ESの趣味・特技欄で上手にアピール!例文付きで解説

このページのまとめ

  • 企業側は、ESをはじめとする応募書類に記入された趣味や特技を通して応募者の人柄や適性などを読み取る
  • 趣味や特技は一言で記載し、エピソードや目標なども簡潔に説明する
  • 就活において相応しくない趣味や特技があるので要注意
  • 極端に不真面目な内容は避けるべきだが、自由な発想で記入すればアピールに繋げられる

エントリーシート(ES)や履歴書には必ずと言っていいほど設けられている趣味・特技の記入欄。この欄に何を記入すればよいのか迷う就活生は多いようです。
就活において、相応しくない内容、あるいは好印象になる趣味や特技はあるのでしょうか。
当コラムでは、応募書類への趣味・特技の書き方について解説しています。趣味や特技は自己PRの材料にもなるので、参考にしてください。

趣味と特技の役割

就活におけるESや履歴書など、応募書類には趣味や特技の記入欄が必ずと言っていいほど設けられています。
では、就活という場面での「趣味・特技」は、どのようなものを記入すればよいのでしょう。
以下のようなものが一般的だと言われています。

・趣味:楽しみとして続けていること
・特技:熱中して継続した結果、できるようになったことや身についた技能

これらは、業界や業務に関係がなくても採用に不利となることはありませんが、応募先企業や志望職種に活かせるものの方が採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。
後述する注意点はありますが、自由な観点で記入できる項目とも言えます。
また、しっかりと要点を押さえた内容・書き方にすることで自己PRにもなるため、必ず記入するようにしましょう。

では企業側は、趣味と特技から応募者の何を見るのでしょう。
選考における趣味と特技の主な役割は、以下の通りです。

・応募者の人柄や価値観を知る
・面接のアイスブレイク

採用担当者は、趣味や特技を通じて応募者の人柄や職種への適性などを見ています。
また、面接時に趣味の話をするのは、緊張した雰囲気をほぐすためでもあります。

▼関連記事
ESの趣味・特技には何を書けばいいの?正解はある?

趣味や特技を選ぶ基準

就活シーンで述べる趣味や特技は、採用担当者にとって印象が良いものとそうでないものがあります。
自分の答えが相手にどのような印象を与えるのか、よく考える必要がありそうです。

選ぶ基準を設ける

まず、下記のような基準を設け、それをクリアしたものを選ぶことで迷わずに記入できるでしょう。

・趣味:興味やこれまでの行動と繋がるもの
・特技:長所につながるもの

趣味や特技は、自分が今まで意欲的に取り組んでいる物事を記入します。
自信を持って、得た知識や経験したエピソードを語れるものが良いでしょう。
それらを上手く表現することで、採用担当者に自己PRできます。

奇をてらう必要はなく、採用担当者が応募書類の趣味や特技を読んで、「この応募者に会ってみたい」と思うような趣味や特技を記入することが重要です。
掘り下げられてもリラックスして語れるものは、緊張感が漂う面接時のアイスブレイクに繋がります。
また、企業がサポートしている部活動のスポーツなど、企業研究で得た情報と絡めれば更に良い印象になるでしょう。

避けたほうが良いもの

就活においては、下記のようにマイナスイメージとなる趣味・特技もあります。
特に、応募書類などへの記載は文書として残るので要注意です。

・ギャンブル関連
パチンコなどは、借金、金銭トラブル、自制心の有無などを懸念されることがあります。

・犯罪を想起させるもの
「ハッキング」など、犯罪が結びつくような事柄は避けるべきです。

・政治や宗教関連
偏った思想の持ち主と捉えられる可能性があるので、政治色や宗教色を連想させるものは避けましょう。

・サブカルチャー系
ゲームやアニメ、漫画、アイドルなどサブカル要素の強い趣味にはネガティブな印象を持たれることも。ただしこれらに関連する業種では、問題ない場合もあります。

・「特になし」
趣味・特技欄は自己アピールに繋がる欄であり、何も書かないと志望度が低いと判断されます。

採用担当者は、応募者がどのような考えの持ち主なのか、どのような学生時代を過ごしたのか、また採用後活躍できそうかを読み取っています。上記のようなものはアピールに繋がらない、もしくはマイナスイメージになりかねません。
また、趣味はストレス発散にも繋がるものなので、趣味・特技が無い場合、ストレス発散をする能力や心身の自己管理能力を持たないとも判断されることも。
自分で楽しむ何かを見つけ出せる能力は、社会人として重要とされています。

▼関連記事
エントリーシートの趣味欄…何を書いたら好印象?

趣味・特技の書き方

趣味や特技を記載する際、記入欄が小さくてどのように記載すればよいのか迷う就活生は多いよう。少しの工夫で読みやすく、さらに企業側に好印象になる書き方を以下に挙げます。

一言+解説文の組み合わせで分かりやすくなる

箇条書きとそれを解説する文を組み合わせることで、読みやすい文章になります。

数字で表せるものがあるなら盛り込む

具体的な数字を盛り込むことでインパクトを与えられ、採用担当者に印象づけることができます。

仕事に関連するものはアピール材料になりやすい

チームワーク重視の業務なら地域のボランティア活動、体力が必要な職種ならスポーツといったように、仕事に活かせる趣味・特技はアピールにつながります。

長文にすると分かりづらくなるので避ける

冗長な文章や過剰なアピールにならないよう、端的に記入しましょう。

空欄にしないこと

前項で述べたように、応募書類に空欄があると志望度が低いと判断されてしまいます。

ただ単に趣味や特技を記入するのではなく、それに関するエピソードや今後の目標などを添えると採用担当者の目に留まりやすくなります。
また、面接で詳しく話を聞いてみたいと思ってもらえる内容・書き方にすることが大切。ここで、いくつか例文を紹介します。

特技1

英語:中学、大学時代にアメリカに留学しました。今でも週末は、地元の観光案内の英語スタッフとしてアルバイトをしています。

特技2

早起き:学生時代は朝5時に起きてパン屋でアルバイトをしていたので、早起きが得意になりました。

趣味1

マラソン:中学時代から陸上部に所属して長距離走を続け、今でも年に1回開催される地元のマラソン大会に出場しています。

趣味2

旅行:国内外へ行き、その土地の人や食べ物に触れること。予算や日程などの計画も楽しみのひとつです。

極端に不真面目なものは避けるべきですが、印象に残りやすい、さらにその印象が良いものであれば自由な発想で記入してみましょう。
読書や音楽鑑賞、英語などの趣味・特技に特徴が無いと感じてしまう場合は、具体的なエピソードなどを添えると採用担当者に印象づけることができます。
面接の際に採用担当者から説明を求められたら「チャンス」と捉え、自信を持ってアピールしましょう。

就職活動を始めて応募書類の記入方法などに行き詰まったら、キャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットは、専任の就活アドバイザーが一人ひとりに合った就活支援を行っています。
マンツーマンのカウンセリングや求人紹介はもちろん、応募書類の添削や面接対策も実施。
就活に関する疑問や相談にも親身に対応いたします。
効率的に就職活動を進めて、一緒に内定獲得を目指しましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!