目を引くエントリーシートとは?採用担当者の心を掴むコツ

このページのまとめ

  • エントリーシートとは、自分のポテンシャルについて企業に知ってもらうためのツール
  • 基本情報に加えて、長所や志望度を問うような質問が用意されているのが一般的
  • 目を引くエントリーシートにするためにも、自己分析、企業研究、業界研究は丁寧に行う
  • アピールする内容は企業に合わせて1つに絞る、PREPを利用した構成で分かりやすくするなど、読み手を意識して作成することが大切

就活の第一歩とも言えるエントリーシートの作成。企業に自分のことを知ってもらうためのツールですが、書き方や内容の組み立て方に迷う人もいるようです。
そこで、当コラムではエントリーシートの目的、基本的な書き方、魅力的な内容に仕上げるコツをまとめました。ポイントを押さえて、採用担当者の目を引くエントリーシートを作成しましょう。

エントリーシートとは


そもそも、エントリーシートとは何のためにあるのでしょうか。冒頭で「自分を企業に知ってもらうためのツール」とお伝えしましたが、企業の立場では「学生の人柄や個性を知るためのツール」といったところ。キャリアや実績を重視する中途採用と異なり、新卒者の採用はポテンシャルが判断材料になります。
そのため、長所や志望度の強さなどについての質問が基本。具体的には下記のような内容であることが多いようです。

・あなたの長所は何ですか?
・自己PRをしてください
・学生時代に力をいれたことを教えてください
・自分の強みを教えてください
・志望動機を教えてください
・この業界(または職種)を志望する理由は何ですか?
・入社後にどのようなことをやりたいですか?
・10年後のビジョンを教えてください

質問を見ると履歴書と似ていると感じた人もいるかもしれませんが、それぞれが果たす役割は少し違います。履歴書は応募者の経歴やスキルなどを確認するための書類。エントリーシートにもそれらの基本情報が項目としてありますが、考え方や人柄についての質問・回答に多くのスペースが割かれていることが多いでしょう。

エントリーシートでは、上記のようなポテンシャル要素に関する質問に対して、ロジカルにわかりやすく伝えることが大切。そのためには、回答内容のベースとなる自己分析に加えて、企業研究や業界研究をしっかり行う必要があるでしょう。
自分の価値観と企業の方針でマッチするポイントを軸に、内容を組み立てることで評価に繋がる内容に仕上げやすくなります。

▼関連記事
企業への最初のアプローチ!ESとはどんな書類?
 

回答内容の組み立て方


ここでは、いくつか質問のカテゴリを挙げ、それぞれの回答内容を組み立てるコツについてご紹介します。作成の参考にしてください。

長所を問う質問

強みや武器となる長所についての質問は、どの企業も組み込んでいることが多いようです。長所をストレートに聞くものもあれば、「学生時代に力を入れてきたこと」を通して応募者の強みを見極める質問もあります。
前項でも触れたとおり、まずは自己分析をしっかり行い、自分の長所について洗い出すことが大切。これまでの自分について時系列で振り返りながら、エピソードをリストアップしていきます。その中から、企業が求める人物像に合わせて、マッチする自分の強みを選ぶことで評価されやすくなるでしょう。

仕事への意欲を問う質問

志望動機、入社後や数年後のビジョンなどについての質問が該当します。前項でもお伝えしたとおり、この質問は企業研究や業界研究で得た内容を回答のベースにすることが大切。応募企業だけでなく競合他社についても調べることがポイントです。他社との違いを把握し、なぜ応募企業に魅力を感じるのか、という点について言及できると良いでしょう。加えて、キャリアビジョンについても明確にしておく必要があります。OB訪問や業界で実際に働く人の情報を調べるなどして、自分の理想像を具体的にしておきましょう。

