面接で趣味を質問されたときの回答のポイントと例文解説

このページのまとめ

  • 企業が面接で趣味を質問するのは、応募者の人柄を深く理解するため
  • 趣味になったきっかけや努力したことを述べると自分の長所のアピールに繋がる
  • 企業が求める人物像にマッチした趣味だと好印象
  • ギャンブルや不健康なイメージの趣味は避ける

新卒採用の面接で聞かれることが多い、「趣味はありますか?」という質問。内容自体が選考に直接響くものではありませんが、企業が応募者の長所や関心事を知るための重要な項目です。
当コラムでは、企業に対して印象良く趣味を答えるコツをご紹介。自分を効果的にアピールできるよう、事前にポイントを押さえて面接に挑みましょう。

面接で趣味を聞かれる理由とは

面接で好印象を残すためには、企業が趣味を聞く意図を理解する必要があります。企業が応募者に趣味を聞く理由は、主に下記の2点です。確認してみましょう。

応募者の人柄を知るため

企業側は趣味を質問し、応募者の性格や価値観といった人柄を把握しています。さらに、趣味のジャンルや好きになった経緯が分かれば個性や長所がより具体的にイメージでき、どのような人物なのかの判断材料になるようです。

仕事への適正をチェックするため

一見、趣味と業務の内容は繋がりがないように感じますが、興味があることへの姿勢で自社の組織風土に合うか、仕事で活躍できる人材かをチェックしています。
趣味といっても文化系や運動系、チームワークが必要なもの、個人で行うものなど種類はさまざま。その内容によって、「コミュニケーションスキルが高い」「コツコツと継続する力がある」といった人間性を汲み取ることができ、求めている人物像とマッチしてるのかを見ています。

面接で趣味を聞かれた際に印象良く回答する3つのコツ

面接という限られた時間内では、可能な限りイメージ良くアピールしたいもの。趣味の回答に正解・不正解はありませんが、内容や伝え方によって面接官に与える印象は大きく変わります。
仕事に直接関連しない趣味でも、ポイントを押さえて話すことで自分の強みを伝えられるでしょう。

1.本当に好きなことを選ぶ

実際に好きなことや継続的に行っていることであれば、自信を持ってスムーズに話すことができます。
自分の趣味がマイナーだと感じている人の中には、「スポーツや読書など、一般的な内容の方がいいのでは」と悩むかもしれません。しかし、普段していないことを話しても説得力に欠けてしまい、面接官の心には響かないでしょう。本当に好きなことを述べ、熱意を伝えるのが重要です。

2.趣味になったきっかけを述べる

好きになったきっかけやその背景を具体的に述べると、趣味の内容に深みが出て面接官の印象にも深く残りやすいです。「旅行です」「映画鑑賞です」といった趣味だけを伝えるのではなく、なぜ趣味になったのかの経緯を具体的に述べて、自分の人間性を打ち出しましょう。

3.自分の長所のアピールにも繋げる

趣味を通して得たことや工夫していることを加えると、自分の長所にも繋がるでしょう。面接中は自己PRや志望動機だけではなく、趣味でも十分に自分の強みをアピールしたいところ。
たとえば「読書」の場合、「1カ月に1冊のペースで読むために図書館に通っている」「知らない分野の本を読んで知識を増やしている」といったエピソードを添えることで、計画性や積極性をアピールできます。 

面接で趣味を答えるときの3つの注意点

趣味で自分の長所を効果的にアピールするには、単純に好きなことを話すのではなく、ポイントを押さえて話すことが重要です。
この項目では、面接で趣味を語る際に気をつけたい点を3つご紹介しています。

1.嘘になっていないか

自分をアピールしようと実際に経験していないことを話すことや、内容を誇張するのは止めましょう。面接では趣味についてさらに質問される場合があるため、その場しのぎのような内容は相応しくありません。深く語れて説得力のある内容であれば、自分の良さを自然と語ることができます。

2.企業が求める人材像にとってマイナスな内容になっていないか

本当に好きなことを話すのは重要ですが、企業が求める人材とかけ離れた内容では良い印象を残せません。
たとえば、志望する職種が営業であるのに「人と過ごすより一人で居たい」といった内容の趣味だと、「仕事内容にマッチしない」とマイナスなイメージを与えてしまいます。企業にとってプラスになる、貢献できる人間であるということをアピールしましょう。

