企業が短所を知りたがる理由は?ESにおける短所の書き方とその例文

このページのまとめ

  • ESで短所が問われる理由は短所を把握し克服できる人物かどうかを知るため
  • ESに書く短所は言い換えれば長所になるものを選ぶことがポイント
  • よくある短所と長所の一覧
  • 自分の短所をESに書く際の例文3選

「自分の短所はわかっているけどESにそのまま書いて良いの?」「どのようにしてESに記入したら良いの?」と悩んだことはありませんか?短所は誰にでもあるものです。短所はネガティブな響きですが、言い換えれば長所にもなります。短所の中でも見方を変えれば長所になるものを選ぶことで、企業にポジティブな印象を与えましょう。



 

ESで短所が問われる理由

短所は就活時に聞かれる定番の質問です。企業が短所について聞くことで何を知ろうとしているのか、大きく3つに分けて確認しましょう。

業務への適性があるか知るため

まず第一に、就活生が希望している業務への適性があるか確認するためです。社風や、企業が求める人材と就活生の特性が合っていないと、入社後思うように活躍出来ずに早期退職してしまう恐れがあります。採用した人材に長く活躍してもらうためにも、短所を聞くことでそれを見極めているのです。

客観的な自己分析がでてきているか知るため

第二に、自らの短所を的確に捉え、それを改善または補うためにどうするべきかを考える自己分析が出来ているかを確認しています。このような人物は、入社後も仕事における周囲の指摘を受け止め、改善していく姿勢があり「自分で考えて行動できる人物」という評価にも繋がるでしょう。

短所を克服する姿勢があるか知るため

自分の短所を正しく把握し、改善するための方法を考えられる力があるのかを見ています。短所の質問を通して、就活生が問題に直面した時に、克服していく力が備わっているのかを見ています。



 

ESに書く短所の見つけ方

では、どのようにESに短所を書けば良いのでしょうか?

自分の特徴を書き出す

まずは自分の特徴を書き出しましょう。「心配性」「責任感がある」など長所も短所も気にせず考えつく限り書き出します。短所と長所は表裏一体ですので、どちらにも言い換えることが可能です。ご友人やご家族に聞いてみると自分では気づけない特徴が見つかるかもしれません。

長所の裏返しで考える

ネガティブに言い換えられるものを短所とすることが可能です。ESに使えそうな短所が見つからない場合、例のように逆に長所をピックアップしてネガティブに変換してみましょう。
例)柔軟性がある→周りに流されやすい

よくある短所、長所の一覧

よくある短所と長所を確認しましょう。どちらも内容としては同じですが、このように言い方を変えるだけで短所にも長所にもなるのです。

短所 長所
流されがち 協調性がある
マイペース 周りに惑わされない
理屈っぽい 理論的
優柔不断 柔軟性がある
頑固 意思が強い
凝り性 努力家
抱え込みやすい 責任感がある
大雑把 大局的な見方ができる
独断的 主体性がある
継続力がない 好奇心が旺盛
気が弱い 優しい
神経質 几帳面
冷たい 冷静
心配性 計画性がある
おせっかい 面倒見が良い
仕切りたがり 調整力がある
計画性がない 行動力がある
楽観的 ポジティブ
我が強い リーダーシップがある
あきらめが悪い 忍耐力がある



 

ESでの短所の書き方

話の流れ

まず始めに「私の短所は○○です」と結論を最初に述べましょう。それから裏づけとなるエピソードを書きます。次に、短所をどうやって解決し、今後どのように向き合っていくかという流れで記入します。
「結論→裏づけとなるエピソード→改善策、どのように向き合っているか」という流れが重要なポイントです。

伝えない方が良い短所

短所も長所になるということがこれまでの内容からわかりましたが、中には伝えない方が良い短所もあります。大きく分けて3点ありますので、短所を考えるときにはこれらの3点をふまえておきましょう。

不採用に直結する短所

例)約束が守れない、時間が守れない、嘘をつく
例のように、社会人として問題になるような短所がある場合は、伝えない方がいいでしょう。企業に「この人を採用しても、きちんと働いてもらえないのではないか」という印象を与えてしまいます。

仕事に関係ない短所

例)太っている、歩くのが遅い
身体的な特徴や体質などは仕事に関係ありませんし、短所でもありません。企業は「短所は何か」という質問から就活生の内面を知ろうとしています。そのため、仕事に関係ない短所を書くのは企業の質問の意に沿わないことになります。

企業が採用したい人物像と合っていない短所

例)営業志望なのにコミュニケーションが苦手
企業は「短所は何か」という質問から「業務への適性があるか」を知ろうとしています。例のように企業が採用したい人物像に反する短所がある場合「採用しても上手く行かずに早期退職してしまうかもしれない」と考えられてしまいます。

「短所はありません」という回答はNG、その理由

それでは「短所はありません」と回答するのはどうでしょうか。答えはNGです。短所のない人はそういないでしょう。「短所がない」とした場合、企業から「自己分析不足」「何も浮かばなくて適当にごまかしたのでは?」と思われてしまう可能性があります。



 

自分の短所をESに書く際の例文3選

短所の書き方はこれまで学んできたように、短所を長所に言い換えることをおすすめします。それから「結論→裏づけとなるエピソード→改善策、どのように向き合っているか」という流れに沿って記入しましょう。

例文1.完璧主義

私は完璧主義なところが短所だと思います。
学会に参加するためのプレゼンテーションの資料を作成していたのですが、スライドごとのフォントやサイズの違いや配置のズレなど細部が気になってしまいました。気になるとそれらを直さないと気が済まず、修正の作業で知らず知らずのうちに時間が経っている、という日が続いていました。その結果、時間が足りなくなり発表練習まで手が回らなくなってしまいました。
このことから、自分の使える時間を正確に把握し作業ごとにかけられる時間を割り振り「この時間内で終わらせる」と決めることが重要だと考えるようになりました。「品質とスピードのバランスをとる」ということを意識して気をつけるようにしてからは、バランスのとれた作業を行えるようになったと思います。

例文2.緊張しやすい

私の短所は、緊張しやすいところです。人前に立つ状況になると、緊張してしまいます。
‌私は合唱サークルに所属しており、四半期に一度コンテストに出場しています。しかしコンテスト当日になると日頃の練習通りに歌えず、声が震えてしまい練習の成果が出せないことが続きました。この経験から、コンテスト当日の緊張を和らげるために日々の練習の中で本番を想定したイメージトレーニングをするように心がけました。
また、人前に立つ状況に慣れるために、大学の授業のグループワークの発表などを進んでやるようにしています。そうすることで以前より人前に立つことに慣れ、合唱コンテストでも声が震えず歌えるようになりました。

例文3.せっかち

私の短所はせっかちなところです。
‌大学の試験で、早く終わらせてしまおう、という気持ちが先行して必要以上に急いでしまいました。最終的に時間内に全ての問題に取り掛かることはできたのですが、返ってきた答案を見るとケアレスミスが多くありました。落ち着いて考えればちゃんと解けるのに、急ぐあまりにケアレスミスをしてしまったのです。
‌この経験から、何事にも時間配分を意識して落ち着いて取り込むように気をつけています。それでも時間が余るようであれば、その時間で見直しを行うことで、ケアレスミスを減らすことが出来ました。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。