知識を問う質問

業界の知識やビジネスパーソンとしてのスキルを問う質問も、学生の本来の姿が知りたい…という目的でよく出題されます。質問内容は「新しい◯◯(商品やサービス)を考えてください」「海外で人気の◯◯を日本で流行させるには?」「◯◯という内容でクレームがあった場合の対処法は?」など、業務や事業に関連したものが多いでしょう。業界や企業についてよく研究することに加えて、日頃から自分で考える力を養うことが大切。業界についてのニュースをチェックしながら「自分はこう思う」と考えるクセをつけておくと、回答内容を組み立てやすくなります。

▼関連記事
エントリーシートの書き方を徹底解説!選考に通るESとは
 

自分の魅力を伝えるエントリーシートにするには


目を引くエントリーシートにするためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。作成の際のコツについて下記にまとめましたのでご覧ください。

学生時代の振り返りは丁寧に行う

前項でも少し触れた自己分析ですが、エントリーシートをはじめとする応募書類の基盤となるものですので、しっかり行いましょう。
まず、時系列で学業、学業以外のこと(アルバイトやサークルなど)でエピソードを洗い出します。取り組んできたことで数字で表せるような部分があるなら、それも書き出しておきましょう。自己PR系の回答内容に反映させやすくなります。
「アピールできるようなエピソードがない」という人がいるようですが、企業が求めているのは内容の珍しさや凄さではありません。これまでの経験から自分のポテンシャルについてわかりやすく伝えられることが大切ということを頭に入れておきましょう。

最もアピールしたいことを書く

エピソードを洗い出したところで、全てをエントリーシートの内容として盛り込めるわけではありません。とにかくアピールをしようと、複数の内容を盛り込んでも、本当に伝えたい内容がぼやけてしまいます。分かりづらいということは、あなたの魅力が伝わらないまま選考から外れてしまう可能性もあるということです。
エピソードの中から候補を洗い出したら、その中から企業に合わせて厳選することが大切。企業が求める人物像に当てはまるような事柄を軸にすると、効果的なアピールに繋がります。
社員にどのようなことを求める会社かは、企業研究の段階で分かるはず。自分の強みの中で企業にフィットするものを選ぶようにしましょう。

PREPを意識して構成する

プレゼンの基本的な手法であるPREP(Point、Reason、Example、Point)を意識して内容を構成することで、わかりやすく仕上げることができます。

・Point(結論):質問に対する回答を一言で表したもの
・Reason(根拠):結論を裏付ける根拠
・Example(例):根拠の基となる具体的なエピソード
・Point(総括):上記の流れから言えること

PREPは汎用的で、質問内容を問わず使える構成です。最後のPointは総括としていますが、志望動機であれば入社後にどのような形で貢献したいか…という内容でまとめても良いでしょう。読み手を意識した分かりやすい表現を心がけることも大切です。

基本的なマナーを守る

作成の基本的なマナーを守るのは大前提。企業のもとには、エントリーシートを始め、数多くの応募書類が届きます。限られた時間の中で選考をするにあたって、マナーを守れていないものはその時点でアウトということも。選考を進めるためにも下記の点はチェックしておきましょう。

・誤字脱字がないように丁寧に書く
・口語ではなく文語で記載する
・空欄は避ける
・修正液は使用しない


今回はエントリーシートの概要と作成のコツについてご紹介しました。自分を知ってもらう第一歩となるツールですから、企業の意図を汲み取って丁寧に仕上げることを心がけましょう。

新卒の方を対象とした就職支援サービスのキャリアチケットでは、プロの就活アドバイザーが一対一でカウンセリングを行っています。仕事探しから選考対策まで一貫してサポートできるのが強み。就活でお悩みの方は一度相談してみませんか?
キャリアチケットは年間相談実績3000人以上を誇ります。大学卒業見込みの方が1人で就活した時と比べ、キャリアチケット利用時の内定率は1.39倍。これまで蓄積されたノウハウと最新の企業情報を基に行われる効果的なアドバイスを、あなたも実感してみませんか?
お気軽にお問い合わせください。

▼関連記事
伝わる・評価される!エントリーシートの書き方

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!