができています。軽音部を4年間続けることで継続力が身に付き、飽き性を克服することができました。

この例文のポイントは、このままではいけないと思って行動を起こしたこと。自分の短所に向き合って、それを改善していく力があるということで向上心の高さがアピールできています。

短所が「軽率」である時の例文

私の短所は軽率なところです。深く考えないままに行動し、失敗してしまうことがあります。私は大学時代にバックパッカーとして様々な国を旅しました。英語力にも自信があったので、海外でも臆せず挑戦しましたが、英語が通じない国もありました。英語が通じない国では宿の予約を取ることができず、野宿は危険だったため、一晩中起きていなければなりません。私は出発前にしっかり下調べをしなかったことを反省し、それ以降は事前にきちんと準備をするようになりました。事前準備をすることで、自分の行動に自信を持てるようになり、失敗も減りました。

この例文では、自分の短所を改善した結果がしっかりと書かれています。世界中を旅する行動力や英語力があることを示しているのもポイント。軽率という短所に焦点を当てながら、それ以外の能力がしっかりアピールできています。

就職活動についてもう少し詳しく知りたい方は、キャリアチケットを活用してみてはいかがでしょうか。経験豊富な就活アドバイザーが、お一人おひとりに対して丁寧なカウンセリングを行うこちらのサービスを、ぜひご活用下さい。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!