面接に落ちるのはなぜ?選考に通らない5つの理由とやるべき5つの対策

このページのまとめ

  • 面接に落ちる理由は身だしなみや準備不足、企業とのミスマッチなど
  • 面接に落ちる理由や評価基準は一次面接と二次面接、最終面接で異なる
  • 面接に落ちる人は自己分析と企業研究を徹底してやり直そう
  • 面接でよくある質問への回答は事前に用意しておく
  • 面接に落ちたからといって、人格を否定されたと考える必要はない

就活をしていると、「面接に落ちるかも…」という不安を抱えることがあるでしょう。不採用が続く時期があっても、落ち込みすぎず、冷静に面接に落ちる原因を分析することが重要です。
一次面接・二次面接・最終面接はそれぞれ評価基準が異なるため、不採用の理由も変わってきます。このコラムで面接に落ちる理由を把握し必要な対策を講じて、次こそ内定を獲得しましょう!



 

面接に落ちる人にありがちな5つの理由

まずは、面接に落ちる人にありがちな5つの理由をご紹介します。心当たりがないかチェックしてみてください。

1.身だしなみや態度に問題がある

面接において身だしなみや態度は非常に重要な要素です。身だしなみに清潔感がないと、相手に不快感を抱かせる恐れがあるため、採用担当者に「社会人としての常識がない」「顧客の前に出すのが不安」と思われかねません。以下に、NGとされる身だしなみや態度の例をいくつか挙げました。

・スーツにシワや汚れがついている
・スーツからタバコやきつい香水のにおいがする
・寝癖がついている
・小さな声でぼそぼそと話す
・貧乏ゆすりをしている
・面接官と一度も目を合わせない
・笑顔が少なく表情が暗い

上記以外にも、「挨拶をしない」「会釈をしない」といった態度も面接官は見ています。面接中にこれらのミスがなかったか、今一度振り返ってみましょう。

2.事前の準備が不足している

事前の準備不足も面接で評価が下がる要因の1つ。面接の前には、就活を始めるうえで欠かせない自己分析と企業研究を念入りに行うことが大切です。
自己分析とは、自分の適性を見極め、相性の良い企業を探すために必要な作業を指します。自己分析を怠ると適性と合わない企業や職種に応募してしまい、結果的に面接に通りづらくなる恐れも。また、企業研究では、企業の事業内容や特徴を知ることで、企業が求める人物像が分かります。どのようなアピールをすれば良いかが見えやすくなるでしょう。
自分に合った企業を探し、効果的なアピールをするためにも、就活の面接において自己分析と企業研究は必須といえます。

3.質問の意図とズレた回答をしている

面接で緊張している人がやってしまいがちなのが、質問の意図とズレた回答をしてしまうミスです。
たとえば、面接官に自己紹介を求められて長々と自己PRをしたり、「志望動機を教えてください」という質問に企業の魅力だけをひたすら答えたりするのは、質問の意図を汲んでいない回答といえます。
ズレた回答をすると、「コミュニケーション能力に問題がある」と思われマイナス評価に。
質問が聞き取れなかった時や意図が分からなかった時は、「恐れ入りますが、聞き取れなかったのでもう一度おっしゃっていただけますか」「今の質問は○○という意味でよろしいでしょうか」などと聞き返しましょう。

4.就活に対して真剣になっていない

就活に対して真剣になっていない人は、その気持ちが面接中の態度にも表れます。本気度が低いと自然と覇気がなくなり、面接官に熱意が伝わりません。
社会人経験がない新卒の採用で重視されるのは、「入社後こんな風に活躍してくれそうだ」というポテンシャルと、働くことに対する意欲です。スキル以上に熱意を重視する企業が多いため、面接では新卒らしいフレッシュさと仕事への思いを示す必要があるでしょう。
志望動機で「御社なら○○が学べるから」と回答する人がいますが、これは企業によっては受け身でやる気が感じられないと判断されることもあります。企業は自社に貢献してくれる人材を求めているため、自分にとってのメリットではなく、企業が自分を採用するメリットを意識して受け答えしましょう。

5.企業との相性が合わない

「回答には自信があったのに落ちてしまった」というときは、企業との相性に問題があった可能性があります。
いくら優秀な人材でも、その人のキャリアビジョンと会社の方向性が合わなければ、採用には至りません。自分の強みを明確に打ち出したとしても、それが応募先の業務内容や職種で活かせるものでなければ面接では評価されないでしょう。
この場合は、回答内容を練り直すより、そもそも応募する企業が自分に合っていなかったと考え、企業選びの基準を見直す必要があります。

▼関連記事
落ちるのには理由があった!内定をもらえない人の特徴



 

面接の段階別!落ちる理由と評価基準のポイント

一次面接・二次面接・最終面接は、それぞれ評価基準が異なります。ここでは、面接の各段階における「落ちる理由」と「評価ポイント」を見ていきましょう。

一次面接に落ちる理由

一次面接に落ちる主な理由は、以下のとおりです。

・身だしなみが乱れている
・態度や言葉づかいに問題がある
・会社や職種について調べていない
・会話のキャッチボールが成り立たなかった
・入社したいという気持ちを感じられなかった

