二次面接ではなにを聞かれる?よくある質問と有効な対策

このページのまとめ

  • 二次面接では、応募者がどのような能力を持っているのか、自社に合う人材かを見極めるために踏み込んだ質問をされることが多い
  • 自社の社風に合うか、ミスマッチはないか、入社意欲があるかが見られるポイント
  • 十分な企業研究を行う、将来のビジョンを明確にする、一貫性のある回答を意識するのが対策として有効
  • 一次面接や最終面接との違いを把握して、しっかりと対策を行おう

就活の選考は、書類選考を経て一次面接、二次面接、最終面接…という流れが一般的です。
一次面接では基本的な能力を見られるケースが多いようですが、二次面接ではどのような点が判断基準になるのでしょうか。
当コラムでは、二次面接で見られるポイントやよくある質問、おすすめの対策法などをまとめています。
二次面接を通過すれば内定に大きく近づくため、ぜひ参考にしてください。
 

二次面接でよくある質問

二次面接では、より踏み込んだ内容や一次面接の内容を掘り下げた質問がなされます。
以下に、よくある質問例と回答ポイントをまとめました。

他社ではなく当社で働きたい理由を教えてください

その企業ならではのポイントを答えるためには企業研究は必須。
他社との明確な違いも把握しておきましょう。

入社後にはどんな仕事を希望しますか

企業のWebサイトや説明会でどのような職種があるのか、どんな仕事をしているのかを確認しておきます。
さらに、OB訪問を行って実際にその企業で働く人の意見や経験談を参考にすると説得力が増すでしょう。

大学時代に積極的に取り組んだ活動はありますか

部活やサークル、アルバイトなどどんなことでも問題ありませんが、取り組んだ姿勢や実績を述べることを忘れずに。
その経験を通して学んだことをどのように会社で活かすかを盛り込むと、志望度の高さをアピールできます。

自己紹介をお願いします

自己PRと間違えないよう気をつけましょう。
自己紹介の内容は、大学名と学部、学科目、氏名、専攻分野、特技や趣味、企業を魅力に感じる点、あいさつが基本です。

当社について知っていることを話してください

代表者名や社員数、企業理念といった一般公開している情報は必ずチェックしておきます。
さらに、セミナーや会社説明会、OB訪問などで得たクローズドな情報を盛り込むと、「しっかりと足を運んで情報収集している」と判断され好印象になることも。

いずれの質問も、「どのような能力を持っているのか」「どのような性格か」「自社の求める人材に適合しているか」を判断するのが目的です。
より踏み込んだ内容になるケースが多いため、しっかりと事前準備を行って二次面接に備えましょう。
 

一時面接、二次面接、最終面接の違い


ここでは、一次面接と二次面接、最終面接それぞれの違いや特徴をまとめています。

一次面接

多数の応募者を一定の数まで絞り込むのが主な目的。
併せて、会話力やロジカルシンキング、ビジネスマナーといった社会人にとって基本的な能力を持っているかの判断も行われます。

▼関連記事
一次面接を突破するには?よく聞かれる質問を徹底解説!

二次面接

より具体的に能力や性格、価値観をはかって「自社の社風に会っているか」「求める人物像に近いか」を見るのが目的。
また、人事担当者や、配属予定部署の社員・管理職が面接官を行って、実際に業務で活躍できるかを見極めるケースも多く見受けられます。

最終面接

入社意欲の確認や合否の最終判断を目的に行われるケースがほとんど。
面接官は社長や役員、責任者といった上層部が行うことが多く、入社意欲のアピールが合否を分ける…といった可能性も考えられます。

上記はあくまでも一例で、企業によって面接の回数や目的、面接官となる人物は異なります。
しかし、段階を追うごとに企業に対する理解度や入社意欲の高さが重視される傾向が強いため、受け答えの内容をブラッシュアップさせていく必要があるでしょう。

▼関連記事
就活の最終面接で落ちてしまう理由とは?対策と質問例
 

二次面接ではなにを判断している?

一次面接では基本的な能力やビジネスマナー、最終面接では入社意欲を重視されるケースが多いようですが、二次面接ではどのような点が合否の判断材料になるのでしょうか。

まず、多くの企業が二次面接で重視する「社風に合うか」「求める人物像に近いか」という点から、ミスマッチがないかを判断するケースは多々あるようです。
「入社後にやりたいことはなにか」「10年後のキャリアプランを教えてください」「なぜ当社を選んだのか」といった質問がこれに当てはまるため、前項の回答ポイントを参考に対策を行いましょう。

入社意欲があるかどうかも、重要な判断基準の1つ。
一次面接に比べて、仕事に対するビジョンや具体的なキャリアプランを問われることが多い二次面接ですが、これらの質問は入社意欲の高さをはかるために行われていると言えるでしょう。
他社との違いやその企業でなければいけない理由なども意欲の高さに直結するため、しっかりと企業研究を行うことがポイントです。

また、将来のビジョンをしっかりと持っているかも大切です。
二次面接では5年後や10年後の自分を問う質問もされるため、将来的にどんなポジションに就きたいのか、自分のキャリアをどう考えているのかを明確化しておくと良いでしょう。
 

二次面接の対策

二次面接は一次面接に比べて、より具体的な質問がされたり専門的な知識を問われたりするケースがほとんど。
突破するには対策が必須ですが、どのような対策が効果的なのでしょうか。

十分な企業研究をしておく

前項で触れたように、二次面接では企業情報や具体的な志望部署、入社後にやりたい仕事などを問われます。
また、一次面接に比べて質問数が増えることも考えられるため、企業研究をしっかりと行うことがポイントになるでしょう。
企業研究が行われていると、面接官は「入社熱意がある」「当社に興味をもってくれている」と好印象を抱くことも。
会社説明会やWebサイトだけでなく、企業が発信するSNSや経営者の著書、OB訪問などを活用して幅広い情報を収集するのがおすすめです。

キャリアプランと将来のビジョンを考えておく

入社後を見据えた質問も多くなされるため、将来的にその企業でどう活躍したいのかを明確化しておく必要があります。
そのためには、その企業にどのような仕事があるのか、どのような仕事ができるのかをしっかりと把握することが大切。
意欲的に活躍できる人材を求める企業は多いため、キャリアプランをしっかりと描いておきましょう。

書類や一次面接との一貫性を意識する

履歴書やエントリーシートは最終面接まで使用されるため、それらに記載した内容や、一次面接の回答と二次面接の回答には一貫性を持たせましょう。
書類や一次面接と同じ質問をされた場合は、同じ内容を基本にプラスアルファのエピソードを付け加えると好印象。
面接前に書類の内容を確認するためにも、エントリーシートなどはコピーをし、一次面接後には質問内容をメモしておくのがおすすめです。

二次面接は選考における最大の山場と考えることもできます。
通過すると内定まで一気に近づけるため、しっかりと対策を行って満足いく結果を残しましょう。

選考対策がいまいちよく分からない…という場合は、就活のプロに相談できるキャリアチケットをご利用ください。
キャリアチケットは、年間3,000人以上の就職相談実績を持つ新卒者専門の就職エージェント。
就職情報に詳しいスタッフによる専任サポートが特徴で、就活の軸の決め方や適性に合う業界の見つけ方、提出書類の添削、面接対策など、就活状況に合わせた支援を行います。
無料でサービスを受けられるのも嬉しいポイント。お気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!