履歴書に短所欄がある理由は?企業の意図と書き方のコツ

このページのまとめ

  • 企業は履歴書の短所欄から、自社とのマッチングや自己分析の有無、成長ポテンシャルなどを確認している
  • 短所を探すには、自分の性格や特徴を書き出す、他人に聞く、長所を置き換える方法がおすすめ
  • 短所を書くときは、結論だけでなく短所をカバーするために心がけていることも書く
  • 短所欄に「特になし」と書くと、自己分析が甘い、意欲が低いと捉えられるため避けよう

履歴書やエントリーシートの「短所」欄で困った経験を持つ就活生も多いと思われます。
そもそも、なぜ企業は短所を問うのでしょうか。その理由を知ることで、書き方のヒントが見つかるかもしれません。
当コラムでは、企業が短所を聞く理由を中心に、書類への記載方法や短所の見つけ方をまとめています。
例文も記載しているので、作成j時に活用してください。
 

履歴書にはなぜ短所の欄がある?

履歴書やエントリーシートに設けられていることが多い短所欄。
企業はこの欄から、以下の3点をチェックしていると言われています。

自己分析ができているか

就活の基本となるのが自己分析。
自分を理解して客観的に評価することで、自分に合う業界や職種、企業を見つけられるようになります。
自分はどんな人間なのか、なにが得意・不得意なのかを理解しているかを確認するために、短所欄が活用されているようです。

企業が求める人材か

応募者の特徴や人柄、性格を把握することで、自社の社風や考え方、応募職種とマッチするかを確認する企業も。
どれだけ優秀な学生でも、企業が求める人材でなければ早期退職につながる可能性があります。
それを防ぐためにも、長所や短所から「自社に合うかどうか」をチェックしているのでしょう。

弱みを認めて克服する力があるか

自己分析の有無や企業とのマッチ度以外に、「自分の弱みを自覚しているか」「克服のために取り組んでいることはあるか」などを見ているケースも少なくありません。
短所を弱みと捉えて改善に取り組む姿勢から、成長ポテンシャルを確認している…という企業もあるようです。
 

履歴書に書く短所の探し方は?

ここでは、履歴書に書く短所が思い浮かばない方に向けて、短所の探し方を紹介します。
履歴書の短所は簡潔な表現が大切。短所は自覚しているけどどんな言葉で表せば良いか分からない…という方も参考にしてください。

自分の特徴を書き出す

短所に限らず、長所でも問題ないので、自分が自覚している特徴をリストアップしてみましょう。
体力がある、真面目、マイペース、好奇心旺盛、飽きっぽいなど、思いつくものを書き出します。

他人から言われたことを思い出す

リストアップが終わったら、友人や先輩、家族など他人から言われたことを思い出します。
客観的な意見を取り入れいることで説得力が増しますし、「人の意見を素直に聞き入れる人」などの好印象につながることも。
自分の考える特徴と他人からの評価を照らし合わせ、一致するものを選びましょう。

過去のエピソードを掘り下げる

サークルやアルバイト、学業といった日常生活の出来事から考えるのもおすすめ。
困難に直面したときはどうだったか、どんなときに失敗を感じたかなどを思い出し、エピソードを掘り下げていきます。

長所から考える

長所と短所は表裏一体であり、伝え方次第で同じ意味が長所にも短所にもなり得ます。
その特徴を活用して、「行動力がある→計画性がない」「几帳面→神経質」など、長所から短所を考えてみるのも良いでしょう。
 

短所の書き方

短所を書くときは、結論を書いたあとに短所との向き合い方を記すのが基本です。
「私の短所は優柔不断なところです」のように短所だけで完結してしまうと、採用担当者は「業務をスケジュールどおり進められるか心配」「決断力に不安がある」といったマイナス印象を抱くでしょう。
そこで、結論のあとに「期日や締切を本来より早めに設定する」「やることに優先順位をつけている」など、自分なりの改善方法や向き合い方を追加します。
仕事への影響がないことを伝えるだけでなく、自己分析や課題に取り組む姿勢のアピールチャンスにもなるでしょう。

注意したいのは、ネガティブすぎる表現や仕事に関係ない短所を書くこと。
「時間を守れない」のように長所に置き換えができないものを短所として述べると、不採用の決め手になるかもしれません。
ルールを守れない、嘘をついてしまうなど、採用リスクが高いと見なされる短所を書くのは避けましょう。

また、「歩くのが遅い」「お金遣いが荒い」など、仕事に関係のない短所も避けるべき。
前項で述べたように、企業は社風に合うか、自分の弱点を把握しているかをチェックするために短所を聞いています。
それにも関わらず上記のような回答をすると、理解力が低い、質問の意図を理解していないと判断され、評価が下がる可能性が考えられるでしょう。

短所を伝えると評価に影響すると考えて、「特になし」と回答するのも良くありません。
どんな人でも必ず弱みや短所があり、それを見つけられないということは「自己分析が甘い」と評価されるでしょう。
さらに、面接の質問に答えないと捉えられて「意欲が低い」と評価される可能性も。
短所を伝えることが必ず低評価につながるとは限らないため、前項で紹介した方法を参考に探してみてください。
 

よくある短所の例

最後によくある短所とその伝え方の例を紹介します。
自分の経験やエピソードに合わせた回答の参考にしてください。

短所が「神経質」の例

私の短所は、細かなところまで気にする神経質なところです。
それをカバーするために、課題の全体像や期日を意識しながら物事を進めることを意識しています。

短所が「マイペース」の例

私は、自分のペースを崩せない点が短所だと自覚しています。
マイペースが原因で他人に迷惑をかけた経験から、チームで動くときはコミュニケーションを重視し、自分の考えや進め方を周囲に積極的に伝えることを心がけています。

短所が「頑固」の例

私は、なにごとに対しても自分の考えを崩せない頑固な性格です。
そのため、人の意見を積極的に聞いたり、自分の考えを背景までしっかり説明したりして、周囲との協調性を保てるよう努力しています。

短所が「没頭しやすい」の例

私の短所は、物事に夢中になりすぎるところです。
没頭すると周囲が見えなくなってしまうため、時間を決めて取り組む、目的や意図を忘れない、広い視野を持つという点に注意しています。

そもそも短所はマイナス面であり、正直に伝えると評価を下げるのでは…と考える方もいると思われます。
しかし、短所を自覚し、それに対する改善策を実施していることを伝えるのがアピールになることも。
伝え方次第で印象が変わるため、企業がどのような意図で短所を聞くのかを理解して回答を準備しましょう。

作成した書類で十分なアピールになるか知りたい場合は、就活支援サービスのキャリアチケットにご相談ください。
採用担当者の目線を持った就活アドバイザーが、状況や希望に合わせたサポートを行います。
自己分析がうまくできない、客観的に自分を評価してほしい、自分の性格がいまいち掴めないといったお悩みをお持ちの方はぜひご利用ください。
また、自分に合う企業を探している方にもおすすめ。
キャリアチケットが保有する170以上の優良企業から、あなたの強みや希望に合わせて求人を紹介することが可能です。
自分なりに就活をしているけれどうまくいかない、就活をしてきたけれど限界を感じる…といった方にぴったり。
全てのサービスは無料でご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!