【評価のポイント】
一次面接は人事部の採用担当者が面接官であることが多く、社会人としての基本的マナーやコミュニケーション能力が評価される傾向にあります。「会社について調べているか?」という最低ラインもチェックされるでしょう。
また、応募者が多い人気の企業では、一次面接の段階で学生の数をある程度絞り込む必要があるため、小さなマイナスポイントが不採用に繋がることもあり得ます。

二次面接に落ちる理由

二次面接に落ちる主な理由は、以下のとおりです。

・仕事に対する姿勢が受け身
・企業が求める人物像と合致していない
・業務への適性がない

【評価のポイント】
二次面接の面接官を務めるのは、人事部の中堅社員や現場の管理者というのが多いパターン。一次面接では、社会人に必要な基礎スキルを中心に評価が決まる傾向にありますが、二次面接では、会社との相性や仕事への熱意が評価されやすくなります。
一次面接が大量の応募者を一定の基準で絞り込む面接だとしたら、二次面接は「より優秀な学生を残す面接」と捉えると良いでしょう。

最終面接に落ちる理由

最終面接に落ちる主な理由は、以下のとおりです。

・会社の方向性と応募者のビジョンがズレている
・企業理解が足りない
・入社意欲が低いと感じられる
・社長や役員(面接官)との相性が悪い

【評価のポイント】
最終面接は社長や役員が面接官となり、経営者目線で直近の実務に問題なさそうか、将来的に事業を背負っていける人材であるかを評価しています。
最終面接においては、経営理念への理解・共感も大事なチェックポイントです。一次・二次面接では「学生時代にどのような経験をしたか」といった過去に関する質問が多いのに比べ、最終面接では入社後のビジョンなど将来に関する質問が頻出します。質問に対する応募者の回答から、「熱意の有無」や「将来のビジョンが会社の方向性と合致しているか」などを見極めようとする企業側の意図があるでしょう。
「最終面接は顔合わせの場」という話もありますが、多くの企業は最終面接でしっかり合否の判断をしています。一次・二次面接と同じ質問もあるため、志望動機やキャリアビジョンをブラッシュアップし、深堀りされても回答できるよう準備しておきましょう。

この項では、一次・二次・最終面接の違いについて、一般的なパターンを解説しました。企業によっては、上記の例に当てはまらず、一次面接から深い内容を質問するパターンもあり得るでしょう。そのため、応募先企業ごとに面接の傾向をあらかじめ把握しておくことが重要です。
また、一次面接として、集団面接もしくはグループディスカッションを行う企業もあります。事前の案内をよく確認して対策を練りましょう。集団で行う選考では、ほかの人の話を聞くときの態度も採用担当者に見られています。

▼関連記事
役員面接で落ちる理由と、受かるためのポイント



 

面接に落ちる人が今すぐやるべき5つの対策

面接に落ちてしまう人は、以下の対策を行いましょう。

1.自己分析と企業研究を徹底的に行う

準備不足で面接に落ちると感じているなら、自己分析・企業研究からやり直すことをおすすめします。下記の手順を参考にそれぞれ取り組んでみてください。

自己分析のやり方

学生時代の経験を振り返り、「頑張ったこと」「大変だったこと」「楽しかったこと」などのテーマ別に分けて、各エピソードを紙に書き出しましょう。
それぞれの経験を洗い出せたら、「活動に取り組もうと思った理由」「生じた課題」「どのように課題を乗り越えたか」「経験から何を学んだか」といった視点で内容の深掘りを行います。過去の経験に共通する考え方や行動パターンを分析すれば、あなたの強みや弱み、大切にする価値観が見えてくるでしょう。
この自己分析の結果をもとに、企業選びの基準や自己PRの内容を考えてみてください。

企業研究のやり方

応募先企業のWebサイトや会社説明会で配布される資料、OB訪問、業界地図などを通して、企業の情報を集めましょう。面接前に調べておくべき主な項目は、以下のとおりです。

・基本的な企業情報…企業理念、設立年、資本金、株式公開、事業拠点など
・代表取締役の情報…氏名、経歴、メッセージなど
・事業内容…サービスの詳しい内容、サービスの対象者など
・制度…人事、教育制度、休暇制度、福利厚生など
・採用情報…募集人数、募集職種、初任給など

応募先企業の基本的な情報を収集できたら、同業他社との比較における業界内での位置づけも把握しておきましょう。そうすることで、応募先企業の魅力や特徴を見出しやすくなるはずです。
調べる際のポイントとしては、業態や規模、資本、商品の特徴などに着目し、他企業との間にどのような違いがあるかを見ていくと良いでしょう。
ひととおりの調査が完了したら、自身の価値観や特徴とのマッチ度を分析します。マッチ度によっては、企業選びの再考が必要になる可能性も。いっぽうで、志望動機に繋がるポイントが見えたり、入社意欲がより高まることもあるでしょう。