3.簡潔にまとまって要点が伝わりやすくなっているか

事前に要点を整理し、伝えたいことを端的に話しましょう。自分の興味があることを話そうすると、まとまりがなく冗長になってしまうことも。そうなると聞き手にとっても内容が分かりにくく、話に飽きてしまうこともあります。

面接官から評価される「趣味はなんですか」の回答例

この項目では、企業に評価される趣味の例文をご紹介しています。これまでの項目で解説したポイントや注意点を踏まえ、効果的に自分をアピールできる趣味の内容を考えてみましょう。

スポーツを趣味にする例文

私の趣味は、バスケットボールです。友人と行っていて、体育館の予約や練習メニューの作成なども分担しています。練習時間は多くありませんが、会う時は積極的にコミュニケーションを取ることでチームワークを大切に活動できています。趣味を通して得たことは、仲間と体を共に動かす楽しみと、チーム意識を持って取り組めるやりがいを感じられる点です。

スポーツの趣味は、健康的な面やチームワーク力をアピールできるでしょう。仕事では多くの人と関わって業務を進めていく必要があるため、円滑な人間関係を築けることは魅力的なポイント。趣味への取り組み方や工夫点、得たことなどを具体的なエピソードを添えて述べると効果的です。

読書を趣味にする例文

私の趣味は読書で、毎月1冊は読んでいます。読書を通してさまざまな知識を身につけたいので、自分が好きなジャンル以外の本も選ぶことが、自分なりのポイントです。そのために、図書館やインターネットで最近話題の本やおすすめの本を情報を探すといった工夫をしています。

読書は、コツコツと物事を継続できる力をアピールできる内容です。どのような職種でも、真面目に取り組む姿勢は評価されるもの。読書で得た知識や目標数などを加えて述べると、意欲的な姿勢もアピールできます。

旅行を趣味にする例文

私の趣味は友人と旅行することでです。行き先は全員で決めますが、現地でのスケジュール管理は基本的に自分の役割です。地域によっては電車やバスの本数が少ないので、あらかじめ時刻を調べる、効率のいい行き先の順番を考えるなど、スムーズに行動できるように入念な下調べのもとで計画をしています。

旅行が趣味の場合、計画性をアピールできるでしょう。社会人になると、業務を効率良く進めることが重要視されます。自分なりに順序良く物事を進められることは、仕事をする上での長所に繋がるでしょう。

面接での回答で避けた方がいい趣味の例

面接で答える趣味は、何でもいいわけではありません。ここでは、面接で避けたほうが良い趣味をご紹介します。「この趣味は大丈夫かな?」と不安な方は参考にしてみてください。

金銭的なトラブルをイメージする趣味

パチンコ、競馬、麻雀といったギャンブルの趣味は、「金銭管理にルーズ」といったネガティブな印象がつきやすいもの。面接にはそぐわない内容なので、実際行っていたとしても別の趣味を探しましょう。

健康面でマイナスイメージに繋がる趣味

飲酒やタバコといった嗜好性の強いものは、一般的に不健康なイメージがあります。実際、健康的な人物を求める企業が多く、選考で不利になる可能性も少なからずあるので避けましょう。

趣味がない人は面接でどう答えるといい?

就活生の中には、「これといって趣味といえるものがない」「継続して実践していることがない」と悩む人も多いでしょう。しかし、何も思い浮かばないから「特になし」と回答するのは、「就活に対する意欲が低い」と捉えられる可能性も。
この項目では、スムーズに趣味を見つけられる方法をご紹介しています。

日常生活で行っている些細なことでも良い

散歩や掃除、日記など普段行っていることがあれば趣味といえるでしょう。面接で伝える際は、始めたきっかけや継続して得たことなど、趣味で人柄が伝わるようなエピソードを盛り込むと好印象です。

これから趣味にしていきたい好きなことを伝える

じっくり考えても趣味が浮かばない場合、今後趣味にしていきたいことを述べるのも一つの手段です。たとえば、授業で経験したスポーツで楽しかったものがあれば、「今後趣味として挑戦してみたい」と話すのも良いでしょう。また、パソコンの勉強や資格取得といった、業務で活かせそうなことを始めてみるのもおすすめです。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!