大学で学費にいくら支払った?私立と国立を比較しよう

このページのまとめ

  • 私立大学の初年度学生納付金が国立大学に比べ高いのは、授業料と施設設備費における差額が要因
  • 大学費用は「文化系」「理科系」「医歯科系」の順にだんだん高額になる
  • 大学在学中には就活を意識した資格取得を目指す人が多く、学校に払う費用以外にもお金が必要

大学へ通うためには大きなお金が必要です。しかし、大学費用の出処は保護者であることが多いため、大学生活にいくら使ったかを明確に把握している方は少ないかもしれません。
特に高額なことで知られる私立大学は、国立大学に比べてどれくらい費用を要するのか気になる方もいるでしょう。
以下に、大学生活にかかる費用や奨励金制度についてをご紹介しています。
大学にかかる費用を把握することは、今後のライフプランを練るうえでも重要な要素といえるため、ぜひご一読ください。

私立大学入学にかかるお金


平成28年に文部科学省行われた初年度学生納付金の調査結果を下記にまとめています。
私立大学と国立大学でかかる費用を比較してみましょう。
なお、私立大学については平均額を記載しています。

私立大学

授業料   877,735円
入学料   253,461円
施設設備費 185,620円
合計    1,316,816円

国立大学

授業料   535,800円
入学料   282,000円
合計    817,800円

入学料については、私立大学と国立大学でかかる費用に大きな差が見られません。
しかし、私立大学は国立大学よりも授業料が遥かに高額です。
そのうえ、私立大学では施設設備費がかかることが一般的とされています。
国立大学においても学部によって施設設備費が必要な場合がありますが、支払う金額は数千円から150,000円ほどが多いようです。
したがって、私立大学の初年度学生納付金は国立大学に比べ明らかに高額であるといえます。

授業料においては、私立大学・国立大学ともに年々増加の一途をたどっています。
大学の授業料は、今後もさらに少しずつ値上がりすることが予想されているのが実情。
これから進学を目指す若い世代とその保護者の懸念材料になっているようです。

参照元:文部科学省 - 私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果についてhttp://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/1399613.htm

▼関連記事
国公立大学の学費はいくら?私立と比べた就職事情とは
 

学部によってかかるお金が変わる


同じ私立大学に進学しても、支払う学費は学部によってかなり幅が生じます。
私立大学の初年度学生納付金を学部別に見てみましょう。

文科系

授業料   758,854円
入学料   234,763円
施設設備費 157,246円
合計    1,150,863円

理科系

授業料   1,071,560円
入学料    256,208円
施設設備費  190,565円
合計    1,518,333円

医歯科系

授業料   2,896,848円
入学料   1,013,054円
施設設備費  883,026円
合計    4,792,928円

特に金額の大きさが目立つのは医歯科系の学部です。
授業料・入学料・施設設備費のすべてにおいて、医歯科系の学部では、ほかの学部よりも遥かに金額が上がります。
常に進歩する医学を学ぶに当たり、高額な医療機器や薬品を扱うことが要因とされているようです。
さらに、医歯科系の学部は初年度学生納付金に含まれない別の費用についても、ほかの学部に比べ高額になる傾向があります。
詳しくは次の項で確認していきましょう。

参照元:文部科学省 - 平成28年度私立大学等入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果につい
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2017/12/26/1399613_01.pdf

▼関連記事
国公立大学の学費はどれくらい?進学にかかるお金事情!
 

授業料以外にかかるお金


大学にかかる費用には前述している「初年度学生納付金」のほかにもいくつか種類があります。
下に、私立大学と国立大学の学生に共通して必要な費用をいくつか挙げました。

・通学交通費
・教科書代
・研修費
・資格取得費用
・家賃(自宅通学制以外)

大学から離れた場所に家がある方は、その分通学交通費がかかります。
通学には電車やバスなどの公共機関を使う方も多いようです。
通学交通費はほぼ毎日必要なため、定期券などを購入するにしてもいくらかまとまった額になるでしょう。

教科書代や研修費などは、学部によって支払う金額に開きがあるようです。
特に、医歯科系で必要とされる医学書などは、ほかの教科書に比べ高額。
解剖などの実習費用も要することが理由で費用も膨らみます。

大学進学後は就活がはじまる前の早い段階で、自分の夢や目標に必要な資格取得を目指す人が多いです。
TOEICやマイクロソフトオフィススペシャリスト、ファイナンシャル・プランナーなどをはじめとしたさまざまな資格を複数取得する人もいます。
資格があれば、就活時のエントリーシートでより魅力的な自分をPRできることから自己研鑽に励む学生は増加中。
就活を有利に運ぶためにも、資格の取得にかかる受験料や講習会などに支払う費用も軽視できないのが昨今の風潮です。

また、県外などの遠方から入学する人はアパートを借りるなどで家賃が必要です。
水道光熱費や食費も別にかかるため、シェアハウスや下宿などでなるべくリーズナブルに生活できる場を探す人も増えています。

奨学金制度について


今までご紹介したように大学生活には多額のお金が必要です。
一般家庭では大学資金を調達するのが困難な場合もあります。
そのような時に利用できるのが奨学金制度です。

大学生を対象とした奨学金制度とは、学生が金銭の心配なく修学できるようにお金を交付すること。
大学独自の規定によって、授業料や施設設備費の免除などが行われています。

また、奨学金制度を扱っているのは、大学ばかりではありません。
国や地方自治体、民間企業といったさまざまな機関が学生の修学を支援しています。
奨学金制度の種類は多様にありますが、一般的なのは下記に挙げた給付型奨励金や貸与型奨励金です。

給付型奨学金

給付型の奨学金は、返金する必要がありません。
しかし、各機関によって多少違いがあるようですが、家庭の経済状況や学業の成績、学生の人格や取得している資格などさまざまな受給条件が設定されています。
条件を満たしていれば、奨学金を受ける資格が与えられる仕組みです。
その内容は、初年度学生納付金すべての免除や授業料のみの免除など、各機関の規定によって異なります。

貸与型奨学金

貸与型の奨学金は、返金しなければなりません。
しかし、給付型奨学金のように多様な受給条件があまりないため比較的利用しやすい奨学金です。
借りた金額に利息料金を足して返金するものと、借りた金額だけを返金する利息料金がつかないタイプがあります。
利息料金がある貸与型奨学金は、利息料金がない貸与型奨学金に比べるとさらに受給条件の規定が緩やかなのが特徴。多くの方が利用し修学を成功させているようです。

返金は卒業後から始まるのが一般的。
就職した後、働きながら分割でじっくり返していくことが可能です。

しかしながら、奨学金の継続的な返済のためには安定した収入が必要不可欠です。
返済に伴い、生活することが困難にならないように就職活動もスムーズに行うことが理想的でしょう。
そのような時に利用していただきたいのが就活エージェント。
「キャリアチケット」は、新卒の方に特化した就職支援を行うエキスパートです。
相談者一人ひとりに専任のアドバイザーが対応し、就活に関することなら何でも相談できます。
エントリーシートの書き方のアドバイスや模擬面接なども行っているため、自信をつけて就活が行うことが可能。
就活エージェントを賢く使って、内定獲得を目指しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!