大切なのは人柄?書類選考を突破しやすいESの書き方

このページのまとめ

  • エントリーシートへは、応募者の基本情報のほか、経歴やいくつかの設問への回答を記入する
  • 企業側は、エントリーシートから応募者の人柄や文章作成能力の有無など多くのことを読み取る
  • 文字は、下手でも丁寧に書くことを心がけ、修正液や消せるボールペンの使用は避ける
  • 優れたエントリーシートを作成するためには、自分や応募企業を深く理解することから始める
  • エントリーシートは、採用担当者に「面接に呼んでみたい」と思ってもらうための工夫が必要

書類選考の際、応募者の多くの要素を見ることができる応募書類。「履歴書」「職務経歴書」「エントリーシート」のそれぞれには、役割があります。企業側がそれぞれの応募書類で何を見ているのかを理解し、書類作成をすることで、内定獲得に近づけることでしょう。当コラムでは、エントリーシートの役割や書き方を中心に解説しています。

企業がESで評価していることは?

就職活動を始める際、企業に提出する応募書類には、履歴書や職務経歴書(中途採用の場合)に加えてエントリーシート(ES)があります。
企業側は、履歴書や職務経歴書から応募者の技能や職歴、資格、前職までの実績などを見て評価します。
ではエントリーシートからは、応募者の何を読み取り、評価をするのでしょうか。
エントリーシートには、応募者の基本情報や学歴と職歴、保有資格、いくつかの設問への回答を記入し提出します。
企業は、これらのことを通して次の項目を注視すると言われています。

学歴や資格

業務に必要な資格や知識、スキルを持っているか、向上心の有無を見ています。

文章作成能力

項目ごとの内容を簡潔にまとめ、読みやすい書類を作成することで、優れた文章作成能力があると判断されます。

他社の内定実績

どのような企業や業務に応募し、必要とされている人材であるかを見ます。

人柄

実はエントリーシートの中で、人柄が最も重要視されていると言われています。エントリーシート内では、自己PRだけではなく、そのほかの項目の記入内容から「丁寧」や「正直」などの人柄を見ることができます。

事前に知っておきたいのは、エントリーシートの記入項目でしょう。多くの企業のエントリーシートは、主に以下のような項目が設けられています。

・名前や住所などの基本情報
・学歴(ゼミや課外活動も含む) 
・志望動機や自己PR
・企業側からの設問に対する回答

エントリーシートは、応募者の基本的な情報のほか、自分がどのような人間か、経験、経歴を業務でどう活かせるかをアピールできる重要な応募書類です。
企業側からの設問は、「学生時代に真剣に取り組んだこと」「入社後にやりたい仕事」などがあり、物事へ取り組む姿勢や向上心、志望度の高さを判断できるものが多いと言われています。

エントリーシートは、「企業へのラブレター」と例えられることも。
この書類選考の時点で、いわゆるフィルターにかけられるので、採用担当者への伝わりやすさや読みやすさを意識しながら、応募書類を作成することを心がけましょう。採用担当者が、実際に面接に呼んで話してみたいと思うような書類作成を目指します。

▼関連記事
エントリーシートの書き方を徹底解説!選考に通るESとは
 

基本のマナーを押さえる

エントリーシートに限らず、応募書類を書く際には、基本的なマナーがあります。
記入する前に、以下のようなことを念頭に置いて書き始めましょう。

・丁寧な字で記入
・誤字脱字に注意
・修正液や消せるボールペンは使用不可

文字は、下手でも丁寧に記入することが重要です。
また、書き終わって見直した際に、誤字脱字を見つけたら新しく書き直します。修正液を使用することや、消せるボールペンで記入することは避けましょう。
丁寧で、まっすぐ書類に向き合う姿勢を見られています。
そのほか、指定された文字数や提出期限を守ることなども、守るべき基本的なマナーです。

