金融業界の志望動機はこう書く!就活で役立つ例文まとめ

このページのまとめ

  • 金融業界には銀行、保険、証券などがあり、それぞれ業務内容が異なる
  • 志望動機をつくる前に企業研究を行い、企業の特色を把握しよう
  • どの企業でも言える志望動機は避けよう
  • 受身な志望動機は意欲が伝わらないので気をつける

金融業界を目指す就活生に向けて、志望動機のコツと例文を紹介しました。
銀行、保険、証券それぞれの概要と募集職種についても解説するので、ぜひご覧ください。

 

金融業界の志望動機をつくるコツ

志望動機では、金融業界の特徴を捉えた上で、なぜほかの業界ではなく金融なのか、説得力のある説明をする必要があります。金融業界はお金や経済に深くかかわる業界ですから、そこを切り口に金融を目指す理由を説明する方法があるでしょう。そのためには、業界研究を行い、ニュースやビジネス雑誌から金融業界のリアルな情報を得ることが大切です。

また、金融業界と一口にいっても、業界内には銀行、保険、証券などさまざまな仕事があり、それぞれ業務内容や向いている人の特徴が異なります。
志望動機では金融業界を選んだ理由だけでなく、業界の中でもなぜ該当の業務を志望するのか説明することが必要です。企業研究を通して応募先企業の特徴、他社と比べて優れている点を把握し、それらに言及しながら志望理由を説明しましょう。
企業研究では企業のWebサイトをチェックするのはもちろん、店頭やATMで手に入るパンフレットからもサービスや商品の情報を得られます。企業研究の質が志望動機の説得力を決めると考え、できる限りの情報を集めましょう。

▼関連記事
憧れの金融業界!内定獲得に近づく志望動機とは

 

銀行・保険・証券の特色を知ろう

志望動機を書く前に、金融業界に属する企業の特徴や職種を知りましょう。

銀行

銀行は顧客から預かったお金を資金とし、別の顧客に貸し出す際の金利から利益を得ています。銀行の主な業務は、預金者の資産を管理する「預金業務」と、企業や個人に資金を貸し出す「貸付業務」の2つ。
新卒採用で募集される職種は、総合職(融資担当)と一般職(窓口担当)で、融資担当が貸付の判断を行い、窓口担当が個人預金の受け入れ業務を行うイメージです。
また、銀行には「メガバンク」「地方銀行」「信託銀行」といった種類があり、それぞれ規模感や地域での立ち位置が異なるので、自分がなぜその銀行を志望するのかを説明できるようにしましょう。
メガバンクは規模が大きく、海外向けのビジネスを含めてダイナミックな仕事に取り組んでいます。一方地方銀行は地域への貢献度が高く、地域経済を支える役割を担っています。信託銀行は、預金や貸付のほかに、顧客の財産を運用する信託業務を行うのが特徴です。

生命保険

生命保険とは、人の生命や身体に対する保障のことで、具体的には死亡保険や医療保険、介護保険、がん保険などが挙げられます。
販売チャネルには、直営店舗や訪問販売があり、各社は顧客のライフスタイルや収入別にきめ細やかな提案をすることで、顧客との信頼関係につなげようとしています。また、最近では保険ショップやインターネットなど、販売チャネルは広がりを見せつつあるようです。
生命保険会社の主な職種は営業職と事務職で、営業職は個人営業と法人営業に分かれます。

損害保険

損害保険とは、自然災害や盗難、火災など、偶然の事故によって生じた損害を補償する保険のこと。具体的には、自動車保険や火災保険、地震保険、傷害保険、旅行保険などが挙げられます。
代表的な職種は生命保険と同じ営業職と一般職で、営業は個人営業と法人営業に分かれます。

証券

証券会社は株式売買の取次ぎ(ブローカー業務)や株式の売買(ディーラー業務)を行い、収益を得ている企業です。
新卒募集がある主な職種は、営業職とコンサルタント。営業職は個人・法人向けに投資商品の提案を、コンサルタントは資産運用のアドバイスを行うのが仕事です。
証券会社は実力主義でシビアな面がありますが、学歴に関係なく出世できる点や高水準の給与が得られる点、投資の知識が身につくことなどがメリットといえます。

