就活の一般常識テストの範囲は?対策を合わせて解説

このページのまとめ

  • 就活の一般常識テストの範囲は、主要5教科や時事問題などが出題される
  • 就活の一般常識テストは基礎学力の確認と足きりを目的に行われる
  • 就活の一般常識テストでは範囲を知って対策を行うことが重要

就活の一般常識テストの範囲は?対策を合わせて解説のイメージ

「一般常識テストに合格するために範囲を知りたい」と悩んでいる人も多いことでしょう。一般常識テストの範囲は広く、対策をしないと落ちてしまうこともあります。出題範囲を理解し、勉強を行うことが大切です。

この記事では、一般常識テストの出題範囲や対策方法を解説します。受験時の注意点も紹介するため、内定獲得に向けて確認しておきましょう。


 

目 次

【ジャンル別】就活の一般常識テストにおける出題範囲

就活では、一般常識がテストに出されます。一般常識は社会人として必要な知識や教養を確認するためのものであり、幅広い出題範囲があります。

内定を獲得するためには、一般常識を持ち合わせていることが欠かせません。就活ではどのような内容が、一般常識として出題されるか確認しておきましょう。

主要5教科

一般常識では、以下の5教科が出題されます。

・国語
・数学
・英語
・理科
・社会

各教科の出題範囲を解説していきます。

国語

国語では、「漢字」「四字熟語」「古典」「敬語」などの出題が行われます。
特に、ビジネスの場面で使用する「敬語の使い方」「漢字の読み方」などは勉強するようにしましょう。小論文などを読み解けるか、読解力を試す試験もあります。

国語の試験では、コミュニケーション能力や文章への理解力が試されます。どんな職種や業務でも必要になるため、対策を行うようにしましょう。

数学

数学では、足し算や引き算などの「四則演算」、「速度」「確率」「割合」などの計算問題が出される傾向にあります。数学の場合、論理的に問題が解けるかどうかを見られています。

問題の難易度は、小学校から高校レベルの問題が出題されるケースが一般的です。公式や計算方法を覚えていないと苦戦する場合もあるため、対策しておきましょう。

英語

英語の問題は、「文法の確認」「単語」「熟語」が出題される傾向にあります。作文問題が出る場合もあるため、読み書きの両方ができるようにしておきましょう。

また、時事問題に関連した内容が出題されるケースもあります。よく聞く単語は、調べておくようにしましょう。

理科

理科では、「生物」「物理」「化学」などの問題が出題されます。基礎的な内容が出題されるため、中学校や高校で学んだ内容を復習しておきましょう。

また、理系の商材を扱う企業では、理科の知識が業務に必要です。難易度も高くなる場合があるため、勉強するようにしましょう。

社会

社会では、歴史や地理に関する問題が出されるケースが一般的です。基礎的な学力が確認されます。社会も中学校、高校レベルの問題が出題されやすいため、復習しておきましょう。

時事問題

時事問題では、「政治経済」「国際情勢」「環境問題」「スポーツ」など、幅広い分野から出題されます。指定された内容に関して説明できるようにしましょう。

また、指定された時事問題に対して、自分の意見を述べるように指示されるケースもあります。普段から時事問題に関して情報を集め、自分の考えを答えられるように準備しておきましょう。

ビジネスマナー

ビジネスマナーでは、電話応対や言葉遣いの問題が出題されます。業務でも使用するため、勉強しておくといいでしょう。

特に、敬語の使い方はテストに出やすい内容です。「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の違いなどは、整理しておきましょう。

文化問題

文化問題とは、「美術」「音楽」「宗教」「世界遺産」などの問題のことです。幅広い教養や知識を持っているかを確認されます。

範囲が広く対策は難しいですが、世界的に有名な美術作品や音楽、作曲家などの偉人に関して勉強しておきましょう。

関連記事
就活における一般常識問題の特徴とは?SPIとはどう違う?
就活の時事問題はどう対策する?聞かれやすい問題はコレ
社会人としての心構えとは?必要なマナーや面接での答え方



 

SPIと何が違う?就活の一般常識テストについて解説

SPIと一般常識テストは内容が違うため注意しましょう。就活の一般常識テストの場合、「理科などの主要5教科」や「ビジネスマナー」「時事問題」などが問われます。知識や教養の広さを確かめるテストが、一般常識テストです。

一方SPIの場合、能力検査と性格検査の2種類があります。能力検査とは、非言語能力の「算数」、言語能力の「国語」の知識が求められるテストです。性格検査は、応募者の考え方や行動特性を確認する試験になります。SPIの場合は、一般常識テストで問われる、「理科や社会などの教科」「ビジネスマナー」などはSPIでは含まれません。

一般常識テストは出題範囲が広い傾向にあり、事前の対策が必要です。一般常識であっても、対策していないとテストで落ちることもあり得ます。どのような出題範囲や出題傾向があるか確認し、十分に準備して臨みましょう。

関連記事
SPIのWebテストとは?出題の特徴から攻略方法まで解説
SPIは試験ではない?検査結果は何に使われるのか



 

