エントリーシートの趣味欄…何を書いたら好印象?

このページのまとめ

  • エントリーシートの趣味欄では、自分の長所や人柄を伝えることができる
  • 思いつかない場合も空白は避け、日常の些細なことで良いので記入しよう
  • 企業は応募者の趣味から、好きなことに対する姿勢や入社後に活躍できるかをチェックしている
  • 具体的なエピソードを添えることで、より効果的に人柄をアピールできる

多くのエントリーシートの中で見かける、「趣味」や「特技」の欄。志望動機や自己PRの部分とは違い、「それで企業に自分をアピールできるの?」と疑問に感じる人も多いでしょう。しかし、ポイントを押さえて書くことで十分に自身の長所を伝えることができます。
こちらのコラムでは、履歴書やエントリーシートで趣味を書く際のコツを紹介しているので、参考にしてみてください。

エントリーシートの趣味・特技欄は書くべき?

「打ち込んでいるものがない」「記入してもメリットがなさそう」といった理由で、趣味欄の項目を「書かなくても良いのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし、エントリーシートや履歴書で空欄があるのはイメージが良くありません。
下記に、趣味の欄を記入することのメリットを解説しています。

人柄が伝わる

重要なのは、「自身の人間性をアピールできているか」ということです。そのため、華やかな趣味や特技である必要はありません。
どのようなことでも、普段から続けていることや得意と思うことなど、自分の個性を表せるものを素直に伝えましょう。

話のきっかけになる

面接まで進んだ場合、序盤に簡単な自己紹介を求められたり、面接官からエントリーシート内の話題を振られたりする可能性も。そのため、趣味や特技の内容はアイスブレークの材料にもなります。

自己PRになる

内容によっては、自分の能力やスキルを伝える手段にもなります。たとえば、長期的に行っている趣味であれば「継続する力」をアピールでき、仲間と団結して行うスポーツを続けている場合は、「協調性がある」というプラスのイメージを与えられるでしょう。

また、趣味と特技の違いについても確認しましょう。
趣味とは、自分の興味や関心があり、継続して行っている活動のこと。読書や音楽鑑賞、スポーツなどが挙げられます。
一方、特技は趣味との境界線があいまいで判断が難しいですが、興味があるもので「技能」も身につけていることです。パソコンのスキルや英会話などが挙げられます。
また、片付けや料理など日常で行う些細なことでも、自分が「得意」と感じるものであれば特技と言って良いでしょう。
エントリーシートに「趣味・特技」と記載されている場合、どちらを書いてもかまいません。自身の長所や人柄を、より効果的にアピールできる方を選びましょう。

▼関連記事
ESの趣味・特技欄で上手にアピール!例文付きで解説

企業は趣味・特技から何が知りたい?

趣味や特技から、人事は応募者の性格や考え方、人間的なユニークさをみています。好きなことや関心があることを聞くのは、「どのような人間か」を知るのが目的です。
また、興味があることに対して「どのような行動を取ったのか」「実績はあるのか」という点もチェックしています。
企業によっては、面接で趣味の内容を深掘りされるケースも。関心があることへの姿勢や努力した過程を知ることで、「自社の求める人材とマッチしているか」「入社した後に活躍できる人間か」などの判断材料にしている可能性もあります。
そのため、面接で質問されることも想定し、深く語れる内容をまとめておくと良いでしょう。

趣味・特技の書き方

エントリーシートの「趣味・特技」欄は、数行程度の小さなスペースであることが大半でしょう。そのため、箇条書きになりがちですが、可能な限り具体的に記載することをおすすめします。
「趣味は○○です」「○○が得意です」という言葉だけでは、自分の個性は伝わりにくいでしょう。
ポイントは、具体的なエピソードを添えることです。たとえば、趣味が「音楽鑑賞」の場合、「○○のジャンルの音楽が好きです」「好きになったきっかけは○○で○年聴いています」など、好きなことに対する「気持ちや取り組み」を伝えることで、リアリティのある人間性をアピールできます。
習い事やスポーツの場合、「英会話教室に5年間通っています」「趣味でバスケットボールを週に2回しています」「地域の草野球大会で優勝しました」など、具体的な数字や実績を加えるとインパクトがあり、担当者の印象に残りやすいでしょう。
ここで気をつけたいのは、文章が長過ぎると読み手側が要点を掴みにくくなることです。個性を語る上で重要なポイントは押さえつつ、内容をコンパクトにまとめましょう。

前項でも説明しましたが、エントリーシートに書く趣味は基本的にどのような内容でもかまいません。
しかし、もし志望先の業界や職種に活かせるものがあれば、アピール材料になります。たとえばIT企業の場合、「プログラミングを勉強中」という内容は自分の強みになるでしょう。外資系企業であれば「英語の本を読むこと」「語学の勉強」、営業職を志望する場合は「アウトドア」「ドライブ」などアクティブな趣味が効果的です。
志望先に合わせて新しい趣味を作る必要はありませんが、好きなことの中に業務で活かせるものがある場合は積極的にアピールしましょう。

▼関連記事
エントリーシートの趣味・特技欄の書き方とアピールするコツ

趣味・特技が思いつかない時

「趣味が全くないので書くことがない」という人もいるでしょう。その場合は、「普段の生活で行っていること」「日々大切にしていること」に着目してみましょう。
たとえば掃除や早起きなど、自分自身は「特技」と感じていなくても、実際は「真面目さ」「キレイ好き」といった長所としてアピールできることも。面接ではエントリーシートの趣味欄を会話の糸口として使われることもあるため、リラックスして話せる内容を選ぶとスムーズに伝えられます。

また、趣味や特技で書かない方が良い内容も押さえておきましょう。競艇やパチンコ、麻雀などのギャンブルは、「自制できない」「お金のトラブルが起きそう」などマイナスな印象を持たれやすいので避けましょう。宗教や政治に関するものは、個人によって思想が大きく異なる内容のため、就活の場で趣味として言うのはふさわしくありません。
アイドルや漫画などのいわゆるサブカルチャーは、内容によってはネガティブなイメージを持つ人も。趣味として書くのであれば、そこから得たことや学んだことにも触れると良いでしょう。

エントリーシートの趣味・特技欄は、工夫次第で他の就活生と差をつけられる重要なポイントかもしれません。
できる限り自分の長所や人柄をアピールできるよう、しっかりコツを押さえて書くことをおすすめします。

キャリアチケットでは、専任のアドバイザーがマンツーマンで就職活動をバックアップ。
企業選びやエントリーシート作成のフォロー、面接対策など幅広く対応しています。
「どのように就活を進めれば良いのか悩んでいる」という方は、お気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!