 

金融業界の志望動機の例

ここでは、具体的な志望動機の例を確認していきましょう。志望動機は自分の言葉で伝えることが大切ですが、話の流れやエピソードの盛り込み方を参考にしてください。

銀行の志望動機例文

私は経済的な面から企業を支援することで、地域経済を活性化させたいと考え銀行を志望いたしました。
銀行の中でも貴社に魅力を感じたのは、融資のスピードです。貴社は金融ニーズへの素早い対応を経営のモットーとされており、そのスピード感が顧客との信頼関係にもつながっています。顧客第一のサービスで企業との強い関係性を築き、地域経済の活性化に貢献できるのは貴社だからこそと考え、志望させていただきました。

生命保険の志望動機例文

私が貴社を志望したのは、保険を通して人々の安心できる暮らしを守りたいと思ったからです。私の父は私が中学生の頃に前立腺がんを患い、病気が発覚した当時は大変不安に感じました。ですが、保険に入っていたためにお金の心配をせずに治療を受けられ、退院後は少しずつ日常生活に戻ることができました。私はその経験から、保険は家族を守るものと強く実感しています。
生命保険会社の中でも貴社を志望したのは、貴社が多種多用な商品を展開し、多くのお客様のニーズに応えておられるからです。また、お客様を第一に考えるという理念に共感し、私も誰かの安心を支えたいと考え貴社を志望いたしました。

▼関連記事
生命保険会社の志望動機!2つの例文でポイントをチェック

証券の志望動機例文

私が証券会社を志望するのは、お客様と1から関係を築き、信頼をベースに形のない商品を提案する営業に憧れたからです。また、その結果が数字で現れることにも魅了を感じました。
数ある証券会社の中でも貴社を志望したのは、説明会で社員の方々の業務に対する姿勢や今後の目標をお聞きし、高い志に刺激を受けたためです。私は小学校からサッカー部に所属し憧れの先輩を目指しながら練習を続けていたため、向上心あふれる先輩方に囲まれたた環境こそが、自分が一番成長できる場所であると考えています。また、貴社には海外研修の公募制度をはじめとする様々なチャンスがあるため、若手のうちから実力を発揮できると感じた点も志望理由の1つです。

 

こんな志望動機は避けるべき!

志望動機をつくる時は、以下の点にご注意ください。

どの企業でもいえる志望動機

どの企業でもいえる志望動機では、企業研究が不十分と捉えられ意欲を伝えることができません。志望動機には応募先企業の特色を織り交ぜ、「その企業だからこそ志望する理由」を説明するようにしてください。
そのためには、応募先企業のリサーチはもちろん、競合他社について調べて違いを比較することも大切です。

受身な志望動機

「成長していきたい」というのは前向きな姿勢ですが、「自分を育てて欲しい」「仕事を教えて欲しい」という受身な言い方をすると、「自ら成長する意欲がない」とマイナスイメージになってしまいます。
企業が求めているのは、自分で考え積極的に行動する人材。あくまで自分主体で成長したい姿勢を見せましょう。

待遇ばかりに言及する志望動機

休日や福利厚生は仕事選びの重要な基準ですが、志望動機でそれを述べると「仕事自体に関心がない」「ほかに良い条件があれば退職してしまう」と思われてしまいます。
志望動機では仕事への思いを伝えましょう。

志望動機のつくり方や面接対策に不安がある方は、新卒支援のキャリアチケットにご相談ください。キャリアチケットでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、その方の適性やご希望に合った仕事をご提案いたします。
ご紹介するのは事前に取材した企業に限られるので、応募前に詳しい仕事内容や社風をお伝えすることが可能です。また、応募先が決まれば、書類の添削や模擬面接で内定までを全面的にバックアップ!
キャリアチケットを利用した場合の選考通過率は、1人で対策した時の1.39倍となっています。相談をはじめサービスのご利用はすべて無料なので、就活の悩みをアドバイザーに相談してみませんか?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!