就活で一般常識テストが行われる理由

就活で一般常識テストが行われる理由を確認しておきましょう。実施される理由を知ることで一般常識テストの重要性がわかり、対策するモチベーションがあがるはずです。

基礎学力や社会性を確認するため

一般常識テストは、学歴ではなく、実際の学力を確かめるために実施されます。学歴が高い就活生が、一般常識を持ち合わせているとは限らないからです。大学入学までは勉強していても、入学後に勉強しなくなった学生もいるでしょう。

また、一般常識がある応募者は、社会性を持っていると判断しやすくなります。社会人は社内外問わずさまざまな人々とコミュニケーションをとるため、社会性は欠かせません。社会人としての能力を見極めるためにも、一般常識テストが行われています。

足切りを行うため

応募人数が多い場合、全員を面接できないため、一般常識テストは足切りを行うためにも実施されています。

一般常識テストを行うことで、企業は求める基準に満たない応募者を落とすことができます。一般常識がないと面接すら受けられない可能性があるため、十分に対策を行わなければなりません。



 

一般常識テストの対策方法

内定を獲得するためには、一般常識テストへの対策を行う必要があります。具体的にどのような対策が必要か確認しておきましょう。

新聞などでニュースをこまめにチェックする

時事問題では、新聞やテレビで報道された内容が出題されます。就活が始まる1年前くらいから確認しておくといいでしょう。

毎日確認していると「最近この用語はよく見かける」と気づくことがあるかもしれません。よく聞く言葉は出題されやすいため、言葉の意味を調べ、理解を深めておきましょう。

時事問題は友人と意見交換する

時事問題は、友人と意見交換するようにしましょう。時事問題に関する知識だけではなく、自分の意見を持っておくことが大切だからです。

友人と意見交換を行うことで、時事問題に対して自分も意見を持ちやすくなるでしょう。また、話し合うことで、内容の理解にもつながります。情報を検索するだけではなく、内容や意見に関して話し合うようにしましょう。

問題集に何度も取り組む

問題集1冊を繰り返し取り組むようにしてください。同じ問題集を解くことで、自分の得意、不得意が分かるからです。

得意、不得意が分かれば、必要な対策を行いやすくなります。また、出題の傾向も分かるため、どのような内容を勉強すればいいかも確認できるでしょう。

公式を覚える

数学の問題では、公式が必要な場面も出てきます。「四則演算」や「因数分解」、「関数」などが出題されやすいため、確認しておきましょう。

公式を覚えていないと、解けない問題もあります。小学校から高校までの公式は、一通り確認しておくことが重要です。

試験対策ができるアプリを使う

試験対策アプリがあるので、活用するようにしましょう。無料で使用できるアプリもあるため、お金をかけずに試験対策ができます。

アプリには時事問題などの分野に特化したものや、幅広い範囲を対策できるものなどがあります。状況に合わせて、必要なものを選んでください。苦手な分野が分かったら、集中して対策を行うこともおすすめです。

関連記事
就活の時事問題はどう対策する?聞かれやすい問題はコレ
最近の気になるニュースの見つけ方と具体的な答え方を5例紹介



 

就活の一般常識テストを受ける際の注意点

一般常識テストに合格するために、受験時の注意点を確認しておきましょう。準備を万全にして挑むことが大切です。

会場へのアクセスや持ち物を確認しておく

試験会場に向かうための交通手段や所要時間を調べておきましょう。また、持ち物も確認し、当日に焦らないよう事前に用意しておくことも大切です。

筆記用具は多めに持って行く

試験中に落としてしまったり、壊れてしまったりする場合があるため筆記用具は多めに持っていきましょう。

筆記用具はシャープペンシルと消しゴムだけではなく、鉛筆も用意しておきましょう。マークシートの問題が出た際に、記入しやすくなります。

服装に迷う場合はスーツで行く

服装に迷った場合はスーツで行きましょう。筆記試験の際も、服装や髪型などの身だしなみはチェックされています。

就活では清潔感のある身だしなみが第一です。試験の受験要項に「服装自由」と書かれていてもスーツで行くのが無難でしょう。

時間に余裕を持って出発する

試験に遅刻することがないよう、当日は時間に余裕を持って会場に向かいましょう。遅刻してしまうとメンタルが乱れ、実力を発揮できない可能性もあります。

また、会場付近に着いたら化粧室などでスーツや髪型が乱れていないか確認し、身だしなみを整えてから会場に入るようにしてください。



 

就活の一般常識テストは、範囲を確認して対策しよう

就活の一般常識テストでは、範囲をしっかり確認し、対策することが重要です。対策せずに挑むと、点数が足りずに落ちてしまうこともあるため注意しましょう。

対策を行うためには、問題集やアプリを活用しましょう。自分の得意、不得意を知り、苦手をなくしておくことが大切です。

また、ニュースや新聞を確認し、時事問題への対策もしておきましょう。就活を行うタイミング次第で時事問題は変わることから、自分で調べておく必要があります。時事問題に対する意見が必要になる場合もあるため、友人と意見交換をしておくのもいいでしょう。

もし、一般常識テストの対策が不安なら、プロに相談するのもおすすめです。キャリアチケットは、あなたの価値観を明らかにし、そこにマッチした企業を厳選して紹介する就活エージェントサービスです。

一般常識テストの対策以外にも、マンツーマンで状況に合わせた選考対策を実施しています。無料で利用できるため、就活で悩んでいる方は、ぜひ一度相談してみてください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。