▼関連記事
履歴書と違うの?エントリーシートの書き方を知ろう
 

基本情報の書き方

応募者が何者かを表す基本情報。基本的な項目だからこそ、丁寧に書くことを心がけましょう。

日付

日付などを記入する際は、書類全体を通して西暦か元号表記に統一します。

住所

都道府県やマンション名などは、省略せずに全て書きましょう。

印鑑

シャチハタは避け、朱肉の印鑑をまっすぐ押します。

自分を名乗る項目を丁寧に記入することは、応募書類を作成する際の基本とも言えます。
 

学歴の書き方

学歴は、応募者の経歴や身についている知識を表します。
どの学校で何を学んだのかを、順序正しく簡潔に分かりやすく記入するのが鍵です。

書き出し

1行目に「学歴」とタイトルを書き、2行目から入学もしくは卒業の経歴を書き始めます。
新卒での就職活動の際は、義務教育が終了する中学校卒業から書き出すのが一般的です。

最終学歴

最終学歴の定義は、最も高い水準の教育機関を卒業した経歴です。
大学卒業後、大学院へ進んだ場合は大学院を記入。大学卒業後、専門学校へ進んだ場合は大学名を記入します。
そして卒業前の場合は、在学中の学校名を明記し、末尾に「卒業見込み」と書きましょう。「在学中」という言葉は、使用しません。
因みに、大学院に通学中の場合は、「修了見込み」と記入します。

言葉を省略しない

学校名や学部名は、省略せず正式名称を記載しましょう。
中退した場合は、「中途退学」と略さずに書いてください。その際、中途退学した理由も付け加えると、より丁寧な印象になります。

自分の経歴は、正直に順序立てて書きます。空白期間がある場合も正直に記入し、面接時に聞かれた際、答えられるようにしておきましょう。

▼関連記事
マナーは守れてる?エントリーシートの学歴欄を書くコツ!
 

志望動機・自己PRの書き方

志望動機や自己PRの2項目は、存分に自分をアピールできる場です。
ただし、採用担当者が読みやすい文章の作成を心がけましょう。

志望動機、自己PRともに書き出す際の準備として、しっかりとした「自己分析」と「企業研究」が必要となります。
そして文章の構成は、「結論」「結論を裏付けるエピソード」「実務でどう活かせるかのアピール」という順序で文章を作成すると、読みやすい書類になります。

志望動機

志望動機は、応募者の能力や考え、志望度の高さなどを表す重要な要素です。
まず、自分の得意分野や苦手なこと、経験値、何を重視して企業選びをしているかを理解しましょう。
次に、応募企業の社風や業務内容をしっかりと研究をし、自分はその企業とどれだけ合致しているか、業務で何ができるのか、何がしたいのかを伝えます。

▼関連記事
エントリーシートの志望動機、効果的に書く方法は?

自己PR

採用担当者は自己PRから、応募者が客観的に自分の長所を理解し業務でどう活かせるかということを読み解きます。
自分の長所を紹介し、どのような成果を上げたか、就職した後に業務にどう取り組むかをアピールしましょう。

たくさんの応募書類に目を通す採用担当者。
エントリーシートでは、その採用担当者が「面接に呼んでみたい」と思うような退屈しない書類作成を心がけましょう。
そのためには、自分と応募企業のことをよく理解し、マッチしている点や自分が貢献できることを簡潔にアピールすることをおすすめします。

応募書類の書き方に迷ったときは、キャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットは、20代に特化した就活エージェント。
経験豊富な専任のアドバイザーが、カウンセリングや求人紹介を実施し、ご利用者一人ひとりに合った就職活動を支援しています。
そのほか、応募書類の添削や面接対策、就活に関する疑問に親身に対応していますので、一緒に内定獲得を目指しましょう。

▼関連記事
就活成功への第一歩!ESの自己PR欄作成のコツとは

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

お電話からカンタン登録 !

無料

0120-962-647

受付時間:平日/土曜 9:00 ~ 18:00