2.よくある質問の回答を用意する

面接の質問内容は企業によって異なりますが、定番の質問は決まっています。あらかじめ回答を用意し、本番で自分の考えが伝わるように準備しましょう。

面接でよくある質問10選

面接でよくある質問には、以下のようなものがあります。

1.自己紹介をしてください
2.自己PRをしてください
3.長所(短所)を教えてください
4.周りからどんな性格だと言われますか?
5.これまでに苦労したことと、それをどうやって乗り越えたのか教えてください
6.尊敬する人は誰ですか?
7.10年後何をしていますか?
8.志望動機を教えてください
9.入社後どんな仕事をしてみたいですか?
10.あなたが考える弊社の強み(弱み)を教えてください

面接官は質問を通して、あなたの人柄や価値観、自社の理解度、入社意欲を知りたいと思っています。企業によっては変わった質問もありますが、「面接官は質問を通して何を知りたいのか」と考えることが、回答するうえでのヒントになるでしょう。

逆質問や「最後に一言」も要注意

面接では「最後に何か質問はありますか?」「最後に何か一言ありますか?」というように、面接官から逆に問われることがあります。これらの質問は、面接で自分をアピールできるラストチャンスと捉え、積極的に回答しましょう。
「御社で活躍されている方々に共通する特徴はありますか?」と仕事への前向きな姿勢を示したり、「本日の面接で御社への入社意欲がより高まりました。」と企業への熱意をアピールしたりするのがおすすめです。面接の機会を貰えたことへの感謝の気持ちもあわせて述べると、好印象に繋がりやすいでしょう。
何も思いつかないからといって、「特にありません」と答えるのは避けたほうが無難です。面接官に「熱意に欠ける」「志望度が低いのかも」などと懸念を抱かせる恐れがあります。また、逆質問やコメントの内容次第では評価を下げてしまうこともあり得るため注意が必要です。調べれば分かることを質問したり、長すぎるコメントをしたりするなどの対応は控えましょう。
その場の状況や採用担当者の立場を考慮したうえで、自分の意欲や良さをアピールできるような逆質問や一言を事前に用意しておくことが重要です。

3.面接のマナーを把握する

就活で心がけたい面接の主なマナーは、以下のとおりです。

・面接の10分前までに到着する
・入室時はドアをノックする
・面接官に指示されてから着席する
・目線を面接官に向ける(アイコンタクト)
・背筋を伸ばして姿勢をよくする
・貧乏ゆすりなどの癖を出さない

面接では、挨拶や立ち振る舞いが評価を決めることがあります。面接前に上記に挙げたマナーを確認し実行できるようにしておきましょう。

4.身だしなみのマナーを把握する

就活で心がけたい身だしなみの主なマナーは、以下のとおりです。

・サイズの合ったスーツを着用する
・誰から見ても清潔感のある髪型にする
・私服の面接はオフィスカジュアルを着用する
・靴の汚れや痛みに気を配る

就活において、身だしなみを整えることは基本的なマナーです。採用担当者に「この人なら仕事を任せても大丈夫そう」と思われるようなスタイルを意識しましょう。

5.模擬面接で場慣れする

面接の場になると緊張して力を発揮できない人は、模擬面接で場慣れしておきましょう。模擬面接は大学のキャリアセンターのほか、家族や友人に頼んでもOKです。
面接官役の人に評価のチェック項目を書いたリストをあらかじめ渡しておけば、的確なフィードバックを受けられます。「話に矛盾はないか」「話すスピードや声の大きさは適切か」「身だしなみに清潔感はあるか」といった項目を作りましょう。
「模擬面接を気軽に頼める相手がいない」「プロに評価して欲しい」という場合は、就職エージェントを利用するのがおすすめです。就職エージェントはカウンセリングに基づいた求人提案のほか、応募書類の添削や面接対策も行っています。

▼関連記事
面接マナーを知りたい就活生必見!質問例や持ち物もご紹介



 

面接に落ちてもショックを受けない考え方

行きたかった企業の面接に落ちるのは確かにショックですが、自信を失うほど落ち込んだり、「自分は駄目な人間なんだ」と思ったりする必要はありません。面接は、あくまで応募者と企業の相性を確かめる場であり、「面接に落ちた=人格を否定された」という訳ではないためです。
どんなに優秀な人であっても、企業との相性が悪ければ不採用になる可能性があります。面接に落ちる理由はその時々ですが、原因に心当たりがなければ「企業との相性が悪かった」と捉え、落ち込み過ぎないようにすることが大切です。不採用の理由に心当たりがあるときは、反省点を次の面接で活かせば良いでしょう。
何社も落ちて疲れてしまったら、趣味に没頭したり、少しだけ休憩したりして、心を休めたあとに就活をリスタートすることをおすすめします。新たな思いで自己分析や企業研究のやり方を見直せば、選考の通過率も上がるはず。自分に合う企業がほかにあると気持ちを切り替え、諦めずに就活を続けましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。